資料432 与謝野鉄幹「友を恋ふる歌」(詩歌集『紫紅集』による)

 


 

       友を戀ふるの歌                 
                        與謝野 鐵 幹


  妻
(つま)をめとらば才(さい)(た)けて
  顔
(かほ)うるはしくなさけある
  友
(とも)をもとめば書(しよ)をよんで
  八分
(ぶ)の俠氣(けふき)二分(ぶ)の熱(ねつ)

  戀
(こひ)のいのちをたづぬれば
  名
(な)を惜(をし)むかな男(をとこ)ゆゑ。
  友
(とも)のなさけをたづぬれば
  義
(ぎ)のあるところ火(ひ)をも踏(ふ)む。

  斟
(く)めやうま酒(さけ)(うた)ひ女(め)
  をとめの知
(し)らぬ意氣地(いきぢ)あり
  簿記
(ぼき)の筆(ふで)とるわか者(もの)
  まことのをのこ君
(きみ)を見(み)る。

  嗚呼
(あゝ)われコレッチの奇才(きさい)なく
  バイロンハイネの熱
(ねつ)なきも
  石
(いし)を抱(いだ)きて野(の)にうたふ
  芭蕉
(ばせう)の寂(さび)をよろこばす。

  人
(ひと)やわらはむ業平(なりひら)
  小野
(をの)のやま里(さと)(ゆき)をわけ
  夢
(ゆめ)かと泣(な)きて齒(は)がみせし
  むかしを慕
(した)ふむらこゞろ

  見
(み)よ西北にバルカンの
  それにも似
(に)たる國(くに)のさま
  あやふからずや雲
(くも)(さ)けて
  天火
(てんくわ)ひとたびふらん時。

  妻子
(さいし)をわすれ家(いへ)を捨(す)
  義
(ぎ)のため耻(はぢ)を忍(しの)ぶとや。
  遠
(とほ)くのがれて腕(うで)を摩(ま)
  ガリバルヂーやいま如何
(いかん)

  四たび玄海
(げんかい)の浪(なみ)を踰(こ)
  韓
(から)のみやこに來(き)て見(み)れば
  秋
(あき)の日(ひ)かなし王城(わうじやう)
  むかしにかはる雲
(くも)の色(いろ)

  玉
(たま)をかざれる大官(たいくわん)
  みな北道
(ほくだう)の訛音(なまり)あり。
  慷慨
(こうぐわい)よく飲(の)む三南(さむなむ)
  健兒
(けんじ)は散(さん)じてかげもなし。


  嗚呼
(あゝ)われいかにふところの
  つるぎは鳴
(なり)をしのぶとも。
  むせぶ涙
(なみだ)を手(て)にうけて
  悲
(かな)しき歌(うた)の無(な)からめや。

  わが歌
(うた)ごゑの高(たか)ければ
  酒
(さけ)にくるふと人(ひと)は云(い)へ。
  われに過
(す)ぎたる希望(のぞみ)をば
  君
(きみ)ならではた誰(たれ)か知(し)る。

「おなじ憂
(うれ)への世(よ)にすめば
  千里
(り)の空(そら)も一つ家(いへ)
  おのが袂
(たもと)といふなかれ
  やがてふたりの涙
(なみだ)ぞや。」

  はるばる寄
(よ)せしますらをの
  うれしき筆
(ふで)を袖(そで)にして
  けふ北漢
(ほくくわん)の山(やま)の上(うへ)
  駒
(こま)(た)てゝ觀(み)る日(ひ)の出(い)づる方(かた)


   

 

