資料325 井伊直弼「茶道の政道の助となるべきを論へる文」




 

  茶道の政道の助となるべきを論(あげつら)へる文      井 伊 直 弼

 或人澍露軒
(じゅろけん)の露打払ひて訪ひける夕つかた、何かと打物語(うちものがたら)ひつゝ、其序に問ひけるは、喫茶一道草庵の妙境誠に奥深く、讃歎すべき所なり。さるに年比(としごろ)(いぶか)しみ思ふは、国政の助となるありや、此事詳に識得せまほし、とあるに答ふ。元より此道は政事に用ふる器にあらず、故に古来茶書にも政事の論あるを見ず、只幾重にも草庵の妙境を以て当道の大事とするぞ、といへりしかば、又問ふ、いかに古来の茶書にもその方の沙汰未だ見ざるに依りて、年比訝り思ふ所なり。尤も喫茶一法万規に亙(わた)る由を承るに、何ぞ此事を闕(か)くべき、あはれ、此一義秘事たりとも密に語り給へ、是全く道を深く慕ふ志より発(おこ)る所なり、とありけれども尚も、さることごとしき事やはある、とて言はざりけるに、しばしば切(せつ)に問はれて、今はむげにも為し難し、道に志深き事も知れて密に打語ふことゝはなりぬ。是時囲炉裏(いろり)の炭流れたるまゝに、炭を、と言ひしかば、此人棚なる烏府(うふ)を下(おろ)して炭を加ふるに、炉中さはやかに、心もともに改りぬ。
 前にも云へりし如く、喫茶の法は独歩の妙路にして、政道などに預るべき器にあらず。さりとて国政の事を言はんに、固より漏るゝ事ならねば、難
(かた)きに似てしかも易し。先づ喫茶中に貴賤を選ばずといふ事、よく人々のいふ事なり。此一句を識得すべし。此事只草庵に膝を容るゝ事をのみいふと思ふが故に、誤る人も又多し、またく左にあらず。万芸万道に、或は高位の嗜みもて遊ぶところと、又下賤の勉め慰むところと、多くは異にして、同じく行はるゝは尠(すくな)きものなり。今喫茶の道は、上は雲の上より下賤(しず)の田子に至るまで、少しも違ふ事なく、相応(ふさ)はしからぬ事もなく、誠に同じく行はれて、又富者・貧者是又共に同じく楽(たのし)まるゝ道なれば、流祖も、「富者も為し難く貧人も為し易きは此道」と言(いわ)れしなり。是、富者の奢(おごれる)と貧者の不(およばざる)とをいましめて上下一道を示したるものなり。「君子シテ2其位ニ1而行、不ハ2乎其外ヲ1」と唐人もいひし事あり。是、喫茶の境界にて、さればこそ、貴賤を選ばずとも隔無(へだてな)しとも云ひならはしたるものなれ。<貴賤共に学ばるゝを以て選ばず隔無しと云ひ、又貴賤共に能く交るをも選ばず隔無しと云ふ。>
 
