資料302 光厳院御集




         
光厳院御集         光 厳 院

 

 

 

  

 

 

 

    霞

 

 

   1

よもの梢かすむを見ればまだきより花の心ぞはや匂ひぬる

 

 

 

    鶯

 

 

   2

春をへていかなる聲に鳴くなればはつ鶯のいやめづらなる

 

 

 

    梅

 

 

   3

わがながめなににゆづりて梅の花さくらもまたでちらむとすらん

 

 

 

    

 

 

   4

夕暮の春風ゆるみしだりそむる柳がすゑはうごくともなし

 

 

 

    春

 

 

      5

春の日ののどけき空はくれがたみいたづらにきく鶯の聲

 

 

 

    春雨

 

 

      6

浅緑みじかき草の色ぬれてふるとしもなき庭の春雨

 

 

      7

長閑なるむつきの今日の雨のおとに春の心ぞ深くなりぬる

 

 

      8

花も見ずとりをもきかぬ雨のうちのこよひの心何ぞ春なる

 

 

      9

夕霞かすみまさるとみるまゝに雨に成りゆく入あひのそら

 

 

     10

何事をうれふとなしにのどかなる春のあま夜は物ぞ佗しき

 

 

 

    花

 

 

     11

散ることははやしと思ふを櫻花ひらくる程のあやに久しき

 

 

     12

軒ふかき花のかをりにかすまれてしらみもやらぬ宿の曙

 

 

     13

くれかゝる花のにほひをしたひがほにさらにうつろふ夕日影哉

 

 

 


 

 

 

 

  夏

 

 

 

    郭公

 

 

     14

なれも又此の夕暮を待ちけりな初ねうれしき山ほとゝぎす

 

 

     15

思ふ事ありあけの空の時鳥わが爲とてやいまき鳴くらむ

 

 

 

    夏

 

 

     16

夏山や木だち涼しき村雨のゆふべを時となくほとゝぎす

 

 

 

    夏晝

 

 

     17

庭のうへのまさごにみちててれる日のかげみるなへにあつさまされる

 

 

 

    夏夕

 

 

     18

蚊遣火のけぶりまさると見る程にくれぬるならし入あひの聲

 

 

 

    夏夜

 

 

     19

秋の夜をさびしきものと何か思ふ水鷄こゑするよひの月影

 

 

 

    夏月

 

 

     20

更くる夜の庭のまさごは月しろし木陰ののきに水鷄聲して

 

 

 

    照射

 

 

     21

ともしするほぐしの松のつきもあへずは山が峯は雲明けぬ也

 

 

 

    夕立

 

 

     22

吹きすぐる梢の風のひとはらひこゝまで涼しよその夕立

 

 

 

     遠近夕立

 

 

     23

とほつそらにゆふだつ雲を見るなへにはや此の里も風きほふ也

 

 

 

    螢

 

 

     24

とぶ螢ともし火のごともゆれども光をみれば涼しくもあるか

 

 

 


 

 

 

 

  秋               

 

 

 

    初秋

 

 

     25

花もまだき草の籬のあさぼらけ露のけしきに秋は來にけり

 

 

     26

世の色のあはれはふかく成り行くよ秋はいくかもいまだあらなくに

 

 

     27

夕日さす梢の色に秋見えてそともの森にひぐらしの聲

 

 

     28

秋はまだあさけの庭の池の面にはやすさまじき水の色哉

 

 

     29

秋になるねざめぞいとゞうれはしき物おもふ身にはありもあらずも

 

 

     30

いとはやも風すさまじみそれとなき虫も籬にやゝ鳴きたちぬ

 

 

     31

時わかぬ竹のさ枝に吹く風のおとしも秋に成りにけるかな

 

 

 

     七夕

 

 

     32

目にちかき面影ながら年もへぬ雲井の庭の星合の秋

 

 

     33

おほかたの秋てふ秋のながき夜をこよひともがな星合の空

 

 

 

      

 

 

     34

身こそあらめ花は昔をわするなよ馴れし戸ぐちの庭の秋萩 

 

 

 

      

 

 

     35

秋風ののきばの荻よなにぞこのうれへのたねを植ゑ置きにける 

 

 

 

    薄 

 

 

     36

ほにいでて我のみまねく糸薄くる人あれなふるさとのあき 

 

 

 

    秋

 

 

     37

秋風によわき尾花はうごけども月にのどけみふけすめる夜半

 

 

 

    秋夕

 

 

     38

物ごとに我をいたむるゆゑはあらじ心なりけり秋のゆふ暮

 

