資料571 ナイチンゲール誓詞(Nightingale Pledge) 

 


 

     Nightingale Pledge

 

 

I solemnly pledge myself before God and in the presence of this assembly, to pass my life in purity and to practice my profession faithfully. I will abstain from whatever is deleterious and mischievous, and will not take or knowingly administer any harmful drug. I will do all in my power to maintain and elevate the standard of my profession, and will hold in confidence all personal matters committed to my keeping, and all family affairs coming to my knowledge in the practice of my calling. With loyalty will I endeavor to aid the physician in his work, and devote myself to the welfare of those committed to my care.   (1893)



 

 

   ナイチンゲール誓詞

 

 

我は此処(ここ)に集ひたる人々の前に厳かに神に誓はん、我が生涯を清く過ごし、我が任務(つとめ)を忠実に尽くさんことを。
我は総て毒あるもの害あるものを絶ち、悪(あ)しき薬を用ゐることなく、また知りつつこれをすすめざるべし。
我は我が力の限り我が任務(つとめ)の標準(しるし)を高くせんことを努むべし。我が任務(つとめ)にあたりて取り扱へる人々の私事(しじ)のすべて、我が知り得たる一家の内事(ないじ)のすべて、我は人に洩らさざるべし。
我は心より医師を助け、我が手に託されたる人々の幸(さち)のために身を捧げん。

    * * * * *

私は、私の生涯を清く過ごし私の任務を忠実に行うことを、ここに集う人々の面前で、厳かに神に誓います。
私は、どんなものも毒あるもの害あるものは一切絶ち、有害な薬はどんなものも用いることなく、また、知っていながらこれを人に与えることは致しません。
私は、私の任務の標準を維持し、高めることに全力で努めます。私は、任務に当たって私が取り扱った人々の個人的な情報のすべて、職業上知り得た一家の私的事情のすべてを、人に漏らすことは致しません。
私は、誠実に仕事上の医師を助け、私の手に託された人々の幸せのために身を捧げます。
      


 

 

 

  

 

 

(注) 1. 上記の「ナイチンゲール誓詞(Nightingale Pledge)」はTHE TRUTH ABOUT
      NURSING”というサイト
に掲載されている“The Florence Nightingale Pledge”

      1893年の“Nightingale Pledge
によりました。
            → 
THE TRUTH ABOUT NURSING
               → 
The Florence Nightingale Pledge” 
                               
  Nightingale Pledge,  1893
    2.
Nightingale Pledge の一般的な訳(上の最初に挙げた訳)が、いつ、誰によって
      訳されたものかをご存じの方がおられましたら、ぜひお教えください。

     3. 日本語訳の2番目のものは、引用者の訳したものです。お気づきの点を教えてい 
      ただければ幸いです。
 
     「ナイチンゲール誓詞(Nightingale Pledge)」について、フリー百科事典『ウィキペ
      ディア』の「ナイチンゲール」の項に、
        ナイチンゲール誓詞(Nightingale Pledge)は、1893年アメリカ合衆国ミシガン州デト
        トロイト市にあるハーパー病院(Harper Hospital)のファーランド看護学校(Farrand
        Training School for Nurses)
の校長リストラ・グレッター(Lystra Gretter)夫人を委員
        長とする委員会で、ナイチンゲールの偉業を讃え作成されたものである。
        ナイチンゲールの看護に対する精神を基とし、医学に携わる看護師としての必要
        な考え方、心構えを示したものである。
        医師にとっての「ヒポクラテスの誓い」にならって、看護師の戴帽式や卒業式に、
        ナイチンゲール誓詞により誓いをたてる。
      とあります。
         → 
フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「フローレンス・ナイチンゲール」

 

            

 

 

 


                                トップページ(目次)