資料560 「登筑波岳丹比眞人國人作歌」(万葉集巻三)




          
登筑波岳丹比眞人國人作歌一首 并短謌      
  

      鷄之鳴 東國尒 高山者 左波尒雖有 朋神之 貴山乃 儕立乃 
   見石山跡 神代從 人之言嗣 國見爲 築羽乃山矣 冬木成 
   時敷時跡 不見而徃者 益而戀石見 雪消爲 山道尚矣 名積叙
   吾來煎
        反 謌
   築羽根矣 卌耳見乍 有金手 雪消乃道矣 名積來有鴨


   (注)  1.本文は、『日本古典文学大系4『萬葉集 一』(高木市之助・五味智英・大野
         晋 校注、岩波書店・昭和32年5月6日第1刷発行、昭和38年8月15日第9刷発
         行)によりました。 (『国歌大観』の番号は、382・383
          なお、 の漢字は、島根県立大学の
“e 漢字”を利用させていただきました。
        2.底本については、凡例に、「本書は竹柏園複製西本願寺本萬葉集を底本と
         した」、「桂本・天治本・金沢本・元暦校本・藍紙本・尼崎本・伝壬生隆祐筆本・
         嘉暦伝承本・紀州本・類聚古集・古葉略類聚鈔など現存古写本の複製及び
         校本萬葉集によって、新たに校訂を加えた」とあります。
          上記の歌に関するものは、次の通り。
            萬葉集童蒙抄によって  底本「明神」 → 「朋神」
            誤伝による誤りと見て   底本「見果石」→  「

            類聚古集・温故堂本・大矢本によって  底本「筑」→築
                 類聚古集・紀州本(旧神田本)・温故堂本によって 
                       底本「時敷跡 (下の「時」ナシ) → 「時敷時跡」
              紀州本(旧神田本)・定本萬葉集によって  底本「前一」 →  「煎」
  
        3. 「筑波(つくは)」の「は」は、奈良時代には清音とのことです。
        4. 反歌の「」について、新日本古典文学大系の『萬葉集一』の脚注に詳しい
         解説があります。
          「
本「耳見乍」であるが「外のみ見つつ」の意であることは確実と思われる」として、
           <「外」の意の「よそ」は、仮名書きの例は「よ」も「そ」も必ず乙類であるのに、「
」即ち
           「四十」の「よそ」は「四」乙類、「十」甲類であって、「外」の語とは仮名遣いが合わない
           (有坂秀世『上代音韻攷』)>そこで、「「
」を「外」の字の写し誤りと認めて改訂する」とし
           てあります。
            また、
「見果石」についても考察があり、抄記すると、
           「果」は「杲」の誤りかとする説もある。あるいは「皃」の誤りか。また、「果」を「楽」の
            草体から見誤った形と見なして、原本文を「見楽石」と復原することも可能であろう。
            「楽」字は願う意。「楽 ネガフ」(名義抄)。東大寺諷誦文稿に「楽見」を「ミガホシク」
            と訓む。同じく「在果石」(1059)も、「在皃石」あるいは「在楽石」が原形であっただろう。
                                 (以上、詳しくは同書脚注を参照してください。)

        5.
作者の丹比眞人國人は、天平8年(736)従五位下。民部少輔・大宰少弐・
         右
大弁を経て、天平宝字元年(757)従四位下で摂津大夫となり、更に遠江守
         に任ぜられたが、同年の乱に連坐して伊豆に流された。
                        
 (以上、日本古典文学大系4『萬葉集 一』の頭注による。)
        6. 長歌の最後の句「
名積叙吾來煎」の「來煎」は、「來(け)る」で、「来てここに
         いる意。ケルはキアルの約。kiaru→keru
と古典文学大系の頭注にあります。
          この「
來煎」は、「來並二」となっている本文もありますが、この「並二」は契沖
         の『万葉代匠記』の、「前を「並」の誤字とする説によったもので、この説は最近
         採用されていないようだ」と、
「資料39 万葉集の戯書(戯訓)」の「3.数の遊
         戯によるもの」にあります。
        7. 『日本古典文学大系4『萬葉集 一』の読み下し文を次に示しておきます。
         
 (詞書の「作る歌」を「作りし歌」としました。また、「并びに短歌」は、「短歌を并せたり」と
           読むのが妥当
とする『日本古典文学大系5『萬葉集二』の「校注の覚え書」の「八 短歌
           を并せたり」(同書、43~44頁)によって、「短歌を并せたり」としました。


           
筑波(つくは)の岳(たけ)登りて丹比眞人國人(たぢひのまひと
           くにひと)
作りし歌一首 短歌を并せたり     
 

       (とり)が鳴く 東(あづま)の國に 高山は 多(さは)にあれども 朋神
   
  (ふたがみ)の  貴き山の 竝(な)み立ちの 見が欲(ほ)し山と 神代より 
    人の言ひ繼ぎ 國見する  筑羽
(つくは)の山を 冬ごもり 時じき時と 
    見ずて行
(ゆ)かば まして戀(こほ)しみ  雪消(ゆきげ)する 山道すらを 
    なづみぞわが來
(け)
         反 歌
    筑羽嶺
(つくはね)
(よそ)のみ見つつありかねて雪消の道をなづみ
    來
(け)るかも

        8.
『古事記正解』というサイトがあり、そこに「『萬葉集』テキスト」があって、万葉集
           の全巻の原文と読み下し文とを見ることができます。 
        7.山口大学教育学部表現情報処理コースの作成による
『万葉集検索』というサイト
          があり、そこで萬葉集の語句による本文検索ができて便利です。
        9.群馬県立女子大学名誉教授・北川和秀先生の
『北川研究室』というサイトに、
           「万葉集年表」「万葉集諸本(写本・版本)一覧」「万葉集の主な注釈書一覧」など
           があって参考になります。 

        10. 『壺齋閑話』(今は『続壺齋閑話』)というサイトがあり、そこに「古典を読む」が
         あって、この歌は取り上げてありませんが、他の歌の評釈(万葉集を読む)があっ
         て参考になります。   
 
              
『壺齋閑話』  → 『続壺齋閑話』 
                          →   「古典を読む」
                         

   

                 
トップページ(目次)   前の資料へ  次の資料へ