資料402 安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之二


 

         醒 睡 笑  巻之二                安樂菴策傳  

 

 



      ◇ 名津希親方
(なづけおやかた)

◎いろはをも知らぬこざかしき俗あり。ある東堂の座下にまゐり、「われわれ年もなかば更け、若名
(わかな)にてもいかゞに候。なにとぞ左衛門か右衛門と、名をつきたき」よし望みしかば、東堂、「大方そちのつきたいと、思ひよりたるを、いうて聞かせよ」とあれば、「さらば日本左衛門とつきたき」よし申しけり。東堂あざわらつて、「さやうの大(おほい)なる名はめづらし過ぎて、愚僧まで人の褒貶せんずるは」とあれば、くだんの男、「いや、餘り大なる名とは存(ぞんじ)候はず、とう左衛門とつきたるさへ御座候(ござさふらふ)は。」
◎豐前の國の太守長岡越中守殿、京より壁ぬりの上手を一人つれて下向あり。過分に知行
(ちぎやう)をも給りしかば、仕合(しあはせ)比類なし。とてもの義に名字を下され、名をつき替度(かへたき)旨懇(ねんごろ)に申しければ、「心得たり、一段望(のぞみ)神妙(しんみやう)也。かくこそあるべけれ、つけてやらん」とて、譽藁(すきわら)の朝臣鏝次下地壁右衛門(こてつぐしたぢへいゑもん)と。 奇妙奇妙。
◎人ありて沙門
(しやもん)の家に入(い)り、法體(ほつたい)して後(のち)戒名をつけん事を乞ふ。住寺の僧問ふ、「汝が心にのぞめる意旨(いしゆ)は無きかや。」「たゞ私(わたくし)の願(ねがひ)には、ねうだうとつきたう御座ある。」「そも何といふ仔細ぞや。」「さん候。我が親は法華宗にて候。又母は淨土宗にてありし程に、ねう法蓮華經のねうの字と、なまいだうのだうの字を、とりあはせてねうだうと。」
◎雄長老
(ゆうちやうらう)の小者に鳥をさす上手あり。前大樹(ぜんたいじゆ)御耳(おんみみ)にたちし。内々尊意の旨長老承及(うけたまはりおよび)申され、「辱(かたじけなき)儀なり、樣子たち聞(ぎき)罷出(まかりで)よ、名をば松若といふなる、此まゝにてはいかゞ」と伺ふ。「さらば伯耆(はうき)になれ」とありければ、それはあまり分に過ぎてと恐れたり。「大事なし。幸(さいはひ)(え)さしはうきよ。」 
◎河内
(かはち)の國の内山のねぎといふ所に、さのみ事もかゝで、世を送る百姓ありしが、われとわが名を畠山の右兵衛佐(うひやうゑのすけ)とつき、まんじくすみ、いやおうの返答をうちければ、人皆をかしき者にいひなし、褒貶はすれども、誰(たれ)ありて無益(むやく)と敎ふる者もなかりしに、親類の者ども聞きかね、あたりに物など讀みたる僧のありけるを頼み、右兵衛佐(うひやうゑのすけ)と引合(あはせ)、常々出入をいたしければ、麻にそふ蓬(よもぎ)はためざるになほくなるいはれにや、僧の敎訓とあればそむかず、尊みあへり。よきみぎりを見あはせて、僧のいはれけるは、「そちの名を畠山右兵衛佐(はたけやまのひやうゑのすけ)といへば何とやらんいひにくがるほどに、下をうへになして、山畠助兵衛(やまばたけすけびやうゑ)というてはいかゞあらうず」となほしければ、「ともかくも惡(あし)きことは、よも宣はじ」とて合點しけり。
◎かたのごとく人のもてはやす侍
(さぶらひ)ありしが、いろはよりほかには假名書(かながき)の文(ふみ)をさへ讀むことなし。或時地下人(ぢげにん)參りて、我が名をかへたきよし望みければ、例のいろはを傍(かたはら)におきて、「いひやうへとつけうかや、いやそれならば、ろひやうへとやつけん。いや、はひやうへ、にひやうへ、ほひやうへ」、とつくれども、「否(いや)、たゞ今少し長うて、はねた名をつきたう御座ある」と申したれば、「さらば、へとち左衛門(ざゑもん)とつけうず」といへり。
◎心うきたる侍の被官に、五十にあまるものあり。名を彌十郎とぞいひける。或時主
(しゆ)たる人、彼(かの)彌十郎を呼出(よびいだ)し、「そちは、年よりも餘(あまり)に名が若いほどに、今日からは馬丞(うまのじよう)になれや」とありし時、ゑみを含み、「いひむ」と笑ひければ、「きやつを馬丞とつけたれば、勇みて早(はや)(いなゝ)いたよ」と。
◎細川右馬丞殿
(ほそかはうまのじようどの)へ松月(しようげつ)の參られたれば、七夕の馬といふ題を出(いだ)して、
   「七夕にかしつと見えて木幡山
(こはたやま)今日はかちにてこゆる旅人」
◎東西
(とうざい)わきまへざる男、年も六十に近づきければ、棄恩入無爲(きおんにふむゐ)の心ざしを思ひより、菩提をたのむ寺に詣で、しきりに法體(ほつたい)の望(のぞみ)をとげんとす。住持の僧、すなはち髮をそりて、名をば法漸(ほふぜん)とつけたり。法とはのり、のりはそくいひのこと、ぜんとはやうやく、やうやくはかうやくの事と、道すがらおぼえ家にかへれば、人皆あつまり法名を問ふに、「法漸」と答ふ。法の字のよみは、のりを忘れて、「そくいひ」と、漸(ぜん)の字のよみは、やうやくを忘れ、しばし工夫し、「かうやく」とこそ申しけれ。
◎佐渡に本覺坊といふ山伏あり。治部卿
(ぢぶきやう)とて弟子をもちしが、或年名代(みやうだい)と號し嶺入(みねいり)させけり。雲に臥し岩を枕の難行(なんぎやう)事終り、本國に歸りぬ。師の本覺對面の時、治部卿申しけるやう、「今度(こんど)は先達(せんだつ)憐愍(れんみん)を加へられ、名を替へ大夫(たいふ)になされて候」と語りければ、「何(なに)と大夫となつた、曲事(くせごと)なり。我さへさやうに大(おほい)なる名をばつかぬに、中々のことや。さりながら本山にてつきたる名をよばぬも、又いかゞなる條(でう)、たゞ中夫(ちうぶ)になれ」とぞなほしける。
◎いかにも文盲なる者の、さすが時々寺に出入
(でいり)するあり。茶をもらひて飲むたよりに、「ずんぎりといふ字は何と書きまゐらするぞや。」「直切(ずんぎり)と書く」と敎ふる。「さらば書いてたまはれ」と所望し、火燧袋(ひうちぶくろ)に入れて持ちぬ。齡(よはひ)ふりてかしらを剃り、みづから名を道(だう)ずんと呼ぶ。聞く人皆「珍しや、ついに聞きたることもない名」というて、「ずんの字は」と問ふ。「直切(ずんぎり)のずんの字をさへ知らいで、物かきだてはおやめあれ」と、けつくに。
◎禪門になりたる者にむかひ、「名をば道見
(だうけん)といふべし。人ありてよみを問はゞ、道(だう)はみち、見(けん)はみるとよむと答へよ。」「かしこまりて候、ありがたし。見るといふ物は、そのまゝひじきに似たる物の事で御ざあるほどに、中々忘れは仕まい」といひしに、或人、「そちが名は、道(だう)はみちであらうず。見(けん)は」と問へば、「見(けん)はひじき。」
◎ちとおどけたる禪門、法名を乞ふに、「我等はうかとしたよびごゑは、いやで御座ある。二つながら、はねた名をつけて給はれ」と望む。「心得たり」とて順欽
(じゆんきん)とつけたり。「順はめぐる、欽は欽明天皇の欽の字ぞ」とをしへければ、手をあはせて、「それは王樣のお名の字なり。又用明天皇と申すも候か」と問ふ。「中々、それも同(おなじ)帝王にてあるぞ。」「とつくと合轉(がてん)(し)たる」とてかへりぬ。人、順欽の二字を問ふ。「順はめぐる也。欽は用明天皇の欽の字よ。」すりちがうた。
◎年八旬にあまり、はじめて男子
(なんし)をまうけ、悦(よろこび)かぎりなし。或東堂の許(もと)につれ行き、「優曇華の花まち得たる心(こゝ)ち候。此(この)子に名をつけてたび候へかし」と申しければ、「やすき事」とて、「千代も」とつけらる。老父なゝめならずに思ひ、やどに歸り、あたりの人を招き、酒などもりながしけり。其(その)座の中(うち)に、又東堂へ出入者(いでいるもの)ありて、千代もとつけられし仔細を、如何にと問ひし時、「さればとよ、八十にあまりての子なれば、ぬしが子ではあるまい、たゞ人の子にてあらんと思ひ、さてちよもとはつけたよ。業平の歌に、
   「世の中にさらぬわかれのなくもがなちよもと祈る人の子のため」
とあるは」と返事なり。
◎才智の足らざるをばかへり見ず、高慢したる體
(てい)の者、和尚の席に詣でて、切(しき)りに齋名(さいみん)をこふとき、「汝何事ぞ、修行底(しゆぎやうてい)の德功ありや」と宣へば、「さん候、東坡(とうば)山谷(さんこく)のやうにこそあるまじく候へ、およそ詩聯句の道にはくらからず」と申す。和尚、にくき心とや思(おぼ)しけん、「めでたうは、さらば東坡の坡と、山谷(さんこく)の谷(こく)をとりあはせ、坡谷齋(はこくさい)とよばん」となん。
◎又東堂にむかひ、「それがし若年より心にかけ、碁・将棊・連歌・弓法
(きうはふ)の道を心得てさふらふまゝ、その旨を工夫ありて、齋名(さいみん)を與へ給へ」とこふ。僧ほめて、「人に一德ある事まれなり。それならば唯(たゞ)四德齋(しとくさい)といはん。」いやな齋公(*「齋名」カ?)の。
◎名字の讃歎する時、ある者のいふ、「昔より今に、公家には草や木の名をつき給ふ事や。」「何
(なに)と。」「すゝき殿・松の木殿・竹の内殿・藪(やぶ)殿・葉室(はむろ)殿、柳原殿など。」「いや、まだある。」「誰(たれ)ぞ」と問へば、「とうざんせう殿とて。」
◎旁
(かたはら)より申しけるは、「お公家衆は鳥獸(とりけだもの)の名をこそつかせ給へ。まづ烏丸(からすまる)殿・鷲尾(わしのを)殿・鷹司殿・猪熊(しゝくま)殿」といひければ、又そばの者、「まだあり。」「たれぞや。」「萬里(まで)のこうじ殿の。」
◎小姓の名を、かけがねとつけて呼ぶ人あり。「何
(なん)のゆゑぞや」とあるじに問ひければ、「唯の時は我(わが)まへにゐるやうなるが、少(すこし)なりとも用のあるとなれば、はづすといふ心なり」と。
◎相撲とりあり、雄長老
(ゆうちやうらう)のもとに出(いで)て、「何とぞ名と名字をつけて給(たも)れ」と望みしかば、「荒磯浪助(あらいそなみのすけ)。」ついでに名乘をこふ時、「堅苔(かたのり)」と。

