資料476 佐久間象山『省諐録』附録(原文・句点なし)
 
            
 
      
省 諐 録 附録       佐久間象山  
 

 

附録

 

 

 省

 

 

 

 

墨人既得志以下田箱館二澳爲貿易之所歳四月予得罪下
獄始予潛心防海十數年思出位言踰分當止而不止冝乎其
卒至于此雖然憂國之心遭艱益深省
之餘思念前古當今
將來之事乃爲賦曰

 

 

 

余蹈世之險阸兮以離尤意忼慨而激昂兮心絓結而増愁
何衆人之嘻嘻兮獨出涕而嗟若世恬然而康娯兮亦疾首而蹙額
非病狂而喪心兮悁煩毒之相憑微至仁與大知兮孰云察吾之中
情始余學而閲志兮知同力之以度德弗經校而曲□兮何謀猷之  
□=扌+容-口+タ
能淑値蠻狄之切憂兮將隱潛以效忠得吾黨之狂士兮欣蘭臭之
無壅臨岐路而申命兮謂回旋必有酬壯者固果于事爲兮犯時制
之不休忽拘繋而幽阻兮對鄙訊之紛拏竭忠悃而遌罰兮亶天命
之謂何雖辭連而在繋兮瑩余心其如冰所循私而違道兮指天日
以爲正依往聖以節中兮招百神而目聽署山川使在列兮戒周孔
以爲證昔聖皇之樂靈兮暱西隣而不畫曁呉女之綺巧兮豈維鳩
夫典籍後后承而袛敬兮庶丕變而煕恬非王道之無偏兮胡瞻文
明之而今彼洋儒之深潛兮啓造物之鐍閟何黨人之隘昧兮紛交
疾而妬忌蔀堂阼之明聰兮不服長而求師禍機迫而靡寤兮猶護
疢而諱毉輶世守之至重兮滞損益之及時諐吾氓之間敵兮顧導
賊而給資思國其莫我忠兮卒忘身之匪任愾憤歎而壹志兮噴煩
言而不厭多操術而無私兮羗衆工之所讎也憂國蹇而計身沓兮
又群咍之所繇也惟天靈之發矇兮俟百聖而不惑苟宗社之有裨
兮雖顚隕其焉惻重曰西伯幽囚宣尼拘止菅相貞良擯海隅止窮
達之運聖愚同止定心廣志何所恫止民生秉
欽醇德止千齡萬
世罔竆極止往者不可援願勿追止徠者可繼吾將有期止
   讀孟子
毉之治病也其過于實者泄之瀉之其虗者而補之要在濟夭死以
保其康寧耳矣聖賢救世之言亦猶是也當孟子之時天下以攻伐
爲務民苦於塗炭故曰我善爲陣我善爲戰大罪也又曰善戰者服
上刑又曰我能爲君約與國戰必克今之所謂良臣古之所謂民賊
也皆救世之言也今也海外諸蕃其智巧技能與往時殊若耆老之
與童孺不同科也其兵威之所加駸駸乎隔海之國而莫之能遏也
而我邦儒者誤讀孟子不審天下之形勢不察萬國之情狀兵力萎
薾而不知奮也械器濫惡而不知精也外蕃改銃礮變兵法而我不
肯講矣造火輪革城制而我不肯效矣曰何以礮艦技巧爲哉亦有
仁義而已矣是猶治病虗者而不知所以補之幾何其不殺人也去
歳以來彌利堅之事興彼加我屢以無禮而我不能動手至于忍國
大耻假地以紓禍夫誰使之然耶吾恐世之儒者終亦不能逃其罪

