資料418  王維「送秘書晁監還日本国竝序」(『全唐詩』巻127より)

 

 

 

     送祕書晁監還日本國 幷序         王 維

舜覲羣后。有苗不格。禹會諸侯。防風後至。動干戚之舞。興斧鉞之誅。乃貢九牧之金。始頒五瑞之玉。我開元天地大寶聖文神武應道皇帝。大道之行。先天布化。乾元廣運。涵育無垠。若華爲東道之標。戴勝爲西門之候。豈甘心於筇杖。非徴貢於包茅。亦由呼耶來朝。舍於葡萄之館。卑彌遣使。報以蛟龍之錦。犧牲玉帛。以將厚意。服食器用。不寶遠物。百神受職。五老告期。況乎戴髮含齒。得不稽顙屈膝。海東國。日本爲大。服聖人之訓。育君子之風。正朔本乎夏時。衣裳同乎漢制。歴歳方達。繼舊好於行人。滔天無涯。貢方物於天子。同儀加等。位在王侯之先。掌次改觀。不居蠻夷之邸。我無爾詐。爾無我虞。彼以好來。廢關弛禁。上敷文敎。虚至實歸。故人民雜居。往來如市。晁司馬結髮遊聖。負笈辭親。問禮於老〕(。學詩於子夏。魯借車馬。孔丘遂適於宗周。鄭獻縞衣。季札始通於上國。名成太學。官至客卿。必齊之姜。不歸娶於高國。在楚猶晉。亦何獨於由余。遊宦三年。願以君羹遺母。不居一國。欲其晝錦還郷。莊舃既顯而思歸。關羽報恩而終去。於是稽首北闕。裹足東轅。篋命賜之衣。懷敬問之詔。金簡玉字。傳道經於絶域之人。方鼎彝尊。致分器於異姓之國。琅琊臺上。回望龍門。碣石館前。夐然鳥逝。鯨魚噴浪。則萬里倒回。鷁首乘雲。則八風卻走。扶桑若薺。鬱島如萍。沃白日而簸三山。浮蒼天而呑九域。黄雀之風動地。黑蜃之氣成雲。淼不知其所之。何相思之可寄。嘻。去帝郷之故舊。謁本朝之君臣。詠七子之詩。佩兩國之印。恢我王度。諭彼蕃臣。三寸猶在。樂毅辭燕而未老。十年在外。信陵歸魏而逾尊。子其行乎。余贈言者。 

 


積水不可極。安知滄海東。九州何處遠
一作所。萬里若乘空。向國唯看日。歸帆一作途但信風。鰲身映天黑。魚一作蜃眼射波紅。郷樹扶桑外。主人孤島中。別離方異域。音信若爲通。姚合稱此詩及送丘爲下第、觀獵三首。爲詩家射鵰手。而以此篇壓巻。

 

 

 

 


         (注) 1. 上記の王維「送秘書晁監還日本国幷序」の本文は、『全唐詩』(北京・中華書局、1960
         年4月発行)によりました。この詩は巻127にあり、『全唐詩』第4冊の1288~9頁に出て
         います。
        2. 序の中の「
」の漢字は、島根県立大学の“e漢字”を利用させていただきました。
        3. 「秘書晁監」とは、秘書省の秘書監である阿倍仲麻呂の意。秘書省は宮中の図書を掌る
         役所。秘書監はその長官。「晁」とは阿倍仲麻呂。彼は入唐して姓名を中国式に朝衡
(ちょう
             こう)
と改めた。晁は朝の古字である。(この項は、中国詩人選集6『王維』(都留春雄注、岩波書店・
          昭和33年)の注によりました。) 

        4. 『唐詩選』には、「送秘書晁監還日本」という題で、詩の本文だけが掲載されています。(序
         の部分はない。)
        5. 王維(おうい)=盛唐の詩人・画家。字は摩詰
(まきつ)。山西太原の人。年少より多芸をもっ
               て知られ、官は尚書右丞に至る。詩は勇壮豪快な作もある一方、静謐な自然を詠
               じ、孟浩然と共に王孟と並称される。また、晩年は禅宗に帰依し詩仏と称された。
               書は草隸二体をよくし、画は南宗
(なんしゅう)の祖。著「王右丞集」。(701頃761)
          阿倍仲麻呂(あべのなかまろ)=(「安倍」とも)奈良時代の貴族。716年(霊亀2)遣唐
               留学生に選ばれ、翌年留学。唐名、朝衡・晁衡。博学宏才、玄宗皇帝に寵遇さ
               れ、また海難に帰国をはばまれて在唐50余年、その間節度使として安南に赴
               き、治績をあげた。唐の長安で没。「天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山
               に出でし月かも」の歌は有名。(698-770) 
          全唐詩(ぜんとうし)=唐代の詩を網羅的に集めた勅撰詩集。900巻。清の康煕帝の命
               により、彭定求らが撰。1706年完成。作者2200人余、詩数4万8900首余。
                                              
(以上、『広辞苑』第6版による。)
            ※ 
日本古典文学大系20『土左日記 かげろふ日記 和泉式部日記 更級日記』(鈴木知
            太郎・川口久雄・遠藤嘉基・西下經一 校注、岩波書店・昭和32年12月5日第1刷発行、
            昭和38年8月20日第6刷発行)の補注に、
              安倍仲麻呂は養老元年、年17で遣唐留学生として唐に渡り、名を朝衡と改め、数年
              唐朝の玄宗に仕えた。天平勝宝年間、遣唐大使藤原清河に従い帰朝しようとしたが、
              風波のために果たさず、再び唐に戻った。後、蕭宗に仕え、宝亀元年彼の地に卒した。
              年73という。詩人として令名があり、王維、包佶、李白等と親交があった。
(以下、略)
                (同書、69~70頁。『土左日記』の補注53)
             
とあります。
            
引用者の注: 仲麻呂が遣唐留学生として唐に渡ったときの年齢については、16~19歳等、いろいろ
                     書かれているようです。生年がはっきりしない関係があるのでしょうか。
 
        6. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「王維」「阿倍仲麻呂」「全唐詩」の項があります。
        7. 詩の書き下し文を、新釈漢文大系19『唐詩選』(目加田誠著、明治書院・
昭和39年3月
          10日初版発行、昭和47年3月1日12版発行
)によって書いておきます。『唐詩選』には、題が
         「送秘書晁監還日本」となっています。
        
           
送秘書晁監還日本 王維   秘書晁監の日本に還るを送る       
      
積水不可極 安知滄海東   積水  極むべからず。安(いづく)んぞ知らん 滄海(さうかい)東。
      九州何處遠  萬里若乘空   九州  何(いづ)れの処か遠き。 万里 空(くう)に乗ずるが若(ごと)し。
     
向國惟看日  歸帆但信風    国に向かつて惟(た)だ日を看、帰帆  但だ風に信(まか)す。
           鰲身映天黑  魚眼射波紅    
鰲身(がうしん)  天に映じて黒く、魚眼  波を射て紅なり。
        郷國扶桑外  主人孤島中  
郷国  扶桑の外(ほか)、主人  孤島の中(うち)。
           別離方異域  音信若爲通  
別離  方(まさ)に異域、音信(おんしん)   若爲(いかん)か通ぜん。

        8. 資料416に、清の越殿成注『王右丞集箋注』による「送秘書晁監還日本国幷序」があります。
        9. 『詩詞世界 碇豊長の詩詞』というサイトに、上に引いた王維の「送秘書晁監還日本國」の解
         説があります。
 



                                      トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