資料518 香厳撃竹・霊雲桃花 (『正法眼蔵』溪声山色)

 


    

 

 

    香嚴撃竹      (『正法眼藏』溪聲山色)

又香嚴智閑
(きやうげんしかん)禪師、かつて大潙大圓(だいゐだいゑん)禪師の會(ゑ)に學道せしとき、大潙いはく、「なんぢ聰明博解(そうみやうはくげ)なり。章疏(しやうしよ)のなかより記持(きぢ)せず、父母未生已前(ぶもみしやういぜん)にあたりて、わがために一句を道取(だうしゆ)しきたるべし。」
 香嚴、いはんことをもとむること數番
(スバン)すれども不得(ふて)なり。ふかく身心をうらみ、年來たくわ〔は〕ふるところの書籍(しよジヤク)を披尋(ひじん)するに、なを〔ほ〕茫然(ばうぜん)なり。つゐ〔ひ〕に火をもちて年來あつむる書をやきていはく、「畫(ゑ)にかけるもちい〔ひ〕は、うゑをふさぐにたらず。われちかふ、此生(ししやう)に佛法を會(ゑ)せむことをのぞまじ、たゞ行粥飯僧(あんしゆくはんぞう)とならん。」といゝ〔ひ〕て、行粥飯(あんしゆくはん)して年月をふるなり。行粥飯僧といふは、衆僧(しゆぞう)に粥飯を行益(あんいつ)するなり。このくにの陪饌役送(ばいせんやくそう)のごときなり。
 かくのごとくして大潙にまふ〔う〕す、「智閑
(しかん)は心神昏昧(しんしんこんまい)にして道不得(だうふて)なり。和尚わがためにいふべし。」
 大潙のいはく、「われ、なんぢがためにいはんことを辭せず。おそらくはのちになんぢわれをうらみん。」
 かくて年月をふるに、大證國師の蹤跡をたづねて武當山にいりて、國師の庵のあとにくさをむすびて爲庵
(ゐあん)す。竹をうゑてともとしけり。あるとき、道路を併淨(ヒンジヤウ)するちなみに、かわ〔は〕らほどばしりて竹にあたりて、ひゞきをなすをきくに、豁然(くわつねん)として大悟(だいご)す。沐浴し、潔齊して、大潙山にむかひて燒香禮拜(せうかうらいはい)して、大潙にむかひてまふ〔う〕す、「大潙大和尚、むかしわがためにとくことあらば、いかでかいまこの事あらん。恩のふかきこと、父母(ぶも)よりもすぐれたり。」つゐ〔ひ〕に偈をつくりていはく、
 「一撃亡所知、 《一撃
(いちぎやく)に所知を亡ず、
  更不自修治。  更に自ら修治
(しゆぢ)せず。
  動容揚古路、  動容古路を揚ぐ、
  不墮悄然機。  悄然の機に墮
(お)ちず。
  處々無蹤跡、  處々蹤跡無し、
  聲色外威儀。  聲色外
(しやうしきぐわい)の威儀(ゐぎ)なり。
  諸方達道者、  諸方達道の者、
  咸言上々機。  咸
(ことごと)く上々の機と言ふ》。」
 この偈
(げ)を大潙に呈す。大潙いはく、「此子徹也(ししてつや)。」


    雲桃花      (『正法眼藏』溪聲山色)

 又靈雲志勤(しきん)禪師は、三十年の辦道なり。あるとき、遊山(ゆさん)するに、山脚(さんきやく)に休息して、はるかに人里(にんり)を望見(ばうけん)す。ときに春なり。桃花(たうくわ)のさかりなるをみて、忽然(こつねん)として悟道す。偈をつくりて大潙(だいゐに呈するにいはく、 
  「三十年來尋劒客、 《三十年來尋劒の客、
  幾囘葉落又抽枝。  幾囘
(いくたび)か葉落ち又枝を抽(ぬき)んづる。
    自從一見桃花後、  一
(ひと)たび桃花を見てより後(のち)
  直至如今更不疑。  直
(ぢき)に如今(いま)に至るまで更(さら)に疑はず》。」
 大潙いはく、「從縁入者
(じゆうえんにつしや)、永不退失(えうふたいしつ)。」
 すなはち許可するなり。いづれの入者
(につしや)か從縁せざらん、いづれの入者(につしや)か退失あらん。ひとり勤(きん)をいふにあらず。つゐに大潙に嗣法す。山色の淸淨身にあらざらん、いかでか恁麼(いんも)ならん。

 

 


 
 

 

