資料80 西郷南洲「偶成」(詩)



         
偶 成  西郷南洲

 

幾歴辛酸志始堅
丈夫玉碎恥甎全
我家遺法人知否
不爲兒孫買美田


幾たびか辛酸を歴て志(こころざし)始めて堅し、
丈夫(ぢやうふ)玉碎すとも甎全(せんぜん)を恥づ。
我が家の遺法人知るや否や、
兒孫(じそん)の爲に美田を買はず。

 

 

 

 



  (注)   1. 詩の本文は、新釈漢文大系 46 『日本漢詩 下』(猪口篤志著、明治書院
        昭和47年9月25日初版発行)によりました。
         ただし、第三句の「一家遺事」を「我家遺法」としました。
       2.第三句の「我家遺法」は、南洲の自筆には「一家遺事」となっている由です。
       3.題を「偶感」とするものもあります。また、第二句の「恥」を「愧」とする本文もあ
        るようです。
       4.(注)の9と10に、大和書房版『西郷隆盛全集』掲載の詩の本文と書き下し文、
        及びこの詩を引用してある「南洲翁遺訓」を掲げておきました。
       5.第四句の「不爲兒孫買美田」(兒孫の爲に美田を買はず)は、西郷隆盛(南洲)
        の言葉としてよく知られています。
       6.西郷隆盛(さいごう・たかもり)=幕末・維新期の政治家。薩摩藩士。通称吉之
                助。号は南洲。薩摩藩の指導者となり幕府を倒す。戊辰戦争では江戸城
            の無血開城を実現。新政府の陸軍大将・参議をつとめるが、征韓論政変
            で下野。帰郷して私学校を設立。1877年(明治10)私学校党に推され
            て挙兵(西南戦争)、敗れて城山にて自刃。(1827〜1877)  
                                  
(『広辞苑』第6版による。)
       7. 「西郷南洲顕彰会」のホームページがあって、詳しい「南洲年表」が見られます。
       8. 詩の語釈をいくつか記しておきます。  
              辛酸=困難。              
                  丈夫=読みは「じょうふ」。ますらお。真の男子のこと。
              玉碎=玉となってくだける。立派な死にかたをいう。
              甎全=読みは「せんぜん」。「甎」は敷き瓦(がわら)。志をまげて、瓦の
                 ように値打ちのないものとなって、いたずらに生きながらえること。
                 「瓦全」に同じ。
              美田=よく肥えた田畑。立派な財産の意。
              9. 大和書房版『西郷隆盛全集』第四巻(昭和53年7月31日初版発行)による詩の
        本文と書き下し文を、次に掲げておきます。 

 

   感 懐

 

 

幾歴辛酸志始堅   幾たびか辛酸を経て志(こころざし)始めて堅し、
丈夫玉砕愧甎全   丈夫(じょうふ)玉砕し甎全(せんぜん)を愧(は)ず。
我家遺事人知否   
我が家の遺事人知るや否や、
不為児孫買美田   児孫の為に美田を買わず。

 

          なお、第3句の「遺事」は、大木俊九郎著『西郷南洲先生詩集』には「遺法」に
          作る、と上記全集の頭注にあります。また、同書のこの詩の解説に、「ある時、旧
         庄内藩士にこの詩を示し、『若し此の言に違
(たが)いなば、西郷は言行反したると
         て見限られよ』といったことが遺訓五に見える」とあります。
       10. 「南洲翁遺訓」の5番目に収められているその遺訓を、次に掲げておきます。

             一  或る時、「幾歴辛酸志始堅、丈夫玉砕愧甎全。一家遺事人知否、不為
            児孫買美田。」(幾たびか辛酸を経て志始めて堅し、丈夫
(じょうふ)玉砕して
            甎全
(せんぜん)を愧(は)ず。一家の遺事人知るや否や、児孫の為に美田を
            買わず。)との七絶を示されて、若し此の言に違いなば、西郷は言行反し
            たるとて見限られよと、申されける。
             
 (漢詩の返り点、及び、書き下し文の一部のルビを、省略しました。)

          遺訓に引用された詩では、第3句の「我家」が「一家」となっている点が注目
           されます。
       11. 資料469に、「西郷南洲遺訓」があります。
              
 


                                 
トップページ(目次)   前の資料へ  次の資料へ