        (注) 1. 上記の「友を戀ふる歌」の本文は、『紫紅集』(栗島山之助(狹衣)編、盛文堂・勉強堂・
           高岡書店、
明治33年10月12日発行)によるものです。これは、早稲田大学図書館の『古典
           籍総合データベース』に収録されている同書の映像によりました。
               『古典籍総合データベース』 →  『紫紅集』(明治33年発行)
                                    →  「友を恋ふる歌」(43/111)
                                          → 「友を恋ふる歌」(44/111)
                                          → 「友を恋ふる歌」(45/111)
                                          → 「友を恋ふる歌」(46/111)
          2. 詩の題名は、本文には「友を戀ふるの歌」となっていますが、目次には「友を戀ふる歌」
           となっており、明治32年発行の雑誌
『伽羅文庫』にも「友を戀ふる歌」となっていますの
           で、「友を戀ふるの歌」の「の」は、衍字であると思われます。
            また、「それにも似
(に)たる國(くに)のさま」の「似(に)」のルビが、原文では「似(ほ)」となっ
           ているようですが、ここでは「似
(に)」と直して写してあることをお断りしておきます。
          3. 『紫紅集』の編者・栗島山之助(狹衣)は、雑誌『伽羅文庫』の発刊者の一人だというこ
           とです。(フリー百科事典『ウィキペディア』に「栗島狭衣」の項があります。)
          4. 詩中のふりがな(ルビ)は、ここでは括弧に入れて示しました。
          5. 詩句の「芭蕉の寂をよろこばす」「むかしを慕ふむらこゞろ」は、それぞれ「芭蕉の寂をよ
           ろこばず」「むかしを慕ふむらごゝろ」とあるべきところですが、原文のままに引用してあり
           ます。
            また、「むかしを慕ふむらごゝろ」の後に句点があるべきですが、原文のまま句点なしに
           してあります。
          6. この「友を恋ふる歌」という詩は、明治32年12月5日発行の雑誌
『伽羅文庫』に掲載
           された詩です。この詩は、この後、
明治32年12月25日発行の雑誌『国文学』(国文学
           雑誌社発行)
に「人を恋ふる歌」という題で再録され、更に、明治33年2月20日発行の
            
雑誌『よしあし草』にも同じ「人を恋ふる歌」という題で掲載されました。その後、明治33
           年10月12日発行の詩歌集『紫紅集』に、
『伽羅文庫』と同じ「友を恋ふる歌」という題で
           掲載されたわけです。
            この詩は、
明治34年3月15日発行の詩歌集『鐵幹子』には、「人を恋ふる歌」という
           題で収められています。
            ただし、雑誌『伽羅文庫』と詩歌集『紫紅集』に掲載された「友を恋ふる歌」という題の
           詩は全13節で、「「あやまらずやは眞ごころを……」「おのづからなる天地を……」「口を
           ひらけば嫉みあり……」の3節がなく、「人を恋ふる歌」になって全16節になりました。
            また、「四たび玄海の浪を声踰え……」と「玉をかざれる大官は……」の位置が、雑誌
           
『国文学』以後の「人を恋ふる歌」では逆になっています(つまり、「玉をかざれる大官は
           ……」「四たび玄海の浪を声踰え……」の順)。
          7. 雑誌『伽羅文庫』、雑誌『国文学』、雑誌『よしあし草』、詩歌集『鉄幹子』による本文が
           次の資料にあります。
               → 資料430:与謝野鉄幹「友を恋ふる歌」(雑誌『伽羅文庫』による)
               → 資料431:与謝野鉄幹「人を恋ふる歌」(雑誌『国文学』による)
               → 資料429:与謝野鉄幹「人を恋ふる歌」(雑誌『よしあし草』による)
               → 資料428:与謝野鉄幹「人を恋ふる歌」(詩歌集『鉄幹子』による)
          8. 語句の読みを補っておきます。
( )内は、歴史的仮名づかいです。
            
 顔(かほ)うるはしく……「顔」に「かほ」とルビがあるのは、この『紫紅集』だけですので、貴重です
                が、これが果して鉄幹自身による振り仮名であるかどうかが、はっきりしません。普通には「み
                め」と読まれているところです。
                 松村緑氏は「鉄幹詩「人を恋ふる歌」の成立と発表誌について」という論文(『解釈』昭和43年
                1月号)で、「作者自身にみめとよませる意図はなかったものと考えるべきであろう」と言っておら
                れます。(注9を参照のこと)
             八分(ぶ)の俠氣(けふき)二分(ぶ)の熱(ねつ)……他の本では「六分の俠氣四分の熱」となって
                いるところです。「(けふき)」は、「きょうき」。
               見(み)よ西北に……『鉄幹子』には、「西北」に「にしきた」とルビがあります。
               妻子(さいし)……『鉄幹子』には、「つまこ」とルビがあります。
             誰(たれ)か知(し)る……文語なので、「誰」は「たれ」と清音に読んでいます。 
              