      ◇ 貴人之行跡
(きじんのぎやうせき) 

◎信長公に對し、公方
(くばう)御謀叛の時、即(すなはち)御出馬ありて、上京(かみきやう)放火なされし事ありし。後(のち)連一(れんいち)檢校(けんぎやう)御前(ごぜん)に候(さふら)うて、「今度(こんど)御陣(ごぢん)洛中のさわぎ、上下おぢおそれたる事、前代未聞」と申上(まうしあげ)ければ、「さあらうずる。扨(さて)その恐れたるやうすは」と仰(おほせ)あれば、「されば、上京に火かゝると見て、二條に候ひし者の妻、まづ我が子をさへ連れて退(の)けばすむと思ひ、三ッ四ッなる子を背中に負ひ、走りふためき、四條の橋のもとまで逃げきたり、あまり苦しく、ちと子をおろして休まんと思ひ、地の上に、だうとおいて見ければ、石臼にてぞ候ひける。」
◎護明
(ごみやう)僧正の母上幼少にて別れ、遂に逢はぬをうらみの歌となん。
  「春雨のをやみもはてぬこはいかにふりすてられて濡るゝ袖かな」
◎紹巴
(ぜうは)の方(かた)へ、烏丸殿其外(そのほか)公家達の御入(おんいり)ありて、樹木など御覽あれば、桃柿(たうし)のもとに、人の姿(なり)を眞似(まね)弓と矢をもたせたる多し。烏丸殿、「あれはなにの用心ぞや。」「されば、鳶のきてはなり物をあらすおどしなり」と申されたれば、烏丸殿、「鳶かや、其(その)次のものゝ用心ではないか」と、時の興には、あいらしやと人みな申せし。
◎濃州のたいねんといふ人、徹書記
(てつしよき)年頭の祝儀に參られ、土産を懷(ふところ)よりとり出(いだ)し、上(たてまつ)られつる。取りて見給ひければ、
  「ことしよりをしゝほしゝの二心うすくなりせば國ぞをさまる」
「千金の携
(たづさへ)にもまされり」と褒美ありし、尤(もつとも)奇なるかな。
◎太閤の御時、二德といふ者別して御氣
(おき)に入(いり)たり。或朝「生鶴(なまづる)の汁をくはせよ」とあれば、「愛宕精進をいたす、下されまじき」と申上(まをしあぐ)る。「おのれがしゆつな、何事を祈る」と。「私(わたくし)はたゞ太閤樣の御宿願(ごしゆくぐわん)に候。」「何事を祈るぞ。」「臆病にならせらるゝやうに、守らせられよ」と。「臆病でよからん事は。」「されば、あまり命しらずに、鐵砲のさきへもかまはせ給はねば、若(もし)あたりて果てさせられては、私は何(なに)とならうと存じて」と申上げければ、さもあらんとの御氣色(ごきしよく)なりし。
  「慈悲の目ににくしと思ふことはなし咎あるは猶あはれなりけり」
ともあれば、天下の主
(しう)に似合(にあひ)たりとや申さん。
◎大名の、世にすぐれて、物見なる大鬚
(おほひげ)をもち給へるあり。あまりに鬚を慢じ、來るほどの者に、「我が鬚をば何(なに)といふぞ」と問ひ給ふ。「たゞ世上に、殿樣のお鬚を見る者ごとに、唐物(からもの)と申さぬ者は御座ない」と申しあへり。大名うちゑませ給ひ、「げに誰(たれ)もさいふよ」と、鬚を撫で撫でして、「そこなる者こえよ」と招かせ給ひ、身近くよせ、さゝやきて、みづから鬚をとらへ、「弓矢八幡ぞ、日本物(につぽんもの)ぢや。」
◎河内
(かはち)の國に交野といふ所あり。「かた野の御狩(みかり)」とかけるこれなり。彼(かの)領主に、大塚彦兵衛(ひこびやうゑ)とかやいうて、あたりまで崇敬(そうぎやう)の人ありき。宗祇と入魂(じゆこん)(た)にことなり。卯月のはじめつかた、祇公(ぎこう)たちより給ひ休息のほど、ありしいろいろ風流の物語に時うつりて、「なにと祇公は、いまだ郭公(ほとゝぎす)の初音をば聞(きゝ)給はぬや。」「いな、夢にだもおとづれず」とあり。大塚「さらば、われ發句(ほつく)を仕(つかまつ)り鳴かせん」とて、
  「なけやなけわが領内の郭公
(ほとゝぎす)
とあれば祇公の脇に、
  「孫子をつれてなけ時鳥
(ほとゝぎす)
第三をする人なし。「迚
(とても)の事にさた候へ」とあれば、又祇公、
  「とにかくに御意にしたがへ郭公」
時にあたり、人の心をやぶらんは、興さめて見えぬべし。祇公の挨拶、いたされ候かな。
◎かたち殊に瘦せ黑みて、わたらせ給ふお大名有りしが、近習
(きんじふ)の侍に向はせ給ひ、「予(われ)が顔が、猿に似たと人皆いふと聞いたが、まことか、うそか。」臣うけたまはりて、「これは勿體なき御諚(ごぢやう)に候。たれやの人さやうの事をば申上げけるぞ。世上には只、猿が顔が殿樣に似たとこそ申(まをし)候へ。」大名聞(きゝ)給ひて、「ゆゝしくも申したり。さこそは侍らんず」とて、いさゝかも憤りなかりしは、下劣の申しならはす、大名は大耳なれや。
◎少年に學びざれば老後に知らずといへり。貴人とあるは幼
(をさな)けれども、我意(わがこゝろ)にまかせ育て行ふ故、大略(たいりやく)は文字言句(もんじごんく)に疎(うと)き人まゝ有り。しかるあひだ、さる大名の直筆(ぢきひつ)にて、連書をまはさるゝ事あり。若き侍のもちありき、返書をあげながら、「さて今度の御使(おんつかひ)に罷出(まかりいで)てこそ肝をつぶし候へ。日頃存じにかはり、あれやうに、こなたの殿に、人のおぢひろめくことは御座ない」と申しけり。「さて、なにというて怖るゝぞ」と問はれしかば、「其義あり。こなたの文(ふみ)を開きては、其(その)まゝ、あつこは、いでいでと、さきざきにて感ぜられた程に」といへば、「さぞあらん」とばかりなりしも、大名に似あひてあり。
◎大相國御前
(ごぜん)に二德かしこまりぬ。「いかなれば汝(おのれ)は、此程(このほど)見えなんだぞ」と御諚(ごぢやう)ある。「されば九世(せ)の戸(と)の文殊より參れといふ告(つげ)により、參詣仕りたる」よし申上(まをしあぐ)る。「なにと、文殊に逢うたるか」と御尋(おんたづね)あり。「中々(なかなか)、お目にかゝつてお言傳(ことづて)が御座ある。」「なにとあるぞ、言上(ごんじやう)せよ」とあれば、「二德めに目かけてたもれ、とゝ樣、かゝ樣」と申しければ、そのまゝ落涙ありしとなり。
 かくてこそ、神は正直のかうべに、やどらせ給はんずれ。
唯大人
(たいじん)は、うかとしたる體(てい)にて、色々の事をいはせきゝ、その善きを行ひ惡(あし)きを捨て給はんが肝要也。時の威におそれ、たまたまも御氣(おき)に入る事計(ばかり)こそ申さんずれ、國の爲人の爲によき道は申さぬなり。大臣重禄不諌、小臣畏罪不敢言、下情不上通此患大也(だいじんはろくをおもんじていさめをいたさず、せうしんはつみをおそれてあへていはず、しものこゝるかみにとほらず、これうれひのおほいなるなり)と後漢書にあり。
  「雲はみなはらひはてたる秋風を松にのこして月を見るかな」
といふ歌を吟じつゝ、太田道灌常
(つね)にいへるやう、「勝(かつ)て兜(かぶと)の緒をしめて候よ。」
◎大名の許
(もと)へ客あり。振舞に湯漬(ゆづけ)(いで)たり。其席へ又客あり。夫(それ)にも膳をすゑたり。又客來(きやくらい)あり。「膳を出(いだ)せ」とあれども、つひに出(いだ)しかぬる時、物まかなふ者をよび出(いだ)し、「何とて、手間もいらぬ事のおそきや、湯を得わかさぬか」とはをぬかるゝ時、手をつかねて、「湯は御(ご)ざるが、づけが御座ない」と申したるにぞ、どつと笑(わらひ)になりにける。