   又
孟子曰得道者多助失道者寡助寡助之至親戚畔之多助之至天
下順之以天下之所順攻親戚之所畔故有不戰戰必勝矣是固也
雖然我果得道而多助與彼果失道而寡助與我果爲天下之所順
與彼果爲親戚之所畔與是未可知也則其戰必勝豈可期乎信能
行王政則鄰國之民仰之若父母矣率其子弟攻其父母自生民以
來未有能濟者也是固也雖然鄰國之民仰我果若父母與視其君
果若仇讎與是未可知也則其無能濟豈可保乎施仁政於民省刑
罰薄税斂深耕易耨壯者以暇日修其孝悌忠信入以事其父兄出
以事其長上可使制挺以撻秦楚之堅甲利兵矣是固也雖然我之
民果樂於效死與彼之民果樂歸於我與是未可知也則其制挺以
傳勝豈可許乎故凡有敵國外患者不知彼不知己不知時勢惡可
乎乃孟子則不但以其道且知其時勢而言之也然當時諸侯猶以
爲迂濶而孟子實未甞迂濶也今我新得一大敵國禍且不測而讀
孟子者拘執文辞不察時勢□□却以夷禦夷之計欲制挺以撻彼  
□=言+色
之大艦巨礮是則迂濶之甚者也甲寅之春華聖東又發八大兵艦
來近江都下錨内港甚無狀門人長門吉田某奇士也奮然欲私索
虜之情實以立事功不遂官捕之余亦逮錄下獄自訟之餘時誦孟
子不能無感焉因遂著諸言
   跋孟子舜發畎畝章
鐵之將爲劍也入鑢承鞴坐碪受鎚塗灰汙泥淬于寒水歛于越砥
其爲鐵亦苦矣玉之未成器也錐破其璞鑿治其瑕雕之琢之磨之
礱之其爲玉亦艱矣然使鐵與玉樂安佚憚煩燠不甘受其艱苦則
安得成就其器而爲君子之佩哉惟人亦然久挾其術志則不行素
有所能言則不聽運籌進策莫然其謀竭誠致悃莫察其忠有群小
之愠有逐斥之譴有纍囚之辱竆困拂欝激動勞苦而後増成其材
予自得罪下獄日誦孟子此章以自力焉曰天其有意於用我與不
然此物奚宜至哉斯道遼遠緜邈未能必信雖然天意固未可知也
則吾之處困
豈可不奮發而激勵乎
甲寅閏七月二十八日
   夢有得魯公爭坐帖者與予共之適甚因爲跋其尾覺而記
   之
此帖有無限資態無限精神譬如太牢滋味愈嚼而愈無竆假令出
他人之蹟愛玩摸臨足爲樂事况於魯公精忠貫天地大節與日月
爭光者乎使吾人居圜牆之中而忘纍囚之艱者非此帖也歟
   兵 要
漢土兵家之書莫高於孫子而其爲書空言無事實者過半矣未可
以治兵也何以言之曰善戰者先爲不可勝以待敵之可勝其不可
勝何以致之善守者藏於九地之下善攻者動於九天之上其藏於
地下動於天上何以得之善戰者先立於不敗之地而不失敵之敗
其立於不敗之地何以能之如此之類吾未覩其有事實也而世徒
眩其文不求其實萬口一致穪爲兵法而不疑吾甚怪之趙括讀父
書傳縱談兵事以天下莫能當而卒喪趙軍其亦有以也耶至閲漢
書藝文志呉孫子兵法有圖九巻乃知其事實葢有在焉而今亡矣
可勝惜哉然兵之性革也明理察事因時而革亦猶天道之於暦也