    (注)  1. 本文は、日本古典文学大系81『正法眼蔵 正法眼蔵随聞記』(西尾實、鏡島元隆、
         酒井得元、水野彌穗子・校注、岩波書店・昭和40年12月6日第1刷発行)によりまし
          た。
          「香厳撃竹(きょうげんぎゃくちく)」「霊雲桃花(れいうんとうか)」の見出しは、原文に
         はついていません。
         2. なお、ここでは本文を引用するだけにして、大系本の頭注にある語句の解説や巻末
         の補注は引きませんでした。ただ、「香厳撃竹」の本文にある「かわ〔は〕ら」について、
         頭注に、
          「小石。「礫  カハラ」(名義抄)」
         とあるのと、「霊雲志勤」について、補注に、
          「志勤は、通例シゴンと読むが、底本は「志覲」とあり、シキンと読んだと推測される」
         とあるのと、「香厳撃竹」について、辦道話の頭注に、
          「香厳(きょうげん)撃竹(ぎゃくちく)」
         とあるのだけ、ここに引いておきます。「撃竹」は、「げきちく」とも読まれているようです。

          また、この二つの話については、『正法眼蔵』辦道話の終わり近くに、
           とふていはく、乾唐
(カムタウ)の古今(ココム)をきくに、あるいはたけのこゑをきゝて
           道
(ダウ)をさとり、あるいははなのいろをみてこゝろお〔を〕あきらむる物あり(以下、
           略)。 (「物は者に同じ」と頭注にあり。)
          とあります。
         2. 「渓声山色」の底本については、日本古典文学大系の巻頭の「解説」に次のように
          あります。
           
洞雲寺本を底本とし、七十五巻の諸本を参考とした。ふりがなは梵清本にあるものをカタカナで
            つけた。

        3. 「香厳撃竹」の本文中の陪饌役送」の「役」は、原文では人偏(にんべん)になって
          います。
また、「沐浴し、潔齊して」とある「潔齊」は、大系本のままです。
           
なお、大系本に「燒香禮拜(せうかうらいはい)して、大潙にむかひてまふす」とある「ま
          ふす」に、「まふ〔う〕す」と、引用者が〔う〕を補いました。大系本では前に出ている
          「まふす」に〔う〕を補ったので、二度目の
ここには補わなかったものと思われます。
        4. 凡例から、参考になると思われる部分を引いておきます。
          ○ 各巻の底本を忠実に再現することにつとめた。
           ○ ふりがなは(中略)採用した古写本のかなはカタカナでつけ、校訂者のつけたふりがなはひらが
            なでつけた。

           ○  かなづかいも原文の通りとした。但し、読みにくいものには、その字の右側に( )に入れて、歴史
            的かなづかいを注記した。校訂者のつけたふりがなは、歴史的かなづかいとした。(お断り:ここで
            は、歴史的仮名遣いの注記を〔 〕に入れて全角で示しました。)
 
           ○ 正法眼蔵の中に引用されている漢文は、原則として棒読みにするのが望ましいので、白文のま
            まあげたが、読解を助けるため、白文の次に《 》をつけて訓読文を示した。

             ○
原文は、礼拝得髄巻の後半を除いてすべて本文・ふりがなとも濁音はない。濁音符号はすべて
                 校訂者においてつけたものである。
           ○  句読点・引用符も、校訂者においてつけた。 
                    
           ○  原文改行の行頭は第一字から始め、校訂者において行なう改行は行頭第二字から始めて区別
            をつけた。
           
        5. 正法眼蔵(しょうぼうげんぞう)=(1)宋の大慧宗杲だいえそうこうが編んだ公案集。
                 三巻。1147年成る。 (2)道元が仏法の真髄を和文で説いた書。75
                 巻本・12巻本・95巻本などがある。永平えいへい
正法眼蔵。また、ほか 
                 に真字正法眼蔵(漢文体、
正法眼蔵三百則)もある。
           道元(どうげん)=鎌倉初期の禅僧。日本曹洞宗の開祖。京都の人。内大臣源
                 (土御門)通親の子か。号は希玄。比叡山で学び、のち栄西の法嗣に
                 師事。122 3年(貞応2)入宋、如浄より法を受け、27年(安貞1)帰
                 国後、京都深草の興聖寺を開いて法を弘めた。44年(寛元2)越前
                 に曹洞禅の専修道場永平寺を開く。著「正法眼蔵」「永平広録」など。
                 諡号しごうは承陽大師。(1200~1252)  
                                        
(『広辞苑』第6版による)
         6
. フリー百科事典『ウィキペディア』に『正法眼蔵』「道元」の項があります。 
                
『ウィキペディア』 → 『正法眼蔵』
                            → 
「道元」     





                                         
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