資料513 三和無敵流序



   三和無敵流序 

 

古徃今來所以益于劒者以持治
亂之源也天下奥廃盡非劒術兵
法而何哉自古傳世之流法不暇
屈指焉予尋覔諸流既五十
餘霜也辛勤而乾竹絞汁終哮著
其玄奥而豁爾修練前人未發之一
流焉名三龢橆敵流焉其流法哉
臨時應變殺活自在之至理而苟
趣向于修妙文地者電光石火正
爲鈍若斯則蔑〇予誰敵哉或
天運逆地理廃人衟亂則令其天
下靜寧者予所得之三和無敵流
乎故使後人以無力
之〇無殺
之殺無於劒拳之術則治受用不
盡而千流万種歴審於當流
誠門人達
此者宇内獨歩而可無
危亡之憂世


   自訓
 閃電光  撃石火
 貶得眼  已蹉過
 眼流星  機掣電
 殺人刀  活人劒

享保十四年
戊酉仲穐癸未

東海洌常陸那珂郡
水戸那珂湊住
    金澤品充手記

 

 

 

 

 

 

 

 (注) 1. 上記の「三和無敵流序」は、ある免許皆伝の資料によって記述しました。読めない
     漢字があって、漢字が不正確である恐れがあります。 
     2. 〇は不明の漢字。改行は元の資料のとおりにしてあります。
     3. 上記の本文に「享保十四年戊酉とありますが、「戊酉」という干支は存在しないは
      ずで、これはどういうことなのでしょうか。享保14年の干支は、己酉のはずですが。
       また、「殺人刀」のところは、原文が「殺人力」となっているのを、「刀」が正しいと
      見て引用者が改めてあります。
       なお、漢字の、「無」の下の「灬」が「火」になっているものは、「無」に直してあり
      ます。
の漢字は、島根県立大学の “e漢字” を利用させていただきました。
     4. 「自訓」のところに出ている「閃電光 撃石火 貶得眼 已蹉過」は、『無門関』第
     二十一 雲門屎橛」に引かれている頌の言葉、また、「眼流星 機掣電 殺人刀
      活人劒」は、『無門関』第十一 州勘庵主」に引かれている頌の言葉です。
            頌曰
        閃電光 撃石火 貶得眼 已蹉過
            頌曰
        眼流星 機掣電 殺人刀 活人劒

           頌(じゅ)に曰く、
        閃電光(せんでんこう)、撃石火(げきせっか)、
        眼(まなこ)を貶得(さっとく)すれば、已(すで)に蹉過(しゃか)す。 
           頌(じゅ)に曰く、
        眼(まなこ)は流星(りゅうせい)、機(き)は掣電(せいでん)、
        殺人刀(せつにんとう)、活人劒(かつにんけん)。   

     5. 環境依存文字を使用していますので、うまく表示できない場合があります。 
     6. 本文をよく検討してから載せればいいのですが、取り敢えず掲載することにします。
 
     7. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「三和無敵流」(みわむてきりゅう)の項があり
      ます。

         → フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「三和無敵流」
          
                                        
 



 

                   トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