故暦而不革不足爲暦兵而不革不足爲兵至歐邏巴諸國發揮火
礮以爲元戎務於攻伐呑拜兵制大革設令孫子圖傳于世亦惟存
古法耳何補於今之事實哉故當今之時求得兵之事實莫若學洋
兵洋兵之法其科有五一曰將畧二曰陣法三曰器學四曰守國五
曰軍用將畧者其言類如孫呉司馬所道陣法者有歩騎礮之別有
歩騎礮之合而戰術存焉器學者以操敎爲主而械器之制與其得
失之辨莫不備焉守國者築城壘鑿溝池善保其民之術也軍用者
糧食硝彈兵甲戰具之屬是也凡此五者莫不有事實而操敎尤爲
當務之急令勇者不能獨進怯者不能獨退非操敎不能也其形如
决積水其勢如轉圓石非操敎不能也撃其首而尾至撃其尾而首
至撃其中而首尾倶至非操敎不能也故曰有制之兵無能之將不
可以敗無制之兵有能之將不可以勝故良將之於操敎也盡心焉
耳矣葢不以操敎而易言之以能濟其事者自古及今未之有也趙
括之敗可以鑒矣
   孫子説二則
孫子火攻以火佐攻今則以火攻守是古今之變也古者以油薪之
火佐攻故行火有因有時日内外之應晝夜之風皆在所詳今用大
小神器之火以爲攻守故不由因不擇時日不論内外不問風之有
無皆可用之而震撃之威焚燒之慘非古者油薪之可比也我攻守
用火敵攻守用火火火之變不可勝竆非天下之至明其孰能參於
此惟理勢可坐譚也選練不可空論也此尤主將之所冝慮修讀孫
子者其亦知之哉
間之於軍猶瞽之相聾之史乎瞽而無相則前有水火而不知聾而
無史則後有車馬而不省軍而無間則敵之所以謀吾啗吾者吾皆
茫然甚則敵國之形勢敵主之仁
敵將之能否敵衆之強弱敵兵
之利鈍並不得其實所謂廟算者無所由立尚何和戰守禦之可言
哉故經考索情雖曰兵之先著非初有間諜而得其實則亦無以施
其計也孫子之書首列始計而以用間終焉葢貞下起元之意也故
軍國之務莫先於間事莫重於間情莫親於間故曰微乎微乎無所
不用間也而世有大敵在前而不知用間屬有勝間之任而視之如
艸芥者可痛哭也已
  右賦雜文共八首
 詩
   獄中寫懷二首
久憂邊事歎天遠忽墜此中悲海深欲爲皇朝存至計敢因吾利勞
知音鷄鳴不已晦冥夜鶴韻應通蓊欝陰寄語吾門同志士莫將榮
辱負初心
不思城下作盟耻却見忠貞抱忌疑伯昳議疆長崎澳聖東假地下
田湄異時輕敵已非策今日伐謀知是誰幽憤滿胸無所泄獄中瀝
血寫茲詩
   君 恩
君恩如天地國恩如江海外患今非一奮身思有濟勉勵十餘年何
問明與晦在卑欲爲池在高欲爲壘奈何肉食人頽然若傀儡苟安
愒歳月般樂敖且怠當初恃不來不知恃有待復不伐其謀卒然爲
所詒假地缺金甌屈膝甘無禮反却知彼計束縛直自累咨余何爲
者致忠勿遭逮幽囚在犴獄甘心待其罪松柏有本性歳寒節不改
忠義許君國百折何須悔用間在得人全勝在知彼是非不可磨公
諭期千載
   敝笱五章
有箋
敝笱在海魚則唯唯狄人戯謔笑言有咥
