資料554 「一旦有緩急」(『史記』袁盎鼂錯列伝第四十一より)

  
   
 
    
 
        
一旦有緩急   『史記』袁盎鼂錯列伝第四十一より                

 

呉楚已破。上更以元王子平陸侯禮爲楚王、爲楚相。嘗上書有所言、不用袁病免、居家。與閭里浮沈、相隨行鬭雞走狗。雒陽劇孟嘗過善待之。安陵富人有謂曰、吾聞、劇孟博徒。將軍何自通之。、劇孟雖博徒、然母死、客送葬、車千餘乘。此亦有過人者。且緩急人所有。夫一旦有急叩門、不以親爲解、不以存亡爲辭、天下所望者、獨季心劇孟耳。今公常從數騎、一旦有緩急、寧足恃乎。罵富人、弗與通。諸公聞之、皆多

 

 


呉楚已に破る。上(しやう)(あらた)めて元王の子平陸侯禮を以て楚王と爲し、(ゑんあう)楚の相と爲す。嘗て上書して言ふ所有るも、用ひられず。袁病みて免ぜられ、家に居(を)る。閭里(りより)と浮沈し、相(あひ)隨行して鬭雞(とうけい)走狗す。雒陽(らくやう)の劇孟(げきまう)嘗て盎に(よぎ)るに善く之を待つ。安陵の富人(ふうじん)に謂ふ有りて曰く、吾聞く、劇孟は博徒(ばくと)なりと。將軍何ぞ自(みづか)ら之と通ずる、と。盎曰く、劇孟は博徒なりと雖(いへど)も、然(しか)れども母死するや、客の葬を送(おく)るもの、車(くるま)千餘乘なり。此れ亦た人に過ぐる者有ればなり。且つ緩急は人の有る所なり。夫(そ)れ一旦急有りて門を叩くに、親を以て解と爲さず、存亡を以て辭と爲さず、天下の望む所の者は、獨(ひと)り季心(きしん)・劇孟のみ。今、公常に數騎を從ふも、一旦緩急有らば、寧(なん)ぞ恃(たの)むに足らんや、と。富人を罵(ののし)り、與(とも)に通ぜず。諸公之を聞き、皆盎を(た)とす

 


 (注) 1. 上記の「一旦有緩急」(『史記』袁盎鼂錯列伝第四十一より)の本文は、新釈漢文
      大系91の『史記 十一(列伝四)』(青木五郎著、明治書院・平成16年6月30日初
      版発行)によりました。 漢の文帝・景帝時代の朝臣、袁盎(えんおう)と鼂錯(ちょう
      そ)の二人の列伝です。
        なお、「一旦有緩急」という見出しは引用者が仮につけたものです。
       2. 上記の本文は、新釈漢文大系の本文から返り点を省略して掲げてあります。
      新釈漢文大系には、返り点のついた本文、書き下し文のほかに、「通釈」 「語釈」
      「余説」があります。 

       3. 「有緩急」の読み方について
       上の書き下し文には
今、公常に數騎を從ふも、一旦緩急有らば、寧(なん)ぞ恃
      
(たの)むに足らんや、と。
」とありますが、この本の且緩急人所有」の「緩急」の「語釈」
      には
〇緩急 もともと「緩」は平穏無事、「急」は危急災厄をいうが、「急」に重点
      れがおかれた偏義辞として用いられることが多い。後文の「一旦緩急
有れば、寧ん
      
むに足らんや」は、その例 とあります。
       書き下し文に「一旦緩急
有らば」とあり語釈に「一旦緩急有れば」とあるので、
      者の青木氏が「一旦有緩急、寧足
恃乎」の「有緩急」を、「緩急有らば」と読んでお
      られるのか、「緩急有れば」と読んでおられるのか、ちょっと曖昧です。
       手元の『廣漢和辭典』には、「緩急」のところに、「〔史記、袁盎傳〕一旦有
ラバ緩急
      寧
ランムニ乎。」とあり、ここでは「緩急有らば」と読んでいます。
       また、『國譯漢文大成』(経子史部第15巻)でも、「緩急有らば」と訓読しています。
       4. 教育勅語の「一旦緩急アレハ」について
        教育勅語に「一旦緩急アレハ」とあることが話題になりますが、これに対しては、
      仮定条件を示すところだから「緩急あらば」とするのが文法的には正しい、という
      意見と、(陽関三畳で知られる詩でも、「西の方陽関を出づれば故人なからん」と
      読んでいるように、)漢文訓読としては特に仮定条件と確定条件とを区別しない慣
      習があったから、漢文訓読調の勅語はこれで問題ない、とする意見とがあるようで
      す。
       なお、これについては、フリー百科事典『ウイキペディア』の「教育ニ関スル勅語」
      の項に「文法誤用説」という項目があり、次のように書かれています。この解説は、
      誤用ではないとする立場で書かれているように見えます。
           → 
フリー百科事典『ウイキペディア』の「教育ニ関スル勅語」の項

        文法誤用説
         
教育勅語に文法の誤用があるという説がある。すなわち、原文「一旦緩急アレバ義勇公
         ニ奉ジ」部分の「アレバ」は、条件節を導くための仮定条件でなくてはならず、和文の古典
         文法では「未然形+バ」、つまり「アラバ」が正しく、「アレバ」は誤用である、とする説であ
         る。1910年代に中学生だった大宅壮一が国語の授業中に教育勅語の誤用説を主張した
         ところ教師に諭された、と後に回想している。これに対して、教育勅語は漢文訓読調であ
         るから、条件節であっても「已然形+バ」とするのが普通である。古文でも、万葉集「瓜食
         めば……」百人一首「明けぬれば……」は、瓜を食うといつも、という恒常条件を表し、誤
         りではない。

        この解説の最後の部分には「恒常条件」を出して説明していますが、「漢文訓
       読調であるから、条件節であっても「已然形+バ」とするのが普通である」という
       説明と「恒常条件」という説明とが、どう関連するのかが不明です。
        もしかしたらこの解説文は、
         
これに対して、教育勅語は漢文訓読調であるから、条件節であっても「已然形+バ」と
         するのが普通であって誤りではない、とする説がある。また、古文にも、万葉集に「瓜食
         めば……」、百人一首に「明けぬれば……」という表現があり、これは「瓜を食うといつ
         も……」、「夜が明けると必ず……」という恒常条件を表しており、ここも「緩急の事態が
         あるときはいつも」という恒常条件の用法とみることができ、誤りではない、とする説も
         ある。
  
       と書くつもりだったのかもしれません。
       

 



                  トップページ(目次)