資料405 安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之三





 

         醒 睡 笑  巻之三                安樂菴策傳  

 

 



      ◇ 文字知顔
(もじしりがほ)

◎或人、小姓を「かすなぎ かすなぎ」と呼びて使はるゝ。客不審に思ひ、其
(その)故を尋ねければ、「さる事あり、春長(はるなが)と書けり。かすは春日(かすが)のかす、なぎは長刀(なぎなた)のなぎよ」と。
◎元三
(ぐわんざん)に利口なる人禮に來(きた)れり。亭坊(ていばう)智德なきゆゑ、こびたる顔に仕なしたがり、對面を遂げ祝儀を述べ、「なにと煮餅(にべう)を參らうか、やく餅(べう)を參らうか」と問ふ。客たゞ「煮餅を給はらん」と。さて膳を据ゑ、齋進(さいしん)を出(いだ)し強ひける時、客「未だ持餅(ぢべう)が候」と。無理に一つ盛りければ、「あら咳病(がいびやう)や」と。
◎振舞なかばに亭主、「鹽打大豆
(えんだだいづ)々々々々」と呼びければ、鹽打豆(しほうちまめ)を持ちて出でけり。又一度呼ぶ時、「いやなし」と申したれば、「不及力(ふきふりき)々々々、不及力」とうなづきたり。客大(おほい)に感じ、家に歸りて人を請(しやう)じ、次第を忘れ、始めに「不及力を出(いだ)せ」といふ。鹽打豆を出(いだ)せり。かさねて乞ふに、「最早(もはや)ない」と答ふる。「鹽打大豆(えんだだいづ)々々々々」と。  あとをさきへ、入らぬ文字あつかひや。
◎「笛のえはちゞみえか、末のゑか、いづれがよい」といふに、「されば定家のかなづかひにも、源氏などにも、ちゞみえを書きたるは」。「いや、よこえがよい」。「何とて」。「笛は横にして吹くほどに」。そばにゐたる禪門うかべたる體
(てい)をし、「げにもげにも、尺八の八もよこえぢや」。
◎備後國
(びんごのくに)に久代(くしろ)とて如形(かたのごとく)の大名あり。土生(はぶ)といふ侍(さぶらひ)を、藝州元就(げいしうもとなり)へ歳暮(せいぼ)の禮儀に遣(つかは)されし。對面あつて、「出雲の國に、雪はいかほど降りたるぞ」とあれば、かの土生手をつき、「雲州の雪は馬足不立(ばそくふりふ)にして、恰(あたか)も鐵をのべたるが如し」と申上げたり。大(おほい)に氣色損じ、「今より以後、此(この)者使(つかひ)に無益(むやく)」とぞ。「唯(たゞ)出雲は大雪にて、馬のかよひも御座ない」と申さんものを。又彼(かの)土生、在郷に住む侍なれば、過半耕作(くわはんかうさく)などしけり。或五月雨(さみだれ)の晴間に、鋤(すき)を杖につき靜(しづか)にありく。百姓行きあひ、「いづれへ」と問ひければ、「田水見行(でんすいけんぎやう)」と答ふ。「田の水を見に行く」というたはまし。
◎醫者にむかつて、「白朮
(びやくじゆつ)とは何を申すや」。「をけらといふ草なり」と。こびたる事におもひ、客をまうけたる席に、中間(ちうげん)、彼(かの)草を、縁のはしに持出(もちい)で、「白朮を掘りて參りた」と言はせ、「其處(そこ)にをけら」というてくすめり。近頃文盲なる人感(かん)にたへ、歸りて中間に敎へおき、態(わざ)と人を呼び振舞ひけるに、中間が打忘れ、「をけらをほりて參りた」と。亭主よういふ顔にて、「そこに白朮せよ」と。
◎作意ある人の犬あり。名を廿四とつけたり。「廿四々々」と呼べば來
(きた)る。「なにとしたる仔細にや」と問ふ。「しろく候(さふらへ)ば」。「さて實(げ)にも實(げ)にも」と感じ家に歸り、白犬をもとめ廿四と呼ぶ。「いかなる心持ぞ」と尋ねられ、「しろう候へば」。
◎革細工のかたへ、侍のもとよりとて、太刀に文
(ふみ)をそへ持來(もちきた)る。 開き見れば、「此(この)日々念を入れ給り候へ」と有り。つひによむ者なし。亭主わざと侍のもとへ行(ゆ)き、直(じき)に尋ねければ、「それこそ誰(たれ)もしるべき文字よ。かしらの日(ひ)はついたちのたち、次の日は二日(ふつか)のつか、「太刀のつかをまきてくれよ」にて、すみたるものを」となり。
◎宗祇
(そうぎ)東國修行の道に、二間四面(にけんしめん)の奇麗なる堂あり。立寄り腰をかけられたれば、堂守(だうもり)のいふ、「客僧は上方(かみがた)の人候(さふらふ)や」。「なかなか」と。「さらば發句(ほつく)を一ッせんずるに、付けて見給へ」と、
  「新しく造りたてたる地藏堂かな」
      「物までもきらめきにけり」
と付けられし。「これはみじかいの」と申す時、祇公、「そちのいやことにあるかなを、出
(た)されよ」とありつる。
◎堺の中濱に道海
(だうかい)とて富める者あり。ちとはれがましき客を請(しやう)じ、朝食(あさげ)の膳を出(いだ)し、末座にきと手をつくね、言ひける事こそ腹筋(はらすぢ)なれ。「西宮(さいぐう)に人(にん)を遣す、大風(たいふう)頻りに吹いて新魚無(む)なり。鹽魚買來(えんぎよばいらい)不及力(ふぎふりき)」。たゞ「西の宮へ人をやりたれば、大風が吹いて新しい魚(うを)がをりない」と言はいで。
◎坊主と弟子といひ談じて、つねづね愚人
(ぐにん)をあひしらひし、その風(ふう)をあてことにし、ちくと文字のある客の時、弟子出でてはゞからず、「水邊(すゐへん)に酉(とり)あり、山に山を重ねんやとは、酒をいださうか」というた。師匠が返答に、「丿乀夕夕(へつぼつせきせき)、人が多いに無用」といふ。賓客(ひんきやく)(とみ)に察し、「玄田牛一(げんでんぎういち)とは畜生めぢや」とて、座敷を立ちたる仕合(しあはせ)なり。
◎ある武將のうらかたに、瘧
(おこり)をわづらへる事あり。侍を使(つかひ)として醫者(いしや)のもとへ、「文(ふみ)までもなし、「女(をんな)ども瘧病(ぎやくへい)にいたはりぬる間、藥調合(てうがふ)の儀頼むといへ。」「畏(かしこま)り候」とて立ちけるが、打忘れ、次にて「瘧の名はべちになきか」と問ふ。「ぎやへいといふぞ。」うなづき行き醫師(くすし)にむかひ、「ぎやていの藥を」と申しけり。をかしく思ひ、「腹(はら)ぎやていか、はらそうぎやていか、知れぬ」と言はるれば、「さる事候。右の脇ちといたくて、後(のち)ふるひ給ふ間、さだめてはらぎやていにて候べし。」「心得たり」とて藥をつかはしたれば、本復(ほんぷく)してんげり。醫者、武將に逢うて右の趣を語りけるに、「さたのかぎり、そいつは觀音經(くわんおんぎやう)を一部いうてあつた」と。
 始
(はじめ)よりおこりといふがよからん。入らぬ御使(おつかひ)のこびたるにて、主殿(しうどの)まで恥をかゝれた。
◎美濃國うるまの大安寺に、般若坊とて狂歌に名を得たるありし。知音
(ちいん)たる人のもとより、此(この)冬の暮行(くれゆき)仕合(しあはせ)なにとかなど、いひ送りたれば、
  「心經
(しんぎやう)の摩訶の下(した)なる般若坊ことし一切くやくなりけり」
◎武士たる人の、殿とのといふが、殿の字の聲はでんと敎ゆる。又月といふ字の聲はぐわちとをしゆる。此
(この)二字をならひ得て、いかさまはれがましき處にて、言ひ出(いだ)さんとたくまれけるが、或時館(やかた)に座敷能のはじまりしを、物見のため人多くあつまりゐけり。其砌のみぎり)、かの武士威儀をけだかくかいつくろひ、「殿原(でんばら)よ殿原(でんばら)よ、それにゐる者どもを、皆縁(ゑん)から下へ月(ぐわち)こかせよ。」
 せんないたしなみさうな。
◎金子
(きんす)と書くべき處に合子(がふし)とかきたり。「是(これ)は」と不審しあへれば、「金(かね)といふ。合(がふ)の字を、時々はせしむると讀むすべをさへ、え知らいで」と、けつく慢じごとは。
◎「あへものゝ菜
(さい)をば、何時(なんどき)も本皿(ほんざら)には盛らず、鉢にても重箱にても盛入(もりい)れて、ひきざいにしたがよいと、庭訓(ていきん)にある」といふ。「いづれの文(ふみ)にありや、つひに見ぬ。」「かくれもない、あへてもつては、後日(ごにち)の恥辱を招くといへり。」
  「たんぽゝのあへ物くふやしたつゞみ
◎脈とては浮中沈
(ふちうちん)をも辨ぜず、七表(へう)八裏(り)九道(だう)二十四の名をさへ知らぬ程の醫者あり。脈をとりて後(のち)病者に問ふ。「胸はいたむ心ありや。」「なかなかあり。」。「左右(さう)であらう、脈に左右(さう)候。さて足はひゆる事ありや。」「いやあたゝかな。」「左右(さう)であらう、脈に左右(さう)ある。頭痛ありや。」「いやなし。」「左右(さう)であらう、脈にあうた」と。この作法にても、お醫師(くすし)樣ではある。
 病人となりて、藥を申しうけんは、こはものぢやの。
◎地蔵講の式目
(しきもく)といふ外題(げだい)を見、大藏といふ人は地(ち)くら講とよむ。武蔵といふ人は地(ち)さし講とよむ。又傍(かたはら)にのぞきゐたる或泉坊(わくせんばう)は、式目の式を或目(わくもく)とよめり。聞事(きゝごと)の。
◎武士たる人、ある神主にむかひ、「そちは神道を心得たるや。」「いな、白張(しらはり)きたるまでに候。」「いたはしや、本來無東西(むとうざい)、何處(いづこ)をなんぼくといふ大事をも知らいで」と笑はれければ、神主、「私(わたくし)は佛歌(ぶつか)・神歌(じんか)・道歌(だうか)を、ぶつかん・じんかん・道(だう)かんにて理(り)をすまし參らする」と申す時、かの武士、「それはふかい事、おもしろさうな」と感ぜられたるにてすうだ。


