資料342 枕石寺(大峰貫道編『親鸞聖人二十四輩巡拝記』より)


 

 

       枕 石 寺      (大峰貫道編『親鸞聖人二十四輩巡拝記』より)
       

◎枕石寺 
(大派)  同国久慈郡河合村にあり、
           
額田より半里河合驛あり

 

 

 

 

 

入 西 御 房。 雪中枕石、大慈放光、鑑察肖像、無上法皇。
   
(十五番)    惠みふかき雪をしとねの御法(みのり)のみ
          朽ちぬためしの枕石
(まくらいし)かな。
高祖聖人上足二十四輩第十五、道圓坊の遺蹟
(ゆゐせき)也。
道圓法師は、舊
(もと)江州(ごうしう)蒲生郡(がまふごほり)日野の産にして、俗姓(ぞくしやう)は日野左近將監(さこんしやうげん)頼秀が後胄(こうちう)、日野左衛門(ひの・さゑもん)の尉(じよう)頼秋と云へる士(さむらひ)なり、當時不遇にして世をあぢきなく思ふ心より、自(おのづ)と人の交(まじはり)も疎く、終に流浪して當國久慈郡(くじごほり)大門(おほかど)と云ふ地に逼塞(ひつそく)してありけるが。頃は建保五年の秋、聖人當國御敎化の折から、一日(あるひ)(この)大門を經回(けいくわい)し給ふに、思ひの外に日暮れて、前路(ゆくて)程遠ければ、即(すなはち)佐衛門が家に立寄り、宿りを需(もと)め給ひしに。左衛門性質(うまれつき)むくつけき男にて、御覽のごとく我だに住(すみ)うき貧家なれば、いかでか旅人を宿すべき、とくとく歸り給へと、愛想(あいさう)なく申けるが、さればとて外(ほか)に求むべき家居もなければ、聖人強(しひ)てこれを乞はせ給ひしかば。左衛門以(もつて)の外に立腹し、こはくどくどしき法師かな、さらずばさらぬまでよ、先(まづ)(わが)棒を受(うく)べしと、有合(ありあふ)(しもと)おつ取り、既にこれを打たんとす。聖人此形勢(ありさま)を見給ふより、矢庭に外面(そとも)に出(いで)給ひしが、日ははやとく暮(くれ)はてゝ、行先とても見へわかねば、詮方なく又立もどらせ給ひ、彼が軒端にて、折柄降りしきる雪をしとねに、石を假の枕とし夜寒をわびて臥(ふし)給ふに。相隨ふ二三の御弟子(おでし)、此御姿(おすがた)を見るよりも御(お)いたはしさ云はん方なく、涙とゝもに御介抱をなし參らせけるに。聖人少しも憂ひ給ふけしきなく、夫(それ)彌陀因位(いんゐ)の御修行に、肉の山を築き血の海をながし、焦熱冱寒(せうねつごかん)の苦惱を凌ぎ、超載永劫(てうさいえうごふ)身命(しんみやう)を惜(をし)み給はず、菩薩無量の德行(とくがう)を積植(しやくじき)し給ふ、御艱難(ごかんなん)を思ひめぐらせば、今此軒端の假寢は物の數かは、元より樹下石上(じゆげせきじやう)は我(わが)釋氏(しやくし)の敎(をしへ)なれば、何(な)にしにこれを厭(いとは)んや。是(これ)に付(つけ)ても唯仰ぐべきは、彌陀の御恩德なれば彌(いよいよ)報謝の稱名(しようみやう)を歓ぶべしと、念佛の御聲(みこゑ)(いと)殊勝に、既に其夜も更(ふけ)にけり。
(さて)も左衛門は前(さき)に聖人を追出し奉り、臥所(ふしど)に入りて休らひけるが、子(ね)の一つばかりと思(おぼ)しき頃、一人の化僧(けそう)枕上(まくらもと)に立(たち)て、いかに左衛門爾(なんぢ)凡夫のあさましさ、前(さき)に汝が門(もん)に來迎ましませし御僧(おんそう)こそ、則(すなはち)西方(さいはう)の敎主覺王阿彌陀如來にてをはします、勿體なや百福莊嚴(しやうごん)の尊像を、衆生濟度の爲にあられぬ法師の姿とかへ、結縁(けちえん)のために塵(ちり)にまじはり給ふなるを、さもあらけなく云罵り、難有(ありがたき)悲願にもれぬる事の愚(おろか)さよ、されども爾(なんぢ)が宿善開發(かいほつ)の時至りぬれば、幸(さいはひ)に他所(たしよ)へうつり給はず、軒端をかりの宿として石に枕し臥(ふし)給へば、とくとく屈請(くつしやう)申參らせ、尊恭(そんきやう)怠るなかれ、我はこれ爾が多年頂禮(てうらい)せる所の、救世菩薩(くせぼさつ)也と宣ふと見て夢さめぬ。左衛門大(おほい)に驚き、即(すなはち)示現(じげん)に隨ひ、密(ひそか)に戸外を伺ふに、恰(あたか)も日光の再びてらせるがごとく、光明傍(あたり)をかゞやかし、其(その)(あかる)き事白晝のごとし。左衛門心中に彌(いよいよ)恐れ、聖人の御側(おそば)近く伺ひ奉るに、よく熟睡なし給ふ御息(おいき)の下より、其光赫然(くわくぜん)としてあらはれければ。左衛門は忽ち大地に身を抛(なげうち)、せんぴを悔(くひ)て泣(なき)わびつゝ、我家に請(しやう)じ參らせ、觀音大士(くわんおんだいし)の御靈夢を物語り、改悔(かいげ)の心しきりなりしかば。聖人大(おほい)に喜ばせ給ひ、一樹の蔭一河の流れ、皆これ他生(たしやう)の縁なれば、今更心おく事なかれと、即(すなはち)終夜(よもすがら)隨類隨機(ずゐるゐずゐき)の大悲(だいひ)をたれ、機見機應(きけんきおう)の善巧(ぜんぎやう)を以て、他力本願の奥旨(おうし)、凡夫直入(じきにふ)の敎法を、いと懇ろに示し給ひければ。左衛門立所(たちどころ)に信心發得(ほつとく)し、速(すみやか)に御弟子(おでし)の列に從はん事を願ひけるに。聖人これを許して、即(すなはち)釋道圓(しやくだうゑん)と法名を授け給ふ、かゝりしより道圓房彌(いよいよ)本願を信じ、聖人を尊重し奉る事他に超(こえ)たり。爰(こゝ)において一宇を造立(ぞうりふ)し、更に聖人を請じ奉りければ、心よく入御(にふぎよ)ならせ給ひ、聞法(もんはふ)更にこまやかなり。道圓房つくづく思ふやう、聖人御化益(ごけやく)御辛勞の恩德須彌(しゆみ)も高きをあらそはず蒼海も深きを讓(ゆづ)れり、是(これ)を末世の衆生に遺し置かんと、聖人に願ひ奉り、枕石(しんせき)を以て終に寺號とはなしにけるとなん。
 
