資料4 山本五十六元帥の「述志」(昭和16年)         

 

 

述  志


                  
此度は大詔を奉じて堂々の出陣なれば生死共に超然たることは難から

ざるべし。
    
           ただ此戰は未曾有の大戰にしていろいろ曲折もあるべく名を惜しみ己

を潔くせむの私心ありてはとても此大任は成し遂げ得まじとよくよく

覺悟せり。

されば

大君の御楯とただに思ふ身は

名をも命も惜まざらなむ

 

昭和十六年十二月八日

山本五十六   


                                            
                                   

 

(注)1.本文は、山本義正著『山本五十六 その愛と死の記録昭和44815
      
初版発行・昭和4492020版発行 光文社<カッパブックス>によりました。
      
(ただし、漢字は旧漢字に改めました。)

   2.「述志」の和歌について、阿川弘之氏は、その著『山本五十六』
    (下)の中で、次のように言っておられます。

      「惜しまさらなむ」の「なむ」は、この場合、未然形につづい
      ていて、これを文法通り解釈すれば、「みんな、名も命も惜し
      まないでもらいたい」という意味になる。前段の文意から推せ
            ば、山本は自身の覚悟を歌いたかったので、「惜しまずありな
            む」のつもりだったのであろう。

      (上記の阿川弘之氏の文中に、「惜しまさらなむ」と清音に
      なっているのは、氏の引用では元帥の歌は、「
大君の御楯と
      たたに思ふ身は名をも命も惜まさらなむ
」と、濁音なしで表
      記されていることによるものです。
              未然形につく「なむ」は、他に誂え望む意を表す終助詞な
      ので、文法通り解釈すれば、相手に「〜してもらいたい」と
      望む意味になるが、ここは山本自身の覚悟を歌いたかったの
      だから、「惜しまずありなむ」のつもりだったのだろう、と
      阿川氏は言っておられるわけです。)

     なお、阿川弘之氏の『山本五十六』(下)は、新潮文庫
(昭和48年
     
2月27日発行、昭和58年11月15日19刷)によりました。
      新潮文庫の『山本五十六』は、昭和44年に刊行された、新版『山
        本五十六』によったものの由です。

   3.上記の阿川弘之氏の『山本五十六』(下)によれば、戦艦「武蔵」
    の、山本五十六長官の私室の抽斗
(ひきだし)から、一通の、遺書と見
    られるものが出て来たそうです。(死の7か月前に書かれたもので
        す。)


      征戰以來幾萬の忠勇無双の將兵は命をまとに奮戰し護國の神と
      なりましぬ
      ああ我何の面目ありて見えむ大君に將又逝きし戰友の父兄に告
      げむ言葉なし
      身は鐵石に非らずとも堅き心の一徹に敵陣深く切り込みて日本
      男子の血を見せむ
      いざまてしばし若人ら死出の名残の一戰を華々しくも戰ひてや
       がてあと追ふわれなるぞ
       昭和十七年九月末述懷             山本五十六誌 
    
       (読みの注)見えむ……まみえむ
             將又………はたまた

      なお、
『 NHKオンライン』の中の『その時歴史が動いた』の第239回・
     「シリーズ真珠湾への道<後編>〜山本五十六運命の作戦決行〜」
     (平成17年12月7日放送)でも、この文章(一部省略)が紹介さ
     れました。 
   
    ☆『その時
歴史が動いた』第239回・シリーズ真珠湾への道<前編>
                                 〜山本五十六苦渋の作戦立案〜
    ☆『その時
歴史が動いた』第239回・シリーズ真珠湾への道<後編>
                                 〜山本五十六運命の作戦決行〜
      
お断り:以前はリンクが貼られていましたが、現在はリンクが
          はずされているようです。(2012年6月18日)

   4.平成20年12月2日付けの読売新聞が、山本五十六元帥の遺書と
    もいうべき昭和14年と昭和16年の2通の直筆の「述志」が発見さ
    れたことを掲載したと、読売新聞のサイトが伝えています。
      「山本五十六直筆「述志」発見、50年以上も不明」