 

     39

しづむ日のよわき光はかべにきえて庭すさまじき秋風の暮

 

 

 

    菊

 

 

     40

咲きやらでしばしもあれな庭の菊待つべき花の又もあらなくに

 

 

 

    虫 

 

 

     41

夜をさむみいねずてあれば月影のくだれるかべにきりぎりす鳴く

 

 

 

    月

 

 

     42

くるゝ空に待ちつるまゝのながめよりすだれおろさぬ月のよすがら

 

 

     43

てらすらん千里の人の秋の思ひ月にやうつす影のかなしき

 

 

 


 

 

 

 

  

    時雨

 

 

     44

木の葉ぬれてそゝくともなき村時雨さすや夕日のかげもさながら

 

 

 

    落葉

 

 

     45

木の葉こそもろくもならめ夕嵐我がなみださへたへずも有る哉

 

 

 

    冬

 

 

     46

さむからし民のわらやを思ふにはふすまのうちの我もはづかし

 

 

     47

よはさむみ嵐の音はせぬにしもかくてや雪のふらんとすらん

 

 

     48

雪はまだきたゞ冬枯の草の色の面がはりせぬ庭ぞさびしき

 

 

     49

冬をあさみまだこほらねど風さえてさゞ波寒き池の面哉

 

 

     50

散りまよふ木の葉にもろき音よりも枯木吹きとほす風ぞさびしき

 

 

     51

霜にとほる鐘のひゞきを聞くなへにねざめの枕さえまさるなり

 

 

     52

霜のおくねぐらの梢さむからしそともの森に夜がらすの鳴く

 

 

     53

雲こほる木ずゑの空の夕附くよ嵐にみがく影もさむけし

 

 

     54

空はしもくもるとは見えぬ朝明のしもにうすぎる世の氣色哉

 

 

     55

この夜半やふけやしぬらん霜ふかき鐘のおとして床さえまさる

 

 

     56

冬枯の草木の時をあはれとやはなをあまねくふれる白雪

 

 

 

    冬草

 

 

     57

それと見えし霜のくち葉も猶落ちてふる枝ばかりの庭のはぎ原

 

 

 

    冬曉

 

 

     58

あかしかぬる時雨のねやのいくねざめさすがに鐘の音ぞきこゆる

 

 

     59

かげうすき有明の月に鳴く鳥の聲さへしづむ霜のをち方

 

 

     60

霜にくもるありあけがたの月影にとほちの鐘もこゑしづむ也

 

 

 

    冬曙

 

 

     61

ひゞき殘るとほちの鐘はかすかにて霜にうすぎる曙のそら

 

 

 

    冬朝

 

 

     62 

おきてみねど霜ふかからし人のこゑのさむしてふきくも寒き朝明 

 

 

     63

夜もすがら雪やとおもふ風の音に霜だにふらぬ今朝の寒けさ

 

 

 

    冬夕

 

 

     64 

嵐吹きあられこぼるゝけふの暮雪の心やちかづきぬらし 

 

 

     65

霜がれのをばなが庭に風ふれてさむき夕日はかげさえぬなり

 

 

 

     冬夜

 

 

     66 

星きよき木ずゑの嵐雲晴れて軒のみ白きうす雪の夜半 

 

 

 

    冬月

 

 

     67

空のうみ雲の波もやこほるらん夜わたる月の影のさむけき 

 

 

 

    霰

 

 

     68 

さえくらすあらしに雪やちかゝらしさきだつ霰軒におつなり 

 

 

 

    雪

 

 

     69 

雲のゆふべ嵐のこよひふりそめぬ明けなば雪のいくへかも見む 

 

 

     70

野山皆草木もわかず花のさくゆきこそ冬のかざり成りけれ

 

 

     71

朝日さす松のうれよりおつる雪にきえがたにしもつもる木のもと

 

 

 

    曉雪

 

 

     72 

ふりうづむ雪の野山は夜ふかきにあくるかとりのとほ里の聲 

 

 

 

    曙雪

 

 

     73 

目にちかき軒のうへよりしらみそめて木ずゑかをれる雪の曙 

 

 

 

    朝雪

 

 

     74 

うつりにほふ雪の梢の朝日影今こそ花の春はおぼゆれ 

 

 

 

    風前雪

 

 

     75 

吹きみだしはらひもあへぬ竹の葉の嵐のうへにつもるしらゆき 

 

 

 

    夜雪

 

 

     76 

軒の上はうす雪しろしふりはるゝ空には星のかげきよくして 

 

