資料33 梅里先生の碑陰並びに銘                  

   
      
梅里先生の碑陰並びに銘
 

 

先生常州水戸産也其伯疾其仲夭先生夙夜陪膝下戰戰兢兢
 

 

 

其爲人也不滞物不著事尊神儒而駁神儒崇佛老而排佛老常

 

 


喜賓客殆市于門毎有暇讀書不求必解歡不歡歡憂不憂憂月

 

 


之夕花之朝斟酒適意吟詩放情聲色飲食不好
其美第宅器物

 

 


不要
其奇有則隨有而樂胥無則任無而晏如自蚤有志于編史

 

 


然罕書可徴爰捜爰購求之得之微遴以稗官小説摭實闕疑正

 

 


閏皇統是非人臣輯成一家之言元祿庚午之冬累乞骸骨致仕

 

 


初養兄之子爲嗣遂立之以襲封先生之宿志於是乎足矣既而

 

 


即日相攸於瑞龍山先塋之側痤歴任之衣冠魚帶載封載

 

 


碑自題曰
梅里先生墓先生之靈永在於此矣嗚呼骨肉委天命

 

 


所終之處水則施魚鼈山則飽禽獸何用劉伶之鍤乎哉其銘曰

 

 


月雖隱瑞龍雲光暫留西山峯建碑勒銘者誰源光圀字子龍

 

 


 

 

 

 

 

 

  (注) 1.本文は名越時正著『水戸光圀』(日本人のための国史13・日本教文社刊、昭和41年2月25日 
                     初版発行、昭和42年6月20日4版発行)
所収の「梅里先生碑陰銘」によりました。
      2.改行は、碑陰の拓本の写真によって、碑陰の通りにしました。
       3.この文章は、陶淵明の「五柳先生伝」に倣って書かれたものです。
         (「五柳先生伝」は、資料35 にあります。)
      4.「梅里先生碑」については、宮田正彦著『水戸光圀の『梅里先生碑』』(水戸の碑 
          文シリーズ3、平成16年3月31日水戸史学会発行)
に、詳しい解説があります。
      5.『黄虎洞中國文物ギャラリー』
(大東文化大學文學部中國學科中林研究室のホームペー 
                 ジ内)
で、梅里先生碑陰の拓本(「梅里徳川光圀壽蔵碑原拓」)の画像を見ることが
      できます。
                また、上掲の宮田正彦著『水戸光圀の『梅里先生碑』』に、拓本の写真が掲載さ
                れています。

 

 

 6本文の読みの一例を付記しておきます。
   
(括弧内の読み仮名は、現代仮名遣いにしてあります。)
先生は常州
(つねしゅう)水戸の産なり。 其の伯は疾(や)み、其の仲(ちゅう)は夭(よう)す。 先生、夙夜(しゅくや)膝下(しっか)に陪(ばい)して戦戦兢兢(せんせんきょうきょう)たり。其の人と為(な)りや、物に滞(とどこお)らず、事に著(ちゃく)せず。神儒を尊んで神儒を駁(ばく)し、仏老を崇(あが)めて仏老を排す。常に賓客(ひんかく)を喜び、殆んど門に市(いち)す。 暇(いとま)あるごとに書を読めども、必ずしも解することを求めず。歓びて歓びを歓びとせず、憂ひて憂ひを憂ひとせず。 月の夕(ゆうべ)、花の朝(あした)、酒を斟(く) んで意に適すれば、詩を吟じて情を放(ほしいまま)にす。声色飲食(いんし)、其の美を好まず、第宅(ていたく)器物、其の奇を要せず。 有れば則ち有るに随つて楽胥(らくしょ)し、無ければ則ち無きに任せて晏如(あんじょ)たり。蚤(はや)くより史を編むに志有り。 然れども書の徴すべきもの罕(まれ)なり。爰(ここ)に捜(さぐ)り爰に購(あがな)ひ、之を求め之を得たり微遴(びりん)するに稗官(はいかん)小説を以てす。実(じつ)を摭(ひろ)ひ疑はしきを闕(か)き、皇統を正閏(せいじゅん)し、人臣を是非し、 輯(あつ)めて一家の言を成す。 元禄庚午の冬、累(しき)りに骸骨を乞ひて致仕(ちし)す。 初め兄の子を養ひて嗣(し)と為し、 遂に之を立てて以て封(ほう)を襲(つ)がしむ。先生の宿志、是(ここ)に於てか足れり。既にして郷に還り、即日攸(ところ)を瑞龍山先塋(せんえい)の側(かたわら)に相(そう)し、 歴任の衣冠魚帯を痤(うず)め、載(すなわ)ち封(ふう)じ載ち碑し、自(みずか)ら題して梅里先生の墓と曰ふ。先生の霊は永く此(ここ)に在り。 嗚呼(ああ)、骨肉は天命の終る所の処に委(まか)せ、水には則ち魚鼈(ぎょべつ)に施し、山には則ち禽獣に飽かしめん。 何ぞ劉伶(りゅうれい)の鍤(すき)を用ひんや。其の銘に曰く、
月は瑞龍の雲に隠ると雖
(いえど)も、光は暫く西山の峯に留(とど)まる。 碑を建て銘を勒(ろく)する者は誰(たれ)ぞ、源(みなもとの)光圀、字(あざな)は子龍(しりょう)

