資料11  立原道造の詩「はじめてのものに」




 

 

     はじめてのものに

 

 

                  立      
 

 

 

ささやかな地異は そのかたみに
灰を降らした この村に ひとしきり
灰はかなしい追憶のやうに 音立てて
樹木の梢に 家々の屋根に 降りしきつた

その夜 月は明(あか)かつたが 私はひとと
窓に凭(もた)れて語りあつた(その窓からは山の姿が見えた) 
部屋の隅々に 峡谷のやうに 光と
よくひびく笑ひ声が溢れてゐた

───人の心を知ることは……人の心とは…… 
私は そのひとが蛾を追ふ手つきを あれは蛾を
把へようとするのだらうか 何かいぶかしかつた

いかな日にみねに灰の煙の立ち初(そ)めたか
火の山の物語と……また幾夜さかは 果して夢に
その夜習つたエリーザベトの物語を織つた 

 



           
 

   (注)1.詩の本文は、岩波文庫版『立原道造詩集』(杉浦明平編1988年 

                    316日第1刷発行)によりました。詩の表記は、勿論縦書きです。

        2.詩集でのルビは、(   ) に置き換えました。

        3.第2節の「明かつた」の「明」に「あか」とルビが振ってあるので、

          「明かつた」は、「あかるかった」ではなく、「あかかった」と読むことに

                 なります。編者の杉浦氏によれば、作者の立原がそう読んでいたから、と

                 いうことでした。(問い合わせの返信による。)
 古語「明(あか)し」としての用法を採ったものだと思われます。

       4. 上記文庫本の解説に、杉浦氏が「立原は字面(じづら)の美しさに敏感で、

          漢字と仮名のまじり具合なども疎かにしなかった。(印刷する場合には装幀

                はもちろん活字や紙質についても。)」と書いておられます。

             それなのに、詩をこのように横書きにしたり、( )で読み仮名を付けたり

           するのは忍びませんが、ご容赦願います。

               5.この詩は、詩集『萱草(わすれぐさ)に寄す』の巻頭の詩です。
詩集『萱草に寄す』に収められている詩は、次の10編です。
    SONATINE №1  
 「はじめてのものに」「またある夜に」「晩き日の夕べに」「わかれる昼に」
  「のちのおもひに」「夏花の歌 その一」「夏花の歌 その二」
    SONATINE №2
 「虹とひとと」「夏の弔ひ」「忘れてしまつて」

                6. 「ささやかな地異」とは、浅間山の小噴火を、「エリーザベトの物語」とは、

                     シュトルムの小説『みずうみ』(Immensee)を指しています。

                . なお、立原道造については、「立原道造記念館」のホームページが参考
       になります。
          
ただし、「立原道造記念館」は事情により2011年2月20日を以て閉館し、

             現在は立原道造記念会が運営を引き継いでいるそうです。

         8. 立原道造の詩は、 つれづれの文車─趣味の文書室─というサイトに
       
「立原道造」のページがあり、そこで岩波文庫からとった彼の詩を読むこと
       ができます。

         9電子図書館「青空文庫」でも、立原道造の詩を読むことができます。 

       10 また、メールマガジン「立原道造詩集」でも、立原道造の詩を読むことが
       できます。
 

              注: メールマガジン「立原道造詩集」は現在休刊中だそうですが、幸い、
          
『USUKEISM』というサイトで見ることができます。
          
USUKEISM』 メールマガジン「立原道造詩集」バックナンバー
           お断り: 残念ながら現在は見られないようです。(2017.11.02)

      11.日本ペンクラブ「電子文藝館」では、詩集『萱草に寄す』と『暁と夕の詩』を
       読むことができます。

         12. 立原道造(たちはら・みちぞう)
     詩人。東京生れ。東大建築科卒。「四季」同人。堀辰雄やリルケに
    傾倒。繊細・純粋で、音楽的な抒情詩を書いた。詩集「萱草
わすれ
     ぐさ
に寄す」「暁と夕の詩」。(1914~1939) 
                          (『広辞苑』第6版による。)

       13. 資料22に「立原道造の友への手紙(田中一三あて)」があります。

       14.   『KARUIZAWA TALIESIN(軽井沢タリアセン)』というサイトで、
「軽井沢高原文庫」の情報を見ることができます。

      



  
 

                                      トップページ(目次)    前の資料へ   次の資料へ