      ◇ 躻
(うつけ)

◎腑のぬけたる仁
(じん)に、海老をふるまひけるが、赤きを見て、「これはうまれつきか、又朱にてぬりたる物か」と問ふ。生得(しやうとく)は色が靑けれど、釜にて煎(い)りて赤うなるといふを合點しゐけり。或侍の馬にのりたる先へ、二間(けん)まなか柄の朱鑓(しゆやり)、二十本許(ばかり)もちたる中間(ちうげん)どものはしるを見、手を打つて、「さても世は廣し。きどくなる事や」と感ずる。「何をそなたは感ずるや」と問ひたれば、「其(その)事よ、今の鑓(やり)の柄の色は、火を焚いてむいたものぢやが、あれほど長い鍋がようあつた事や」と。
     三月盡
(さんぐわつじん)を                  雄 長 老
  「春の日は長鑓なれど篠
(さゝ)の葉のひと夜ばかりになれる石づき」
 也足
(やそく)の判に、篠(さゝ)の葉鑓石突(やりいしづき)になれる、三月の名殘(なごり)よく言續(いひつゞ)けられたり。作に於ては吉光(よしみつ)にこそ。
◎美濃國立政寺
(りふせいじ)の老僧に天瑞(てんずゐ)といふありき。始(はじめ)て京へ上(のぼ)らんと用意するを見、人指南(しなん)するやう、「京は物のそらねをいふ處ぞ。例へば一錢に賣るべきをば十錢といふ。其心得をしたがよい」と敎へたり。「それていの事をば、ぬかるまいぞ」とうけごひ、やうやう都にのぼり、祇園あたりにて、ちと望(のぞみ)にや思ひけん、餅を出(いだ)したる棚により、「此餅いくら」と問ふ。「一つ一文(もん)」といふ。天瑞ちくちく合點し、「一文とはそらねぢや、たゞ食はう。」
  夜るから起きて骨ををり、物のいりたる餅を、たゞまゐらせう仔細はの。
◎座頭の、出居
(でゐ)にやどをかりて、寢(いね)たるを打忘れ、よびも出(いだ)さず。つきたる餅のあたゝかなるを、家内(かない)の人ばかり食ふ座敷へ、
  「餅つくと目にはさやかに見えねども杵の音にぞ驚かれぬる」
◎夜ふけ三更のをはり、奈良の都に火事出來
(しゆつたい)す。ある家主(いへぬし)、いそぎ二階にあがり火元を問ふ。隣の者みな「橋本の角より三間(げん)目よ」といふ。それは我が姉の許(もと)なりと肝をつぶし、そのまゝ走ると思ひ、だうど落ちて腰をうちをりたり。日を經(へ)(わづら)ふを、人見舞(みまひ)たれば、「かまへて此後(このゝち)に、なにと大切なる人の家が燒くるとも、二階からすぐにお走(はしり)あるな、落(おつ)るにすうだ。」
                          最明寺時頼禪門
  「おそるべし用心もせでくやむなよ火ごとぬす人さてはのちの世」
◎ある人風呂に入
(い)りてゐけるが、俄(にはか)に顔色(かほのいろ)かはり、「あらくるしや、船心(ふなごゝろ)がある」というて吐逆する。「こは何事ぞ、海はなし船はなし、異な病や」と不審しければ、「さればよ、只今是(これ)へ入(い)られたる大髭(おほひげ)の男、此(この)ほど乘りし船の船頭に、よく似たと思うてあれば、そのまゝ醉うた」と。
◎堺の正法寺
(しやうぼふじ)に、惠雲(ゑうん)とて、けしからず犬に怖(おそ)るゝ坊主あり。珠旭(しゆぎよく)といふ寺僧とつれだち邏齋(ろさい)に出(いで)しが、途中に狗兒(ゑのこ)あるを見つけ、そのまゝにぐる。珠旭彼(かの)僧をとらへて、「あれは犬ではない、狗兒(ゑのこ)にてあるぞ、我とつれだち通れ」といへば、「いやとよ、子があれば親がある物」と、いふいふ逃げてかへりごとは。
◎藤五郎とてこざかしき者と、專十郎とてうつけと、ともに田舎の者、在京するに同宿
(おなじやど)なり。二人つれだち、講堂の風呂に入(い)らんとす。藤五郎、此(この)ほど專十郎がうつけををかしく見つけ、幸(さいはひ)の事や、小風呂にて頭をはらんと、たくみかまへて、「專十郎、京の習(ならひ)に、風呂に入(い)る者は、かならず頭をはるぞ、腹をたつるを田舎人(ゐなかびと)といふ、はられてもこらゆるが都人ぞ」といひをしへ、小風呂に伴(ともな)ひいれ、思ふさま目と鼻の間をはりけり。專十郎いふ、「藤五郎はやくはせたは」と。「沙汰するな沙汰するな」とて、又一つはりてけり。「藤五郎又くはせたは」と。專十郎思ふ、我ばかりはられて歸らんは、本意(ほい)なしと案じ、老人のよぼよぼと入(い)る者を待ちて、おづおづ一つはりたれば、彼(かの)相手大(おほい)に腹を立ち、「いづくのうつけめぞ、是非はりかへさん」とわめく時、專十郎いふやう、「藤五郎、いかい田舎者があるは、初心ものぢや」と。
  「風呂たきのわが身はすゝに成りはてゝ人の垢のみおとすものかな」
◎下手なる長談義の席に、齡
(よはひ)五十に餘る女房帷子(かたびら)をかづき、聽衆皆々立去れども、つひに一人立たず居たり。長老高座よりかんじて、ほめんと思へる刻(とき)、彼(かの)女房、唯今目さめたる顔にて見あげ、「昨日の長老の、まだ御座あるは」と。 うつとりがふたりある。
◎利根
(りこん)をよそにあづけたる亭主、なまじひにこ便當(べんたう)にて、つかふ者の數多(あまた)あれども、うつとりにし、朝起などする者なし。或時(あるとき)中間(ちうげん)の名を呼ぶまではなく、我は寐てゐながら、「夜(よ)はほのぼのとあかさかや」と舞ひければ、内の者きくきく、「待てしばし、待てしばし、夜はまだ深きぞ、しらむは花の陰(かげ)なりけり」と。 よい返答の。
◎或人錢
(ぜに)を埋(うづ)む時、「かまへて人の目には蛇に見えて、我(わ)が見る時計(ばかり)錢になれよ」といふを、内の者聞(きゝ)居て、錢(ぜに)を掘りてとりかへ、蛇を入れておきたり。件(くだん)の亭主、後(のち)に掘りて見れば蛇有り。「やれ己(おれ)ぢや、やれ見忘れたか」と、幾度(いくたび)もなのりつるこそ聞事(きゝごと)なれ。
◎金春禪風