 

    (読みの注)
      
 (1) 「常州」は、普通は「じょうしゅう」と読むところだが、「上野國」(こうづけの
        くに)
を「上州」(じょうしゅう)と呼ぶので、それと区別するために「つねしゅう」
       と読む。(上掲の宮田正彦著『水戸光圀の『梅里先生碑』』の教示による。)
         ただし、「じょうしゅう」と読む人も勿論いるし、それも間違いではない。   

       (2)  「声色飲食」の「飲食」は、「いんし」と読む。 宮田氏の上掲書によれば、
       水戸では昔から「飲食」を「いんし」と読み慣らわしてきたそうである。 漢和
       辞典によると、「食」の「しょく」は、食べる ・食べ物、 「し」は、食わせる ・めし
       (飯)、とある。
         『論語』の雍也篇に「一箪食 」と あって、これも「いったんのし」と読んで
       いる。  
     (3) 「楽胥」は、「らくしょ- し」と読んだが、「胥」は語調を整える助辞で意味は
       ないので、「胥」を読まずに、「たのしみ」(動詞の連用形)と読む人もいる。
     (4) 「子龍」は、「しりょう」と読んだが、「しりゅう」と読む人もいる。 漢和辞典
       によると、「龍」の漢音は「リョウ」。 「リュウ」は慣用音である。
    7. 京都大学電子図書館の『貴重資料画像』の中にある『維新資料画像データ
      ベース』に、「水戸光圀公之肖像及書」(資料#00852:画像番号007004)が
      あります。画像をクリックすると、拡大画面になります。 
       参考までに、この画像の序と詩とを次に記しておきます。

           
重陽日酒泉氏訪予西山
           草廬既遘心降握手寒暖
           相與優游詩彼酒此官事
           無鹽速捶驪駒孟冬初五
           臨別追餞聊賦鄙詞九言
           以代陽關三疊

         邂逅相視垂靑兩懽然
         談笑未盡匆匆促別筵
         山圍水流共賞樂仁智
         雨夜月夕對酌試聖賢
         勿諼雁行常陽雲霞境
         自此霓望江東日暮天
         子歸告史臣成功何歳
         歳不待人我去薦墓前
                     西山

       これは、『常山文集』巻之十五に収録されていますが、一部字句に異同が
     あります。 
                         (『常山文集』巻之十五)
       
 酒泉氏訪予西山草廬……酒泉弘訪予西山草廬
        孟冬初五…………………仲冬初五
        聊賦鄙詞九言……………聊賦九言
        西山………………………なし
       なお、『常山文集』には返り点がついています。



 
             トップページ(目次)   前の資料へ 次の資料へ