北漢(ほくくわん)……北漢の振り仮名は「ほくかん」が正しいと思われますが、原文のままにして
                あります。

          9. 「顔うるはしくなさけある」の「顔」の読みについて
           
松村緑氏は「鉄幹詩「人を恋ふる歌」の成立と発表誌について」という論文(『解釈』昭和43年1月号)
            の中で、「この詩の「顔うるはしく」は俗間にはみめうるわしくと歌われているが、初出本文にも『鉄幹子』
            所収本文にも顔の文字にはルビはついていない。(総ルビになっている『紫紅集』の「友を恋ふる歌」には
            かほとルビがついている) そこで、これはやはり作者自身にみめとよませる意図はなかったものと考える
            べきであろう」と書いておられます。
(太字の「みめ」「かほ」は、原文には傍点がついているものです。) 
             鉄幹の詩として読む場合は、やはり「かお」と読むのが正しいのではないか、と思われます。

          10. 講談社文庫『日本の唱歌 〔上〕明治篇』(金田一春彦・安西愛子編、昭和52年10月15日
            第1刷発行)の「人を恋うるの歌」の解説
に、次のようにあります。
             
 与謝野鉄幹の詩歌集「鉄幹子」(明治34年刊)に収められている歌詞に、明治41年に曲が
              付けられたものという。作曲者が不明なのは残念である。よく歌われる三高の寮歌に、大正2
              年に矢野禾積(かずみ)が作詞した「行春(ぎょうしゅん)哀歌」というのがあって、
                  1 静かに来たれ懐かしき 
                    友よ憂いの手を取らん 
                    曇りて光る汝(な)がまみに 
                    消えゆく若き日は歎く
               という歌詞のものであるが、この曲を借りて歌っている。矢野氏によると、この寮歌にはもともと
              小川という生徒の付けた曲があったが、それが不評でさっぱり歌われない。中学時代の友人片
              岡鉄兵が京都へ来た時にそのことを話したら、おれがいい節を教えてやる、おれたちがいつも
              藤村の酔歌を歌う時の節だと言ってこの曲を教えてくれた、矢野氏がそれを歌って聞かせると一
              同それがいいということになって「行春哀歌」の曲に固定したというのである。この曲はいろいろな
              詩の節として使われたようであるが、たしかにそれにふさわしい節である。(同書、238頁)

          
     引用者注:藤村の「酔歌」とは、『若菜集』所収の詩「酔歌」を指すものと思われま
                    す。次にその「酔歌」を引いておきます。  

 

    醉 歌 
          島崎藤村

旅と旅との君や我
君と我とのなかなれば
醉ふて袂(たもと)の歌草(うたぐさ)を
醒めての君に見せばやな

若き命も過ぎぬ間(ま)に
樂しき春は老いやすし
誰(た)が身にもてる寶(たから)ぞや
君くれなゐのかほばせは

君がまなこに涙あり
君が眉には憂愁(うれひ)あり
堅(かた)く結べるその口に
それ聲もなきなげきあり

名もなき道を説くなかれ
名もなき旅を行くなかれ
甲斐なきことをなげくより
來りて美(うま)き酒に泣け

光もあらぬ春の日の
獨りさみしきものぐるひ
悲しき味の世の智惠に
老いにけらしな旅人よ

心の春の燭火(ともしび)に
若き命を照らし見よ
さくまを待たで花散らば
哀(かな)しからずや君が身は

わきめもふらで急(いそ)ぎ行く
君の行衞はいづこぞや
琴花酒(ことはなさけ)のあるものを
とゞまりたまへ旅人よ
 

 

                    『若菜集』(春陽堂、明治30年8月29日発行)による。

 

