資料70 小松内府遺骨塚碑(内大臣平重盛の遺骨塚碑)

     


          
小松内府遺骨塚碑 (内大臣平重盛の遺骨塚碑)
 

 

小松内府遺骨塚碑   陸軍大将大勳位功二級彰仁親王篆額
小松内府資備文武器兼相奮勇戎馬之間陳謨廟堂之上入孝出忠善
處君父間以身任天下之安危者若干年矣公既薨其父淨海兇暴益甚諸
子莫能匡救焉身亡未幾擧族西竄竟致覆滅時其臣平貞能潛入京師發
公墳墓收其骨分藏之髙野山齎其餘隨公夫人得律禪尼東至常陸倚大
掾平義幹義幹給以茨城郡金伊野村白雲山之地乃瘞其所齎於山上創
建堂塔號普明院小松寺後義幹使其二子爲僧棲於此號曰連枝寺貞能
削髪稱小松房以典又創一宇於行方郡若海村安置公所崇奉彌陀三尊
木像名萬福寺常往來兩寺之間以修公冥福今白雲山上有五輪塔盖其
瘞骨處其下有禪尼及貞能塔焉嗚呼平氏擧族沈沒西海空葬魚腹中而
公墳塋獨兀然存于今者豈非天眷忠孝之所致乎郷人将建碑以表之来
請余文余祖宗以來奕世崇敬公徳因捃摭傳記録其梗概勒之石碑云
   明治二十八年十一月   正三位侯爵德川篤敬撰文并書

 

 





(訓読)
小松内府遺骨塚碑   陸軍大将大勳位功二級彰仁親王篆額
小松内府は、資
(し)文武を備へ、器(うつわ)
(しょうしょう)を兼ぬ。勇を戎馬(じゅうば)の間に奮ひ、謨(はかりごと)を廟堂(びょうどう)の上に陳(の)ぶ。入(い)りては孝、出でては忠、善く君父の間に處し、身を以て天下の安危に任ずること若干年(じゃっかんねん)、公既に薨(こう)じ、其の父・淨海(じょうかい)、兇暴益々甚しく、諸子能く匡救(きょうきゅう)すること莫(な)し。身亡じて未(いま)だ幾(いくばく)ならずして、族を擧げて西竄(せいざん)し、竟(つい)に覆滅を致す。時に其の臣・平貞能(たいらのさだよし)、潛(ひそ)かに京師(けいし)に入(い)り、公の墳墓を發(あば)き、其の骨を收め、之を髙野山に分藏す。其の餘(よ)を齎(もたら)して公の夫人・得律禪尼に隨ひ東のかた常陸に至り、大掾(だいじょう)平義幹(たいらのよしもと)に倚(よ)る。義幹、以て茨城郡金伊野村の白雲山の地を給ふ。乃ち其の齎(もたら)す所を山上に瘞(うず)め、堂塔を創建して普明院小松寺と號す。後、義幹其の二子をして僧と爲し、此(ここ)に棲まはしめ、號して連枝寺と曰ふ。貞能、削髪(さくはつ)して小松房以典と稱す。又、一宇を行方郡若海村に創(つく)り、公の崇奉(すうほう)せる所の彌陀三尊木像を安置し、萬福寺と名づく。常に兩寺の間(かん)を往來し、以て公の冥福を修す。今、白雲山上に五輪の塔有り。盖(けだ)し、其れ骨を瘞(うず)めし處ならん。其の下に禪尼及び貞能の塔有り。嗚呼、平氏族を擧げて西海に沈沒し、空しく魚腹の中(うち)に葬らる。而(しこう)して公の墳塋(ふんえい)は、獨り兀然(ことぜん)として今に存す。豈に天眷(てんけん)・忠孝の致す所に非ずや。郷人(きょうじん)、将(まさ)に碑を建て以て之を表せんとして、来りて余に文を請ふ。余、祖宗(そそう)以來、奕世(えきせい)、公の徳を崇敬(すうけい)す。因りて傳記を捃摭(くんせき)して其の梗概を録し、之を石碑に勒(ろく)すと云ふ。
   明治二十八年十一月      正三位侯爵德川篤敬撰文并
(なら)びに書
 

 

 

 


      (注)  1. 碑の本文は、『京都大学貴重資料デジタルアーカイブ』『維新特別資料文庫』に収
        められている拓本
「小松内府遺骨塚碑」の画像によりました。
              2. 改行は、碑文の通りにしてあります。
         漢字も、できるだけ碑文の文字の通りにするよう心がけました(「将」「來」「来」「

        「徳」「德」など)が、すべての漢字が碑文の通りにはなっているわけではありません。
              3. 本文終わりから6字目の「概」は、碑文では「木」が下に来ている字体です。 
              4. 碑の本文は、1行が29字、全11行で、最後の1行が28字なので、本文の字数は
        318字となります。題辞と篆額者名が1行24字、最後の日付・撰文者名が1行22字。
         従って、上部の篆額の8字を除いて、碑文の総文字数は、364字(24+318+22)と
        なります。 
              5. 碑は、碑文にある通り、明治28年に建てられました。彰仁親王の篆額、徳川篤敬
        の撰文並びに書です。 篆額は、碑の上部に、1行2字、縦書き、右から左への右書
        きで、「小松内府遺骨冢碑」の8字が4行に書かれています。  
              6. 小松内府とは、内大臣平重盛のことです。茨城県城里町(旧・常北町)の小松寺
        には平重盛の墳墓があり、同夫人、及び肥後守貞能の墓もあります。
              7. 本山桂川編著『金石文化の研究』第八集
(金石文化研究所、昭和26年6月10日発行)
         