 

 

    雨後雪

 

 

     77 

けさの雨のなごりの雲やこほるらんくれゆく空の雪に成りぬる 

 

 

 

    山雪

 

 

     78 

岩も木もすがたはさすが見えながらおのが色なき雪の深山べ 

 

 

 

    野雪

 

 

     79

ながめやるかぎりも見えずかすみゆく野原が末は雪としもなし 

 

 

 

    浦雪

 

 

     80 

浪の上はあまぎる雪にかきくれて松のみしろき浦の遠方 

 

 

 

    杜雪

 

 

     81 

雪にだにつれなくてやは山城のときはの森も色かはる也

 

 

 

    山家雪

 

 

     82 

人はとはぬみやまの庵にあはれ猶ところもわかずふれる白雪 

 

 

 

    田家雪

 

 

     83 

すゑとほきかり田のおもの雪の中にたてるや庵の見るもさびしき 

 

 

 

    閑居雪

 

 

     84 

軒の松にかよふ嵐の音だにもたえていくかの雪のふるさと 

 

 

 

    社頭雪

 

 

     85 

たのむゆゑのふかき心はへだてぬをいつかみかさの山のしら雪 

 

 

 

    松雪

 

 

     86 

ときは木のその色となき雪の中も松はまつなるすがたぞみゆる 

 

 

 

    雪中鳥

 

 

     87 

降りつもる雪の梢にゐる鳥の羽かぜもをしき庭の朝明 

 

 

 

    雪中獸

 

 

     88 

起きいでぬねやながらきく犬のこゑのゆきにおぼゆる雪のあさあけ 

 

 

 

    雪中懷舊

 

 

     89 

むかしをばうづみや殘す白雪のふりにし世のみうかぶおもかげ 

 

 

 

    雪中述懷

 

 

     90 

いたづらにふる白雪をあつめもたぬわが光なみ世さへくもれる 

 

 

 

    炭竈

 

 

     91

立ちのぼるけぶりの末をあはれともたれかはとはむをのの炭竈

 

 

 

    除夜

 

 

     92 

年くると世はいそぎたつ今夜しものどかにもののあはれなる哉

 

 

 


 

 

 

 

  

    初戀

 

 

     93 

しらざりしながめやなにぞよしなしに物おもふ身にはならじと思ふを 

 

 

 

    忍戀

 

 

     94 

人まなみたゞにはいはぬそこの色を見しらぬにして過ぎんとやする 

 

 

 

    不逢戀

 

 

     95 

我はおもひ人にはしひていとはるゝこれを此の世のちぎりなれとや 

 

 

 

    待戀

 

 

     96

あすのうさも我が心からかなしきにこよひよ今夜とへやとぞおもふ 

 

 

 

    互忍待戀

 

 

     97 

待つもとふもつゝむにふくる時のまよあぢきなからぬ一夜ともがな 

 

 

 

    別戀

 

 

     98 

これ程も又はいつかの別れ路をくれよのちよのやすのたのめや 

 

 

 

    僞戀

 

 

     99

いまぞおもふたのみしうちのいくあはれかざるがうへのなさけなりける 

 

 

 

    誓戀

 

 

    100

うきがうへになげくぞ猶もあはれなるちかひし末を人の爲とて 

 

 

 

    恨戀

 

 

    101 

をしや我もあはれかなしのいくふしをひとつうらみのうちになしぬる 

 

 

    102

うきにたへずうらむれば又人も恨むちぎりのはてよたゞかくしこそ

 

 

 

    絶戀

 

 

    103 

我やたそあやしやつひにたえはてばあらじと思ふをけふまでの身よ 

 

 

 

    戀涙

 

 

    104 

こひあまり我がなく涙雨とふるやこのくれしもの雲とづる空 

 

 

 

    戀契

 

 

    105 

うしとすつる身をおもふにも更に猶あはれなりける人に契りよ 

 

 

 

    戀恨

 

 

    106 

あさくしなぐさむる哉と聞くからにうらみの底ぞ猶ふかくなる 

 

 

 

    戀

 

 

    107 

思ひつくしあはれに物のなりたちてすべて涙のおちもとまらぬ 

 

 

    108

思ひつくす思ひのゆくへつくづくと涙におつる燈のかげ

 

 

 

    戀

 

 

    109 

里の犬のこゑをきくにも人しれずつゝみし道のよはぞ戀しき 

 

 

 

    寄春戀

 

 

