資料168 薄田泣菫の詩「時のつぐのひ」

 
 

 

      時のつぐのひ      薄 田 泣 菫

時はふたりをさきしかば、
その償
(つぐの)ひにかへりきて、
かなしき創
(きづ)に、おもひでの
うまし涙を湧かしめぬ。

 

 

 

 

 


 

 


           (注) 1. 「時のつぐのひ」は、詩集『白羊宮』に収められている詩です。
           2. 上記の詩は、東京・金尾文淵堂、明治39年5月17日発行の『白羊宮』に
           よりました。
                   3. 上記の金尾文淵堂発行の『白羊宮』は、 
『国立国会図書館のデジタル
          
コレクション」所収の画像によるものです。
            
『国立国会図書館のデジタルコレクション』 → 『白羊宮』
          4. 資料169に「薄田泣菫の詩「ああ大和にしあらましかば」」 があります。
           作者・薄田泣菫についても、こちらをご覧ください。
          5. 検索のために、「時のつぐのい」と、現代仮名遣いでも書いておきます。
 
 
         


                                
トップページ(目次)  前の資料へ  次の資料へ