(こんしゆん*<ママ>ぜんぷう)、毎朝の看經(かんきん)怠慢なし。ある朝艮方(うしとらのかた)にむかひ、手を合せ數珠をもみ、「そのものそのものそのもの」と計(ばか)りにて、神の名も佛の名も、更に出(いで)ざりしかば、そばにある者、「春日大明神かや。」「それそれ其(それ)を春日春日」と。是(これ)は健忘とて大智の上にもある病也。あやまりにあらざれども、時にあたりては、うつとりのやうにて、此(この)部に入(い)る。
◎ある長老の、高座にて諷誦
(ふうじゆ)をよみをはり、施主(せしゆ)の高悦(かうえつ)といふ二字の内、一字よみを忘れ、「施主高々(かうかう)(引用者注「施主高施主高」カ?)」と何遍もいひて、あげくに、「施主高(せしゆかう)よろこぶ」といはれしも、健忘の病なるべし。
◎おり湯に入
(い)りたる者いふ、「此(この)湯あつくてたまられず。香の物を早く持ちきたれ。」「なんの用に」と問へば、「飯の湯のあつき時、香の物にてまはせば、ぬるうなるほどに。」
ほしいのかうの物といふ題にて、
  「義經の命にかはる次信
(つぎのぶ)は今もほしいのかうのものかな」
◎ちと利口になき廿
(はたち)あまりの惣領あり。父これをさそひ、外面(そとも)に出(いで)て遊覽す。折節頃(ころ)は五月(さつき)の末、澤邊(さはべ)に眞薦(まこも)しげりあひたるを見、「親ぢや人、此(この)ちまきの木に、實はいづるかや」と。
◎男子
(なんし)一人(にん)あり。親の弔(とぶらひ)とて神子(みこ)を請(しやう)じ口よする時に、神子、「親人(おやびと)は鯽(ふな)になり、水にあそぶぞ、心安くおもへ」と。さらばとて池を掘り、鯽(ふな)を澤山(たくさん)にはなし、毎日食(しよく)を投げあはれむ事年久し。朋友よりあふ度に、「汁にせよかし」とすゝむれども、かつてゆるさず。かゝりしが、主人をうつけと見なし、或時推(お)して鯽をとり、汁にするさへをかしきに、子にむかひ、「まづ汁をすうて見よ」といふに、うけとり、「あつたら親ぢや人に、しほがない」と申(まを)すことは。
◎うつけらしき友達どものよりあひ、おのれおのれが妻のうはさをかたる。なかに一人いひけるは、我が女房は手きいて、所帶ようて、姿いつくしく、愛敬
(あいぎやう)有り。いはん方なくおぼゆれども、とかく心が短慮にて、月々に一度二度我を擲(たゝ)くに、くたびれた。」又ひとりの男も、「それそれ、われが子持もそしる事は努々(ゆめゆめ)とないが、ともすれば頭を杖にてきするに、あきはてた。」今一人がいひけるは、「とかく女房に擲(たゝ)かるゝは、日本一のうつけ者ぢや。さてさてそちどもはほれ者や」と笑ふ時、先の二人、「何卒(なにとぞ)、女に擲かれぬ身のもちやうがあるかや。」「中々秘事がある。知りたる者があるまい」というて、揚句に、「履物はかずに逃げたがよい」と。
◎わきに出
(いづ)る大夫(たいふ)、樂屋にて目に佛(ほとけ)をうしなひ、物をたづねまはる風情あり。人みな不審し、「なにが見えぬぞ、ともども尋ね見ん」といへども、「いや、ちとものが」と秘しよして言はず。ありありてのち、「唯今爰(こゝ)におきたる烏帽子がない」と。「そちが頭にきてゐるは」と、笑ふ時にぞ、さぐり見て、「實(まこと)にけんようもない所にあつたよ。」
◎振舞の汁に、大
(おほい)に見事なる笋(たけのこ)(いで)たり。人みな、「大竹にならんものを、むざと食ひすてんは惜(をし)い」など沙汰しければ、さるうつけ、「いや竹は大事もない。大木(たいぼく)になり、挽物(ひきもの)につかふべき松茸(まつたけ)をさへ食ふほどに。」
         「落行く河の末もしられず」
   「笋
(たけのこ)は本よりふしのあらはれて」
◎蒲生飛彈殿
(がまふひだどの)所勞すでに一大事なるとて、人々集り氣をのみゐたりし中に、うつとり二人頭(かしら)をあはせ耳語(さゝや)きけるは、「せめて飛州のことぶき、三年つゝがなかれかし」と歎きけるが、一人いふ、「よき毒をとゝのへてあげたい事ぢや。」「それは何としたる分別ぞや。」「さればよ、たかい毒を飲めば當座に死なず、三年して死ぬといふほどに。」
◎京の町にて、人あまた二階に遊びゐけるが、「目藥は目藥は」といふ聲を聞き、其
(その)座にありしうつとり、ふと立ち、「目くすし殿」と呼寄せ、「一匙(ひとさじ)それから申しうけう」と、上瞼(うはまぶた)下瞼(したまぶた)を、我が手にて開きまちけり。目くすし、それまでとゞく目ぼうをもたぬ時に、手をあはせ療治を申したと。
◎「龜はいかほど生くる物ぞ。」「萬年いくる」といふ。分別ありがほの人、龜の子をとらへて、「今から飼うて見ん物を」と言ふ。傍
(かたはら)の者あざわらつて、「命は槿花(きんくわ)の露の如し。假令(たとひ)長壽を保つも百歳をいでず。萬年の命を何として心みんや」といへば、「げにもわるう思案したよ」と。
◎道行
(みちゆき)ぶりに、むかうより來(く)る者を見れば、百八の數珠を首にかけ、高野笠の樣なるを着てあゆむ者あり。うつけものこれを見つけ、手をうつて感ずる、「そなたが着たる笠は事の外大(おほき)や、何としてその數珠をば、項(うなじ)にかけられた」と問ふ。「いや、これはまづ數珠を首にかけて後(のち)に、笠をきて候」というたれば、「とかく物をば聞かいでは」と。
◎三好中納言殿へ、昔兜を持ちて來り、見せ參らせたる事あり。「是
(これ)は異な物や、あまり兜の鉢大(おほい)なり」など褒貶の時、ちと鈍なる客人(きやくじん)手に取(とり)見て、「扨々(さてさて)結構に御座ある、めしおかれてよからん」と申す。「いらぬ物を、何にせうぞ」と仰(おほせ)あれば、「唯(たゞ)常住兜(じやうぢうかぶと)にさしられよ」と。
◎盗人にあひて、「これはどちの方より、いかていの者の仕業
(しわざ)ぞ。いかさま内より引手(ひきて)ありや」と種々算段ある所へ、こざかしき者ふと來(きた)りて、「此(この)盗人に入(い)りたる者こそ、わがよう知つた知つた」といひけるまゝ、「なに者ぞ、聞かせてたべ」とあながちにわびければ、そと耳語(ささやき)ていふやう、「此盗(このぬすみ)は、ものがほしさにはいりた」と。
