資料381 郭居敬撰『新刊全相二十四孝詩選』

    
   
 

     
新刊全相二十四孝詩選    延平尤溪郭居敬撰 
 
      

 

   大 舜  

隊々耕春象 紛々耘草禽 
嗣堯登寶位 孝感動天心

 
大舜至孝父頑母嚚弟象傲舜
 耕於歴山有象爲之耕鳥爲之耘其
 孝感如此堯聞之妻之二女讓以天下


   
漢文帝

仁孝臨天下 巍々冠百王 
漢廷事賢母 湯藥必親甞

 
前漢文帝高祖之子母薄
 太后帝奉養無怠湯藥必
 親嘗而後進母乃爲仁孝
 之賢君也


   
丁 蘭

刻木爲父母 形容在日新 
寄言諸子姪 聞早孝其親

 
丁蘭父母死思慕骨肉乃刻
 木爲象而事之以報其本其
 妻不敬以針刺之血出蘭歸
 見之棄妻大泣不止令人父
 母倶存者可不敬乎


   
孟 宗

涙滴朔風寒 瀟々竹數竿 
須臾春笋出 天意報平安

 
孟宗字恭武母年老病篤
 冬月思笋食宗往竹林中
 泣竹而告天有頃地上出笋
 數莖持歸作羹供母食
 畢而病癒


   
閔 損

閔氏有賢郎 何曾怨晩娘 
尊前留母在 三子免風霜

 
閔損字子騫早喪母父娶後妻
 生二子母嫉損所生子衣綿絮衣
 損以蘆花絮冬日令損御車躰
 寒失靷父察之欲遣後母損啓父曰
 母在一子寒母去三子單母聞之悔改遂成慈母


   
曾 參

母指纔方齧 兒心痛不禁 
負薪歸來晩 骨肉至情深

 
曾子名參字恭輿其母一日
 有親客至家貧無具母齧其
 指參採薪山中忽心痛即
 負薪以歸跪母問其故母
 乃云


   
王 祥

繼母人間有 王祥天下無 
至今河水上 一片臥氷模

 
王祥魏時人早喪母繼母朱氏不
 慈數譖之由是失愛於父母常欲
 食生魚時天寒氷凍祥剖氷求之
 氷忽自解雙鯉躍出持歸供母毎
 氷凍天寒有人形臥氷上今在肇慶府


   
老萊子

戯舞學嬌癡 春風動綵衣 
雙親開口笑 喜色滿庭闈

 
老萊子至孝奉二親行年七十
 身省五色斑斕之衣爲嬰兒戯
 於親側養極甘脆言不稱老
 爲親常取食上堂詐跌而偃
 作小兒啼以娯親


   
姜 詩

舎側甘泉出 一朝雙鯉魚 
子能知事母 婦更孝於姑

 
姜詩事母至孝奉順尤篤母好
 飲江水妻出六七里沂流而汲如嗜
 魚鱠夫婦常力作供鱠呼鄰
 母共之舎側忽有湧泉味如江水
 毎旦輙出雙鯉魚以供二母之膳


   
黄山谷

貴顯聞天下 平生孝事親 
汲泉涓溺器 婢妾豈無人

 
黄山谷宋時人時推爲江西
 詩祖元祐中爲太史性質至
 孝奉母安康郡君毎夕親爲
 母滌溺器未嘗頃刻不供子
 職


   
唐夫人

孝敬崔家婦 乳姑晨盥梳 
此恩無以報 願得子孫如
  
 
崔山南家之盛郷族罕比山南曾
 祖王母長孫夫人年高無齒祖母唐夫人
 事姑至孝毎旦櫛笄拜於階下即
 升堂乳其姑長孫夫人不粒食數年而
 康寧一旦疾病長幼咸集宣言無以報新
 婦恩願新婦有子有孫皆得如新婦
 孝敬則崔之門安得不昌大乎