然れども、かゝる教万道にもいふべく、喫茶に限らぬ如くなれども、喫茶中に能く行はるゝ故あり。其故は快楽すればなり。此も諸道到り極むる時は歓び楽む境も有べけれど、初学より先(まず)(おのれ)が身に享(う)けて楽むべき事のまのあたり無くては、たとへ尊むべきの教なりとも、暫し勉むるほどに十の七八は倦(う)むものなり。夫(それ)人は上なるも下なるも、楽むの心無くては一日も世を渡る事は難し。是、凡情の拠無(よんどころな)き所なり。さればとて濫(みだり)に好む所に依り楽むときは、心乱れ煩悩いよいよ根ざすべし。今、此道の教は、初門の時より喫茶を以て楽(たのし)ましめ、極て心地朗(ほがらか)なる所を楽む。高きも卑(ひく)きも、富めるも貧しきも、浅きも深きも、楽むの外事なし。扨、此快楽の事は本書に委(くわし)く論ありて、当道の眼なれば、かりそめには説(とき)がたけれども、先括(くく)りて短く云ふときは、足(たる)といふ一つなり。足る事を知りて楽む快楽ならでは実の楽みにあらず。遺教経(ゆいきょうぎょう)に知足之法と云ふ境界なり。曰く、「知足之法、即是富楽安穏之処、知足之人、雖ドモスト地上、猶為安楽、不知足、雖ドモルト天堂、亦不、不知足、雖ドモメリト而貧、知足之人、雖ドモシト而富メリ」と云々。此旨一わたり云ときは、おのれおのれが身のほどを護りて他を希(ねが)はぬなり。上に居て驕(おご)らず、賤しきを学ばず、下に居て恨みず、高きを似(まね)せず、上は己が身に足れりとする故に下を憐れみ、下は己が身に足れりとする故に上を敬ひ助く。富者足れりとする故に施し、貧者足れりとする故にあながち求めず。是、知足の行はるゝ所にして、足れるが故に楽み、楽む故に又足れりとす。喫茶中にとりては取りもなほさず数寄(すき)と云ひ、又侘(わび)ともいふなり。但し侘といふ事、今世の茶人ことさまに工夫して、己は侘を守るなどいふ。是等は皆しひ言にて、ゆめ其輩にくみする事勿れ。法文の知足、是則誠に数寄なり、侘なり。国家遍く喫茶の法行はるゝときは、こゝに記すが如く、上下共に己が身を守り、楽んで憂るものもなく、仇することもなからん。然らば国主も政道に苦心なく、刑罰などの沙汰に及ばず、自ら太平静謐(せいひつ)たるべきものなり。儒道にも、「為(おさ)ムルニ2天下国家ヲ1リ2九経、曰修身也」と云々、修身を以て九経の第一とす。一身は則一心なり。一心の修まらざるものはとても国を治むるに及ばず。一心の修め方も教の正しきも喫茶の道(みち)、主(しゅ)とする所なり。此分にて今問(と)はるゝ喫茶法中、国政の事明なり。しかれども、要(かなめ)とせざるが故に書類にも見えず、又常に問ふ人ありても、さる事なしとのみ答ふるは常なり。是全く秘事などゝ重んじて言ざるにはあらず。此一義ありと云ひ立つるときは、却て大喫茶の法浅きに似たれば、古来論ぜざるなり。依て態(わざ)と云べき事には必しもあらぬを、今問ふ事の切なるに応じて聊(いささか)国政を語るは、只大旨のみなり。猶、儒書などには、此一義を主意として教(おしゆる)もあまたある事なれども、其小則は爰(ここ)に云ふ大旨を出ず、皆此内にこもると知るべきなり。依て説くにも及ばざるか、と語りければ、問ひたる人もさすがに数寄の心がけ篤かりければ、こゝに聊(いささか)胸中の迷も晴れ、猶又問ひけるは、誠に喫茶の法万道を欠かざる本意に違はず、政道の一義満足のだん大に歓喜する所なり。今説き給ふ所は、国中上下共に喫茶に入りて国の静謐なるよしなり。又さほどに茶法の行はれざる時は如何にせん、とあるに又答へていふやう、いかにも上にいふところは、喫茶の法行はれて国家治るの本体をいへるが故に、此の如きなり。又、絶て茶法無きの国界は喫茶法中にあづかり知る所にあらず、依て喫茶を以て論ずるに及ばざるなり。仏すら「無縁の衆生は度し難し」とのたまはずや。又、半(なかば)(おこな)はれて半行はれざる、是当世の有さま、喫茶にも限(かぎら)ざる事、神儒仏を初、万芸万道の内必(かならず)行はるべきほどの尊き教とても、おしなべて行はれざるものにて、唐人云、「道其不ハレ矣」とあるも、歎息の言葉なり。喫茶の法も此類にて、行はれざるにて道の尊きを知るべし。邪路には入り易く、正道には入り難きものなり。猶、喫茶法中にも今は正道と邪路とあれば、あながちには勧めがたし。又、喫茶中に入らずして喫茶の道に自(おのずか)らかなひたるものもまゝあり。是等の事は他日詳しく云ふべし。先上(かみ)に喫茶を嗜むときは其国に幸(さいわい)し、下(しも)に喫茶を嗜むときは、一人(にん)は一人、二人は二人ほど、政治の事なき助となるべし。彼(かの)知足を思ふが故なり。喫茶の法は、前にも云ふごとく、快楽するの道にて、行ひ易き道にはあらずとも、法中に邪道を説く者ありて能く人を導く故に、其説を面白しと是にくみするの類も多く成り行く事、是は喫茶の行はれざるよりも又格別に歎はしきの至極なれば、強て道を広めんともしがたきなり。只、大丈夫の勇将たる身の上にこそ、勧めても此正道の喫茶は知らしめたきものならずや。天下太平、何ぞ是に如(し)かんや。

 



    (注) 1. 上記の井伊直弼の「茶道の政道の助となるべきを論(あげつら)へる文」は、日本思
         想大系38『近世政道論』(奈良本辰也・校注、岩波書店・1976年5月28日第1刷発
         行)によりました。
         2.  底本は、『近世政道論』巻末の解題に、「本書の底本としては『井伊大老茶道談』
         