      ◇ 不文字
(ふもじ) 

◎朝倉の山椒
(さんせう)を一袋持たせ、侍のもとへ音信(いんしん)に遣しけり。折節かの侍(さぶらひ)途中にて行きあひ、文(ふみ)そへて上げければ、「そちの見る如くなるまゝ、返事に及ばず。又一袋の御重寶(ごちようはう)、悦入(よろこびい)り候」よし、使(つかひ)聞屆け、道の二三町も行きしが、よくよく思へば、今のことばがすまぬ。今一度ことわらんと、息をつきかねはしり戻りぬ。馬をとゞめ問はせけるに、「今の一袋は御重寶では御座ない、朝倉と申す山椒にて候」と。
 これなんふしぎの御重寶。
◎脾胃
(ひゐ)の虚(きよ)したる人にやありけん、平胃散(へいゐさん)を調合し服せん事を望み、常に頼める醫師(くすし)のもとへ、「比叡山のはうを書きて給はれ」と申送れる。醫師やがてさとり、「比叡山の方(はう)の義承り候。王城より艮(うしとら)にあたれり」と返事しけり。
◎元日にかんをいはふ處へ、數ならぬ者禮に來
(きた)る。亭主「膳を出(いだ)せ」といふに、そのまゝまゐりたり。亭嬉しげに、「積善(せきぜん)の餘慶(よけい)ぢや」など感ずるを聞き、さてはかやうに、下には芋大根を盛り、中に餅、上に豆腐くゝたちを盛るをば、積善のよけいといふ事よと覺えて立ち、件(くだん)の者又さる方(かた)へ行(ゆ)く。膳出(いで)たり。見れば今度のは、豆腐とくゝたちを下に盛り、中に餅、上に芋大根を盛りたり。箸をもちてほめけるは、「さても此(この)餘慶の積善は、一段あたゝかに出來まゐらせ候よ」と申しけり。
◎同じやうなる者三人伴
(ともな)ひて、貴人(きにん)のもとに行き、まづ上座(じやうざ)の者、「とく罷出(まかりい)で候はんを、我等の子持が乳に癰(よう)出來、なほりては平癒(へいゆ)し、平癒してはなほり、正月より此(この)三月まで、それに取りまぎれ參りおくれたる」といひければ、次に座したるが膝をつき、「こゝな人は、お前でさやうのかた事を申(まをす)物か、なほるとはへいゆ、へいゆとはなほる事なり。一つ言葉をくり返し、何事ぞや。さやうの丈尺(ぢやうしやく)かさねてつかはしますな」といふを、其(その)次の者聞きて、「さてもお身の丈尺ことばはなんぞ、大工やなどの上にこそいふ言葉言ならんめ。御身(おんみ)達がかた言(こと)をいふを聞いて、己(おれ)が顔はそのまゝ赤(せき)はんしたり」と。
◎人皆歳末
(さいまつ)の禮とて持參しゆく。たちざまに、「來春(らいしゆん)はおぼしめすまゝの御祝儀申さん」といふを聞き、文盲なる者口眞似し、さきざきにて、「來春(らいしゆん)はおぼしめすまゝに御座らう」と申せし。
◎三人行合
(ゆきあ)ひて、一人がいふ、「さてさて昨日のなゆは。」又一人いふ、「なゆではないじゆしんがほんぢや。」今一人が、「なゆやら、じゆしんやら知らぬが、世はねつするかと思うた。」
◎手跡
(しゆせき)の讃歎(さんだん)ある席にて、口あればいふ事と、「伏見院殿又後奈良院殿後柏原院殿のは、皆勅筆(ちよくひつ)と仰せ候が、近衛殿のをば、なにとて勅筆とは申さぬぞ、不審な。」
   「我身の恥をわれとあらはす」
  「犬櫻
(いぬざくら)さかでも春を送れかし」
◎ある侍中務
(なかづかさ)になられたといふ時、百姓ども祝儀とて、料足(れうそく)十疋(ぴき)(づゝ)つなぎあつめ、禮に持出(もちいで)しが、又廿日ばかり後、訴訟のむねありて中務に參る。門の傍(かたはら)に並居(ならびゐ)て聞きければ、客人のわたり候が、小姓をよび出(いだ)し、「中書(ちうしよ)は内に御入(おんいり)あるや」と問はれしを、百姓目まぜし私語(さゝや)きいふ、「中務がほどもなきに、中書になられたは、南無三寶(なむさんばう)百召出(めしいだ)いてつくばはうずよ」と。
◎始めて奉公に出
(いづ)る侍のありしが、奏者(そうしや)する人に「御名字(ごめうじ)は」と問はれ「磯貝(いそがひ)」と答ふ。「磯は」といへば、返事なし。「さだめて磯邊の磯なるべし。がひは」とたづぬれば、「よからうやうに」と。「しりがひがよからう」といふ時、「せめてむながひのがひにしてくだされよ」と。されば、時頼禪門も、
 「よみかきのことさらいるは弓矢より急度
(きつと)注進(ちうしん)急度囘文(くわいぶん)
◎仲間
(ちうげん)どものあつまりて、人の名(な)苗字(めうじ)を沙汰しけるが、一人いふやう、「おれが殿(との)は、名を三度つかれたが、皆こしから下への事ばかりぢや。始めに次郎四郎、二番に次兵衛(じびやうゑ)、三度目に修理太夫(しゆりのだいふ)」を、しりの大夫(だいふ)とうはさしたり。
◎奉公する人の問ふ樣
(やう)は、「某(それがし)が頼みたる殿を、下野(しもつけ)といふ者もあり、野州(やしう)といふやからもあり。いづれがよいぞや。」「どちも大事なし」と。大(おほい)に合點(がてん)せしが、或座敷に出(い)でて、しもつけの花のいけたるを見つけ、きつと手をつき、「さてさてこの野州はよういかり參らせたよ」と。
◎逸興
(いつきやう)參會の物語に、「此(この)家中(かちう)のおとなは、伯耆(はうき)下野(しもつけ)とて兩人あり。されば伯耆なれば伯州(はくしう)といふは聞えたが、下野(しもつけ)を野州といふが、ちつともすまぬ」と。
◎物はかゝねど利口な者に、「てんびんとは何
(なん)とかくぞや。」「繼母とかく」と答ふ。「夫(それ)は不都合なる事」といふ。「さればこそ、唐(もろこし)から本(ほん)の文字はあらうとまゝよ、まゝはゝと書くがよい、なぜになれば、くへどくはねどたゝきたがる。」
       「たゝいてはすりたゝいてはすり」
   「髮惜
(をし)むうひ子を膝にだきのせて」
◎服部
(はつとり)といふ侍に文字を問ふ。つひに苗字(めうじ)のこたへやうを知らず。人をしへて「ふくべと書く」と。「ふくべとはへうたんの事かや。」「なかなか。」ある者「御苗字のはつとりとは。」「それこそへうたんと書き候。」親當(しんたう)
 「世の中に書くべきものはかゝずして事をかくなり恥をかくなり」
◎いろはをもよまぬ者ありて、「常に、人の酒飯
(しゆはん)といふは何事ぞや。」「酒(しゆ)はさけとよむ。飯(はん)はめしとよむぞ。」「忝(かたじけな)し」と覺え、ある振舞の座にて、「今日のもてなしは、酒飯(しゆはん)ともに出來まゐらせた」とほむる。彼がそだちをよく知りたる者あり。「酒飯とはなんぞ。」「酒(しゆ)はさけ、飯(はん)はめし。」「さてともには」と問はれ、「椀(わん)折敷(をしき)で御座あらうまでよ」と。
◎物かく者をたのみ、文
(ふみ)一つあつらへ、あて處(どころ)をとへば、「新のくと書きてたまはれ。」「新六とこそかゝるれ、のくといふては知らぬ。」「さてそなたはあさましや、六日市(むいかいち)のむいの字をさへえ知らいで」と。
◎小豆餅
(あづきもち)のあたゝかなるを、夜咄(よばなし)のもてなしに出(いだ)す。その席におく山の者ありし。中老ほどの人、餅を見る見る、とかく夜食はおほく食ふが毒にてあるよし、いふをきゝ、さては餅のことぞと思ひ、彼(かの)山賤(やまがつ)在所にて、晝の雜掌(ざつしやう)に、大豆の粉(こ)をそへ餅をいだす時、「かまへて皆おきゝあれ、さる人のいはれしが、此(この)夜食は多く食ふが毒にて候」と。
◎目くすしに出でんとする人、銘を書くべきあてもなければ、包紙を澤山に折りて、人を頼み、みなみな紅梅散
(こうばいさん)とかゝせもつ。風眼(ふうがん)にも、うつひにも、一ッ銘ばかりうちし故、侮(あなど)り笑ひけるまゝ、旅宿(りよしゆく)にて銘をたのむ。「いかゞ書かん」と問へば、「牛黄圓(ごわうゑん)」とのぞむ。「目の藥にはいなものや」といはれて、「それならば木香丸(もつかうぐわん)」と所望した。
◎山家
(やまが)に、信國(のぶくに)の脇差をもちたる者、銘をしらず。淨土宗の僧によませたれば、「しなけきとよむ。しなは信濃のしな、けきは舎衛國(しやゑけき)のけき」と、いひつるあさましさよ。