枕石寺(しんせきじ)は中世廢退に及び、昔しの大門村(だいもんむら)より二里餘
  り水戸に近かよりたる川合村
(かあひむら)、即現今の所に轉寺再興す。舊大門村
  寺跡
(じせき)に淨土宗の寺院を造築すと、是亦(これまた)廢寺となれり、今は
   
靑蓮寺(しやうれんじ)の念佛堂、及左衛門事(こと)道圓房の墓あるのみなり。
                              
 (55~60頁)

     *  *  *  *  *  *  *  *


●枕石村御舊跡 
谷河原太田町より一里人力車あり
往昔(むかし)聖人石を枕とし、日野左衛門(ひのさゑもん)を化度(けど)し給ひし舊地なり。是(こゝ)に於て終に村の名とせりと云ふ(此村畑中に日野左衛門が宅地の跡基(あと)あり、遺跡の廢(す)たらんことを恐れ、靑蓮寺(しやうれんじ)の老僧私財を以て、墓の側(かたはら)に年佛堂を建てあり)
                                 (60頁)



       *  *  *  *  *  *  *  * 

  枕石寺画像(『親鸞聖人二十四輩巡拝記』より)  
     
(『親鸞聖人二十四輩巡拝記』後編、扉挿絵より)  
  
     ☆
画像をクリックすると拡大画像が見られます。            

 

 

 


 

 

    (注) 1. 上記の「枕石寺」の本文及び画像は、大峰貫道編『親鸞聖人二十四輩巡拝記』(京
         都:興教書院、明治44年4月8日発行)によりました。この巡拝記は、明治41年5月
         から43年8月にかけて、著者が親鸞のお弟子二十四輩の遺蹟を巡拝した記録です。
          大峰貫道編『親鸞聖人二十四輩巡拝記』は、『国立国会図書館デジタルコレクション』
         所収のものによりました。
         → 『国立国会図書館デジタルコレクション』
『親鸞聖人二十四輩巡拝記』後編 59~62/141
         2. 上記の『親鸞聖人二十四輩(にじゅうよはい)巡拝記』の本文には、漢数字を除いてすべ
         ての漢字にルビが振ってありますが、ここでは引用者が必要と思うものだけに読み仮
         名をつけ、あとは省略しました。
(読み仮名は、原文のままつけてあります。)
           
二十四輩(にじゅうよはい)=親鸞の関東時代の高弟で、その教えを伝えた24人。性信・真仏・順信・
                   乗然・信楽など。また、これらの人の旧跡、あるいは旧跡を巡拝する者をいう。にじゅうしはい。
                   廿余輩。                                  (『広辞苑』第6版による。)

         3. 文中の、平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、普通の仮名に直してあ
         ります(「とくとく」「くどくど」「つくづく」)。
         4. 冒頭の寺名の次に「同国久慈郡」とある「同国」とは「常陸国」のことです。
           また、本文末の「枕石」「枕石寺」に「しんせき」「しんせきじ」と振り仮名が施されてい
         ますが、これは原文のままです。著者の大峰貫道は、「しんせきじ」と読んでいたので
         しょうか。
         5. 枕石寺の所在地は、次のとおりです。
            茨城県常陸太田市上河合町1102-1  電話:0294-72-2652
         6. 資料340 に「枕石寺について」がありますので、ご覧ください。
         7. また、資料343に、「大門村枕石寺・日野左衛門の事(佐竹智応編『御開山聖人
         御伝記絵鈔』より)」があります。
         8. 枕石寺は、倉田百三の戲曲『出家とその弟子』でも知られているお寺です。
           
『出家とその弟子』は、岩波文庫で読むことができます。また、これはワイド版岩波文庫にも入っ
           ています。    

            参考: 岩波書店による岩波文庫『出家とその弟子』についての紹介文
                 苦境にあって『聖書』と『歎異抄』を熟読した倉田の代表作。「今日のアジアにおいて
                これほど純粋な宗教的芸術作品をわたしは知らない」(ロマン・ロラン)

            
岩波文庫の『出家とその弟子』は、青空文庫に入っていますので、そこで読むことも
           できます。  → 青空文庫の『出家とその弟子』

          

  







                   トップページ(目次)  前の資料へ  次の資料へ