資料81 乃木希典「金州城下作」(詩)



       
金州城下作   乃木 希典

 

山川草木轉荒涼
十里風腥新戰場
征馬不前人不語
金州城立斜陽

 

 


 

 

 

  金州城下の作
山川草木
(さんせんそうもく)(うたた)荒涼、

十里 風腥(なまぐさ)し 新戰場。
征馬(せいば)(すす)まず 人語らず、
金州城外 斜陽立つ。
 

 




    (注) 1.詩の本文は、新釈漢文大系46『日本漢詩 下』(猪口篤志著、明治
         書院昭和47年9月25日初版発行)によりました。
          作者の乃木希典については、同書の「詠富岳」の詩の「作者」の項
         (629〜634頁)に詳しい紹介があります。
        2.この詩の題を「金州城作」とするものもあるようです。
        3.金州は、今の中国の東北地区、遼東半島の先端、大連の北東にあ
         たる所で、日露戦争の激戦地であり、乃木将軍の長男陸軍歩兵中尉
         乃木勝典戦死の場所でもあります。勝典中尉は、明治37年5月27日に
         戦死、乃木将軍は6月7日にここへ来て、わが子を含めた戦死者の英
         霊を弔ってこの詩を作った由です。
          なお、乃木将軍は11月30日に次男保典をも二〇三高地の戦いで失っ
         ています。
        4.乃木希典(のぎ・まれすけ)=軍人。陸軍大将。長州藩士。日露戦
             争に第三軍司令官として旅順を攻略。後に学習院長。明治天
             皇の大葬当日、自邸で妻静子とともに殉死。(1849〜1912)   
                                 
  (『広辞苑』第6版による。)
        5.語釈  轉=「うたた」と読む。いよいよ。
               征馬=軍馬。
               城外=町はずれ。
        6. 国立国会図書館の
『近代日本人の肖像』で、乃木希典の肖像写真
         見られます。
        7.
『国立国会図書館デジタルコレクション』で、乃木希典述・岡本学編の
         
『修養訓』 (吉川弘文館、明治45年2月発行)を見る(読む)ことができます。
         





                 トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