          11. 若井勲夫氏の論文「旧制高校寮歌の言葉と表現」(『京都産業大学論集〔人文科学
           系列〕』第37号
(2007年)所収)に、次のようにあります。
              
この「人を恋する歌」は、「当時著しく一部の諷誦するところとな」り、「さかんに文学青年が感傷
              の表情の間に微吟せられた」(日夏耿之介・前掲書─引用者注『改訂増補明治大正詩史』
〔昭和
                23年〕
のこと)。書生風の熱情は青春の憂愁や悲哀に同調し、高校生にも寮歌に準ずる歌として
              愛好されたことであろう。現在は全16節が3節に縮小されて一般に広がっている。志田延義氏は
              この歌を寮歌史の上で初めて正当に位置付け、晩翠の「星落秋風五丈原」とともに「それ自身長く
              学生間に愛誦せられ、また寮歌の類に一つの時期を画せしめるほどの詩歌として注意すべきであ
              る」と評価する(『続日本歌謡集成』五)。従来、鉄幹の寮歌への作用についてあまり触れられるこ
              とがなかったが、鉄幹の詩は壮士風の「ますらをぶり」で晩翠詩と共通する。しかし、晩翠は硬質
              で上品に整い過ぎて、鉄幹の闊達で自由な、また悲歌的な情熱には及ばないのではないかと思
              われる。(同論集、179頁)
         12.   『東洋女子短期大学紀要』4巻(1971年9月30日発行)に、丸野弥高氏の「与謝野
            鉄幹作「人を恋ふる歌」について」という論文がります。この論文にこの詩についての
            詳しい考察がなされていますが、これによれば、「人を恋ふる歌」の発表誌は、次のよ
            うになっています。
                 
雑誌『伽羅文庫』第1巻第2号(明治32年12月5日発行) ……本文引用あり
                 雑誌『國文學』第12号(明治32年12月25日発行) ……本文引用あり
                 雑誌『よしあし草』23号(明治33年2月20日発行) ……本文引用あり
                 単行本『紫紅集』(明治33年10月12日発行)
                 単行本『鐵幹子』初版(明治34年3月15日発行) ……本文引用あり
               
『伽羅文庫』の本文は、題名が「友を戀ふる歌」となっており、長さも16節でなく、13
              
節になっています(第12節「あやまらずやは真心を…」、第13節「おのづからなる天地を…」、第
           
14節「口をひらけば嫉みあり…」がない)。『國文學』は、『伽羅文庫』の僅か20日後の発行
            ですが、題名は「人を戀ふる歌」となっています。また、『伽羅文庫』では「六分の俠氣
            四分の熱」が「八分の俠氣二分の熱」となっています。
             この詩の初出について筆者の丸野弥高氏は、「制作年代を31年3月以降と見るに
            しても、その初出原型を「伽羅文庫」本と決定するにはまだ不安が残る」としておられ
            ます。詳しくは同論文を参照してください。
             なお、「石を抱きて野に歌ふ芭蕉のさ寂をよろこばず」について、丸野氏は、「冷たい
            血の気のないものを相手に人の世と離れて野に歌う芭蕉の枯れた世界を退けて、憂
            国慨世という、なまなましい熱血の世界を追求しようというのである」としておられます。

          13. 与謝野寛(よさの・ひろし)=詩人・歌人。初め鉄幹と号す。京都生れ。晶子の夫。
                落合直文に学び、浅香社・新詩社の創立、「明星」の刊行に尽力、新派和歌
                運動に貢献。自我の詩を主張。詩歌集「東西南北」「天地玄黄」、歌集「相聞
                
(あいぎこえ)」など。(1873-1935)         (『広辞苑』第6版による。)
          14. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「与謝野鉄幹」の項があります。  
          15. 時雨音羽著『日本歌謡集』
(現代教養文庫443、昭和38年11月30日初版第1刷発行)には、
           次の3番までの形で歌詞が示され、「明治41年(1908)頃から学生間に歌われ、現在
           もつづけられている歌で、作者は明星派の詩人」と記されています。

