資料79 文部省唱歌「二宮金次郎」




               
二宮金次郎      文部省唱歌
 

 

一 柴刈り繩なひ草鞋(わらぢ)をつくり、
    親の手を助
(す)け弟(おとと)を世話し、
  兄弟仲よく孝行つくす、
    手本は二宮金次郎。

二 骨身を惜
(をし)まず仕事をはげみ、
    夜なべ済まして手習
(てならひ)読書、
  せはしい中にも撓
(たゆ)まず学ぶ、
    手本は二宮金次郎。

三 家業大事に費
(つひえ)をはぶき、
    少しの物をも粗末にせずに、
  遂には身を立て人をもすくふ、
    手本は二宮金次郎。

 

 

               
            『尋常小学唱歌(ニ)』明治44年6月

 



    (注) 1.  歌詞は、岩波文庫『日本唱歌集』(堀内敬三・井上武士/編、昭和30年12月
              20日第1刷発行
)によりました。ただし、表記を歴史的仮名遣いに変えました。
        2. 講談社文庫の『日本の唱歌 [上] 』(明治篇)(金田一春彦・安西愛子/編、
         
昭和52年10月15日第1刷発行、昭和57年7月30日第3刷発行)によれば、「この歌
          は、昭和16年の『ウタノホン』で姿を消した」そうです。 
        3. 『幼年唱歌(四ノ下)』(明治35年9月)に、桑田春風(くわだ・しゅんぷう)作
          詞、田村虎蔵作曲の「二宮尊徳」があります。
                  
二宮尊徳        桑田春風
            一 朝(あした)に起きて、山に柴刈り、
               草鞋(わらぢ)作りて、夜(よ)は更くるまで、
               路ゆく暇(ひま)も、書(ふみ)を放たず、
               あはれ、いぢらし、この子、誰(た)が子ぞ。
            二 勤倹力行(りよくかう)、農理をさとり、
               世に報徳の、教(をしへ)をつたへ、
               荒地拓(ひら)きて、民を救ひし、
               功績(いさを)のあとぞ、二の宮神社。 
            上記の歌詞は、講談社文庫の『日本の唱歌 [上] 』(明治篇)(金田一
           春彦・安西愛子/編)により、仮名遣いを歴史的仮名遣いに改めました。  
        4. 『d-score』というサイトで、栢山混声合唱団による、文部省唱歌「二宮金
          次郎」の合唱を聞くことができます。
               → 
『d-score』 → 「二宮金次郎」




             
トップページ(目次) 前の資料へ  次の資料へ