    110 

いろねにもうれへのすゝむたねとして我に物うき花鳥の春 

 

 

 

    寄冬戀

 

 

    111 

とぢつもる氷も雪も冬のみをとけむごもなき我が思ひ哉

 

 

 

    寄曉戀

 

 

    112 

今も此の有明のそらに鳥はなけどわかれし人にまたあはぬ哉

 

 

 

    寄朝戀

 

 

    113 

如何になるけさのながめぞこよひ我がみるとしもなきゆめのなごりに 

 

 

 

    寄夕戀

 

 

    114 

にしの山にくだる夕日の影みればけふはたくれぬ妹をみなくに 

 

 

 

    寄風戀

 

 

    115

なにぞこのうはの空より吹く風の身にあたるさへ物のかなしき

 

 

 

    寄雨戀

 

 

    116 

いもがうへにおもひうらぶれねずてあかす此の夜すがらの雨の音はも 

 

 

 

    寄霜戀

 

 

    117 

霜のむすびもはてぬ契ゆゑさてこそけなめ知る人をなみ 

 

 

 

    寄煙戀 

 

 

    118 

我が戀よけぶりもせめてたちななんなびかぬまでも君に見ゆべく 

 

 

 

    寄山戀

 

 

    119

あはれ今はかくて契やつくば山しげきうらみの我もそふ比

 

 

 

    寄松戀

 

 

    120

人やうきさもいはしろのむすび松むすばぬ世々の身の契りこそ

 

 

 

    寄庭戀

 

 

    121

妹待つと時ぞともなきながめして蓬が庭も霜がれにけり

 

 

 

    寄苔戀

 

 

    122

そのまゝにはらはぬ庭の苔の色にたえにし人の跡も見えけり

 

 

 

    寄鷄戀

 

 

    123

わかれましつらからましと聞くもつらし八こゑの鳥の明方のこゑ

 

 

 

    寄鴉戀

 

 

   124

月に鳴くやもめがらすは我がごとく獨りねがたみつまやこひしき

 

 

 

    寄犬戀

 

 

   125

人しれずわがたちすまむ宿のあたりとがむる犬もせめてなつかし

 

 

 

    寄人戀

 

 

   126

思ひとりしその僞のならひゆゑ人にもひとの猶たのまれぬ

 

 

 

    寄夢戀

 

 

    127

ゆきてかよふ夢てふもののあるならばこよひの心見えざらめやも

 

 

 

    寄心戀

 

 

    128

うきはさぞなあはれなるさへくるしきよ人に心のなべてならなん

 

 

 

    寄言戀 

 

 

    129

人を思ふ世にふりざらむことのはの君にはじめていはまほしきを

 

 

 

    寄鏡戀

 

 

    130

思ふ色のいはれぬきはをうつしみせむかゞみもがなや君が心に

 

 

 

    寄衣戀

 

 

    131

こひしとてかへさむとはたおもほえずかさねしまゝの夜の衣を

 

 

 

    寄燈戀

 

 

    132

さぞやげにわれぞつれなき待ちよわる明方の窓にきゆる燈

 

 

 

    寄書戀

 

 

    133

見しぞかしかゝることの葉そのふしとさらに涙もふるき玉づさ

 

 

 

    戀

 

 

    134

といふ名のみはなべてふりぬめり我が思ひをばいかゞいはまし

 

 

    135

戀しきはしのびがたきをいかゞせんうきは身をしるなぐさめもあり

 

 

 


 

 

 

 

  雜 

    曉

 

 

    136

雲の色星のひかりも同じ空の長閑になるやあかつきになる

 

 

 

    竹 

 

 

    137

もゝしきや庭に見馴れし呉竹のみじかきよこそ猶あはれなれ 

 

 

 

    河

 

 

    138

よどみしも又立ちかへりいすゞ川ながれの末は神のまにまに

 

 

 

    橋

 

 

    139

とまる名はながらの橋のはしばしら朽ちてのちしも猶殘りける

 

 

 

    旅

 

 

    140

たびにして妹を戀しみながめをれば都の方に雲たなびけり  

 

 

 

    雜 

 

 

    141

さ夜ふくる窓の燈つくづくとかげもしづけし我もしづけし

 

 

    142

心とてよもにうつるよ何ぞこれたゞ此のむかふともし火のかげ

 

 

    143

むかひなす心に物やあはれなるあはれにもあらじ燈のかげ  

 

 

    144

ふくる夜の燈のかげをおのづから物のあはれにむかひなしぬる

 

 