◎さるかしこき人、數寄
(すき)に行き路地へ入(い)りたれば、植ゑたる竹の先をつゝみたるが何本もあり。つくづく見て、「あら奇特(きどく)や奇特や」と感ずる。相客不審に思ひ、「何事やらん」と問うたれば、「其(その)事よ、あれほど長い竹のさきへ、かゝる階子(はしご)のあつたが不思議ぢや。」
◎思ふどち四五人誘
(いざな)ひて淸水(きよみづ)へ詣でしが、茶屋に腰かけながら、ひたもの餅を喰ふ。をりからひとり俄(にはか)にいひ出(いだ)しけるは、「やれやれ頰がすくみ、口のあかれぬ病が出たは」とて頭(かうべ)をさげ、難儀なるさまなりしかば、人みな肝をけし、「こはいかなる事ぞ」とうかゞひ見けるに、編笠をきながら餅を喰はんとせし故也。編笠の緒を解き、頰をさすりて、「いかゞあるや」と問ふに、彼(かの)男しばらく思案して、「秘事はまつげぢや」と。
◎十人許
(ばかり)つれだちて、北野へ夜ぶかに參詣しけり。二十五日の群衆(ぐんじゆ)なれば、おしおされ下向する道すがら、夜(よ)もほのかにあけぬ。友達の中に一人腰のまはりを見れば、脇指(わきざし)の鞘(さや)ばかりに、刀(かたな)をそへてさしたり。「こは何としたぞ」といふに、肝をつぶし、さやをぬき、ふいて見つ、たゝいて見つすれどもなし。揚句にいふ事は、「己(おれ)なればこそ鞘をとられね。」 
◎ちとたくらだのありしが、人にむかひて、「我は日本一の事をたくみ出
(だ)いたは」といふ。「何事をか」と問ふ。「さればよ、臼にて米を搗くを見るに、勿論下へさがる杵は役にたつが、上へあがる杵がいたづらなり。所詮(しよせん)上にも臼をかいさまにつり、米をいれて搗かば、兩(りやう)ともに米しろみ、杵のあげさげそつになるまいと、思案したり」といひはてぬに、「さてつりさげたる臼に、米の入れやうは」と問へば、「まことに、其(その)思案はせなんだに。」
◎振舞の時亭主出
(いで)て、「なにも不調法に候ゆゑ、そさうにちんといたいた」といふ時、挨拶の人箸をとりなほし、「實(まこと)にこれよりほか、ちんとさせられやうは御座あるまい」と。
◎さかしからぬ者、いかゞしたりけん、取外
(とりはづ)して井にはまりし事あり。人こぞり梯子(はしご)などさげ、「早くあがれ」といふに、「我は一世(せ)の面目をうしなうた。あがりても人間(にんげん)はなるまい。これからすぐに高野(かうや)へのぼる」と。
◎石州
(せきしう)に板持(いたもち)といふ侍あり。かたのごとくなる大名なり。されどもうつけ比類なし。ある時西淨(せいじやう)に行き、「やれ蛇が食ひついたは」と、高聲(かうじやう)にわめかるゝ。人皆あわてゆけば、木履(ぼくり)にて陰囊(いんなう)をふまへたり。 御(ご)一種(しゆ)も平等(びやうどう)だうりと聞えて侍り。
◎件
(くだん)の板持、馬にのり坂を上(のぼ)りける時、胸懸(むながい)ひたもの下(さが)れば、鞍と馬の頭(かしら)との間大(おほい)に延びたり。「やれ勿怪(もつけ)が出來(でき)たは」とよばはる。郎等(らうどう)ども「何事や」と尋ぬれば、「俄(にはか)に馬の首が長うなつたは」と。
◎同
(おなじ)板持方(かた)へ客あり。家のおとなの若狹守(わかさのかみ)出合(であひ)て座敷に請じ、「主人(あるじ)は他行(たぎやう)に候」ともてなし、よきにあひはからふなかば、ふと障子をあけ、みづから頰をたゝいて、「若狹よ若狹よ、われは留守の分ぞ」と。 とらへて置かんやうもあるまい。
◎都一條あたりにて、中間
(ちうげん)(よ)に入り寐いり居ける間に、ちやくと長刀(なぎなた)をとりたり。目さめ肝を消し、殿を呼出(よびいだ)しいふやう、「事の外盗人がはやる體(てい)に候、刀の用心をめされよ。」「まづおのれが持ちたる長刀(なぎなた)を失はぬやうにせよ。」「されば其(その)長刀をとくにとられて、それに仰天し參りて申す事よ」と。
◎或者饂飩
(うどん)の出(で)たる席に、かたの如くたまはり、揚句にいふ、「方々(はうばう)にて實ばかりを下さるれども、終(つひ)に此(この)花を見た事は御座ない。こなたにならではあるまい。とてもの思出(おもひで)に見參らせたい」といふ。「何事をいふぞや」と問へば、「誰(たれ)も知りて申すは、うどんげの花」と。
◎京にて、盗人にあうたと興ざめがほし、隣家
(となりのいへ)の者あつまり居たる處へ、沼の藤六(とうろく)立寄り、「何が失せた」と問ふ。「鍋が見えぬ」といふに、「其(その)とりては我が知りたる」といふ。「扨々(さてさて)聞きたや」と立出(たちいで)けり。手招きして亭主を傍(かたはら)によびのけ、「これはていど、公家がたの御内(みうち)の者がとつたぞ。」「なにとて。」「昔から、なべとり公家とてあるほどに。」
◎七月風流
(ふりう)を、他郷(たがう)にかくる太郎左衛門(たろざゑもん)といふ、地下(ぢげ)の年寄なれば、彼が許(もと)に集りならしけり。狂言をする者うつけたる土民に、「此(この)烏帽子(ゑぼし)風流(ふりう)に入(い)る物ぞ、そちに渡す」といひをしへ、即ちでゐにおきぬ。かくて一兩日も過ぎ、風流をかくるみちみちも、「烏帽子はあるか」と問ふに、「中々ある」と答ふ。唯今狂言に出る時烏帽子をこひければ、「太郎左衛門殿のでゐにある」との返事(へんじ)は。
 「何も時の筈にあはぬを、太郎左衛門
(たろざゑもん)がでゐのゑぼし」とぞ。
◎岩千代とて、十四五にてうつけたる子あり。門
(かど)より走來(はせきた)り、「かゝよかゝよ、錢(ぜに)を拾うた」といふ。母が「よう拾うた。其(その)錢はどこにあるぞ。」「いや拾ひことは拾うたが、又落(おと)いたは。」
  正體なく身をもつものは、岩千代が拾錢
(ひろひぜに)とやいはん。