   
楊 香

深山逢白額 努力搏腥風 
父子倶無恙 脱身饞口中

 
楊香其父爲虎曳去香搏虎
 遂免於害


   
董 永

葬父貸方兄 天姫陌上迎 
織絹償債主 孝感盡知名
 
 
董永字延年後漢人家貧傭力父
 死貸錢一萬而葬道遇一婦人求爲
 永妻倶詣主人家令織絹三百匹
 一月而畢輒辭永曰我天上之織女聞君至
 孝天帝令我助君償債言訖凌空而去


   
黄 香

冬月温衾煖 夏天扇枕凉 
兒童知子職 千古一黄香

 
黄香字文強九歳而失母事
 父盡孝暑則扇其枕席
 寒則以身温被太守劉護
 表而異


   
王 裒

慈母怕聞雷 氷魂宿夜臺 
阿香時一震 到墓遶千廻

 
王裒字偉元至孝奉母平
 生畏雷既死而葬毎遇雷
 震即至墓曰裒在此勿懼


   
郭 巨

貧乏思供給 埋兒願母存 
黄金天所賜 光彩照寒門

 
郭巨字文擧妻生一子三歳母常
 減食與之巨謂妻曰貧乏不能供給
 共汝埋子々可再得母不可再得妻泣
 而從之遂掘坑三尺得黄金一釜上云
 天賜孝子郭巨官不得奪民不得取


   
朱壽昌

七歳生離母 參商五十年 
一朝相見面 喜氣動皇天

 
朱壽昌生七歳父出其母々子不
 相見者五十年壽昌行四方求之
 不已與人言輒流涕熈寧初棄官
 入秦與家人訣誓不見母不復還行次
 同州得焉劉氏年七十餘矣東坡有詩美之


   
剡 子

老親思鹿乳 身掛褐毛衣 
若不高聲叫 山中帶箭歸

 
剡子父母年老倶患雙目思
 食鹿乳剡子衣鹿皮入鹿群之
 中以取鹿乳獵者見欲射之
 告訴乃免


   
蔡 順

黑椹奉親闈 啼飢涙滿衣 
赤眉知孝順 牛米贈君歸

 
蔡順汝南人王莽末天下大
 荒順拾桑椹黑赤異器盛之
 赤眉賊見而問之曰黑者奉母
 赤者自食賊知其孝乃遺米
 三斗牛蹄一隻而去


   
庾黔婁

到縣未旬日 椿庭遘疾深 
願將身代死 北望啓憂心

 
庾黔婁南齊時人也爲孱陵令到縣
 未旬日忽心驚流汗即棄官歸家父疾
 已二日醫云欲知瘥劇但嘗糞甜苦
 則爲佳黔婁輒取嘗之味轉甜滑心
 愈憂苦至夕稽顙北辰求以身代


   
呉 猛

夏夜無帷帳 蚊多不敢揮 
恣渠膏血飽 免使入親闈

 
呉猛年八歳有孝行家貧無
 帷帳夏不驅蚊恐去己而齧
 其親也


   
張孝張禮

偶値綠林兒 代烹云瘦肥 
人皆有兄弟 張氏古今稀
 
 
張孝張禮家貧兄弟二人禮養
 母拾菜於路遇賊將烹食之禮云
 乞回家供母早食却來就死孝聞自
 詣賊曰禮瘦不如孝肥願代弟命禮
 曰禮本許殺勿殺吾兄賊見二人孝義倶捨之



   
田 眞

海底紫珊瑚 群芳總不如 
春風花滿樹 兄弟復同居

 
田眞田廣田慶兄弟欲分財産
 堂前紫荊一株花葉茂盛夜議斫
 分爲三曉即憔悴眞乃嘆曰樹本
 同株聞分斫尚如此人何不如也兄
 弟由是不復分焉其花再發



   
陸 績

孝悌皆天性 人間六歳兒 
袖中懷綠橘 遺母報含飴

 
陸績字公紀年六歳於九江
 見袁術術出橘績懷三枚
 去拜墮地術曰陸郎作賓
 客而懷橘乎績跪答曰欲歸
 遺母術大奇之

 

