資料241  忠度の最期(『平家物語』巻第九より)

 

 



       忠 度 の 最 期      『平家物語』巻第九より  

 薩摩
守忠度は、西の手の大將軍にておはしけるが其の日の装束には、紺地の錦の、直垂に、黑絲縅の鎧著て、黑き馬の太う逞しきに、沃懸地(いつかけぢ)の鞍置いて乘り給ひたりけるが、其の勢百騎ばかりが中に打圍まれて、いと騷がず、控へ控へ落ち給ふ所に、こゝに、武藏國の住人岡部六彌太忠純、よき敵(かたき)と目を懸け、鞭鐙を合せて追(おつ)かけ奉り、あれは如何に、よき大將軍とこそ見參らせて候へ。正(まさ)なうも敵(かたき)に後(うしろ)を見せ給ふもの哉。返させ給へと言(ことば)を懸けければ、これは御方(みかた)ぞとて、ふり仰(あふの)き給ふ内甲(うちかぶと)を見入れたれば、鐵漿黑(かねぐろ)なり。あつぱれ、味方に鐵漿(かね)付けたる者はなきものを。如何樣(いかさま)にも、これは平家の公達(きんだち)にてこそおはすらめとて、押雙べてむずと組む。これを見て百騎ばかりの兵(つはもの)ども、皆國々の驅武者(かりむしや)なりければ、一騎も落ち合はず、我れ先にとぞ落行きける。薩摩守は聞ゆる熊野育(そだち)の大力(だいぢから)、究竟(くつきやう)の早業にておはしければ、六彌太を摑(つか)うで、憎(につく)い奴が、御方(みかた)ぞと云はば云はせよかしとて、六彌太を捕つて引寄せ、馬の上にて二刀(ふたかたな)、落付く所で一刀(ひとかたな)、三刀(みかたな)までこそ突かれけれ。二刀は鎧の上なれば通らず、一刀は内甲へ突入れられたりけれども、薄手(うすで)なれば死なざりけるを、取つて押へて頸搔かんとし給ふ處に、六彌太が童(わらは)、殿馳(おくればせ)に馳せ來て、急ぎ馬より飛んで下り、打刀(うちがたな)を拔いて、薩摩守の右の肘(かひな)を、臂(ひぢ)のもとよりふつと打落す。薩摩守、今はかうとや思はれけん、暫退(の)け、最期の十念唱へんとて、六彌太を摑(つか)うで、弓長(ゆんだけ)ばかりぞ投げ退(の)けらる。其の後西に向ひ、光明遍照十方世界、念佛衆生攝取不捨と宣ひも果てねば、六彌太後(うしろ)より寄り、薩摩守の頸を取る。よい首討ち奉つたりとは思へども、名をば誰とも知らざりけるが、箙(えびら)に結付(ゆひつ)けられたる文(ふみ)を取つて見ければ、旅宿(りよしゆく)の花と云ふ題にて、歌をぞ一首詠まれたる、
   行き暮れて木
(こ)の下陰(したかげ)を宿とせば花や今宵の主(あるじ)
    
ならまし
忠度と書かれける故にこそ、薩摩
守とは知りてげれ。やがて、頸をば太刀の鋒(さき)に貫き、高く差上げ、大音聲を揚げて、此の日來(ひごろ)日本國に鬼神と聞えさせ給ひたる薩摩守殿をば、武藏國の住人、岡部六彌太忠純が討奉つたるぞやと、名のつたりければ、敵(かたき)も御方もこれを聞いて、あないとほし、武藝にも歌道にも勝れて、よき大將軍にておはしつる人をとて、皆鎧の袖をぞ濡しける。
 

 

 

                 

 


