資料3 山本五十六元帥の「述志」(昭和14年)    


 


             述 志

       
       一死君国に報ずるは素より武人の本懐のみ、
       豈戦場と銃後とを問はむや。

       勇戦奮闘戦場の華と散らむは易し、

       誰か至誠一貫俗論を排し斃れて後已むの難きを知らむ。

       高遠なる哉君恩、悠久なるかな皇国。

       思はざるべからず君国百年の計。

       一身の栄辱生死、豈論ずる閑あらむや。

       語に曰く、

       丹可磨而不可奪其色、蘭可燔而不可滅其香と。

       此身滅す可し、此志奪ふ可からず。

         昭和十四年五月三十一日

              於海軍次官官舎

                       山本五十六

 

 

 

     (注) 1.  本文は、山本義正著『父・山本五十六 その愛と死の記録』(昭和44年8月15日
          
初版発行・昭和44年9月20日20版発行、光文社)<カッパブックス>によりました。
           ただし、「斃れて後已むの難きを知らむ」は、上記の本文に「斃れて
         已むの難きを知らむ」とあるのを(同書165頁)、下記「注10」に記した
            朝日新聞掲載の写真によって「後」を補いました。
また、仮名の「ん」を
           「む」に直しました。
(2008年12月2日追記)                  
                      2. 
文中の「丹可磨而不可奪其色、蘭可燔而不可滅其香」は、
            
上掲書では、「(あか)磨くべくして其の色奪ふべからず、
       蘭(や)くべくして其の香滅すべからず」と読ませています。
               この言葉は、
丹可磨而不可奪其色蘭可燔而不可滅其香
            
玉可碎而不可改其白金可銷而不可改其剛」という形で用いら
       れているようです。また、「
玉可碎而不可改其白、竹可破而
       不可毀其節
」という形も見られます。
      3.読みの注を補っておきます。
            豈
……あに。 誰か……たれか。 斃れて後已む……たおれてのちやむ。
            難きを……かたきを。 論ずる閑……ろんずるいとま。
      4.昭和16年の「述志」が、資料4にありますので、ご覧下さい。
      5.
長岡市のホームページの中に、山本五十六記念館の紹介と、
        
提督・山本五十六ページ(肖像写真あり)があります。  
           ◇長岡市(Top page→「観光」をクリック
               →「観る・楽しむ」の「資料館・美術館」
                →
山本五十六記念館 →「山本五十六記念館」
          ◇長岡市(Top page→「観光」をクリック
               → 「歴史・文化」の「ゆかりの偉人」 
                 →
提督・山本五十六 「提督・山本五十六」
      6.国立国会図書館の『近代日本人の肖像』で、山本五十六元帥の肖像
       写真を見ることができます。
(写真をクリックすると拡大写真になります。)
      『ぶらり重兵衛の歴史探訪』というサイトの「会ってみたいな、この人に」(銅像と
          の出会い)の中に、山本五十六元帥の銅像の写真と解説があって、参考になりま
          す。
         8. 『鳥飼行博研究室』というサイトに、「山本五十六海軍大将暗殺の検証・真珠湾
          攻撃首謀者への報復」というページがあります。
          9. 半藤一利著『山本五十六』(平凡社、2007年11月23日初版第1刷発行)が出ま
          した。同書「まえがき」によれば、「本書は、昭和61年(1986)に恒文社から刊行し
          た『山本五十六の無念』を支柱として、それに比較的最新の作を集めて新編集した
          もの」だそうです。
          10. 平成20年(2008)12月2日付け朝日新聞夕刊に、「山本五十六の遺書「述志」
          の原本 初公開へ」─大分・6日から 戦争への心境記す歌も─として、山本五十
          六の遺書として知られる「述志」の原本が、東京都内にある元海軍中将、堀悌吉
          (1883~1959)氏の孫の家で見つかったと報じられました。堀元中将の業績を調
          べている大分県教育委員会が1日発表した由です。
           見つかったのは、海軍次官だった39年と、連合艦隊司令長官時代の41年に書
          かれたもので、いずれも便箋に毛筆で書かれている由です。大分県出身の堀悌
           吉氏は、1930年のロンドン軍縮会議に海軍省軍務局長としてかかわり、軍縮を進
           める「条約派」の立場を取り、山本とは海軍兵学校の同期で互いに信頼し合って
          いたそうです。
           新聞に掲載された昭和14年の述志の写真によれば、改行等は次の通りです。
          (なお、文字に一部変体仮名が用いられていますが、ここでは普通の仮名に直し
          て記しました。また、末尾の「海軍次官々舎」の「々」は、原文は平仮名の「こ」を
          潰した形の繰り返し符号になっているようです。)

 

  述志  
一死君國に報するは素より
武人の本懷のみ豈戰場と
銃後とを問はむや
勇戰奮闘戰場の華と散ら
むは易し誰か至誠一貫俗論
を排し斃れて後已むの難き
を知らむ
 高遠なる哉君恩 
 悠久なるかな皇國
思はさるへからす君國百年
の計 一身の榮辱生死
豈論する閑あらむや
語に曰く
丹可磨而不可奪其色蘭可
燔而不可滅其香  と
此身滅す可し此志奪ふ可
からす
 昭和十四年五月卅一日
 於海軍次官々舎 山本五十六
            (花押)

                   (2008年12月2日追記)

 

          11. 『asahi.com』 に「山本五十六の遺書「述志」の原本発見 堀悌吉の子孫宅 」 とい  
         う平成20年(2008)12月2日付け朝日新聞夕刊の記事が出ていましたが、現在は見
          られないようです。
          12. かつて、『YOMUIRI ONLINE』に、「山本五十六の述志、大分の先哲史料館で展示
          始まる」という記事(2008年12月7日読売新聞)が出ていました。これは平成20年(20
          08)5月に、山本五十六の親友で大分県杵築市出身の元海軍中将・堀悌吉の孫宅
          (東京)で見つかった「述志」ほかの資料を展示したことについて報じたものでした。
          しかし、『YOMUIRI ONLINE』のこの記事も、現在は見ることができないようです。
          13. 『 たむ・たむ(多夢・太夢)ページにようこそ!!』というサイトに、「山本五十六」
          いうページがあり、昭和14年5月31日付けの「述志」の写真の他、参考になる記事が
          掲載されています。
 

 

 

 

 

                                                                           

                          
             トップページ(目次)