                 
  人を恋ふる歌    与謝野 寛 作詞

                  

(1) 妻をめとらば 才たけて

 

 

       みめうるはしく 情ある

 

 

       友をえらばば 書を読みて

 

 

       六分の俠気 四分の熱

 

 

 

 

                  

(2) 恋のいのちを たづぬれば

 

 

       名を惜しむかな 男の子ゆゑ

 

 

       友の情を たづぬれば

 

 

       義のあるところ 火をも踏む

 

 

 

 

                 

(3) ああわれコレッジの 奇才なく

 

 

       バイロン ハイネの 熱なきも

 

 

       石をいだきて 野にうたふ

 

 

      芭蕉のさびを 喜ばず

 

 

 

 

          引用者注: 1.歌詞の仮名づかいを、歴史的仮名づかいに改めてあります。

                  2.語句の読みを、現代仮名遣いで記しておきます。
                      六分(りくぶ)  俠氣(きょうき)  四分(しぶ) 男の子(おのこ)

                   3.3番の「コレッジ」は、今は普通「ダンテ」として歌っているように思います。
                   4.鉄幹の詩と違うところ
                      「顔うるはしく」→「みめうるはしく」
                      「書を読んで」→「書を読みて」
                      「をとこゆゑ」→「男の子(をのこ)ゆゑ」 

          16. 近代文学注釈大系『近代詩』(関良一著、有精堂出版・昭和38年9月10日発行)に、
           「人を恋ふる歌」が取り上げられています。
          17. 参考書を挙げておきます。
             関良一『
近代文学注釈大系 近代詩』(有精堂、昭和38年9月10日発行)
             関良一「人を恋ふる歌(与謝野鉄幹『鉄幹子』)」(一)(『国文学』
解釈と教材の研究
                                  昭和39年2月号、學燈社・昭和39年2月1日発行)
             関良一「人を恋ふる歌(与謝野鉄幹『鉄幹子』)」(二)(『国文学』
解釈と教材の研究
                                  昭和39年3月号、學燈社・昭和39年3月1日発行)
             松村緑「鉄幹詩「人を恋ふる歌」の成立と発表誌について」(『解釈』1968年1月号、
                                                   昭和43年1月1日発行)
             丸野弥高「
与謝野鉄幹作「人を恋ふる歌」について」(『東洋女子短期大学紀要』4巻
                                               所収、1971年9月30日発行)

           18. 明治32年発行の『伽羅文庫』と、明治33年発行の『紫紅集』の「友を戀ふる歌」の本
            文の異同を、次に示しておきます。
              『伽羅文庫』は部分的なルビですが、『紫紅集』は総ルビになっています。ここでは、ル
            ビに関しては、主なものだけを取り上げてあります。
                 明治32年発行の『伽羅文庫』) (明治33年発行の『紫紅集』)
 
                            才たけて                 才(さい)長(た)けて            
                             顔うるはしく                顔(かほ)うるはしく
                             書を讀んで                 書をよんで
                           斟めや、うまざけ。             斟めやうま酒(さけ)
                         まことのをとこ君を見る。          まことのをのこ君を見る。
                              コレッヂ                    コレッチ
 (誤植ならん)
                              野に歌ふ                  野にうたふ
                             よろこばず                  よろこばす
 (誤植ならん)
                           小野のやまざと               小野のやま里(さと)
                             むらごころ。                  むらこゞろ
 (誤植ならん)
                            それにもにたる               それにも似たる
                            妻子をわすれ              妻子(さいし)をわすれ
                             希望をば                 希望(のぞみ)をば
              これを見れば、両者には表記と句読点の有無に違いが見られるだけで、詩句は全く同じ
            といってよいでしょう。
              つまり、『紫紅集』の本文は、『伽羅文庫』の本文に総ルビを施し、一部、句読点を省き、
            表記に手を加えたもので、内容的には全く同じもの、と言えます。
              ただ、何といっても、「顔
(かほ)うるはしく」と、「顔」に「かほ」というルビの付いていること
            が、他の本文にない特異な点と言えるでしょう。




                                        
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