    145

過ぎにし世いまゆくさきと思ひうつる心よいづらともし火の本

 

 

    146

ともし火に我もむかはず燈もわれにむかはずおのがまにまに 

 

 

 

    雜曉

 

 

    147

かねのおとに夢はさめぬる後にしもさらに久しき曉の床

 

 

 

    雜夕

 

 

   148

鳥かへるそともの森のかげくれてゆふべの空は雲ぞのどけき

 

 

 

    山家

 

 

   149

聞き侘びぬ枕の山の夜のあらし世のうきよりは住みよけれども

 

 

  150

軒につゞく檜原が山に雲おりてくるゝ木ずゑに雨おちそめぬ

 

 

 

    田家

 

 

  151

伏見山かど田の末は明けやらで松のこなたの空ぞしらめる

 

 

 

    懷舊

 

 

   152

しのぶべきむかしはさりな何となく過ぎにし事のなぞあはれなる

 

 

 

    述懷

 

 

   153

たゞしきをうけつたふべき跡にしもうたてもまよふ敷島の道

 

 

  154

舟もなく筏もみえぬおほ川にわれわたりえぬ道ぞくるしき

 

 

 

    夢

 

 

  155

花のうちにあそぶこてふのもゝ年よさむるうつゝは猶やみじかき

 

 

 

    竹

 

 

  156

風になびく竹のむらむら末見えて夕日にはるゝ遠の山本

 

 

 

    山

 

 

   157

山松の梢をわたる夕嵐軒の檜原に聲おちぬなり

 

 

 

    あつき

 

 

   158

庭の日は木陰も見えずてりみちて風さへぬるみ暮れがたき比

 

 

 

     はかなき

 

 

  159

我もさぞあすともなしのけふの世にあればあるてふさゝがにの露

 

 

 

    おもしろき

 

  160

 

時にふるゝなさけのうちも心すむは月にしらむる糸竹の聲

 

 

 

 

 

 

 

  物名

    紅葉のが

 

 

   161

おりみだれよもの山べに雲もみち野風はげしみ雨になる暮

 

 

 

    ほたる

 

 

   162

ふりうづむ雪に日数はすぎのいほたるひぞしげき山陰の軒

 

 

 

    藤ばかま

 

 

  163

ふるさとやちくさが庭の花の秋かきねの露に松虫の聲

 

 

 

    たけかは

 

 

   164

ことし又はかなく過ぎて秋もたけかはる草木の色もすさまじ

 

 

 

    やどりぎ

 

 

    165

月影はまだなか空にのどけきをはやとりきこゆあけぬこのよは

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  (注) 1. 上記の『光厳院御集』(こうごんいんぎょしゅう)は、岩佐美代子著 『光厳院
        御集全釈』(私家集全釈叢書27、風間書房、平成12年11月30日発行)に
        よりました。
       2. 岩佐美代子氏の 『光厳院御集全釈』は、2000年第52回の読売文学賞 研
        究・翻訳賞を受賞しています。同書巻頭には、「伝本、光厳院の生涯、光厳院
        御集」等の詳しい解説があります。
       3. 『光厳院御集全釈』の底本は、宮内庁書陵部蔵「花園院御製」です。ただし、
        この表題は誤りで、光厳院の御集であることは明らかであるそうです。
       4. 同書の「凡例」に、歌頭に通し番号(『新編国歌大観』の番号に同じ)を付け、
        用字は通行の字体を用い、仮名遣いを歴史的仮名遣いに改め、漢字には送
         り仮名を補い、濁点を施した、とあります。(詳しくは同書巻頭の「凡例」を参
        照してください。)
       5. 同書から歌を引用するにあたって、常用漢字を旧漢字の字体に直してあり
         ます。また、平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し記号も、普通の仮名
         に直してあります(「きりぎりす」「つくづくと」「まにまに」「むらむら」)。
       6. 『光厳院御集』の意義について、『光厳院御集全釈』の著者・岩佐美代子氏
        は、同書の解説の中で、「本集が風雅集以前、更に言えば康永元年十一月
         以前、作者三〇歳までの成立であろうと推定する、前述原田(芳起)・國枝
        (利久)氏の論は、歌風面の検討からも支持し得るところである」(63頁)とし
        て、次のように書いておられます。
        「  つばくらめ簾の外にあまた見えて春日のどけみ人影もせず   (風雅129)
          更けぬなり星合の空に月は入りて秋風うごく庭のともし火    ( 同 471)
        を極北とする風雅集光厳院詠の、歌柄大きく穏やかに、一見新奇さを感じさせ
        ぬおちついた詠みぶりの底には、人生の真と美と、それが無常の相を呈しなが
        ら実は永遠に常住である事とを、胸奥に徹する寂しみの中に悟り得た人の、稀
        な精神が宿っている。このようなすぐれた風雅集作品も、それのみを見ては、そ
        の真の価値と、作者光厳院その人を理解するには必ずしも十分ではあるまい。
        おそらくは勅撰の企図の心に動きはじめたある時期に、半ば実験的に詠出した
        作品群の中から、我が好むままの形に自ら楽しんで編纂したであろう本集を、
        風雅集の前段階として味わい読み込む事によって、帝王にして人間であり、そ
        の劇的な一生を誠意をもって生き抜いた、この稀有な一人の人格、その歌人と
        しての全容を、うかがい知る事ができるであろう。「光厳院御集」存在の価値は、
        まさにそこにあると言ってよい。」(同書、64〜65頁)
       7. 光厳天皇(こうごん・てんのう)=鎌倉末期の天皇。後伏見天皇の皇子。名は
               量仁
かずひと。元弘の乱で後醍醐天皇の笠置落ち後、鎌倉幕府の申
               入れをうけ、後伏見上皇の院宣により践祚。建武新政で廃されたが、
               1336年(建武3)足利尊氏の奏請で弟の光明天皇を即位させ、院
               政を開始。のち出家。(在位
1331−1333)(1313〜1364
                                         