◎侍めきたる者の主
(しゆ)にむかひ、「おかべのしる、おかべのさい」といふを、「さやうの言葉は、女房衆の上にいふ事ぞ」と叱られ、げにもと思ひゐけるが、或時主(しゆ)の上臈(じやうらふ)にともして、ふるまひより歸りたるに、主人座敷の始終をとはる。「朝食(あさめし)の上にはやしの候ひつる」と語る。「謠(うたひ)はなになになど」とありしかば、「しかとは存ぜず候。何もとうふごしに承りてあるほどに」と。
◎月迫
(げつぱく)になり、殿の臺所とゝのひがたし。せんかたなさに家老の人たくみ出(いだ)し、有力(いうりよく)なる百姓のもとへ行き、「そちは貞心に事をさたする條(でう)、重寶の者なり。歳の暮の祝に苗字を遣(や)るべき旨なり。目出度(めでたき)事や」といふ。「いや、たゞ今の分にて、御許容あるやうに御取成(おとりなし)を頼む」といへど、とかくいひなし、同心させけり。
「さりながら、それは禮儀いかほど入り候はんや」と尋ぬる時、「三十石ほどがよからう」とあれば、なかなか隔心
(きやくしん)のけしきなるまゝ、さらば二十石にてもくるしかるまじきになりぬ。「扨(さて)苗字は野々村といふべし」と。「さらば御禮申さん」と、老父苗代(めうだい)に惣領を遣(つかは)す。遠侍(とほざむらひ)までは伴(とも)せしが、彼(かの)家老が袖をひかへ、「是非きはまる處(ところ)十石になされよ。よく思案仕るに、野々村とたまはりても、野々は生得(しやうとく)家に傳はる、村ばかりこそくだされ、十石の外(ほか)はとゝのへまい」とぞ申しける。
◎「昨日は一日、妙圓寺といふ寺に遊びつるは」とかたる。「ついにきかぬ寺なり。妙は妙法の妙にてあらうず、ゑんは。」「ぬれゑんぢや。」「いやとよ、かきやうは。」「蕨繩
(わらびなは)のまはしがき。」「こゝな人は、字の事を問ふに」といへば、「ぢは砂地ぢや」と。
◎風呂をば、いづくにあるも、洗湯
(せんたう)といふとばかり心得て過しけるにや、ある大名の内風呂をたかせて、人々入りけるなかば、「なにと風呂はたつや」と尋ね給ふ時、くだんの合點者(がてんしや)、「いづれの洗湯へも入りまゐらせたが、これやうに、ようたつ洗湯はをりない」とぞ申しける。
◎あなたこなた、年頭の禮にありきけるさきざきにて、持參の扇を見ては、亭主のことばに、「五明
(ごめい)はかたじけなや」と禮あるを聞き、さてはなにゝても、正月の持參は、みな五明といふものなりと合點(がつてん)し、其(その)身はもとより塗師(ぬし)の上手なりければ、上々の茶桶を持參するに、袂(たもと)より取出(とりいだ)し奏者にむかひ、「是(これ)は我等の五明で御座ある」と、持ち行くほどの處にていうたと。
     あきた殿の發句
(ほつく)に、
  「ひらかぬは風のつぼみの扇かな」
     三光院殿、
  「秋風を腰にさしたるあふぎかな」
◎「御札
(ぎよさつ)の如く」と文(ふみ)をよむ。かたはらに聞く者とふ、「御札のごとくとは、何(なに)といふこゝろぞや。」「人のもとへ文をやりたる、其(その)返事(へんじ)のことばぞ」と敎ふる。しばらく首肯(うなづ)きゐて、大道(たいだう)をありくに、知る人はたと逢ふ。「さてもお久しや」と言葉をかけたれば、「ぎよさつのごとく」と申しけり。
◎人
(ひと)客を得て、菓子に蜜柑を持出(もちいで)、「これは庭前(ていぜん)のにて候」といふ。客とりて見、「さてさて新しや、店(たな)などにあらんは、いかでかやうには候べき」と、大(おほい)に感じけるを、面白き時宜とや聞きなしけん、今度客にふるまひのあげくに、麩(ふ)をにしめて重(ぢう)に入れ、其(その)席へもち出で、「これは庭前の麩で候ふ」と申したは。
◎八景のうちに、遠寺の晩鐘とは、村里とほき山寺に、入相
(いりあひ)の鐘の聲、つくづく聞くも面白やなどいふを、こびたることゝ思ひゐしが、或時客に寺へ行き、夕陽(せきやう)西に傾(かたぶく)頃より碁をうちはじめ、火をともせども立つ事を忘れたるに、初夜の鐘も早(はや)とく鳴りぬるとはいはいで、「もはや皆おたちあれかし、遠寺(ゑんじ)の晩鐘もとく鳴つた」と。
◎此
(この)四十年許(ばかり)以前、江州永原(がうしうながはら)に祈禱連歌ありし。其(その)日、京より永原へ行き、侍一人道の邊(ほとり)の石に腰かけやすむ砌(みぎり)、杖をつきたる白髪(しらが)の老人、靜(しづか)にあゆみよりて、いろいろの事かたり、「我は今朝とくより先程まで、連歌の有りつるを聞きてゐたり。面白き句のありしよ。
       「おぼろおぼろに鐘ひゞくなり」
  「老いぬれば耳さへもとの我ならで」
(これ)に心なぐさみぬ」と、立行(たちゆ)き給ふ其(その)けしき常ならねば、侍も心ありけり、跡を偲び送りけるが、つひに見うしひぬ。まがふべくもなき、北野の神ならんと沙汰しあへりき。
 「老
(おい)ぬれば人の敎(をしへ)を初音にてわれとは聞かぬ山ほとゝぎす」
 「いつの日のいつの時より聞きはてん我
(わが)すむ山の入相の鐘」
◎人ありて作善
(さぜん)をつとむる毎(ごと)に、僧と同じく、大俗(だいぞく)列坐し齋(とき)を給はるを、何者のいひ出(いだ)しけん、「鬚僧(ひげそう)」とこれを呼ぶ。此(この)ひげそうといふを、おぼえそこなうて、しかもこばかしたがる者あり。堺にての事ぞとよ、ある禪門(ぜんもん)十德の袖の長きを着、知人に行きあひぬ。「いづれへ」と問ふに、禪門「今朝はひらのやへ齋(とき)ありて、會下僧(ゑげそう)に行くは」と。
◎ちと假名をもよむ人のいひけるは、「此程
(このほど)、徒然草をさいさい見てあそぶが、おもしろう候よ」とありしかば、其(その)座に居たる者のさしいで、「かまへて口あたりよしと思うて、多く御(おん)まゐるな。つれづれ草のあへ物も、すぐれば毒ぢやと聞いたに」。
◎乘物をじようぶつといふも、又魚
(うを)をぎよぶつといふも、一つことにや思ひけめ。十人ばかりつれだちて、振舞のかへるさに、くだんの者いひけるは、「各(おのおの)はぎよぶつぢやほどに、さきへ御入(おんいり)あれ。我々はかちにて候ほどに、靜(しづか)にまゐらうずよ」と。
◎禪宗の檀那と、一向宗の檀那と寄合
(よりあひ)かたりゐ、「なにといふ事に、お御堂(みだう)の、御(お)よりあひの、おさんだんの、おすゝめのと、なにゝも、おの字をつけてはいふぞや」と問ひければ、「こちの宗旨ばかり、おの字をいふでもあるまいぞ、そちの家にも、おの字を付けていふは」と。「何物につけたぞ」と。「をしやう樣といふはさて」。
◎人あつまりゐたるついで、「膏粱
(かうりやう)の美食とて、あまり活計(くわつけい)も過ぐれば、脾胃(ひゐ)の虚損(きよそん)となる。されば口所嗜不隨也(くちたしなむところしたがふべからざるなり)とも、書きたるは」といふ時、「膏粱の美食といふ物を見た事がない。」「肉食(にくじき)の事よ。」「それならば、我等が隣の亭主は、いかい肉食(にくじき)をする人ぢや。」「して何を食ふぞや。」「毎日餅を七ッ八ッほどづつ食ふ。」
◎京都四條の河原にて、將棊
(しやうぎ)の馬を拾ひたる者あり。何(なに)とも知らで主(あるじ)に見せたれば、「是(これ)は双六(すごろく)の碁石といふ物なり」と。
◎南無の二字ばかりを、いかゞしてかは見知りたる。其
(その)餘の文字は闇なる男、天神の名號(みやうがう)のかゝれるを見、「なむあみだ佛」とよみかぞへければ、文字あまれり。あげくにいふ、「此(この)念佛はちと長いよ、融通念佛(ゆづうねんぶつ)か知らぬ」と。
                       蓮 生 法 師
(れんしやうほふし)
 「約束の念佛(ねぶつ)は申すまでぞかしやらうやらじは彌陀(みだ)の計(はから)ひ」
 「極樂に剛
(がう)のものとや思ふらんにしにうしろを見せぬ熊谷(くまがひ)
                                     
