資料444 中根東里『新瓦』についてのメモ

 
      中根東里の唯一の著書ともいうべき『新瓦』についてのメモを記しておきます。

 

1.お茶の水女子大学の『TeaPot』(お茶の水大学教育・研究成果コレクション)の中に、石井庄司先生(執筆当時、東京高等師範学校教授)の「「ことば」で育てる」 が収録されています。
    → 『TeaPot』の検索欄に「「ことば」で育てる」と入力して検索して、画面を出してください。
       本文を読むことができます。

 この中で、東里のもとに引き取られた弟・孔昭の幼娘・芳子について、次のように書かれています。
       

 

 こゝで中根東里先生の「新瓦」のことを申したい。中根東里先生は、伊豆の下田の人で元祿七年に生れ、明和二年、七十二歳で亡くなつた儒者である。今から凡そ百八十年ばかり前の人である。年十三のとき父に先だたれ、母につかえて孝養をつくしていたが、母の命で僧となり、後、江戸に出て徂徠や鳩巢などについて學を修めたが、全く普通の者とは違つていた。かつて鎌倉の鶴岡八幡宮の前で、弟と共に下駄を賣つて生活をしたこともあつた、後には下野國安蘇郡の天明郷に移り開店した。このとき、鎌倉の弟叔德の娘芳子を引取つて世話をした。芳子は僅か三才、先生は五十二歳の獨身者であるが、晝夜心根を傾けて、芳子の養育につくした。「新瓦」は芳子四歳のときに書かれたもので、全く感激の深い書物である。
 その中にこういうことが書いてある。芳子が下野へ來るまで、鎌倉で世話になつていた隣のお婆さんがあつた。芳子の母はなくなり、父の叔德はかせぎのために外出することが多いので、隣のお婆さんに賴んだのである。このお婆さんは、父の前では、芳子をよく世話するように見せかけているが、陰では虐待したということが述べてある。證據というのは、三歳になる芳子が下野へ來たときに、幼言葉というものを知らない。みんな大人のような言葉遣であるということを指摘して居られる。例えば幼児は手ということは「テ」といわず「テテ」といい、寢ることは「ネンネ」といい、起きることは「オキオキ」、食物は「ウマウマ」というように重言を使う。また犬は「ワンワン」猫は「ニャーニャー」鼓は「テンテン」尿は「シィシィ」というように声をそのまま具象的に言う。元來幼兒は、こういう愛情のこもつた「ことば」で育てられるものである。ところが今、芳子は隣のお婆さんから愛情を以て世話されなかつたから、こういう幼言葉を知つていないという結論なのである。
  (「ことば」で育てる:『幼児の教育』(第46巻第4号、日本幼稚園協会(東京女子高等師範学校
  附属幼稚園内)昭和22年5月30日発行)所収。9-13頁)
 

 

 



   (注) 1. 『新瓦』の本文が見られれば、本文を入力したいと思っています。
        2. 佐野市のホームページに、佐野市指定文化財「中根東里学則版木」のページがあります。
            
佐野市ホームページ → くらしの情報 → 文化・伝統 → 佐野市指定文化財「中根東里学則版木」
        3. 磯田道史著『無私の日本人』(文藝春秋、2012年10月25日初版第1刷発行)に、穀田屋十
         三郎、大田垣蓮月とともに、中根東里が取り上げられています。
          なお、『文藝春秋』2010年(平成22年)2月号から、磯田道史氏による「新代表的日本人」の
         連載が始まり、その第1回として中根東里が取り上げられ、東里については4月号まで3回にわ
         たって連載されています。   

        4. 『黒船写真館』というブログに「浦賀に眠る陽明学者 中根東里」というページがあって参考に
         なります。
        5. 『豆の育種のマメな話』
(北海道と南米大陸に夢を描いた育種家の落ち穂拾い)というブログに、「伊豆下
         田生まれの儒者、清貧に生きた天才詩文家「中根東里」」というページがあり、中根東里の経歴
         が簡潔にまとめてあって参考になります。
(2013年2月10日) 
        6. 資料437に「中根東里「学則」」があります。
        7. 資料438に「中根東里の経歴(『下田の栞』による)」があります。
        8. 資料439に「中根東里の「壁書」」があります。
        9. 資料440に「中根東里(『尋常小学修身口授書』巻の三より)」があります。
        10. 資料441に「〔中根東里〕竹皮履先生と壁書(『通俗教育 逸話文庫』巻の三より)」があります。
        11. 資料442に「中根東里(『先哲叢談 後篇』より)」があります。
        12. 資料443に「中根東里(『近古伊豆人物志』より)」があります。  
        13. 資料445に「中根東里(『日本陽明学派之哲学』より)」があります。 
       14. 資料446に「中根東里(『日本陽明学派之哲学』より・傍点部分を表記)」があります。       

 




                                   
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