資料517 全国戦没者追悼式における天皇陛下のおことば(平成27年8月15日)

 

 

 

 

  全国戦没者追悼式における天皇陛下のおことば
                     (平成27年8月15日)

 「戦没者を追悼し平和を祈念する日」に当たり、全国戦没者追悼式に臨み、さきの大戦において、かけがえのない命を失った数多くの人々とその遺族を思い、深い悲しみを新たにいたします。
 終戦以来既に70年、戦争による荒廃からの復興、発展に向け払われた国民のたゆみない努力と、平和の存続を切望する国民の意識に支えられ、我が国は今日の平和と繁栄を築いてきました。戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません。
 ここに過去を顧み、さきの大戦に対する深い反省と共に、今後、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い、全国民と共に、戦陣に散り戦禍に倒れた人々に対し、心からなる追悼の意を表し、世界の平和と我が国の一層の発展を祈ります。

 

       Address by His Majesty the Emperor on the Occasion of the Memorial   
       Ceremony for the
War Dead (August 15, 2015)

On this Day to Commemorate the War Dead and Pray for Peace, my thoughts are with the people who lost their precious lives in the last war and their bereaved families, as I attend this Memorial Ceremony with a deep and renewed sense of sorrow.
Seventy years have passed since the end of the war, and our country today enjoys peace and prosperity, thanks to the ceaseless efforts made by the people of Japan towards recovery from the devastation of the war and towards development, always backed by their earnest desire for the continuation of peace. When I look back on the arduous and sincere steps taken by the people in the course of this long postwar period, I cannot help but be overcome with deep emotion.
Reflecting on our past and bearing in mind the feelings of deep remorse over the last war, I earnestly hope that the ravages of war will never be repeated. Together with all of our people, I now pay my heartfelt tribute to all those who lost their lives in the war, both on the battlefields and elsewhere, and pray for world peace and for the continuing development of our country.

 

 


            (注) 1. 上記の天皇陛下のおことばは、「宮内庁ホームページ」から転載させていただきまし
            た。
                  
宮内庁ホームページ → 天皇陛下のおことば
                                  → 
天皇陛下のおことば(英文)
           2. これは、平成27年8月15日、戦後70年目の終戦記念日に日本武道館で行われた
            全国戦没者追悼式における天皇陛下のおことばです。
           3.  NHK NEWS WEB
 に、「天皇陛下おことば「深い反省と共に」」というページがあって、
            そこに、「終戦から70年を迎えた15日、天皇陛下は、全国戦没者追悼式でのおことば
            で、戦没者を追悼し平和を願う結びの一文に、新たに「さきの大戦に対する深い反省と
            共に」ということばを加えられました。戦没者追悼式での天皇陛下のおことばに「反省」
            ということばが盛り込まれたのは初めてです」という説明があります。
                → 
NHK NEWS WEB → 皇陛下おことば「深い反省と共に」
               
 お断り: 残念ながら現在は見られないようです。(207年11月3日)
             なお、ここには「おことばの変遷」という解説があります。大変参考になりますので、以
            下に引用させていただきます。

 

全国戦没者追悼式での天皇陛下のおことばは、昭和天皇の時のおことばの骨子も踏まえ、即位以来、基本的な内容は毎年踏襲されてきました。この中で天皇陛下は、戦争の犠牲者を悼み遺族に思いを寄せるとともに、世界の平和と日本の発展を願う気持ちを表されてきました。
戦後50年を迎えた平成7年には、結びの一文に「歴史を顧み、戦争の惨禍が再び繰り返されぬことを切に願い」ということばが加えられました。
その後は、おことばの内容に大きな変わりは見られず、平成13年以降は毎年同じおことばが続いてきました。そして、戦後70年を迎えたことし、天皇
陛下は14年ぶりにおことばをかえ、戦後の日本の歩みを振り返る部分に、多くのことばを足されました。
まず、今日の平和と繁栄を支えたものとして「国民のたゆみない努力」に加え、新たに「平和の存続を切望する国民の意識」という表現を用いられました
。そのうえで、例年、「苦難に満ちた往時をしのぶとき、感慨は今なお尽きることがありません」としていた部分を「戦後という、この長い期間における国民の尊い歩みに思いを致すとき、感慨は誠に尽きることがありません」と言いかえられました。
さらに、戦没者を追悼し平和を願う結びの一文に、「さきの大戦に対する深い反省と共に」ということばを加えられました。戦没者追悼式での天皇陛下の
おことばがこれだけ変わるのも、「反省」ということばが盛り込まれたのも、今回が初めてのことです。
                      (NHK NEWSWEB 20158月2日〔金曜日〕による。)

 

 

 

 

 

 

 

 



                   トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