 にしにむかつてうしろみせねば(異本)
◎永玄(えいげん)といふ禪門あり。人來りて、「そちの名の永はながいであらう。玄はくろげんか」と問ふ。「いや、しろげんといひし。」知音(ちいん)する者きゝつたへ、笑止に思ひ、「此(この)後げんを問はゞ、みなもとゝいへ。」「がつてんがつてん。」案のごとく源を問ふ時、「むなもと」と答へつるこそ。
◎了有
(れうう)と名をつけて、「了はと人の問はゞ、耳かき了と答へよ。」「こうこう、おぼえやすきよい字ぢや」と迄はほめつるが、了はと問はれ、「みゝかきでござる」といひけり。
◎一圓不文字
(いちゑんふもんじ)なる侍、小知行(こちぎやう)の代官になりてわめきありく。ちと卑墮涙(ひだるい)とおもふ折節、庄屋のもとに立寄りたり。「麥飯(ばくはん)の候、出(いだ)し候はんか」といふに、「いや嫌(きらひ)に候」とて立ちぬ。そこもとありき、「麥飯(ばくはん)とはなにぞ知らぬ」と語る。麥のめしの事と聞き、さらば又行きてくはんと思ひ、庄屋が家に入(い)りつれば、人を出(いだ)し、俄(にわか)に下風(げふう)の起り難儀さに、火にあてあぶる由(よし)いへば、彼(かの)代官、「その下風ならば、あぶるまでもなし、そのまゝすゑよ、食はん」とぞ申したる。
◎ある者の子息
(むすこ)、百人一首を本(ほん)にむかひ、たうたうとよみければ、親にて候(さふらふ)人申されたる、「やれ、靜(しづか)によめ。それやうなる物は、返點(かへりてん)のならひがむづかしいに。」
◎古田織部
(ふるたおりべ)の數寄(すき)に出(いだ)さるゝほどの物をば、其道(そのみち)を學ぶも、學ばぬも、天然と賞翫し、もてあつかひし故、中酒(なかざけ)に座敷へ用ひられつる盃までも、なべて人(ひと)織部盃(おりべさかづき)といひふるゝ。さるまゝ、京に三八といふ者あり。扨(さて)は盃をば、いづれも織部(おりべ)といふ物ぞと合點(がてん)しゐたり。或時(あるとき)三八が顔あかく、機嫌よさうなるを、人見つけて、「そちはあらけなく醉(ゑ)ひたる體(てい)ぞ」といへば、「道理かな、今朝の振舞(ふるまひ)に、汁の椀の織部(おりべ)で、つゞけさま三盃飲みたるもの。」
◎東寺のならびに遍照心院
(へんぜうしんゐん)といふあり。つくり庭をあまり人の見たがるがいやさに、番衆(ばんしゆ)おかれたれば、竹杖など持ちいましむる。望(のぞみ)のかた、「そと見度(たし)」とて立寄れば、「いやいや庭へ行くまい、殺生禁斷(せつしやうきんだん)ぢやに」と。
◎京よりいたらぬ者ども、つれたち石山寺に參り、縁起を所望してよませ聞き、「抑(
そもそも)(この)石山寺は、前に湖水あり、うしろに山あり、峯に塔あり、谷に塔あり、二王門あり。」既によみはてぬる時、一人が申しけるは、「誰人(たれびと)の建立(こんりふ)とこそ存じつるに、扨(さて)は飛鳥井殿の建てさせ給ひて候よのう。」「その願主(ぐわんしゆ)は、なにの合點(がつてん)よりいふぞや。」「其(その)事よ、縁起の次第が、いづれの言葉にも、なにあり、かあり、ありありとよまれたほどに、さうかと思うて。」
◎「そちの親の煩
(わづらひ)は、何にてありつるぞ」と問はれたれば、「其(その)事に候、我等が親の病(やまひ)を、京の大いん達に見せたれば、にやくをとりて見、『病(やまひ)はやうかんぢや、屋いひの灸(きう)を、百やうにしたらよからう』とて、ひたものすゑたれば、あげくにしきよく仕(つかまつり)て候」と。
◎こびたる顔の亭主いふ、「餅をやいてくひたい」と。「いくつやき參らせう」と問うたれば、「昔よりさだまつてある事よ、心經
(しんぎやう)にも、もちやけ六ッくはうとこそ。」
◎夏の振舞に、燗をしたる酒と冷酒
(ひやざけ)と出(いだ)し、「いづれをなりとも」と酌する者いひけり。座上(ざじよう)になほりゐたる宿老(しゆくらう)いはれけるやう、「今時こそ、酒を自然冷(しぜんひや)にて飲む人あれ。昔は大名小名(せうみやう)おしなべ、燗をして飲まぬはなかりし」と、實(まこと)らしくいひてうけられけるを、下座(げざ)より、「なんぞ、書物に候や」と尋ぬれば、「なかなかの事、靜(しづか)の舞に、臣も君も此(この)舞を、かんぜぬ人はなかりけり。」
◎ある男二三人つれだち、誓願寺
(せいぐわんじ)にまゐりけるが、外陣(げぢん)にある額の六字を見、「誓願寺の額ならば三字こそあらんめ、なんぞ三あまりたるは」といふ。一人が、「あれをえよまぬか、せいぐわんじとのさまと、かきたるは」と申したるこそをかしけれ。
◎一宇の御堂
(みだう)造立(ざうりふ)すでに成就し、棟札(むなふだ)をかゝんと、法印(ほふいん)(い)でて筆を染め、いはれけるは、「此(この)おもてにあらゆる佛菩薩、竝(ならび)に日本の神々をかきつくるは」とあれば、かの大工、「わたくしをも、諸神(しよじん)のうちへ入れてあそばし候へ」といふ。法印大きに笑はせ給ひ、「なにとて、さやうに道もなき事をいふぞ」とたづねられし時、「我も神の内なるまゝ、くるしからず。」「なにとして神にはなりたるや」と尋ねらるゝに、大工かしこまり、「私(わたくし)こそ、若狹(わかさ)のかみにて候ほどに。」