  比也笱以竹爲器以取魚者也唯唯出入不制也咥笑貌笱當
  在河而今在海况其敝壞者安得能取魚哉冝乎其魚之唯唯
  然而出入無忌憚也以比禦侮失策而致狄人之陵蔑也
曾欲御冬亟歸旨蓄莫顧我勞反比予于毒
  比也御當歸貽旨美蓄聚也曾蓄聚美菜以爲餽貽不一再者
  蓋欲使以禦冬月之空乏也以比安不忘危治不忘亂方泰寧
  之時而深思遠慮以數數然及邊防戎備之事也
其霽其霽
有霾求言念國不瑕有害
  比也其者冀其將然之辭陰而風曰
雨土曰霾瑕何也冀其
  開霽而卒不開霽且陰陰冷風雨土蒙□以比衰替之世欲有  
□=雨+敄(矛の右に攵)+日
  奮發改革而狃習因循流弊愈深近患又生也
幽室陰陰不日不月言思君子如饑如渇
嗟爾君子靡知□否懷私之故有似充耳            
□=戊の左に冫+中に臣
  並賦也靡不也充耳塞耳也謂耳聾之人
   泄泄八章
我艦未牢我壁未矗將者泄泄蠻方孔棘
艦之未牢猶可治之壁之未矗猶可爲之將者泄泄云如之何
積薪如陵火發于下載笑載言晏然以處
匪風飄揚匪瀾澎湃念彼神京寤歎有愾
憂思如燬其誰知之悲憤如噎其誰思之
人不我諒請勿復敢思人不我信請勿復敢悲
雖欲無思與君爲體雖欲無悲與國爲系
夏夜之短耿耿如年標擗不寐泣涕漣漣
   礮 卦
  予甞演礮卦礮卦即睽卦也爾來竊省予所遭遇無一非睽者 
  亦云奇矣圖事揆策而莫用其謀睽也竭忠盡力而反招罪戻
  睽也言辭確寔而不免疑猜睽也貲財横散而家道困追睽也
  雖然物窮則變變則通居以正道固無終睽之理且天地睽而
  其事同也男女睽而其志通也萬物睽而其事類也處睽之世
  合睽之用亦在自強之耳
少小窮易理中年硏礮火融會著礮卦推演訓蒙者礮卦本是睽乖
戻諧情寡邇來我所爲拂亂躓而跛憂國竭忠精反自求飛禍一與
卦象應或天其試我志因勞苦堅行以勇决果前修皆如茲猛省砭
頑惰
   故 園
拘繋十句心不平秋風忽動故園情牆陰但見孤烏影櫳隙空望日
月明繞屋林泉何改色傍門松菊不忘榮水淸石秀曾遊地野鶴溪
猿有舊盟
   秋 思
幽室日如年廻風揚塵埃時節値秋晏愁來不可排名都何欝欝飛
閣臨通街日夕絃歌起音響隨風來曲調苦且怨沉吟激餘哀理曲
知爲誰無迺蕩子妻身貞反見棄歡愛何時諧盛年不再至華容日
益衰意合忘情異感同難自持掩耳請勿聽重聽不勝悲
   秋 風
秋風淅淅霜眇眇木葉辭條蘭蕙稿日景不至廣室冥虚櫳危檐飛
塵杳潛無鱗兮擧無翰兀兀中處將安還
   黠 虜
黠虜先聲已得志旌帆來去更縱横久歎天下無豪傑誰道胸中有
甲兵終古禁人偵彼實連年許敵探吾情謀猷顚倒今如此不識何
時見掃平
   漫 述
雨風月如晦頑犬吠成群是亦尋常事利害何足云
謗者任汝謗嗤者任汝嗤天公本知我不覔他人知
  右古今詩共十二首

