資料84 若山牧水の詩「枯野の旅」(暮坂峠詩碑)



 

 枯野の旅  若山牧水

 

 


乾きたる
落葉のなかに栗の實を
濕りたる
朽葉
(くちば)がしたに橡(とち)の實を
とりどりに
拾ふともなく拾ひもちて
今日の山路を越えて來ぬ

長かりしけふの山路
樂しかりしけふの山路
殘りたる紅葉は照りて
餌に餓うる鷹もぞ啼きし

上野
(かみつけ)の草津の湯より
澤渡
(さわたり)の湯に越ゆる路
名も寂し暮坂峠


 

 



        (注)  1. 詩の本文は、本山桂川著『写真 ・文学碑 ─忘れじの詩歌─ 』(社会思想
         研究会出版部刊、現代教養文庫 297、昭和35年10月30日初版第1刷発
         行)によりました。
           ただし、同書掲載の写真により、詩を3連に分かち、漢字を旧漢字に改
          めました。
         2. 雄鶏社版『若山牧水全集』第七巻所収及び増進会出版社版『若山牧水
          全集』第十二巻所収の『樹木とその葉』の「枯野の旅」とも照合しました。
            散文集『樹木とその葉』には、「枯野の旅」と題して五つの詩がおさめて
          あり、上掲の詩はその最初の詩です。(『樹木とその葉』という散文集には、
          紀行文は含まれておらず、「枯野の旅」の他、数編の詩が収められていま
          す。)
                      ※ 青空文庫で、『樹木とその葉』の
「枯野の旅」の五つの詩を見ることが
             できます(底本は雄鶏社版『若山牧水全集』第七巻)。
         3. 漢字の振り仮名(ルビ)は、括弧に入れて示しました。
         4. 暮坂峠は、群馬県吾妻郡中之条町と六合(くに)村の境にあります。標
          高1086mの暮坂峠の頂上に昭和32年10月に建てられたこの詩碑につい
          ての解説を、本山桂川氏の前掲書から次に引用させていただきます。

             高さ三メートルほどの切り立ったコンクリート打込みの台石の右上方
            に、一 ・三二メートルほどの牧水旅装の立像をおき、台石の正面に長
            方形黒御影の磨石をはめ、「枯野の旅」の詩を刻む。活字体の書は高
            橋錦吉氏の筆、設計および塑像は、新制作協会の西常雄氏の手に成
            った。
             詩を刻んだ御影石の下方には、別に小さな石板をはめ、次の一文が
            記されている。 
                 上州の山川を深く愛した歌人若山牧水は、大正十一年十月十九
                  日、草津から小雨を經て澤渡に向つたが、途中花敷温泉に下つて、
                  一泊、翌二十日この峠を越えて、この名作を殘した。
               すなわちここはいわゆる「牧水行路」と呼びならわされた牧水旅程の一
              路線であった。(同書30頁)

         5. 長野県上田市を起点として、軽井沢、群馬県草津町、沼田市などを経て栃木県
          宇都宮市に至る全長350kmの街道は、日本における最もドイツ的自然景観を有
          し、近代日本の黎明期にドイツ文化の影響を受けた街道であるということで、「日本
          ロマンチック街道」と名づけられた由です。(「日本ロマンチック街道」の命名者は、
          元草津温泉協会長の中沢晃三氏。草津温泉の研究で有名なドイツ人ベルツ博士
          との関係から、日本で最もドイツ的な自然景観を有するというこの街道を「日本ロマ
          ンチック街道」と名づけたそうです。)
            暮坂峠のある県道中之条草津線(県道55号線)は、その「日本ロマンチック街道」
          の一部になっています。
            なお、ウィキペディアによれば、「日本ロマンチック街道」は1987(昭和62)年4月
          に発足、発足当時は長野県小諸市から栃木県日光市までの230kmであったが、後
          に延長されて現在の長野県上田市から栃木県宇都宮市までの350kmになったとい
          うことです。
                6. フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』に
「日本ロマンチック街道」の項目が
          あります。
             7. 若山牧水の全歌集が、
『J−TEXTS日本文学電子図書館』に収録されています。
         8.
『沼津市若山牧水記念館』のホームページがあり、年譜や牧水作品一覧、その
          他が見られます。
         9. 宮崎県の東郷町若山牧水顕彰会のホームページ
『若山牧水』があり、年譜や
          牧水歌碑集、その他が見られます。
        10. 宮崎県
東臼杵郡東郷町商工会のホームページ『牧水のふるさと、とうごう 
          東郷町商工会』に、「若山牧水」や東郷町の「若山牧水記念文学館」などの簡単
          な紹介が
あります。        
         
牧水のふるさと、とうごう 東郷町商工会
        
   → 「東郷町いろいろ」 → 若山牧水
             → 「観光・レジャー」 → 東郷町内の見どころ 
                         「若山牧水生家」「牧水公園「若山牧水記念文学館」

          11.中央大学文学部文学科国文学専攻渡部芳紀研究室のホームページの中に
          「若山牧水文学散歩」があって、牧水の旅の足跡が紹介してあります。
          12.六合村
(くにむら)観光協会のホームページに、「暮坂峠」のページがあります。

 

 

 



                      
 トップページ(目次)    前の資料へ  次の資料へ