      ◇ 吝 太 郎
(りんたらう)

◎人ありて、「無心の申事なれど、はれがましき處に出候條
(いでさふらふでう)、貴所の綾の小袖を、そとのまお貸しあれ」と文(ふみ)をやりたれば、返事(へんじ)に、「やすきほどの御用なれど、それへ小袖を貸したらば、人の聞きて、我をあやかしといはん。又貴所をもあやかりとや申さんなれば、態(わざ)とまゐらせぬ」とこそかきたりけれ。
◎和泉
(いづみ)一國、德政のゆきて、貧なる者はくつろぎたるといふを、一路(ろ)
  「德政をやりひつさげてつくづくと思へば物をかりの世間
(よのなか)
◎すぐれてしはき者の、たまたま得たる客あり。「何をがなと思ひても在郷の風情なれば、心計
(ばかり)や」などといふ處へ、「豆腐は豆腐は」と賣りに來(きた)れり。亭主「豆腐を買はん。さりながら小豆(あづき)の豆腐か。」「いや、いつもの大豆ので候」と。「それならば買ふまい、珍しうあるまいほどに」と。
 亭主の口上
(こうじやう)作意あるやうにて、とかくきたなし。
人性欲
平嗜欲害(ひとのせいたひらかならんとほつすればしよくこれをがいす)と、淮南子(えなんじ)にも書きたり。又蜷川新右衛門親當(にながはしんゑもんちかまさ)が歌に、
  「紫の色よりもこき世の中のよくには恥をかきつばたかな」
◎家主
(いへぬし)朝食(あさめし)を喰ふ處へ、常によりあふ人來りぬ。「なにと、めしははや過ぎたるか」と問ふに、「いまだし。」「あらおたのもしや」とてかまはず。又人來(きた)る時、めしは喰はれぬか」と問ふ。「はや過ぎたり」といふ。「あらおこゝろやすや。」  とかくくれまいぢや。
 君子に三の費
(つひえ)あり。飲食其中(そのうち)にあらず。幼(おさなう)して學(まなび)
 老
(おい)て忘(わするゝ)、是(これ)一つの費。君に功あつて輕背(かるくそむく)、これ二つ
 の費。久しくまじはりて中絶す、これ三つの費。
◎三河の國に宗惠
(そうゑ)というて有德(うとく)なる者あり。生涯のあひだ、いかなる煩(わづらひ)あれども、つひに藥を一度(いちど)のまず。年(とし)至極(しごく)し、既にいまはの時、知音(ちいん)の人、「竹田の牛黄圓(ごわうゑん)をあはせ與へん」といふに、すこしも口をあかず、齒をくひしばりゐたる時に、こざかしく、「此(この)牛黄圓、錢の出る藥にてなし、たゞぞたゞぞ」というて聞かせたれば、口をがばと開(あ)き飲みけりとなん。彼(かの)國の左禮(ざれ)ことばも、「宗惠が牛黄圓でたゞぢや」といひけるは、これ故ぞや。
◎或寺の住持、弟子にいひつけぬるやう、「客あらん度
(たび)忘れざれ、まづ盃を出(だ)しては愚僧が手の置處(おきどころ)を見よ。額(ひたひ)にあらば上(じやう)の酒、胸をさすらば中(ちう)の酒、膝をたゝかば下(げ)の酒、此(この)掟そむく事なかれ」と示す。一度や二度こそあらめ、人皆後(のち)は見しりたりしに、させらぬ檀那參詣する。例の如く、「酒を一つ申せや」とて膝を叩きしかば、檀那手をつきて、「とても御酒(ごしゆ)をたまはらば、額をなでてくだされいで」と。  
◎我が門
(かど)に立出(たちいで)て遊びゐければ、ふと知音の者の通るに見參(げんざん)したり。「やれめづらしや、立寄りたまへ」ととむる。「嬉しくも逢ひたり。ちと急ぐ用のありて行く、此度(このたび)は許し給へ」といへども、「さりとはたまの事なり。ふるまはずによられよや」と、しきりにとゞめしかば、去りがたくて立寄りし。かくて待てども待てども、茶をも出(いだ)さず、日も暮れかゝり、目もくらうなる程なれば、客腹立(ふくりふ)し、「人をうつけ者に仕なしたるは」といふに、「さればこそ、我は始(はじめ)より、『ふるまはずに寄れ』というたは」とて、まはとずとのあひだに、句を切りたるぞをかしき。
◎客來
(きた)るに亭出(いで)て、「飯(めし)はあれども麥飯ぢやほどに、いやであらうず」といふ。「我は生得(しやうとく)麥飯が好きぢや、麥飯ならば三里も行きてくはう」といふ。さらばとてふるまひけり。又或時件(くだん)の人來(きた)る。「そちは麥飯ずきぢやほどに、米の飯はあれども出(だ)さぬ」といふ。「いや、米の飯ならば五里行かう」とて又食うた。
◎美濃の國にてある侍の内に、丹波助太郎
(たんばのすけたらう)とて大欲心のいたづら者あり。誰(たれ)にても目下なる人といへば、ねだれて物を取る者なり。ある時在郷にて百姓、助太郎がありくを見付(つけ)肝を消し、いかにも隱れんとしけるを、「そこなるはどこの者ぞ」と問ふ。たゞ「地下(ぢげ)の百姓」と答ふ。そのまゝ助太郎、「我に禮を百せうといふや、思(おもひ)もよらず、せめて二百せよ」とぞまとはれける。
◎伊勢の桑名に喜藏庵とて、いかにも吝
(しは)い坊主のありし。たまさかに賓客のきたれり。對面の後(のち)眠藏(めんざう)に入りて再(ふたゝび)いでず。客不思議に思ひ、そこらあたり尋ぬるついでに、眠藏を見られたれば、脇指(わきざし)をぬき、百つなぎたる錢繩の口にあてゝゐけり。「こは何事ぞ」と問はれしかば、「されば候よ、此(この)百錢の口をきらうか、さらずば腹をきらうか、其(その)思案を仕(つかまつ)る」と申しあへり。
◎ある藝者の親子つれたちて、貴人の前に侍
(はんべ)りしが、子にて候ふ十四五歳なる者、大名の御座(ござ)あるまはりにありし脇指の、のしつけを取りて見、ひたものほめければ、親がいひけるやう、「さやうにお腰の物などを、むざとほめぬものぞよ。大名は、ひよくと下さるゝ事がある物ぢやに」と。
◎若衆
(わかしゆ)あり。念者(ねんじや)にむかひて、「今夜の夢に、鷄のひよこを一つ、金(こがね)にてつくり、我にたびたると見た」とぞかたられける。「さてさて、われも只今の夢に、其(その)如くなる物を參らせたれば、いやというて、それよりやがてお返しありたと、見たことよ。」 
◎雨ふる日の寂しさに、よしある方に尋ね行き、上戸
(じやうご)の二人よりあひ、種々はなしども、時すぐれど、更に盃(さかづき)の噂(うはさ)もなければ、客やうすを見きりいふ。「貴所の酒でも我酒(わがさけ)でもなうて、大酒(たいしゆ)がして遊びたいの」と。
◎ことさらちひさき土工李
(とくり)に、古酒(こしゆ)を送るとて、
  「天
(あま)の原ふる酒見ればかすかなる三かさものまばやがてつきかも」
◎念者が若衆
(わかしう)にむかひて、「眞實そなたをいとほしい」といひければ、若衆の言葉に、にの字をえいはで、いとしくばせ*(「ぜ」カ?)」と。返答に、「さやうの事を聞けば戀かた*(「がさ」カ?)」と。
◎紀州根來
(ねごろ)に小谷(をたに)の西原と云ふ人、かたの如く有德(うとく)なりし。中間(ちうげん)おかんとする時、内の者にいひわたすやう、「給分(きふぶん)をば、いか程ねぎりて定めよ。日に三度の食物(くひもの)は、ほしいほど食はせん」と、固く約束をばしながら、一向左(さ)はなく、けぎやう如何(いか)にもかんそに、ひもじさやるせなし。案に相違したる旨(むね)訴訟しければ、「さればこそ始(はじめ)より、食(しよく)はほしい程と定めたは、腹一杯食はせうとは、いはなんだ」と。
 いづれ身をもつ人の工夫は、そともくずがない。
  「吉野川その水上
(みなかみ)をたづぬれば檜原(ひばら)が雫(しづく)(まき)の下露」
◎貧僧ありて、弟子まゝにすれば、案の外
(ほか)多く酒を取寄する。所詮今よりは、錢二十には指二つ頭(あたま)にあげんと定めけり。或時、指二つ鼻のわきにあてゝ見する。振舞過ぎて問ふ、「いかなれば、今日の酒は多かりつる」と。「今日のは二十にてなし。其(その)故は鼻の中にして、指二つを兩(りやう)にあてられた程に、鼻を十文にし、三十がとりよせたるはの。」
◎濃州の岐阜に、不動院とて眞言宗の老僧あり。正月の菓子
(くわし)に、國の名物なる枝柿(えだがき)三つすゑて出(いだ)し、其分(そのぶん)にて毎年(まいねん)時宜調(とゝの)へぬるを、おどけ者よく見知りて、あまりに吝(しは)き働(はたらき)をよく見、例の菓子出(いで)ける時、「あら珍しや、賞翫申さん」と、一つならず二つ迄くひけり。院主は苦々しき事に思はれ、「あの體(てい)ならば皆くはれん。さらば愚僧も相伴(しやうばん)(つかまつ)らう」と、とりて食はれける心の内ぞをかしき。 客退出のあとに、せめて、もとをひいたと。
◎我等は雜水嫌
(ぎらひ)なりと常にいふ者あり。晩がた雜水半(なかば)へ來(きた)る。「ちと申さんずれど、お嫌(きらひ)なるまゝ是非なし」とあれば、「なにと、此(この)雜水に胡椒はいらぬか。」「いやいらぬ。」「それならば、ちと食(た)べう」と。
◎有錢
(うせん)の家主(いへぬし)あり、夏六月下旬の頃、遊山翫水(ゆさんぐわんすゐ)の歸りに、我が門(もん)の下を見れば、黑犬のゆたかに肥えたるが、餘念もなく四足(しそく)を伸(のば)しふしたるを見付(みつけ)、主人の語るを聞けば、「けなりの黑犬や、夏米(なつごめ)を蟲のくらふも知らいで」と。