   獄中聞子規歌二首
遠知許知爾奈久寶土騰宜敷妣等那良婆波播乃美己等耳許登
都天麻思乎
保登等藝須那乃留與古呂波佐美多禮廼布良禰杼曾低爾都由
楚許保流留
   無題歌二首
伎乃布氣布阿春登宇都路婦與能比等乃許己路爾仁多流安治
佐爲迺破奈
阿布具倍吉萬都乃美佐遠波由紀志母能波牙思岐與二曾彌留
陪駕里氣留
   憂思世事歌五首
安禮波都流不破能勢伎也乃伊太比斜志萬伐羅那例婆耶阿米
乃毛流良牟
爲之加駕留能夜末迺須衣乃可利陀耳毛美知乃志流倍能阿里
登意破受耶
豫能奈可乃安伎乃之留之加武散志能也於保叡乃美等耳幾里
多知和多流
起利藝里須都圖利左世等破春陀氣杼母與乃都豆例遠婆伊加
賀斜數倍岐
故登之安禮婆久爾毛留飛等母夜末多目流曾保都爾爾太里宇
例波之乃與耶
   七夕歌二首
比許保志迺都麻等布己呂耳那里奴禮杼伊毛爾阿不倍起數倍
能志良奈久
多奈波太乃保思萬都留與波和岐天末多布流佐等比等迺和連
遠麻都羅武
   八月十五夜歌一首
都伎餘餘之與與志等米氐牟美奈良禰杼佐須賀許與比能多知
末太例都都
   九月十三夜歌二首
和備比等能都伎美氐曾弊武毛乃於毛飛乎曾陛盡登久母迺祖
良爾位流良牟
鬪起爾陀耳志米利加知那留和我所涅乃阿米二波伊登杼怒禮
末佐里鷄李
   送謫三宅島人歌二首
倭他乃波良己藝由久布禰迺加地與利母許許路能加地耳己己
呂西與岐美
伊豆能宇美淤伎乃許志摩仁余留那微乃加敝流遠幾美我由久
閉登母可難
   感情歌百首
  士之不獲於國猶如男女之不相得故屈宋以來騷人詩客皆
  詫詞焉予爲皇國策邊防十數年不翅不得施其效遂由是獲
  罪下理拳拳之忠不得閔察久幽圜牆之中不知所告愬豈能
  恝然於衷哉國風百篇聊寄情懷詞無足觀意或可取然難示
  俗人惟可爲知者聞之爾已
許己呂美爾伊佐也余婆波牟夜末比胡乃古多弊多耳世婆故惠
破怨志麻慈
以爾志弊能師豆迺遠太麻伎伊登奈賀久於毛非美多禮氐古比
倭多留可那
和我於毛比乎伎乃思多破能曾與等太耳伊布比等安良婆宇禮
之可羅末之
和我許布留比等乃古許路波美豆難例也以久可受加氣杼阿登
毛等麻良須
信濃治迺阿佐末乃多氣乃安斜麻之耶毛由留希夫利能多由流
登岐那之
伎美我多米都彌志和加奈曾禰阿之久毛曾乃破波余鷄牟免世
也和我勢古
阿良伊曾爾毛能須所努例天岐美我多米比呂悲之加比遠伎美
免散受等也
於路可斜乎美爾志利都追母奈都牟思乃末等布耳仁太流和禮
曾波可那伎
美知乃久能曾等奈留惠俗能所登遠古具布年與里登富久毛乃
遠古蘇於母幣
志能比阿麻里安賣理加不禰乃余留波可李曾涅爾美奈等能斜
波具胡呂可奈
於保宇彌乎太耶須久和多流由氣布禰迺破夜久毛幾美耳阿不
餘志母加那
倭我古比波淤伎都志保可是麻保爾宇氣氐由久婦年難例夜登
末里思良連須
惠賊志麻也知之萬乃曾等耳布禰宇希天伎美之由流佐婆遠幾
奈都里天武
波留破流等左加流伊都志麻由氣布年爾知加余類伎美乎彌奴
我倭比志散
難波叡乃美之可岐阿思迺與能奈可爾禰布加幾古悲能破天乃
之良奈久
於毛飛都追宇太多禰耳年氐美之由賣乃美波天奴波可李雲岐
毛能破奈之
岐美我氐尼和我久呂可彌波布例禰杼母於毛比仁意等杼氣豆
利和悲努累
於毛布古登太禮爾加都解牟末須珂賀美可夏奈良傳伎久比等
毛那岐與波
布久可勢波岐美我阿多利爾可余弊杼母古等都解也郎武須倍
曾志羅連努