にも、手書きによる碑文の記録(簡単な解説と、原文及び書き下し文)があります。
              8. 上に示した「訓読」は、『金石文化の研究』第八集掲載の本山桂川氏の訓読を参
        照して、引用者が記載しました。訓読についてご教示をいただければ幸いです。
          特に、「諸子莫能匡救焉身亡未幾擧族西竄」のところは、初め「諸子能く焉
(これ)
        を匡救すること莫
(な)く、身亡ぶ。未だ幾(いくばく)ならずして……」と読んでみたのです
        が、どう読むのがいいでしょうか。
              9. 宮崎報恩会版『新編常陸国誌』
(常陸書房、昭和44年11月3日初版発行・昭和56年10月
         1日再版発行)
から、小松寺の項を引いておきます。

 
         小松寺 [茨城郡上入野村、本寺醍醐松橋無量壽院]
             朱印地十石、白雲山普明院ト號ス、(中略) 旧記云、当山ノ濫觴ハ
             小松内府重盛在世ノ時、諸国ニ一寺ヲ立テ、祈願所トナスベキノ
             素願アリ、果サズシテ薨ズ、既ニシテ一門西海ニ滅ス、門族ニ肥後
             守平貞能ハ、死ヲ脱レテ重盛ノ後室相応院得律禅尼ヲ伴ヒ、所縁ニ
             属テ関東ニ下リ、遂ニ当国ニ入ル、常陸大掾ノ一家ハ旧重盛ト同族
             ナリ、是ヲ以テ一寺開創ノ地ヲ割テ貞能ニ附ス、貞能其地ニ堂塔ヲ
             創立シテ重盛ノ素意ヲ果ス、自薙髪シテ小松房ト称シ、重盛ノ遺骨
             ヲ山頂ニ封ジテ墳墓トス、回心供養、怠慢アルコトナシ、是ヨリ先大
             掾家ノ支族当地ニ居住シテ一家ヲナス人アリ、小松房ノ忠志ヲ感ジ
             テ、又剃髪シテ盛昌法師ト称シ、第二世ノ住持トナル、コレヨリ後其
             子孫当寺ヲ以テ老隠ノ地トシ、代々コノ寺ヲ守ルト云フ、諸国ニ小松
             寺ト称スルモノ多シト云ヘドモ、紀伊、尾張、常陸三国ノ小松寺ハ、
             共ニ重盛ノ遺骨ヲ分チ納メシ地ニテ、殊ニ由縁ノ地ナリ、当寺ノ山上
             ニアル所ノ五輪塔ハ重盛ノ墳ナリ、半腹ニハ相応尼及貞能ノ石塔今
             ニ存ス、(後略)

       10.  平重盛 1138─79(保延4─治承3)
              平安末期の武将。清盛の長男。法名証空、俗称小松内府・灯籠大臣
              など。保元・平治の乱に功をあげ、累進して従二位内大臣となる。性質
              温厚で武勇の人と称賛された。鹿ヶ谷事件ののち清盛が後白河法皇
              を幽閉しようとした際諫止したと伝え、父清盛と朝廷との対立の和解に
              努めたが、父に先だって病死。(『角川日本史辞典 第二版』高柳光寿・
              竹内理三=編、
昭和41年12月20日初版発行、昭和49年12月25日第二版初版
               発行
による。)
       11.  
小松寺には、国指定重要文化財「木造 浮彫如意輪観音像」があります。
               国指定重要文化財
「木造 浮彫如意輪観音像」 (明治44年指定)
             木造、一部彩色。縦8.5cm、横7.3cm、厚さ1.3cm。硬木の材を用い、
             四面に額縁を残し、像の細部に至るまで共木で浮き彫りした精巧な作。
             制作年代については、平安時代後期説と、中国唐時代の遺品とする説
             とがある。小松寺にゆかり深い平重盛の念持仏といい、いかにもそれに
             ふさわしい風格を持つ。(主として『茨城県大百科事典』1981による)
          12.
 東茨城郡城里町教育委員会のホームページに、小松寺の「木造浮彫如意輪
         観音像」の
ページがあり、ここで浮彫如意輪観音像の画像が見られます。
           城里町教育委員会のホームページ → 
「木造浮彫如意輪観音像」
          13. 茨城県教育委員会のホームページに、「伝内大臣平重盛墳墓」のページ
         あります。

          14.
『常陸野散策…いしぶみは何処』というサイトに、鈴木江山(壽傳次)の「小松
         
寺考」という文章が紹介されています。これは、江山が明治29年2月に小松寺に
            平重盛の墓を訪ねた時のことを書いた文章で、「小松寺考」は、鈴木江山の『天
            然の聲』(文学同志会、明治33年6月15日発行)という本に収録されています。
          また、
『天然の聲』は、『国立国会図書館デジタルコレクション』にも収録されて
         いるので、そこで
「小松寺考」の文章を画像で見ることができます。
             
 『国立国会図書館デジタルコレクション』 → 「天然の声」と入力して検索 
                   → 「1.天然の声/鈴木江山著、文学同志会、明33.6」をクリック
                        → 「天然の声」の22~24/126が「小松寺考」


 

 

                           トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