資料478 流人の話(『翁草』巻117「雑話」より)

  

  

      流人の話   (『翁草』巻百十七「雜話」より)

流人を大阪へ渡さるに、髙瀬より船にて、町奉行の同心之を守護して下る事なり、凡流人は前にも記す如く、賊の類は希にして、多くは親妻子もてる平人の辜に遇るなり、罪科决して島へ遣はさるゝ節、牢屋敷に於て、親戚の者を出呼し引合せて、暇乞をさせらるゝ定法なり、故に親戚長別して舊里を出る道途なれば、己がどち、船中にて夜と倶に越方行末の事を悔て愁涙悲嘆して、かきくどくを、守護の同心終夜聞につけ、哀傷起り、心を痛ましむる事なるに、或時一人の流人、公命を承ると否、世に嬉しげに、船へ乘てもいさゝか愁へる色不見、守護の同心是を見て、卑賤の者ながらよく覺悟せりと感心して、船中にて彼者に對して稱嘆するに、彼云く常に僅の營に、渇々粥を啜りて、露命をつなぎしに、此御吟味に逢候てより、久々在牢の内、結構なる御養ひを戴き、いたづらに遊び暮し冥加なき上に、剩此度鳥目二百文を下され 流人に鳥目二百銅づゝ賜事古來より定例なり て、島へ遣はさる事、如何なる果報にて如此なりや、是迄二百文の錢をかため持たる事、生涯に覺え申さず、加程過分の元手有之候へば、たとへ鬼有る島なりとも、一つ身の凌ぎはいか樣にも出來可申候、素より妻子親類とてもなく、苦しき世をわたり兼候へば、都に名殘は更になく候とて、悦ぶ事限りなし、此者西陣髙機の空引に傭れありきし者なるが、其罪蹟は、兄弟の者、同く其日を過し兼ね、貧困に迫りて自害をしかゝり、死兼居けるを、此者見付て、迚も助かるまじき體なれば、苦痛をさせんよりはと、手傳ひて殺しぬる其科に仍り、島へ遣はさるゝなりけらし、其所行もとも惡心なく、下愚の者の辨へなき仕業なる事、吟味の上にて、明白なりしまゝ死罪一等を宥められし物なりとぞ、彼守護の同心の物語なり、
 

 

 

 * 「流人に鳥目二百銅づゝ賜事古來より定例なり」の部分は、小さく2行に書かれている割注の
   部分です。

 

 

   (注)  1. 上記の「流人の話(『翁草』巻117「雑話」より)」の本文は、国立国会図書館の『近代デジ
         タルライブラリー』所収の『校訂 翁草 第十二』によりました。この『校訂 翁草 第十二』は、神
         澤貞幹・編、五車樓書店・明治38,39年発行のものです。
          「流人の話」は、『翁草』巻百十七の「雜話」に入っています。発行年は、『校訂 翁草』首巻
         の奥付に明治39年5月27日発行、『校訂 翁草』巻二十の奥付に明治38年12月31日発
         行とあります。他の巻には奥付がついていないようです。
          『国立国会図書館デジタルコレクション』所収の『校訂 翁草 第十二』「流人の話」は、画像
         で見ることができます。
           
国立国会図書館デジタルコレクション → 『校訂 翁草 第十二』 (32-33/89)   
        2. この「流人の話」は、森鷗外がこれを元に「高瀬舟」を書いたことで知られています。鷗外
         に自作解説「高瀬舟縁起」があります。
        3. 「高瀬舟」「高瀬舟縁起」は、青空文庫で読むことができます。
              『青空文庫』  → 「高瀬舟」(旧字・旧仮名) 
                       → 「高瀬舟」(新字・新仮名)
                       → 「高瀬舟縁起」(旧字・旧仮名)
                       → 「高瀬舟縁起」(新字・新仮名)
        4. 本文中に、「いたづらに遊び暮し冥加なき上に」とありますが、この「冥加なし(冥加なき)」
         は、「なし」が意味を失い、「冥加なり」を強めた言い方に転じて、「冥加に余る」「ありがたい」
         の意味、と辞書にあります
(『広辞苑』第6版)
        5. 高瀬舟(たかせぶね)=森鷗外の短編小説。1916年(大正5年)「中央公論」に発表。弟
               殺しの罪で遠島に処せられ、高瀬舟を舟で下る喜助の心情を叙して、知足の境地
               や安楽死の問題などに触れた作品。
          高瀬舟(たかせぶね)=古代から近世まで広く各地の河川で用いられた、舳(へさき)が高
               く上がり底が平らな小型の箱型運送船。近世、利根川水系で用いられた高瀬舟の
               みは大形で別格。

                                              
(以上、『広辞苑』第6版による。)
        6. 『千葉大学人文研究』第35号(2006年3月発行)に、滝藤満義教授の「「高瀬舟」―語り手
         のスタンス」という論文が掲載されています。
              → 
滝藤満義「「高瀬舟」─語り手のスタンス」(pdf ファイルです。)

          
『CHIBA UNIVERCITY REPOSITORY for Access to Outcomes from Reseach』 (千葉
         大学学術成果リポジトリ)で、「高瀬舟-語り手のスタンス」と入力して検索すると、この論文を読むこと
          ができます。

