料559  萩原朔太郎の詩「旅上」         


 

          旅 上  

                萩 原 朔 太 郎


       ふらんすへ行きたしと思へども

       ふらんすはあまりに遠し

       せめては新しき背広をきて

       きままなる旅にいでてみん。

       汽車が山道をゆくとき

       みづいろの窓によりかかりて

       われひとりうれしきことをおもはむ

       五月の朝のしののめ

       うら若草のもえいづる心まかせに。

       

 

 

(注) 1. 上記の詩「旅上」は、『日本現代詩大系 第6巻』近代詩(三)(河出書房、昭和26年
     11月15日発行)
によりました。
    2. 「旅上」は、朔太郎の第4詩集『純情小曲集』(大正14年8月12日、新潮社発行)の
     《愛憐詩篇》に収められています。
      《愛憐詩篇》の詩について、作者は自序に「愛憐詩篇」の中の詩、すべて私の
     少年時代の作品であつて、始めて詩といふものをかいたころのなつかしい思ひ出で 

     ある。この頃の詩風はふしぎに典雅であつて、何となくあやめ香水の匂ひがする。
     
と書いています。
       初出については、 『現代詩の解釈と鑑賞事典(小海永二編、旺文社・1979年初版)
     
に、「旅上」は最初北原白秋主宰の『朱欒(ザンボア)』大正2年5月号に、「夜汽車」など
     4編とともに発表、詩壇へのデビューとなった詩編の一つであるとあります。

    3. 「旅上」の意味について
      伊藤信吉氏の『鑑賞現代詩饗臉機戞蔽淤狃駛次1968年2月15日新版第2刷発行)に、
     「旅上というのは特殊な字使いだが、この詩の発想からいえば「旅立ち、旅に出る、旅に
     上る」という意味になる。「旅情」の気分もある。なお、室生犀星にも「旅上」と題する抒情
     小曲がある」とあります。
      
また、 小海永二氏の『現代詩の解釈と鑑賞事典に、「旅上─旅に上る、旅立ちの意か。
     旅情に通じる」とあります。
       参考までに、室生犀星の「旅上」を引いておきます。
              旅 上
          旅にいづらば
          はろばろと心うれしきもの
          旅にいづらば
          都のつかれ、めざめ行かむと
          緑を見つむるごとく唯信ず
          よしや趁はれて旅すこころなりとも
          知らぬ地上に印す
          あらたなる草木とゆめと唯信ず
          神とけものと
          人間の道かぎりなければ
          ただ深く信じていそぐなりけり
                     『抒情小曲集』 (大正7年、感情詩社発行)所収。
                 趁……音・チン。意味・追う。

    4. 「五月」の読みについて
       「五月」の読みには「ごがつ」「さつき」の二つがあって、確定していないようです。今ま
     で「ごがつ」と読んでいましたが、『萩原朔太郎全詩集詩語用例索引』(菅邦男編、風間
     書房・1986年
2月発行)では「さつき」と読んでいるそうです。
       ただ、『現代詩の解釈と鑑賞事典』には、『朱欒(ザンボア)』誌上では題がなく〇印を
     付しただけであったが、その年の九月ごろまでに詩人自身が保存用に浄書した「習作
     集第八巻」には、〈一九一三、四〉という制作日付と題も「五月」と表記されているとあ
     ります。ここに題とした書いた「五月」に振り仮名がつけてないことから考えると、作者
     自身も「ごがつ」と読んでいたのであろうと考えられます。
       また、『鑑賞現代詩饗臉機戮琉貌信吉氏も、『現代詩の解釈と鑑賞事典』
の小海
     永二氏も、いずれも「五月」の読みに特に触れておられないのは、お二人ともこれを
     「ごがつ」と読んでおられるからであろうと思われます。
      ということで、詩中の「五月」は「ごがつ」と読むのではないかと思うのですが、いか
     がでしょうか。
      ついでに言うと、作曲家の團伊玖磨氏も、「旅上」の「五月」を「ごがつ」と読んで作曲
     しておいでです。

    5. 萩原朔太郎(はぎわら・さくたろう)=詩人。群馬県生れ。慶大中退。口語自由詩を
           芸術的に完成して新風を樹立。詩集「月に吠える」「青猫」「氷島」、詩論集
           「新しき欲情」「虚妄の正義」など。(1886〜1942) (『広辞苑』第6版による。)
    6. 早稲田大学図書館の『古典籍総合データベース』に、大正14年8月12日新潮社
     発行の『純情小曲集』が入っていて、「旅上」のページを画像で見ることができます。
       
早稲田大学図書館『古典籍総合データベース』
                 → 
『純情小曲集』 → 「旅上」                                               
    7. フリー百科事典『ウィキペディア』に、萩原朔太郎の項があります。
         
フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「萩原朔太郎」
    
    

 

 



                     
 トップページ(目次)    前の資料へ  次の資料へ