          このことについて
『YOMUIRI ONLINE』に、「山本五十六の述志、大分
       の先哲史料館で展示始まる」という記事(2008年12月7日読売新聞)が出
       ていましたが、これは平成20年(2008)5月に、山本五十六の親友で大分
       県杵築市出身の元海軍中将・堀悌吉の孫宅(東京)で見つかった「述志」
       ほかの資料を展示したことについて報じたものでした。
                しかし、『YOMUIRI ONLINE』のこの記事は、現在は見られないようです。


    
  次に、読売新聞掲載の「述志」の写真によって、改行等を原本
    通りに改めた文を示しておきます。(変体仮名や平仮名の「く」
    を縦にのばした形の繰り返し符号は、普通の仮名に直しました。)

 

   述 志
     昭和十六年十二月八日

此度は大詔を奉して堂々の出陣
なれは生死共に超然たること
は難からさるへし
たゝ此戰は未曾有の大戰にして
いろいろ曲折もあるへく名を
惜み己を潔くせむの私心ありては
とても此大任は成し遂け得ま
しとよくよく覺悟せり
されは
 大君の御楯とたゝに
     思ふ身は
 名をも命をも惜ま
       さらなむ

 昭和十六年十二月八日
      山 本 五 十 六
             (花押)

                 
(2008年12月4日付記)

 

   5.昭和14年の「述志」が、資料3にあります。

   6
山本五十六元帥が戦死を遂げられたとき、元帥の死を悼む歌がい
    くつか作られました。その一つに、朝日新聞社撰定の『ますらをの
    道』(山本元帥の遺詠3首に曲をつけたもの)があります。
(山中
     恒著『ボクラ少国民と戦争応援歌』音楽之友社、昭和60年8月30日第1刷発
     行、昭和60年10月20日第2刷発行によりました。)

       朝日新聞社撰定『ますらをの道』
              山本元帥遺詠三首
              信時 潔 作曲 
     
益良雄(ますらを)のゆくとふ道をゆききはめ
      わが若人(わかうど)らつひにかへらず
     今宵もやてる月影をしるべにて
       仇うち居らむ空の男の子は
     大君の御楯(みたて)とただにおもふ身は
      名をもいのちも惜(を)しまざらなむ

      7
前掲の山中恒著『ボクラ少国民と戦争応援歌』によって山本五
    十六元帥を悼む歌の題名(作詞・作曲者名)を次にあげておきます。
    
      『ますらをの道』山本元帥遺詠、信時潔曲
      『山本元帥の歌』百田宗治詞・片山頴太郎曲
      『噫 山本五十六元帥』勝承夫詞・佐々木俊一曲
      『靈(みたま)かけりけむ』(山本元帥を悼みて)
                 佐藤春夫詞・清水脩曲
      『山本元帥』大木惇夫詞・海軍軍楽隊曲 

   
 
     なお、同書には歌詞が載せてあり、『ますらをの道』『山本元帥
    の歌』『噫 山本五十六元帥』については巻末に譜面も掲載されて
    います。)

   8.長岡市のホームページの中に、山本五十六記念館の紹介と、
    
提督・山本五十六ページ(肖像写真あり)があります。

        ◇長岡市(Top page→「観光」をクリック
            →「観る・楽しむ」の「資料館・美術館」
             →
山本五十六記念館 →「山本五十六記念館」

       ◇長岡市(Top page→「観光」をクリック
             → 「歴史・文化」の「ゆかりの偉人」 
              →
提督・山本五十六 「提督・山本五十六」

   9.国立国会図書館の『近代日本人の肖像』で、山本五十六元帥の肖像
    写真を見ることができます。
(写真をクリックすると拡大写真になります。)

   10.
『ぶらり重兵衛の歴史探訪』というサイトの「会ってみたいな、この人に」(銅像
       との出会い)の中に、山本五十六元帥の銅像の写真と解説があって、参考にな
       ります。

