資料221 高村光太郎「最低にして最高の道」(文部省『中等国語一[後]』昭和21年8月発行より)





 

           最低にして最高の道    

                 
高村光太郎 

  もうよさう。
  ちひさな利慾とちひさな不平と、
    ちひさなぐちとちひさな怒りと、
  さういふうるさいけちなものは、
  あゝ、きれいにもうよさう。
  わたくしごとのいざこざに
  みにくい皺
(しわ)を縱によせて
    この世を地獄
(ぢごく)に住むのはよさう。
  こそこそと裏から裏へ
  うす汚い企みをやるのはよさう。
  この世の拔け驅けはもうよさう。
  さういふことはともかく忘れて、
  みんなといつしよに大きく生きよう。
  見かけもかけ値もない裸
(はだか)のこゝろで
  らくらくと、のびのびと、
  あの空を仰いでわれらは生きよう。
  泣くも笑ふもみんなといつしよに、
  最低にして最高の道を行かう。


 

 

                   

 

          (注)   1. この高村光太郎「最低にして最高の道」は、昭和21年8月6日発行の文部省       
          教科書『中等國語一[後]』に掲載された詩です。
            筑摩書房版の『高村光太郎全集』
(昭和32年10月10日第1刷発行、昭和51年10月10日
            
第2刷発行)の巻末後記には、この詩は、「昭和15年7月10日作。「大きく生きよう」
                の原題で『家の光』に発表された」とあります。太平洋戦争中の昭和17年
(1942)
           1月に発行された詩集『大いなる日に』に収められました。
         2.  『中等國語一[後]』の教科書は、昭和21年度の1年間だけしか使われません
          でした。翌昭和22年には新制中学が発足して、新しい教科書が作られたからで
          す。新しい教科書には、光太郎のこの詩は載りませんでした。
         3. 本文に用いられている平仮名の「く」を縦に長く伸ばした形の繰り返し符号は、
               普通の仮名に直してあります。(「こそこそ」「のびのび」)
         4. 『中等國語 一[後]』掲載の「尊徳先生の幼時」の本文が資料214に、島木
          赤彦の「湖畔の冬」が資料220にあります。
         5. 筑摩書房版の『高村光太郎全集』
(昭和32年10月10日第1刷発行、昭和51年10月10日
            
に出ている本文を、次に示しておきます。(全集 298~299頁)         

 

       最低にして最高の道      

もう止さう。
ちひさな利慾とちひさな不平と、
ちひさなぐちとちひさな怒りと、
さういふうるさいけちなものは、
あゝ、きれいにもう止さう。
わたくし事のいざこざに
見にくい皺を縱によせて
この世を地獄に住むのは止さう。
こそこそと裏から裏へ
うす汚い企みをやるのは止さう。
この世の拔驅けはもう止さう。
さういふ事はともかく忘れて、
みんなと一緒に大きく生きよう。
見かけもかけ値もない裸のこころで
らくらくと、のびのびと、
あの空を仰いでわれらは生きよう。
泣くも笑ふもみんなと一緒に、
最低にして最高の道をゆかう。
 
 

 

             (補注) 詩中の「けち」には、傍点( )がついています。
                     ここではそれを太字で代用しました。

 

 

 

                                    トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