      ◇ 文之品々
(ふみのしなじな)

◎根來
(ねごろ)にて、岩室(いはむろ)の梅松とかや聞えし若衆(わかしう)に、ぎこつなき法師の思(おもひ)をよせながら、いひよらんたよりもなければ、せゝりがきする人をかたらひ、「文(ふみ)を一つかきてくれられよ。文章の事は我このまん」となり。ともかくもと、筆を染めうかゞひゐければ、「己(おれ)はそなたにほれたげな。戀の心か頭(かしら)がいたい」と。
◎靑蓮院殿
(しやうれんゐんどの)へ出入する筆匠(ふでゆひ)あり。尊鎭門跡(そんちんもんぜき)に言上(ごんじやう)するやう、「別して御中(おんなか)よき其(その)なにがし殿へ、擧狀(きよじやう)を一通下されよかし」と。御領掌(ごりやうじやう)(ばかり)に打過(すぐ)る。折々是(これ)を望めば、あまりさり難きまゝ、「心得たり」とて遣し給ふ文體(ぶんてい)、「此(この)筆匠それへ參り候。ぬしは上手と申候。」  さはらずしてすうだ。
◎侍たる人右筆
(いうひつ)をよびて、「此(この)ほどは久不懸御目滿足仕候(ひさしくおんめにかゝらずまんぞくつかまつりさふらふ)」とかけと。「それはいかゞさふらはん」とて、筆をもちゐけるに、「それならば、よくきこゆるやうに、此(この)程はおめにかゝらず、本望に存じ候。」
◎さる處にて、「釋迦の文
(ふみ)を見たは」とかたる。聞く人感じ、「聲聞(しやうもん)・緣覺(えんがく)・羅漢(らかん)の内(うち)、誰々へのあて所ぞや」。「耆婆(ぎば)が方へのふみなり。」「さては竹はしに梵字か、文章いかにや」と問ふ。「其(その)事よ、紙は日本一の播磨杉原(はりますぎはら)に、鳥飼樣(とりかひやう)をもつて、いかにも墨をかうかうと、此(この)程は久不懸御目候(ひさしくおめにかゝらずさふらふ)、四五日以前靈鷲山(りやうじゅゆせん)の麓にて風をひき、咳氣(がいき)散々に候。藥一二貼可給候(てふたまはるべくさふらふ)(かしく)。耆婆殿(ぎばどの)まゐる。釋迦判。」
◎かせ侍
(さぶらひ)のもとより知音(ちいん)の方へ文有り。ひらき見れば、筆たてに日の字ありて、その下に「四五斗たまはり候へ」とかきたり。何とも合點(がつてん)ゆかぬとて文を返しぬ。後に見參(げんざん)して、「以前の文の内、なに用のありつるぞ、つひによみえずして、本意(ほい)なき」よしかたらられければ、「そなたは隨分の人にてあるか。七日(なぬか)のぬかといふ字さへ、見しりあらぬか」と。
◎祖父
(そふ)と祖母(そぼ)と何事をかいさかひけん、さうなく祖母を追出(おひだ)しけり。しかはあれど、老(おい)たるを愛するものなければ、日にそひて互になつかしく思ふ折節、魚(うを)をうる商人(あきうど)來れり。祖父よろこび、「其(その)里のそれとたづね、この文をとゞけて給ひ候へ。もし又返事のあらば、たちよりて、とりたび候へ」などいひふくめけるが、姥(うば)文を見てあめやさめと泣き、久しくもあはぬに、文章のあがりたる事やと感じ、返事とてたのみわたす。商人かへるさに、祖父にわたしてあれば、とちほどなる涙をながして手をはなさず。商人あはれさに、文のやうを尋ね聞く。祖父のかたよりは、いばらに小石を包みそへつかはしぬ。うばが方(かた)よりは、其(その)中へ糠(こぬか)を包みそへてかへしぬ。「むばら戀し」とあるに、「むばら戀しくばこぬか」と、互にかよふむつまじさよむもかくもおなじ心なる、濱の眞砂(まさご)の數々や。
 「年よれば腰にあづさの弓をはりしわのいる矢にしゝぞ少なき」
     莊子
(さうしに)壽者多(いのちながきものははぢおほし)
 「長かれとなに祈りけん世のなかのうきめ見するは命なりけり
     「をしまれぬ身の殘るかなしさ」
 「あやにくに道ある人はとゞまらで」
     樂天
(らくてんが)、今朝向鏡看疑是逢別人1(こんてう
       かゞみにむかつてみれば、うたがふらくはこれべつじんにあふかと)

 「ますかゞみむかひて見れば我
(わが)すがたしらぬ翁(おきな)にあふ心地する」
 「老
(おい)にけり今年ばかりと詠(なが)むれば花よりさきにちるなみだかな」
◎「兎角
(とかく)當世は、文章の短(みじかき)がはやる」といふを聞きて、侍たる人の方(かた)より、知音(ちいん)の僧へ遣(つかは)したるとなん。
  送進
(おくりまゐらす)る十八本松茸、恐惶謹言(きようくわうきんげん)
     圭侍者
(けいじしや)へ  
                    平井の伊賀入道
(いがにふだう)
◎又商人
(あきびと)、遠島(ゑんたう)より古郷(ふるさと)へたよりありといふ時、妻のもとへ、文ならびにいんしんをしけるが、「態(わざと)一筆(ふで)、針三本、千松泣かすな、火の用心、かしく」とも書いたり。
◎さもとらしき女房の、下主
(げす)などつれたるが、淸水寺にまうで來て、舞台のこなたかなた立休(たちやす)らひしが、順禮の矢立(やたて)をさし、侍めけるあるを見つけ、下主をつかはし頼むやう、「近頃はゞかりおぼえ候へども、人のくれし文の返事(かへりごと)を、誰(たれ)たのまん者もなし。ひたすらにふちをえん」とあれば、とやかうの斟酌におよばず、かたはらにいたりぬ。女房懷(ふところ)より料紙とりいだしわたし、いろいろのぶんを好む。かの順禮は、いろはをさへならはぬ者なりしが、今度西國物詣(さいこくものまうで)の樂書(らくがき)をせんまでに、「筑後の國の住人柳川(やながは)のなにがし」と、これよりほかは一字もなし。くろみすぐるほど、紙一かさねに書きくどきたる文のうち、いづれもいづれも、「筑後の國の住人柳川のなにがし」と、うはがきともにこれなれば、戀のさめたる風流や。
◎文盲なる人、弓懸
(ゆがけ)をかりにやるとて紙をひろげ、手のひらに墨をつけ、ひたとおし、腕首のかたに細き筋をまはし書きて、これをお貸(かし)あれというて、持(もた)せつかはしたり。見るにうなづき、弓懸(ゆがけ)を貸せといふ事の返事(へんじ)せんといふまゝ、皿と椀のなりを書きて戻しけり。借りにやりたる仁(じん)合點(がつてん)し、「さらはぬという事の、是非におよばぬ。」


      ◇ 自 墮 落
(じだらく)

