資料58 詩「うめぼし」(「尋常小学読本巻五」所収)


           
うめぼし            

 

二月・三月花ざかり、
うぐひす鳴いた春の日の
たのしい時もゆめのうち。
五月・六月実がなれば、
枝からふるひおとされて、
きんじよの町へ持出され、
何升何合はかり売。
もとよりすつぱいこのからだ、
しほにつかつてからくなり、
しそにそまつて赤くなり、
七月・八月あついころ、
三日三ばんの土用ぼし、
思へばつらいことばかり、
それもよのため、人のため。
しわはよつてもわかい気で、
小さい君らのなかま入、
うんどう会にもついて行く。
ましていくさのその時は、
なくてはならぬこのわたし。
 

 

             (『尋常小学読本巻五』所収)



 

 

(注) 1.  詩の本文は、朝日新聞 2002(平成14)年12月16日付け夕刊に掲載された、
           「懐歌詞(なつかし)のうめぼし」という記事の、「明治時代の
『尋常小学読本
           巻五』から」という写真によりました。
              教科書の表題は、「第十 うめぼし」となっています。
       なお、海後宗臣・仲新編纂『日本教科書大系』近代編 第七巻 国語(四)
      
(講談社、昭和38年11月10日発行)とも照合しましたが、こちらは詩の1行目が
      「二月・三月花かざり」と誤植になっていました。

         
2. 詩中の漢字は、常用漢字に改めてあります。
         3. 詩の作者名は出ていません。
     4.上記の朝日新聞の「懐歌詞(なつかし)のうめぼし」という記事によると、
            「うめぼしのうた」として、詩の一部を変えたり、メロディーがつけられたり、
            続きができたりしながら、今なお歌い継がれているそうです。 
        なお、同記事の解説には、「教科書研究センター(東京)によると、1910
      (明治43)年から全国で使われた小学3年向け国語教科書「
尋常小学読
            
本巻五」に載っていた。20(大正9)年に出た同教科書の第2期修正本に
            も掲載され、東京など1府7県で使われた。(中略)明治末期には音楽の
            教科書にも掲載されていたが、楽譜はなかった(後略)」とあります。
     5.
広島大学図書館蔵 教科書コレクション』というページが広島大学図書
      館のホームページにあり、ここで
『尋常小学読本巻五』の詳しいデータを見
      ることができます。
        
広島大学図書館 
          → 
広島大学図書館蔵 教科書コレクション画像データベース』
        
「キーワード検索」で、「尋常小学読本巻五」と入力して検索すると、「尋常小学読本
       巻五」の
データが出て来ます。 
        (一部の「画像データ」が見られますが、画像を見るためには画像をダウンロードしな
        ければならないようです。しかも、画像が小さくて、「もくじ」の文字がはっきり読み取れ
        ません。もう少し簡単に、そして画像がはっきり見られるといいのですが……。私の操
        作方法が間違っているのでしょうか。 2016年9月3日現在)

     6.  フリー百科事典『ウィキペディア』に、 「うめぼしのうた」の項目がありま
      す。
 

 


 
                                  
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