        (注) 1. 上記の「忠度の最期」の本文は、『昭和校訂 流布本平家物語』(野村宗朔校
         訂、武蔵野書院 昭和25年6月10日複刊印刷、昭和25年6月15日訂正1版)に
        よりました。ただし、「忠度の最期」は本文には「忠度最期」とあるのを、引用者
        が「の」を補いました。
        2. 緒言によれば、上記の平家物語は、元和7年刊行の片仮名整版の流布本平
        家物語を底本とし、寛永3年(刊記なし、推定)及び万治2年の片仮名整版本、
        寛永3年、正保3年、明暦2年の各平仮名整版本、片仮名古活字本、長門本
        (明治39年翻刻本)、延慶本(昭和10年翻刻本)を参照して校訂したもので、寛
        文以降の諸本は取らなかった、とのことです。
       3. 本文中の平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、普通の漢字と仮
        名に直してあります。(控へ控へ)
       4. 本文の「薩摩
守とは知りてげれ」の「知りてげれ」は、「知りてげれ」の撥音
        「ン」が表記されていない形と考えられます。
       5. 平忠度(たいらのただのり)=平安末期の武将。忠盛の子。清盛の弟。正四位
               下薩摩守。また、歌人としても逸話を残し、謡曲などで著名。一谷の
               戦に敗死。(1144-1184)          
(『広辞苑』第6版による)
       6. 資料240に「忠度の都落」(『平家物語』巻第七より)があります。
       7. 国立国会図書館の『デジタル化資料「古典籍資料(貴重書等)」』で、慶長年間
        に出版された『平家物語』が、画像で見られます。

            『国立国会図書館のデジタル化資料「古典籍資料(貴重書等)」』で、「詳細検索へ→」
           をクリック  →  「平家物語」と入力して検索  →   『平家物語』(巻1~巻12)
                    (「忠度最期」は巻九の 70~73 / 98
       8. 『平家物語』の本文は、『J-TEXTS』(日本文学電子図書館)で読むことがで
         きます。

       9. 『風のきた道─清盛慕情─』というサイトがあって、ここに平家物語の解説や
        全文の現代語訳、その他があって参考になります。
                    
(現在、リンクが繋がらないようです。2012年6月16日)
         
 「平家物語全文現代語訳」「平氏系図」「平清盛年表」「平家物語登場人物総覧」
           「平家物語和歌総覧」 その他

       10『樹陰読書』(…平家物語と中世日本を眺める處…)というサイトがあります。
             (現在、リンクが繋がらないようです。2017年10月28日)
      
11. 平忠度のことは、「青葉の笛」という唱歌の2番の歌詞でもよく知られていますが、
       金田一春彦・安西愛子編『日本の唱歌〔上〕 明治篇』(講談社文庫。昭和52年10月
       15日第1刷発行) によれば、この歌は明治39年(1906年)7月、田村虎蔵・納所
       弁次郎・佐々木吉三郎編の『尋常小学唱歌』の四学年用に、「敦盛と忠度」という題
       で掲載されたのが最初だそうです。作詞:大和田建樹、作曲:田村虎蔵。1番に敦盛
       を、2番に忠度を歌っています。
         同文庫には、昭和2年、田村虎蔵編の『検定唱歌集』に「青葉の笛」という題で再
       び掲載された、とあります。
                    
※ 上記の明治39年7月発行「『尋常小学唱歌』の四学年用」については、 『d-score』には、
            「明治39年(1906年)7月版 『尋常小学唱歌 第四学年 上』 とあります。

      
12. 資料414に、「敦盛の最期」(『平家物語』巻第九より)があります。
       13. YouTubeに、「青葉の笛」の、篠笛による演奏があります。
               → 篠笛「青葉の笛」
      
14.同じく YouTubeに、安西愛子の歌唱による「青葉の笛」があります。
               → 
安西愛子の「青葉の笛」
            
お断り: 残念ながら、著作権の関係で現在は聞くことができないそうです。
      
15『d-score』というサイトに、「青葉の笛」のページがあります。
      
16 「青葉の笛」の歌詞を書いておきます。(仮名遣いは歴史的仮名遣いにしてあります。)

                 
敦盛と忠度
                             大和田建樹
           一 一の谷の 軍
(いくさ)破れ
              討たれし平家の 公達
(きんだち)あはれ
              曉寒き 須磨の嵐に
              聞えしはこれか 靑葉の笛

           二 更くる夜半
(よは)に 門(かど)を敲(たた)
              わが師に託せし 言
(こと)の葉あはれ 
              今はの際
(きは)まで 持ちし箙(えびら)
              殘れるは「花や 今宵」の歌

      
17 『Zaco's Page』というサイトに、「国語の先生の為のテキストファイル集」という
        ページがあり、そこに『平家物語』の本文が入っています。(20012年5月25日付記)
            『Zaco's Page』 → 「国語の先生の為のテキストファイル集」
                                     

                                  
    

 


                          トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