◎洛陽に壽桂
(じゆけい)といふ坊主落墮し、姪女(めひ)なりける比丘尼(びくに)を妻にもちて居けり。越方(こしかた)の等閑(とうかん)なきに、宿を尋ねおとづるゝが、かの壽桂案の外隔心(きやくしん)し内へよばざりければ腹立(ふくりふ)のあまり、 元 理(げんり)
  「
秘藏して人に見せぬはめいのものあまくになれば身をもはなたず」
◎世度卑
(せとひ)なる出家あり。一人の弟子にいふ、「明日は吉野の花見に行かん、先途(せんど)程遠し、曉よりおきて出立を用意せよ。」「心得たり」と夙(つと)におき、酒飯とゝのへ戸を叩きければ、坊主、「いまだ夜ふかなり」とて起きず。さる程につねづね弟子にかくし、いねざまには燒味噌と號して鷄の玉子をとゝのへ、肴に用ひて酒をのむ事を、心に無心に思ひゐけるが、その時こらへかね、「夜(よ)が深いか淺いかは知らぬ。燒味噌がてゝは、もはや三番ないた」。
◎つねに人みな「干鮭
(からざけ)は、身をあたゝめてよき藥」などいふを聞きて、我も養生に食ひたき事やと思ひ、老比丘(らうびく)、うつけたる中間(ちうげん)にむかひ、「藥にちといる事あり。干鮭(からざけ)といふ物を買うてきたれ」とて、代を三百わたしけり。すなはち買ひ求めて來りぬ。をりふしあしく客のある座敷へ、くだんのうつけ、によつと差出(さしい)だしけるに、老比丘赤面し、「その干鮭(からざけ)を、すぐに泉水へはなせ」と申されたり。
◎いもほり僧のありつるが、秋の最中
(もなか)の月澄(つきすみ)に、百姓出(いで)て田を守(も)りゐたり。夜ふけ物音せぬみぎり、笠をき、白き帷子(かたびら)をはしをりたる男、さうけと手桶とを持ちて來りぬ。百姓、不審なる物に思ひとがめければ、彼(かの)男いふ、「俗人鰌(どぜう)すくふに、何(なに)の僻事(くせごと)があらうぞ」と。
◎板がへしをせんと、屋根葺
(ふき)二三人やとひ出(いだ)し、既に板をまくりけるが、葺きし天井をのぞけば、摺鉢(すりばち)になから程膾(なます)の見ゆる。「お坊主、埃(ほこり)がするに、これなる膾をとり給へ」と。坊主きいて、「それは門前の者が、昨日持てきて質においたが、まだうけぬ物ぢやよ」と。
◎ひそかにつかはす使の小者、ひさしく病に臥しけり。詮方
(せんかた)なくて、坊主みづから魚屋(うをや)に行く。いかにも夜(よ)ふけしづまりたるに、門をたゝく音せり。内より「誰人(たれびと)ぞ」と高聲(かうしやう)に咎(とが)めければ、「在家屋(ざいけや)から魚(うを)買ひに來た、戸をあけよ」と。 
◎窮貧の沙門
(しやもん)にて、年もまた至極せるが、しかと給仕の人もなければ、自身白き手拭にて頭をつゝみ魚(うを)の店にのぞめり。折節何も魚(うを)の類(たぐひ)なく、唯(たゞ)鱏(えひ)といふ物、大と小とぞありける。亭主「お出であれ」。「それに候ふてふはんなりの魚は、いくいくらにてあるぞ」。小はやすく大は高(たか)なるよし。「合點(がつてん)で候、小をば其方(そち)のいふ如く買はうず、大なるをば寄進せられよ」と。
◎鱛
(えそ)を反古(ほうぐ)につゝみやき、飯にそへて食せんとする時、旦那來れり。坊主れうけんなく膳をもちて立ち、酒を出(いだ)し振舞ぬ。其後(そのゝち)種々思案し、或時反古(ほうぐ)に大根を包み燒きふるまひて、以前のにまぎらかさんとたくみ、件(くだん)の檀那を請待(しやうだい)する。即(すなはち)領掌(りやうじやう)し、時分に來りしが、かの燒く體(てい)を見、座敷へ率爾(そつじ)に入らずたゝずむ。姥(うば)のあるが出(いで)ていふ、「いや、あれは鱛(えそ)ではをりない、大根ぢやに御座あれ」と。
 このまへのがいよいよ鱛
(えそ)にすうだ。
◎あまりに齋
(とき)を食過(くひすご)して、腹便々(べんべん)と歸るさに、持ちたる數珠(じゆず)を落しながら、うつむかんやうなきまゝに、足の指にて挾みつゝ、「數珠御免あれ」と申せしも、ちとじたらくの類(たぐひ)かや。
◎僧俗ともに交
(まじは)り語り慰(なぐさ)む座敷にて、或坊主急に咳(しはぶき)をしけるが、喉(のど)より痰(たん)のかたまりたる樣なる物を吐きいだしたり。そばにゐたる男の取りて見れば、蛸(たこ)なり。「是(これ)は異なものが出た」と、口をそろへていひければ、「されば喝食(かつしき)の時食うてあつたが今出た。常に蛸は消えかぬるといふが、誠ぢやよ」。
◎都の寺に檀那朝
(あさ)とく參り、本尊を拜し、茶堂(さだう)の傍(かたはら)にて數珠を繰り、佛名(ぶつみやう)を念じゐけるが、爐にかけたる釜の湯おびたゞしく煮えあがりて、蓋をたゝく。釜と蓋とのあひだに、なにやらん見ゆる物あり。蓋を取りたれば、蛸なり。「これは何ぞ、蛸ではなきや」といふ時、坊主の返事、「さる事も有るべし。昨夜(ゆふべ)蛸藥師の水をくみよせて、茶の湯をしかけさせた程に」と。
◎大名の家に奉公の望みをかけたるが、漸
(やうやく)調ひぬれば、奏者について出仕をとげし次手(ついで)に、伜(せがれ)を御目(おめ)にかけたき旨申しふくむる。即(すなはち)つれて禮儀すみけり。時に主たる人、「そちは近き頃の落墮(らくだ)といふが、成人の子は、なにと、養子か」と問はれて、「いや喝食(かつしき)でのせがれ」と申しあぐる。
◎學跡をものぞきける程の沙門
(しやもん)、鰻を板折敷(いたをしき)の裏に置き、ながたなにてきる處へ、思(おもひ)もよらぬ檀那參りたり。少しも色をたがへず、「世界みな不思議を以て建立(こんりふ)す。されば連々山の芋が鰻になると、人のいうてあれど、さだめて虚説ならんと疑ひしが、これ御覧ぜよ。山の芋を汁にして食はんとおもひ、取寄せおきたれば、見るがうちに、かやうになりて候は。何事ももの疑(うたがひ)めさるゝな。これ御覧ぜよ」とぞ申されける。
◎ある一人坊主、烏賊
(いか)を黑韲(くろあへ)にしてたまはる處へ、ふと人來れり。口をぬぐはん料簡もなかりつるに、「そなたの口は、なにとて黑いぞや、鐵漿(かね)をつけられたか」と問ふ。「いや、あまり寒さに、只今燃えさしを一口くうた」と。
◎一日の精進を千日とも思ひ、こらへかぬるひとはまゝあり。さるあひだ、ひとりの老人、他事
(たじ)なき知音(ちいん)のもとに終日(ひねもす)物語し、暮に及んで座を立つ時、「明日は我(わが)親の日なり。無菜(ぶさい)の齋(とき)を參らせんや」と亭のいひければ、手をあはせ、「眞平(まつぴら)御免あれ、私(わたくし)の親の日さへ難儀するに、そなたの親の精進までは、のういやゝ」とぞ申しける。
◎信心ふかき人、山寺に詣で、ある僧坊に宿をかり、本堂の觀世音に通夜しけるついで、老僧に對面し、「此
(この)寺家(じけ)に法師いか程候や。中にも勤行不退(ごんぎやうふたい)のかたやある」など、委細に尋ねければ、老僧の返答に、「この寺に尊(たふと)い者は我(わが)親子、隣の坊主の聟舅(むこしうと)」。 
◎天に目なしと思ひ、ぬた膾
(なます)を食ひぬる處へ、檀那來り見つけたれば、ちと物よみたる僧にやありけん、「よき砌(みぎり)の入堂(にふだう)なるかな、こゝに歴劫(りやくごふ)不思議の法味(ほふみ)あり。まづ天地の間(あひだ)に七十二候(こう)とて、時のうつるに應じ、物のかはり行く奇特(きどく)を申さん。田鼠(でんそ)化して鶉(うづら)となり、雀海中に入りて蛤(はまぐり)となり、鳩變じて鷹となるといふ事あるが、愚僧が菜(さい)にすわりたる韲物(あへもの)、變じてぬた膾(なます)と眼前になりたる、此(この)奇特を御覧ぜよ」と。
◎ある僧喉痺
(こうひ)にてはなく、喉(のど)をいためる有り。心やすき人の見舞ひ、「何(なに)ぞ物のたちて、苦しめるにや」と問はれけるに、「さのごとし。」「さらば、かやうの事よく呪(まじな)うて、癒(いや)す修行者あり。彼を誘ひきたらん」と同道せり。時になほす人、「竹のをれかや、魚(うを)の骨かや、その物により觀念かはれり」と。僧息の下より、「竹ではあらうずれども、厭勝(まじなひ)は魚の骨の心持にて御沙汰候へ」と。
◎或檀那寺に參り、しばらく雜談
(ざふたん)し、たちさまに、「明日無菜(ぶさい)の齋(とき)を申さん」といへば、庫裡(くり)からめうが楚忽(そこつ)に出(いで)ていひける、「幸(さいはひ)の事や、明日(あす)はお坊樣の精進の日ぢや。」
 僧の方
(かた)より檀那をよばんに、いふべき仁義ではをりないか。
 仁王經
(にんわうきやうに) 比丘 地立 白衣 高座(びくちりふびやくえかうざ)。 白衣は俗なり。
  「世のすゑは墨の衣
(ころも)も武士(ものゝふ)の奴(やつこ)となれる法(のり)ぞかなしき」
    中峯和尚修行記
(ちうほうをしやうのしゆぎやうのきに) 身着法衣思染俗塵1(みにはほふえをきれども、おもひはぞくぢんにそめり)
  「墨染の衣に似たる心かと問ふ人あらばいかゞ答へん」
  「遁世の遁の一字を書きかへて昔は遁
(のが)れ今はむさぼる」
◎坊主いつも、鮎の名を剃刀
(かみそり)とつけて、箱に入れもとむるを、常の事なれば、小者よく知りたり。ある時彼(かの)僧河を渡るに、鮎の多くありくを見て、小者後(あと)より、「御坊樣(ごばうさま)、いつも祕藏して、こなたの入物(いれもの)にある剃刀がありくに、足を切り給ふな」といひければ、坊主、「今は八月なり。剃刀がいかほどあると錆(さび)ようほどに、足は切れまいぞ」といへり。
◎昔より八瀬
(やせ)の寺は禁酒なり。寺中(じちう)に酒を好む僧のたくみて、經箱をさゝせ角(すみ)をとり、いかにも結構に塗らせ、上に五部の大乘經(だいじようきやう)と書付け、それをかよひにしけり。酒をとりてくるに、人「それは」と問へば、「是(これ)は五部の大乘經なり。京にいたゞかん事をねがふ檀那あり。其(その)故に折々もちてゆき通ふ」と答ふ。あまり京通(きやうがよひ)のしげければ、人あまねく推(すゐ)してけり。或時内の者、經箱をもちかへる途中にて、酒のにほひをきゝ、飲みたさやるせなし。そと口をあけ、たまはりぬ。そろそろ寺にかへるに、「それはなんぞ。」常の如く「經にて候」といふ。「さらばちといたゞかん」とて手にとりふりて見、「まことにお經やらん、内に五ぶ五ぶといふ聲がする。」
◎僧俗よりあひての物語に、今程は事の外
(ほか)(ふな)がやすきよし、坊主のいはれけるを、俗いふ、「奇特(きどく)な事や、こちさへ知らぬと、あてたれば。」「いや、われは知らぬ、寺中(じちう)の取沙汰(とりさた)ぢや」と。
◎ある出家、ふかく隱して鯰
(なまづ)を食ひける處へ、ふと檀那來れり。爲方(せんかた)なさに、皿ともに頭(あたま)へうつぶけ、手にておさへたれば、頰(ほゝ)から頤(おとがひ)へ汁のながるゝを見つけ、「こなたには腫物(しゆもつ)ができまゐらせたか」と問ふ。「をう」といへばよかりしを、あまりに膽(きも)をつぶし、「いや、俄(にはか)にぬた膾(なます)ができて候」といひけり。