      ◇ 賢 達
(かしこだて)

◎ぬからぬ顔したる男、大名のもとへ參る。「何とて久しく見えなんだぞ。」手をついて、「此(この)一兩月(りやうげつ)癲癇氣(てんかんけ)に取紛(とりまぎれ)、不參仕候(ふさんつかまつりさふらふ)」と申上(まをしあげ)し。友達と座を出(いづ)るに、「そちは咳氣(がいき)をこそわづらひつれ、ありのまゝ申さずして、いらぬ病の名をいひつる事よ。」「いや咳氣は初心に誰(たれ)も知りたり。ちとこはして癲癇といはいでは。」
◎古道三
(こだうさん)洛中歩行の折節、ある棚のかたはらに、靑磁の香爐おもはしきあり。立寄り見て、うつけたるふりに、「此(この)かうろんいくら」と問はれし。内より、「なにとはねても銀子(ぎんす)二枚」と。
◎和泉國に鹽穴
(しほあな)といふ侍(さぶらひ)あり。馬上より錢のおちたるありと見付(みつけ)、馬を止(と)め、中間(ちうげん)に、「あれなる物をとりて來(きた)れ」と。中間とりあげ、「これは柿の蔕(へた)で御座ある」と。「我も柿の蔕とは見たよ、されども馬が怖(おそ)るゝほどに、それにとらせた。」
◎出家の、さまかへて武士になりたるが、馬に乘り遊行
(ゆぎやう)する道に、何やらん珍しく、赤漆にて塗りたる物ありと見付(みつけ)、小姓を招きとりよせけるに、小姓渡しざまに、「これは伊勢海老にて候」と申したるに、「そち體(てい)さへ知りたる伊勢海老を、我(われ)が知らいでをらうか、これは朱のさしやうの珍しさに見るよ」と。
                           雄 長 老
(ゆうちやうらう)
  「朱をまぜて漆ぬるてのもみぢばはまづ秋風にまけてちるらん」
◎日本第一の智者と、額
(がく)を打ちて諸國行脚の僧あり。小喝食(せうかつじき)かれにむかひ、土の上に一文字(もんじ)を書き、此(この)よみをこふ。種々によむ。終(つひ)にあたらず。喝食、「土の上に一文字は王にてあり、汝愚(なんぢぐ)」と。
  「しらぬをば知らぬといはで醜さはよくしりたるを忘れたる顔」
◎ある僧、小者
(こもの)を一人つれて錢湯に行き、帶ときふためきて、頭巾(づきん)かつぎ*(「かづき」カ?)ながら小風呂(こぶろ)に入りぬ。常に何事も利口をいふが憎さに、小者も見ぬふりし、二風呂(ふたふろ)めに、「頭巾をとり給はで」といひければ、さわがぬていに、頭(あたま)をさぐりて、「もはやとらうかな」と。
◎人の親の大事にわづらふ時、針立
(はりたて)の上手とて呼來(よびきた)る。針立すなはち天突(てんとつ)の穴に針さす。息女(むすめ)數多(あまた)まはりにゐて見る内に、氣色(きしよく)かはる。父親(とゝ)の顔の色がかはりたるは」とはしばし*(引用者注:はらはらカ?)泣くを見て、針立目を見出(みだ)し、「何事に、むざと泣くまい」といましめ、針をぬくと同時に、「さあ泣け」といふ。わつと泣くまぎれに出(い)でて逃げたり。
◎目醫者あり。其
(その)身の目は腐りてゐながら、目藥は天下一なりと自慢し、「一度させばかすみはるゝ、二度させば眚(まけ)も切る」となど廣言せしを、「扨(さて)そなたの目は何とてなほらぬ。」「さればわが藥妙なればこそ、頰先にてとゞめたれ、さなくば頤(おとがひ)までも腐りなん」と。
◎老父あり。唯さへかすむ目もとの暮がたに、二階よりおりんとする。下に子息
(むすこ)の居けるを、客人かと思ひ、ひたもの慇懃に請(しやう)じけり。後(のち)に「私(わたくし)で候」と申せば、「そちとは始(はじめ)より我も知りたれど、汝(われ)がやうなる、くがい知らずには、ちと仕付(しつけ)を敎へんとて、それにいうたよ」と。
◎花見の興の、かへるさも黄昏時
(たそがれどき)になりぬ。道のほとりに人の立ちたる姿ありければ、頭(あたま)を下げ手を合せて禮をする。つれの者、「あれは石塔なり」といへば、彼人(かのひと)いふ、「當世は、あれていの人にも禮をしたがよい」と。
◎力はさのみなうて、手のきいたるをたのみにし、相撲を好く男あり。又手をとる心はすこしもなくて、唯
(たゞ)力のあるをうでにし、相撲を好む坊主あり。雙方名乘(なのり)あひ、僧と俗と幾度(いくたび)とれども、力のつよきにより手を役に立てず、坊主勝とはしければ、俗腹(ぞくはら)を立ち、見物のおほき時、負けて退(の)きざまに、高々と聲をあげ、「いかほどの坊主とも角力(すまふ)とりたるが、あの入道程すし臭い奴に逢うた事がない」と、惡口(あくこう)(ばかり)に勝ちしをかしさよ。
◎秦始皇
(しんのしくわう)の代(よ)に天竺より僧渡る。御門(みかど)「是(これ)はいかなる者ぞ。」僧云(いふ)、「釋迦牟尼佛の弟子なり。佛法を傳へん爲渡れり」と申せば、御門「其(その)姿あやし。かみかぶろにて衣(ころも)のてい違(たが)へり。佛(ぶつ)とは何者ぞ。あやしきもの也。歸すべからず。人屋(ひとや)にこめよ」と閉ぢこめておく。此僧、「惡王に逢うてかなしきめを見る。我本師(わがほんし)釋迦滅後なりとも見給ふらん、助け給へ」と念ずるに、釋迦、丈六(じやうろく)紫磨金(しまごん)の光を放ち空より來(きた)り、獄門を踏破(ふみやぶ)りて僧をとり去(さり)給ひぬ。ついでに多(おほく)の盗人皆逃去りぬ。此(この)由を申すに、帝(みかど)おぢおそれ給ひけりとなん。其時わたらんとしける佛法、世くだりて漢(かん)の代(よ)にわたりけるとぞ。是は始皇のかしこだてによつてなり。
◎秀次關白殿より、遊行上人
(ゆぎやうしやうにん)へ遣し給ふ。
  「上人は霞の衣
(ころも)きりの數珠あまけはなれぬそら念佛(ねぶつ)かな」
返歌、
  「水鳥は水に入
(いり)ても羽(は)もぬれず海の魚(うを)とて鹽もしまばや」
秀吉太閤此由
(このよし)聞召(きこしめ)して、「秀次の御(おん)もてあつかひ、更に詮(せん)なき作法や」と御噂(おんうはさ)ありしが、はたして上人には、一宇建立(こんるふ)ありてつかはされし、今の法國寺是(これ)なり。
  「名僧となのらずとても善知識
(ぜんちしき)身をふくにこそ人は秋風」
◎二條院和歌好ませおはしましける時、岡崎の三位
(さんみ)御侍(ぎよじ)の歌讀(うたよみ)にて侍(さぶら)はれけるに、此(この)きこえ高きによりて、淸輔朝臣(きよすけあそん)めされて殿上(てんじやう)に侍(さぶら)ひけり。いみじき面目(めんもく)なりけるを、或時の御會(ごくわい)に淸輔、いづれの山とか、このもかのもといふ事をよまれたりければ、三位これを難じて曰(いは)く、「つくば山こそこのもかのもとはよめ、大かた山ごとにいふべきにはあらず」と難ぜられければ、清輔申して曰(いは)く、「つくば山迄は申すべきならず、河などにもよみ侍るべきことこそ」とつぶやきければ、三位あざ笑ひて「證歌奉れ」と申されけるに、清輔の曰(いは)く、「大井川の言(ことば)に躬恒(みつね)が序かける時、大井川のこのもかのもとかける事、まさしく侍るものを」といひたりければ、諸人(しよにん)口を閉ぢて止(やみ)にけり。あながちに物をば難ずまじき事なり。
◎革草履を穿きてありくもの、あやまちに足をけやぶり、ことのほか血の流るゝを見て、「笑止や、いかに」といふ者あれば、「いやくるしからず、昔より革緒
(かはを)に塗る血とある程に。」「さてよいさくや」と人々ほめければ、我もほめられんは易(やす)き事なりとたくみ、足を破り血を流す。「何として」と人の問ふ時、「いや、是(これ)は大事なし、昔もいろはにほへとゝあるほどに。」     