(『広辞苑』第6版による。)
         光厳天皇(こうごんてんのう)=1313−64(正和2−貞治3) 北朝第1代。
              在位1331−33。後伏見天皇の第1皇子。母は藤原寧子。名は量
              仁、法名勝光智・無範和尚。1326(嘉暦1)後醍醐天皇の皇太子
              となり、31(元弘1)9月北条高時に擁立されて践祚。33(元弘3)
              5月北条氏の滅亡により退位し太上天皇となる。36(建武3)足利
              尊氏の奏請で弟光明天皇が即位し、上皇は院政を開き、51(観応
              2)に至る。52(文和1)後村上天皇の行宮に移り落飾、禅道にはい
              る。和漢儒仏の学に詳しく宸記などをのこした。陵墓は京都府北桑
              田郡山国陵。
           光厳院宸記(こうごんいんしんき)=現存3巻。光厳天皇の日記。1332(元弘
               2・正慶1) 1・2・3・5・6月の記事の断簡で、正月の朝儀、即位、琵
              琶の名器玄象・牧馬の弾奏のことなどが記されている。
                                
(以上、『角川日本史辞典』第2版による。)

 

 

       8. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「光厳天皇」の項目があります。
       9. 参考までに、『新編国歌大観 第七巻 私家集編 III 歌集』
(角川書店、平成元
         年4月10日初版発行)
所収の『花園院御集─光厳院─(書陵部蔵書151・370)』
        
(同書の解題に、『花園院御集』は宮内庁書陵部蔵御所本を底本にしており、この本の外題
         には「花園院御製」とあるが、「原田芳起氏が「光厳院御集と花園院御集」(「史学文学」昭
         和35年6月)で詳細に考証・推察され結論づけられたごとく、光厳院の御集とみて間違いな
         いものと思う、という記載があります)
と、『光厳院御集全釈』の歌の読みの異同をい
        くつか記してみます。

                 
『光厳院御集全釈』         『新編国歌大観』
           28  秋はまあさけの庭の      秋はまあさけの庭の 
           45   たずもあるかな          たずもあるかな
           58     鐘の音                 鐘の
       
  60・61   とほの鐘               とほの鐘
           72    夜かきに              夜かきに  
          102     人も恨む                人も恨
          106   なぐさむる哉               なぐさむる 
          113   我みるとしもなき         我みるとしもなき
          142    たゞ此むかふ           ただ此むかふ
          161    雲もみ                雲もみ
     
   (注記) 読みの違いでなく、単なる誤植である可能性もありますので、その点付記して
           おきます。
             なお、106 の「なぐさむる哉」については、『全釈』の岩佐氏は、「あさくしもなぐ
           さむる哉」を、「(私の気持も知らずに)一通りの恨みであるように浅はかに慰めるこ
           とよ」と訳しておられますので、「なぐさむるかな」と読ませておられるものと思われ
           ます。
       10. 資料303に「『風雅和歌集』所収の光厳院の和歌」があります。

 

 

 

 

 

 



                   トップページ(目次)    前の資料へ 次の資料へ