      ◇ 淸 僧
(せいそう)

◎人跡絶えたる山中に一宇(いちう)の堂あり。甍(いらか)やぶれては霧不斷の香(かう)をたく境界(きやうがい)なれば、世にあらん人の、晝だにも立寄るべきよしもなきに、いかなる不惜身命(ふしやくしんみやう)の行者なれば、此(この)佛閣にはすめると、あはれむ者も多かりし。又惡性(あくしやう)の者あり、うたがひ思ふ。あれほど怖(おそろ)しき處に、何(なん)としてひとりはすまれん。唯(たゞ)女房のある物よと、嵐冷(すさま)じき冬の夜(よ)立聞(たちぎき)をしけり。彼(かの)僧、終夜(よもすがら)の語(ことば)に、「そなたがゐればこそ、此(この)寒夜(さむよ)にもあたゝかなれ、いとほしの人や」といひけり。紛(まぎれ)もなき夫婦(めのと)にこそと、人あまた押入(おしいり)て見れば、何もなし。「坊主の愛せらるゝ物は何ぞ」と問ふに、「これなん、我が伽(とぎ)なり」といつて、三升ほど入(い)る大德利をば出(いだ)しつる。
◎禪に一路とて得法
(とくほふ)の僧ありし。和泉(いづみ)の國大鳥の邊(あたり)に草庵をむすび、友もなく星霜をおくらる。財寶とては、手どりとかやいふ、ちひさき釜に口のあるを所持し、朝夕の煙を立てられき。或時たはぶれて、
 「手どりめよおのが小口
(こぐち)のさし出でて雜水(ざふすゐ)にたと人にかたるな」
 「身をかくす庵
(いほり)ののきの朽ちぬればいきても苔の下にこそあれ」
 「月は見ん月には見えじながらへてうきよをめぐる影も恥かし」
◎百三十年あまりの跡かとよ、筑前國
(ちくぜんのくに)宰府(さいふ)の天神の飛梅(とびうめ)、天火(てんくわ)にやけてふたゝび花さかず。こはそも淺ましき事やと人皆涙をながし、知るも知らぬも集りて、思ひ思ひの短册をつけ參らする中に、權校坊(ごんきやうばう)とて、勇猛精進なる老僧のよめる歌こそ殊勝なれ。
 「天
(あめ)をさへかけりし梅の根につかば土よりもなど花のひらけぬ」
短册を木の枝にむすびて、足をひかれければ、すなはち緑の色めきわたり、花さく春にかへりしことよ。人々感に堪へで、かの沙門を、神とも佛とも手を合はせし。梅はこれ我が愛木と賞ぜさせたまひ、
 「いづくにも梅だにあらば我とせよたとひ社
(やしろ)はありとなしとも」
 「梅あらば賤
(いや)しきしづがふせやにも我立ちよらん惡魔しりぞけ」
◎さしもたつとき老僧のもとへ、松茸のさかりなるを人のおくりたり。とりはやし褒めゐける處に、そこつなる小僧の出
(いで)て、松茸一つ取りあげ、「これはそのまゝ、これの地藏のあたまに似たは」と申しければ、老僧涙をながし、衣(ころも)を著(ちやく)し、地藏の前に參り、「今小僧めが申せし狼藉を、眞平(まつぴら)我に對してゆるし給へ」とかなしまれしは、思ひやられて有難(ありがた)や。
◎栂尾
(とがのを)の明惠上人(みやうゑしやうにん)は、春日大明神直(じき)に御言葉をかはし給ひしが、
 「けがさじと思ふ御法
(みのり)のともすれば世わたる橋となるが悲しき」
◎大和國龍門
(りようもん)の聖(ひじり)といふあり。聖と親しき男の、明暮(あけくれ)鹿を殺すに、照射(ともし)といふ事をしける。暗き夜(よ)ねらひがりに出(いで)たり。目をあはせたれば、鹿ありとておしまはしおしまはしするに、慥(たしか)に目をあはせたり。火串(ほぐし)に引(ひつ)かけ、矢をはげ射んとふりたて見るに、此(この)鹿の目の間(あひだ)、例の目の色に替りければ、怪しと思ひ弓を引きさし、矢をはづして火をとり見るに、鹿の目にはあらず。ちかくより見れば、身は一定(いちぢやう)の革なるが、靜(しづか)に火をふき見れば、此(この)聖の目のうちたゝき、鹿の皮を引きかづきふし給へり。「こはいかに」といへば、ほろほろと泣きて、「わぬしが制する事をきかず、いたく鹿を殺す。我(われ)鹿にかはりて殺されなば、さりとも少しは留(とゞま)りなんと思へば、かくて射られんとしてゐるなり。」男ふしまろび泣き、即(すなはち)胡簶(やなぐひ)皆うち折りくだき、髻(もとゞり)(きつ)てつかはれてぞゐける。
◎昔もろこし寶誌和尚
(はうしをしやう)といふあり。道德おはしければ、帝(みかど)、彼(かの)姿を影(えい)にかき留めんとて、繪師三人を遣し給ふ。三人めんめんにうつすべきよし仰せふくめらる。和尚へ參り、かく宣旨(せんじ)を承りまうでたるよし申せば、しばしといひて、法眼(はふげん)の裝束(しやうぞく)し出合(いであ)ひ給へるを、三人各(おのおの)かくべき絹をひろげ、既に筆をくださんとするに、聖「しばらく、我(われ)(まこと)の形あり、それを見て寫すべし」とあり。左右(さう)なくかゝず御顔を見れば、大指の爪にて額(ひたひ)の皮をさしきりて、皮を左右へ引きのけたるより、金色(こんじき)の菩薩の顔をさしいだしたり。一人は十一面觀音と見る。一人は聖觀音(せいくわんおん)と拜み奉りつる。見るまゝに寫し奉り持參(もちまゐ)りたれば、御門(みかど)驚き、別の使をたてゝ問はせ給へば、かい消(け)つやうに失(う)せ給ふ。
◎天竺に一寺あり。住僧多し。達磨和尚、僧どもの行
(おこなひ)を見給ふに、念佛するあり。或房、に八九十許(ばかり)なる僧、只二人碁を打つ外は他事なし。達磨、件(くだん)の房を出で他の僧に問ふ。答言(こたへていはく)、「此(この)二人若(わかき)より圍碁の外する事なし。仍(よつ)て寺僧いやしみ、外道(げだう)の如く思へり」と言ふ。和尚聞きて、定めて樣(やう)あらんと思ひ、彼(かの)老僧の傍(かたはら)にて碁打つ樣を見れば、一人は立ち、一人は居(ゐ)ると見るに、忽然として失せぬ。あやしく思ふ程に、立てるは歸り居ると見れば、又居たる僧失せぬ。さればこそと思ひ、「圍碁の外他事なしと承る。其(その)故を聞き奉らん」との給ふに、答言(こたへていはく)、「年來此(この)事より外はなし。但(たゞ)黑勝つときは我(わが)煩惱勝ちぬと悲(かなし)み、白勝つ時は菩薩勝ちぬと悦ぶ。打つに隨ひて煩惱の黑を失ひ、[忽ちに]證果(しやうくわ)の身となり侍るなり」と云々(しかじか)
 「山のはにさそはゞ入らん我もたゞうきよの空に秋の夜の月」
解脱上人
(げだつしやうにん)の、「世に隨へば聖(ひじり)あるに似たり。俗にそむけば狂人の如し。あな憂(う)の世中や、一身いづれの處にかかくさん」とかゝれしを、右の歌に引合はせて、衣の袖をしぼりにき。
  

