資料433 力士規七則

        

 

      力 士 規 七 則           

一、我等幸に万物の霊長たる人間と生れ、万邦無比の皇国に臣民たり。敬んで臣子の本
 分を全うすべし。
二、相撲は国技なり。国史と共に生成し、国運と共に消長す。力士たる者当に日本精神
 を体現し、風俗の淳美を粋養すべし。
三、力士の大成は最も師友の切磋琢磨に待つ。深く師恩友益を念うて、報謝の志を忘る
 べからず。
四、斯の道は須臾も懈怠あるべからず。由来光陰は過ぎ易く、人生は老い易し。須く時
 に及んで勉励すべし。
五、人にして礼節なきは禽獣に侔し。力士は古来礼節を以て聞ゆ。謹んで斯道の美徳を
 失ふこと勿れ。
六、力士は質実剛健を旨とし、軽佻浮華を忌む。宜しく卓然として時流に拘らず、堂々
 たる風格を発揮すべし。
七、居常健康に留意し、酒色を慎み、澹泊身を持し、荒怠相戒め、以て長く大成せんこ
 とを期すべし。

 


 
   (注) 1. 上記の「力士規七則」の本文は、時津風定次著『相撲求道録』(黎明書房、昭和31年8月30
         日初版発行)によりました。

        2. 『相撲求道録』によれば、この 「力士規七則」は、双葉山が「双葉山道場」を創設したとき
(引
         
用者注:昭和16年)に、安岡正篤氏が吉田松陰の「士規七則」に倣って作ってくださったものだそ
         うです。「先生をわずらわして親しく板額に揮毫していただき、それを道場にかかげました。わ
         たしども一同は毎朝これを朗誦して、それからいかにも清々しい気分で稽古にとりかかったも
         のです。それは言わずかたらずのうちに、わたくしどもの心構えにふかく影響するところがあっ
         たと信じます」とあります。(同書、168~169頁)

        3. 吉田松陰の「士規七則」
(『吉田松陰.COM』による。)

 

披繙冊子。嘉言如林。躍躍迫人。顧人不讀。即讀不行。苟讀而行之。則雖千萬世不可得盡。噫復何言。雖然有所知矣。不能不言。人之至情也。古人言諸古。今我言諸今。亦詎傷焉。作士規七則。
一、凡生爲人。宜知人所以異於禽獸。蓋人有五倫。而君臣父子爲最大。故人之所以
  爲人忠孝爲本。
一、凡生皇國。宜知吾所以尊於宇内。蓋皇朝萬葉一統。邦國士大夫世襲祿位。人君
  養民。以續祖業。臣民忠君。以繼父志。君臣一體。忠孝一致。唯吾國爲然。
一、士道莫大於義。義因勇行。勇因義長。
一、士賢以質實不欺爲要。以巧詐文過爲耻。光明正大。皆由是出。
一、人不通古今。不師聖賢。則鄙夫耳。讀書尚友。君子之事。
一、成德達材。師恩友益居多焉。故君子愼交遊。
一、死而後已四字。言簡而義廣。堅忍果決。確乎不可拔者。舍是無術也。
右士規七則。約爲三端。曰立志以爲萬事之源。選交以輔仁義之行。讀書以稽聖賢之訓。士苟有得於此。亦可以爲成人矣。 

 


        4. 吉田松陰の「士規七則」の書き下し文は、『吉田松陰.COM』に注付きで出ていますのでご覧
         ください。
              → 『吉田松陰.COM』  → 「士規七則」
        5. 資料425に「望之似木鶏矣」(『列子』黄帝第二 第二十章)があります。
          資料424に「望之似木鶏矣」(『荘子』外篇 達生第十九より)があります。
          資料434に「双葉山69連勝前後の星取表」があります。
          資料413に「横綱双葉山肖像誌(妙法寺境内の日蓮聖人像台座裏の刻文)」があります。 
      




                                        
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