 

 

 



    
(注) 1. 上記の郭居敬撰『新刊全相二十四孝詩選』の本文は、 『龍谷大学電子図書館』の「貴
         重書画像データベース」にある、
龍谷大学図書館所蔵の『新刊全相二十四孝詩選』(延平
         尤溪郭居敬撰)の画像に拠りました。ただし、文字だけを採り、挿絵の部分は省略してあり
         ます。 
            『龍谷大学電子図書館』の「貴重書画像データベース」
               → 龍谷大学図書館所蔵 
『二十四孝詩選』(『新刊全相二十四孝詩選』)
         2. 「唐夫人」の本文に使用した「
」の漢字は、島根県立大学の“e漢字”を使用さ
         せていただきました。          

         3. 本文の改行は、原本の通りにしてあります。
          また、漢字は、原則として正字に直してあります。
            
尭→堯、為→爲、髙→高、叓→事、帰→歸、弃→棄、参→參、祥→祥、継→繼、譛→譖、
              学→學、称→稱、児→兒、顕→顯、銭→錢、輙→輒、辞→辭、刘→劉、挙→擧、従→從、
              与→與、斉→齊、礼→禮、など

         4. 平成14年度京都大学附属図書館公開展示会「學
(まな)びの世界」のホームページに
         よると、この龍谷大学本の『新刊全相二十四孝詩選』は、明の嘉靖25年(1546年)刊
         本の室町時代筆写本で、明の嘉靖刊本を挿絵まで含めて筆写したものだそうです。『二
         十四孝詩選』は、明代以降最も標準的となった二十四孝説話の形式を伝えており、日本
         にも南北朝後期から室町時代初頭までに到来し、「日記故事」と並んで大きな影響力を
         持った本だそうです。この龍谷大学本は、郭居敬原本に近い形を伝える貴重なテキスト
         の一つとされているものだそうです。
         5. 「日記故事」については、『国立国会図書館デジタルコレクション』に、明治14年1月に
         麟鳳堂から出版された『標註日記故事大全』(張瑞図・校、松山麻山・標註)が入ってい
         て、画像で見ることができます。この最初に「二十四孝」が出ています。
         6. 二十四孝(にじゅうしこう)=中国で、古今の孝子24人を選定したもの。元の郭居敬の
             説によれば、虞舜・漢文帝・曾參・閔損・仲由・董永・剡子・江革・陸績・唐夫人・
             呉猛・王祥・郭巨・楊香・朱寿昌・庾黔婁・老萊子・蔡順・黄香・姜詩・王褒・丁蘭・
             孟宗・黄庭堅。異説もある。
                      (『広辞苑』第6版による。)
         7. 上の「二十四孝詩選」に挙げてある24人と、注6の『広辞苑』に挙げてあるものとの違
         いは、「二十四孝詩選」の「張孝・張禮」「田眞(・田廣・田慶)」が、『広辞苑』では、「仲
         由」「江革」になっているところです。同じ郭居敬選でも、本によって人物が異なるので
         しょうか。

        8. 元・龍谷大学教授で仏教学者の禿氏祐祥(とくし・ゆうしょう)博士の解説がついた、龍谷
         大学図書館所蔵『新刊全相二十四孝詩選』の影印による複製本が、昭和21年に大阪
         の全国書房から出ているそうです。 → 『二十四孝詩選』(解説共)・禿氏祐祥編

        9. 京都大学附属図書館所蔵の平松文庫『廿四孝傳幷賛』(二十四孝伝幷賛)が画像で
         見られます。ここでは「二十四孝」のほか、挿絵はありませんが、「東光寺礼松首座以
         唐印本写之古宿取点也」という「新刊全相二十四孝詩選」を見ることができます。  
       10. 資料378に「二十四孝」(有朋堂文庫『御伽草紙』より)があります。     

       11. フリー百科事典『ウィキペディア』に「二十四孝」の項があります。  
    
       


     



 
                                 トップページ(目次)   前の資料へ 次の資料へ