 

 

   (注)  1. 上記の「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之二」の本文は、『国立国会図書館デジタルコレク
        ション』所収の『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:東方書院・昭和6年1月31日発行、仏教
        文庫10)によりました。
          
 『国立国会図書館デジタルコレクション』  『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:東方書院・
                                                昭和6年1月31日発行、仏教文庫10)
           
この『醒睡笑』は、画像がやや不鮮明であるため、ルビを読みとれない部分があり、他本
         を参照して読みを付けた部分がありますので、この本としての読みに(そして一部の本文
         に)正確さを欠く恐れがあることをお断りしておきます。
        2. 平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、ここでは文字をそのまま繰り返して表
         記してあります。(「われわれ」「撫で撫で」「たまたま」「やうやう」「よぼよぼ」……など)
        3. 「◇名津希親方」の「雄長老の小者……」のところにある、「辱儀なり、……此まゝにては
         いかゞ」、「それはあまり分に過ぎて」の引用符(「」)は、引用者が補ったもので、原文には
         ついていません。  
          また、その少し後に出て来る「かたのごとく人の……」のところにある、「いひやうへとつけ
         うかや、……ほひやうへ」の引用符(「」)も、引用者が補ったものです。ここは、「いひやう
         ゑ」、……「ほひやうゑ」とありたいところです。
        4. 『国立国会図書館デジタルコレクション』で、上記の『醒睡笑』のほか、次の『醒睡笑』を
         見る(読む)ことができます。
           『醒睡笑』(安楽菴策伝著、東京:丁未出版社・明治43年12月28日発行、丁未文庫3)。
               抄本で、全文は出ていません。巻末に、探華亭羅山編『軽口浮瓢簞』から42の話
               が載せてあります。
        5. 私たちが知っている『醒睡笑』の話は、原文を読んでも分かりやすいものが多いのですけ
         れども、一般的には、注なしでは全く意味のとれない話が多いように思われます。
          そこで、注釈のついた本を次に挙げておきます。
           岩波文庫『醒睡笑』上・下(鈴木棠三校訂、1986年発行。1964年刊の角川文庫『醒
                  睡笑』上・下の新増補版)
           東洋文庫31『醒睡笑 
戦国の笑話』(鈴木棠三訳、平凡社』昭和39年11月10日初版
                  第1刷発行)。現代語訳と注で、原文はない。また、全文ではない。

          
 ※ 岩波書店のサイトから、岩波文庫『醒睡笑』上・下(鈴木棠三校訂)の紹介文をひかせていただ
             きます。   
               表題は「睡りを醒まして笑う」の意味で、落語家の祖、安楽庵策伝(1554-1642)和尚が
               説教用に編集し、京都所司代に献呈した戦国笑話の集大成。8巻、1030余の笑話を収め
               た質量ともに一級の笑話集で、説話研究上の好資料でもある。また、近代の落語に多くの
               材料を提供した最古の咄本としても高く評価されている。 

        6. 醒睡笑(せいすいしょう)=咄本
(はなしぼん)。安楽庵策伝作。8巻。作者が幼年時代から
               聞いていた笑話・奇談など1000話余を京都所司代板倉重宗の所望によって、
               1623年(元和9)滑稽味を加えて書きおろし、28年(寛永5)献じたもの。寛永
               (1624-1644)年間に300話余を抄出した略本3冊を刊行。
          安楽庵策伝(あんらくあん・さくでん)=江戸初期の淨土僧・茶人・笑話作者。落語の祖と
               いわれる。京都誓願寺竹林院の住持。のち、寺域に茶室安楽庵を結ぶ。「醒睡笑」
               を著して京都所司代板倉重宗に呈した。(1554-1642)
 
                                                       (以上、『広辞苑』第6版による。)
        7. 資料386に、「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之一」があります。
          資料405に、「安楽庵策伝著『醒睡笑』巻之三」があります。

        8. 「浄土宗西山深草派総本山 誓願寺」のホームページに、「落語の祖 策伝上人」の紹介
         ページがあります。
        9. フリー百科事典『ウィキペディア』に「醒睡笑」の項があります。

       10. 「安楽庵策伝顕彰会」の紹介が、岐阜市のホームページに出ています。
       11. 駒澤大学総合教育研究部日本文化部門「情報言語学研究室」のホームページに、『醒睡笑』
         の寛永版の影印を翻刻した
(活字におこした)本文があります。底本は、笠間書院1983.2 発行
         の笠間影印叢刊:72-74  策伝著『醒睡笑』だそうです。
              「情報言語学研究室」 → テキストデータ → 「(4)上代・中古・中世文学資料テキストデータ」
                   の「31,寛永版『醒睡笑』」  → 酔生書菴蔵・寛永版の影印翻刻『醒睡笑』        

       





                                                                                   
                                  
トップページ(目次)   前の資料へ 次の資料へ