        7. 『北海道教育大学学術リポジトリ』に、西原千博教授の「『高瀬舟』試解─相対的、あるいは
         相対化─」(『札幌国語研究』第17号:北海道教育大学国語国文学会、2012年発行
所収)
         という論文が掲載されています。
              → 西原千博「『高瀬舟』試解─相対的、あるいは相対化─」
        8. 『共立女子短期大学看護学科紀要』第6号(2011年)に、齋藤美喜・齋藤勝氏の「「高瀬舟」
         の現代的解釈(1)─文学・法学・看護の視点から安楽死の検討─」という論文が掲載されてい
         ます。
              → 齋藤美喜・齋藤勝「「高瀬舟」の現代的解釈(1)─文学・法学・看護の視点
               から安楽死の検討─」
        9. 日本ペンクラブの『電子文藝館』に、磯貝勝太郎氏の「歴史小説の種本(たねほん)」が出
         ています。(表示形式の違う2種類の本文があります。)
              『日本ペンクラブ』 → 『電子文藝館』 → 「歴史小説の種本(たねほん)」                            
       10.
 フリー百科事典『ウィキペディア』に、「森鷗外」「高瀬舟」の項があります。
                フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「森鴎外」

                                    
 → 「高瀬舟」
        11.
 次に、上の本文を自分なりに読みやすく書き直してみます(句点を用い、読点を適当に補っ
         たりしています)。
〔お気づきの点を教えていただければ幸いです。〕

 

      流人の話   (『翁草』巻百十七「雜話」より)

流人(るにん)を大阪へ渡さるに、高瀬より船にて、町奉行(まちぶぎやう)の同心これを守護して下(くだ)る事なり。凡(およ)そ流人は前にも記す如く、賊の類(たぐひ)は希(まれ)にして、多くは親妻子もてる平人(へいにん)の辜(つみ)に遇へるなり。罪科(ざいくわ)決して島へ遣はさるる節、牢屋敷に於(おい)て、親戚の者を出呼(すいこ)し引き合せて、暇乞(いとまご)ひをさせらるる定法(ぢやうはふ)なり。故に親戚長別して舊里(ふるさと)を出づる道途(かどで)なれば、己(おの)がどち、船中にて夜と倶(とも)に越方行末(こしかたゆくすゑ)の事を悔いて愁涙(しうるい)悲嘆して、かきくどくを、守護の同心終夜聞くにつけ、哀傷(あいしやう)起こり、心を痛ましむる事なるに、或る時一人の流人、公命を承ると、否(いな)、世に嬉しげに、船へ乘りてもいささか愁へる色見えず。守護の同心是(これ)を見て、卑賤の者ながらよく覺悟せりと感心して、船中にて彼(か)の者に對して稱嘆(しようたん)するに、彼云はく、「常に僅(わづ)かの營みに、渇々(かつがつ)(かゆ)を啜(すす)りて、露命をつなぎしに、此の御吟味(ごぎんみ)に逢ひ候うてより、久々(ひさびさ)在牢の内、結構なる御養ひを戴(いただ)き、いたづらに遊び暮し冥加(みやうが)なき上に、剩(あまつさ)へ此の度(たび)鳥目(てうもく)二百文を下され 流人に鳥目二百銅づゝ賜はる事、古來より定例(じやうれい)なり て、島へ遣はさる事、如何(いか)なる果報にて此(か)くの如くなりや。是(こ)れ迄二百文の錢をかため持たる事、生涯に覺え申さず。加程(かほど)過分の元手(もとで)(こ)れ有り候へば、たとへ鬼有る島なりとも、一つ身の凌ぎはいか樣(やう)にも出來申すべく候ふ。素(もと)より妻子親類とてもなく、苦しき世をわたり兼ね候へば、都に名殘は更になく候ふ」とて、悦ぶ事限りなし、此の者、西陣髙機(たかはた)の空引(そらびき)に傭(やと)はれありきし者なるが、其の罪蹟(ざいせき)は、兄弟の者、同じく其の日を過ごし兼ね、貧困に迫りて自害をしかかり、死に兼ね居(ゐ)けるを、此の者見付けて、迚(とて)も助かるまじき體(てい)なれば、苦痛をさせんよりはと、手傳ひて殺しぬる其の科(とが)に仍(よ)り、島へ遣はさるるなりけらし。其の所行(しよぎやう)もとも惡心なく、下愚(かぐ)の者の辨(わきま)へなき仕業(しわざ)なる事、吟味の上にて、明白なりしまま死罪一等を宥(なだ)められしものなりとぞ。彼(か)の守護の同心の物語なり。

 

           * 疑問点
               (1)  「公命を承ると、否(いな)、」と、「承ると」の次に読点を付けましたが、これでよろしいか。
               (2)  「此の御吟味(ごぎんみ)に逢ひ候うてより、」の「候うてより」は、「候ひてより」としたほう
                  がよろしいか。
               (3)  「其の所行(しよぎやう)もとも惡心なく、」の「もとも」は、「もともと」とあるべきところなのか、
                  「最も」の意なのか。                            (2014年2月27日)
 
   



           トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