 

 

   (注)  1. 上記の「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之三」の本文は、『国立国会図書館デジタルコレクショ
         ン』所収の『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:東方書院・昭和6年1月31日発行、仏教文庫
         10)によりました。
           
 『国立国会図書館デジタルコレクション』 
                  
 『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:東方書院・昭和6年1月31日発行、仏教文庫10)
            
この『醒睡笑』は、画像がやや不鮮明であるため、ルビを読みとれない部分があり、他本
         を参照して読みを付けた部分がありますので、この本としての読みに(そして一部の本文
         に)正確さを欠く恐れがあることをお断りしておきます。
        2. 平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、ここでは文字をそのまま繰り返して表
         記してあります。(「かすなぎかすなぎ」「げにもげにも」「實
(げ)にも實(げ)にも」「なかなか」
         「つねづね」「殿原
(でんばら)よ殿原(でんばら)よ」「よくよく」……など)
        3. 版本には、巻之三の初めに、次の一条があるそうです。岩波文庫の注釈には「この一条
         は、版本に存し、広本系の写本には無い。寛永五年の献呈本以後の収録であろう」(『醒
         睡笑(上)』185頁)とあります。
              六十ばかりの、いかにも分別かしこ顔の禪門、わが子に材木の注文書かするとて、「まづ、
             材木の事と、口に書け」とこのむ。その時むすこ、「材の字、何と書き申すぞ」といへば、「まづ
             木偏に書け」。「さて、つくりは」と問へば、「つくりは仮名で書け」というた。あげくに、「それほ
                ど鈍では、何事も成るまい」と申された。
        4. 最後に出てくる「世に隨へば聖(ひじり)あるに似たり。俗にそむけば狂人の如し」という言
         葉は、普通の本には、「世に隨へば望
(のぞみ)あるに似たり。俗にそむけば狂人の如し」と
         なっていますので、特に付記しておきます。
        5. 『国立国会図書館デジタルコレクション』で、上記の『醒睡笑』のほか、次の『醒睡笑』を
         見る(読む)ことができます。
         『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:丁未出版社・明治43年12月28日発行、丁未文庫3)。
              抄本で、全文は出ていません。巻末に、探華亭羅山編『軽口浮瓢簞』から42の
              話が載せてあります。
        6. 私たちが知っている『醒睡笑』の話は、原文を読んでも分かりやすいものが多いのです
         けれども、一般的には、注なしでは全く意味のとれない話が多いように思われます。
          そこで、注釈のついた本を次に挙げておきます。
           岩波文庫『醒睡笑』上・下(鈴木棠三校訂、1986年発行。1964年刊の角川文庫『醒
                  睡笑』上・下の新増補版)
           東洋文庫31『醒睡笑 
戦国の笑話』(鈴木棠三訳、平凡社』昭和39年11月10日初版
                  第1刷発行)。現代語訳と注で、原文はない。また、全文ではない。

          
 ※ 岩波書店のサイトから、岩波文庫『醒睡笑』上・下(鈴木棠三校訂)の紹介文をひかせていただ
             きます。    
               表題は「睡りを醒まして笑う」の意味で、落語家の祖、安楽庵策伝(1554-1642)和尚が
               説教用に編集し、京都所司代に献呈した戦国笑話の集大成。8巻、1030余の笑話を収め
               た質量ともに一級の笑話集で、説話研究上の好資料でもある。また、近代の落語に多くの
               材料を提供した最古の咄本としても高く評価されている。 

        7. 醒睡笑(せいすいしょう)=咄本
(はなしぼん)。安楽庵策伝作。8巻。作者が幼年時代から
               聞いていた笑話・奇談など1000話余を京都所司代板倉重宗の所望によって、
               1623年(元和9)滑稽味を加えて書きおろし、28年(寛永5)献じたもの。寛永
               (1624-1644)年間に300話余を抄出した略本3冊を刊行。
          安楽庵策伝(あんらくあん・さくでん)=江戸初期の淨土僧・茶人・笑話作者。落語の祖と
               いわれる。京都誓願寺竹林院の住持。のち、寺域に茶室安楽庵を結ぶ。「醒睡笑」
               を著して京都所司代板倉重宗に呈した。(1554-1642)
 
                                                       (以上、『広辞苑』第6版による。)
        8. 資料386に、「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之一」があります。
        9. 資料402に、「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之二」があります。

       10. 「浄土宗西山深草派総本山 誓願寺」のホームページに、「落語の祖 策伝上人」の紹介
         ページがあります。
       11. フリー百科事典『ウィキペディア』に「醒睡笑」の項があります。
       12. 「安楽庵策伝顕彰会」の紹介が、岐阜市のホームページに出ています。
       13.駒澤大学総合教育研究部日本文化部門「情報言語学研究室」のホームページに、『醒睡笑』
         の寛永版の影印を翻刻した
(活字におこした)本文があります。底本は、笠間書院1983.2 発行
         の笠間影印叢刊:72-74  策伝著『醒睡笑』だそうです。
              「情報言語学研究室」 → テキストデータ → 「(4)上代・中古・中世文学資料テキストデータ」
                   の「31,寛永版『醒睡笑』」  → 酔生書菴蔵・寛永版の影印翻刻
『醒睡笑』        
       
    





                                                                                   
                                  
トップページ(目次)   前の資料へ 次の資料へ