(中村勝麿編、1914年、箒文社刊)によった。中村氏が「此一文、元表題ナシ。今便宜ノ
         為メ、文中ノ意ヲ取リテ之ヲ附ス」とされたのにしたがった」とあります。    
         3. 同じく巻末の解題に、次のようにあります。
          「井伊直弼は彦根藩13代藩主、また幕府大老として困難な幕末政局を担当、
         万延元年(1860)3月、江戸城桜田門外で攘夷派の剣に斃れた。本書は茶道と
         政道のかかわり如何、の架空の質問者に答え、真正な茶道は大いに政道の助
         けになるべきものであることを論じたものである。(中略)茶道に関する井伊直弼
         の全貌は、弘化3年境遇の激変によって彦根藩主になった直後の「茶湯一会集」、
         これより少し前から書きつづけられていた「閑夜茶話」によって知れる。これらは
         執筆の時期をおよそ確認できるのに対し、本書は確かでない。(以下略)」
         4. 本文中の平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、普通の仮名に直
         してあります。(「ことごとしき」「いよいよ」「おのれおのれ」)
         5. 井伊直弼(いい・なおすけ)=幕末の大老。彦根藩主。掃部頭
(かもんのかみ)
              徳川家茂(いえもち)を将軍の継嗣とし、また勅許を待たずに諸外国と
              条約を結び、反対派を弾圧したので(安政の大獄)、水戸・薩摩浪士ら
              に桜田門外で殺された。(1815-1860)
          井伊(いい)=姓氏の一つ。江戸時代の譜代大名。近江彦根藩主。遠江井伊
              谷
(いいのや)の土豪の出自。直政は徳川家康に仕え、その子直勝は彦
              根に築城、家督を弟直孝に譲る。以下歴代、掃部頭
(かもんのかみ)を称し、
              5人の大老を出し、幕政の中枢を占める。
                                      
(以上、『広辞苑』第6版による。)
         6. 思想大系本の頭注から、いくつかを引かせていただきます。(詳しくは思想大
         系本を参照してください。)
 
            澍露軒=彦根の埋木舎(直弼17~32歳までの住居)の内に設けた直弼の茶室。
            炭流れたる=炭が真っ赤におこって燃え尽きていくさまをいう。
            烏府=炭入れのこと。
            流祖=茶道石州流の流祖・片桐石見守貞昌(1605~73)。
            君子素其位而行、~=『中庸』14章にある文。「素」は自覚して安んずる意。引用者注、
               『新釈漢文大系』(赤塚忠著)では、「素」を「処(おる)」の意とみています。「君子は
               自分の当面する位置・境遇において道を行うに最善をつくし、みだりに他人の境遇
               をうらやんで、よこしまな行いにおちいることがない。」
            本書=直弼の著作「茶湯一会集」を指すか。
            遺教経=仏垂般涅槃略説教誡経ともいう。釈迦がまさに入滅せんとするに際し拘尺那
               城外で諸弟子を集めて遺言した最後の教え。引用者注、「亦不
意」は「亦、意
               に称(かな)はず」と読むか。
            しひ事=誣ひ事。事実をゆがめて強弁すること。
            為天下国家~=『中庸』20章。九経として修身についで、尊賢・親親・敬大臣・体群臣・
               子庶民・来百工・柔遠人・懐諸侯をあげている。引用者注、『新釈漢文大系』には、
               「天下・国家を治めるには、9つもの原則がある。(何かといえば、)それは君主が
               わが身を正しく修めることであり、賢者を尊ぶことであり、親しいものを親愛すること
               であり、大臣を敬うことであり、多くの臣下を鄭重に待遇することであり、もろもろの
               民をいつくしむことであり、つかさつかさの工人たちをねぎらいはげますことであり、
               遠い外国から来服する君をなつけることであり、(また)国内の諸侯を安心させる
               ことである」とあります。
            道其不行矣=『中庸』5章。引用者注、『新釈漢文大系』には、「子曰、道其不行矣夫。」
               (子曰く、道は其れ行はれざるかな、と。)とあります。
            事なき助=殊なき助。この上ない助け。

         7. 資料67に「井伊掃部頭直弼台霊塔について」があります。

         8. 『国立国会図書館デジタルコレクション修養史傳 井伊直弼言行録』
         (武田鶯塘著、東亜堂書房・大正4年4月19日発行)があります。 




                   トップページ(目次)   前の資料へ  次の資料へ