   11.
山本五十六元帥の言葉としては、「やってみせ言って聞かせてさせてみてほ
       めてやらねば人は動かじ」が有名ですが、この言葉について、
荻上紘一先生の
            
ホームページ「忍びざるの心─大学改革と人間教育─」というページがあり、
            その中に次のような記述がありましたので、引用させていただきました。
          お断り: このページには現在繋がらないようです。(2017.11.03)
          
         
なせば成る なさねば成らぬ 何事も 成らぬは人の なさぬなりけり
        は鷹山の作といわれ、米沢市の上杉神社には歌碑もある。この有名な歌が鷹
        山の作であるか否かはともかくとして、鷹山はこの歌を座右の銘として「藩政改
               革」を断行した。この他に、鷹山の作としては
                 してみせて 言って聞かせて させてみる
                が伝わっている。これは後年、
                 やってみせ 言って聞かせて させてみて ほめてやらねば 人は動かじ
                という山本五十六の言葉として人口に膾炙することとなったが、鷹山の「人間の
                心」に対する深い洞察が窺われる言葉である。

      
  なお、トップページから「忍びざるの心─大学改革と人間教育─」のページへの行き方は、
       次の通りです。念のため付記しておきます。

          
 トップページ → 東京都立大学総長 → 小文 → 忍びざるの心
                             → 「忍びざるの心─大学改革と人間教育─」

       
また、「2002年度卒業式式辞」の中でも同じことに触れておられますので、ご参照下さい。
            トップページ → 東京都立大学総長 → 挨拶 → 入学式・卒業式
                                           → 2002年度卒業式式辞

    12
.読売新聞2017年(平成29年)7月16日の日曜版の「名言巡礼」に、「厳しくも温
      かいリーダー」として、山本五十六の「やって見せ
……」の言葉が取り上げられ
      ています。(文・保高芳昭記者)
       ここには、稲川明雄著『山本五十六のことば』(新潟日報事業社)からの引用
      として、
       
やって見せ 説いて聞かせて やらせてみ 讃めてやらねば 人は動かぬ
    という形で紹介されています。
       解説の記事の一部を、少し引用させていただきます。
        「この言葉を、山本自ら書き残したものは見つかっていない。故郷・新潟県長岡市にあ
        る曹洞宗堅正寺
(けんしょうじ)の住職が、友人だった山本の信条として講話集の中で紹介
        した。/「褒める」でも、「誉
(ほ)める」でもない。「讃める」と書く。/「馬鹿な奴をおだてる
        と云うことではなく、共に喜ぶことなのであります」。住職は講話でそう解説している。/
        「率先垂範」を旨とする海軍では同様の訓戒が、さまざまな言い回しで受け継がれてい
        たようだ。/だから、似た言葉が他の提督の名前で伝えられても不思議ではないのだが、
        山本の「やって見せ──」が人口に膾炙(かいしゃ)しているのは、時流に抗して和平を唱え
        続け、開戦しても早期講和につながる戦果を得ようと真珠湾作戦の賭けに出た指揮官に、
        海軍でも傑出したリーダー像を見いだすからだろう。」
                                                 (2017年7月16日)

   
13. 『鳥飼行博研究室』というサイトに、「山本五十六海軍大将暗殺の検証・真珠
        湾攻撃首謀者への報復」というページがあります。

      14. 半藤一利著『山本五十六』(平凡社、2007年11月23日初版第1刷発行)が出ま
       した。同書「まえがき」によれば、「本書は、昭和61年(1986)に恒文社から刊行し
       た『山本五十六の無念』を支柱として、それに比較的最新の作を集めて新編集した
       もの」だそうです。

       15. 『 たむ・たむ(多夢・太夢)ページにようこそ!!』というサイトに、「山本五十六」
       というページがあり、昭和14年5月31日付けの「述志」の写真の他、参考になる記
             事が掲載されています。

  



 

                          トップページ(目次)