美知乃彌波保杼母破留加耳遍多太例杼許故呂波伎美爾余利
仁之毛迺乎
和多都美乃志保能夜保弊迺曾古布可久於毛比蘇米天之故登
波和須禮受
等思都岐遠幣耳氣留古登能可比也阿流宇波乃曾良奈留比等
古保流美波
加比迺安流宇良波伊豆古所宇等破末迺有得久波比等遠於毛
波散里之可
倭我古悲破春美可麻耳志目阿羅那久爾奈杼加那解伎乃可數
乎都牟良武
登之古呂能太要努於母比乎古等二餘世氐可幾奈良之天武比
等毛伎加久耳
都禮豆列爾可岐奈須胡等能年母古路仁武可之能非登所古比
之可里氣類
都伎爾比耳追毛流於母非乃可勢那良婆伎美我古許呂爾布幾
毛伊良末之
意所奈禮之阿麻乃都利布年古登等波牟美流馬加累倍岐可多
也伊豆故曾
宇紀布之能志夏散末佐列婆奈與太氣迺比等乃與左弊曾可奈
之加里希類
和多都美爾安良努和我美乃奈曾毛駕久悲等能故古路耳阿禮
氐美由覽武
可受可受爾許古呂乎胡免之古登乃破遠都游波加理多爾阿波
禮東八美余
美波伎美耳須天羅禮奴等目登己等波二古許路破岐彌我加解
登那里南牟
伎美遠於毛布許己呂牟之呂爾阿良婆姑蘇阿多奈流比等能底
爾母末加例米
岐仁加幣之毛呂許之比等迺志良多末母破耶久波伊之能奈遠
於比志登加
伎與氣例杼久牟飛登毛那久美玖佐於布留以多爲乃美豆曾和
我太具比奈類
宇岐故等能阿累登伎耳佐久波奈那禮婆與耳有乃破難迺奈遠
也於布良舞
雲能破奈乃宇伎豫等志禮杼思加理等天伎美之以麻世婆曾牟
可例那久二
於毛比阿磨里志能不等須例杼保登等藝須奈玖禰乎追爲爾比
等耳思禮都都
伊都登天母波連努於毛悲爾佐美多禮乃布里波氐努良武和我
美可那之目
阿良遠多乎須起加弊之都追末太散樂仁奈波之呂美豆遠曾良
爾太能末牟
佐奈幣等李宇惠武登志米之遠也末多乃可希比乃美豆能毛里
天久夜之伎
能斜波倍乃可是爾奈加留流保多類比能由伎加多志羅奴古比
母須流可難
和禮保之等以布比等毛加那有梅乃美能登岐之須藝奈婆淤知
也都起末之
保登等藝須都禮奈久可遠婆等米受登母於能例等爾保弊也杼
能多知波難
由久須惠遠比等母志能陪等太知波那乃加乎里遠都伎爾知宜
利於加南牟
太知波難乃加遠奈都可志美能知乃與爾伊麻遠毛志能布比等
也安留倍岐
阿波例等母於毛必於許世餘佐良怒多耳安岐波散比之起乎伎
乃宇半可是
波藝我半難阿起乃能可勢爾宇知美多禮於久志羅都由毛思豆
許己呂奈之
遠美那倍之阿伎等知藝里氐幾美古受波志保彌也波天武破南
乃比登等岐
麻都余比能安波連母布可伎都幾可夏乎與曾爾弊太都流蘇羅
乃與古君毛
佐起久散迺美都波乃登能母志豆我夜毛都伎二八和久留許古
路阿良盡乎
都伎美婆登知宜利志比等迺奈可良受波古余非毛散古曾阿波
禮等於母半免
阿伎能余乃予布可幾都起乎那加牟禮婆蘇胡波可登南久毛能
素加奈之伎
伎彌耳古比安岐乃與比等理和禮乎例婆毛能和弭志良爾幾里
藝理數奈久
登伎倭可受起里多知古牟流阿岐能曾良加理母波可是爾加氣
所和豆良布
駕利陀爾母散波耳太能牟乃奈遠於遍婆安起乃由不陪波於登
都連天久琉
比登里乎留阿伎可是斜武岐由布久禮爾古呂毛加里可禰都幾
爾奈久南李
古惠加例受阿岐乃余那豫難余多陀奈九武思母和我碁等毛乃
耶駕奈之伎
佐乎思可能木美治爾曾與久太都多夜末多知爲毛之良耳麻等
布古能許呂
武散之能乃久佐波廼伊呂所加波理由久伊可爾布伎努流阿岐
乃可是可毛
於保加多能夜麻廼許能波乃都由志毛耳以路加波留倍伎和我
許己呂可波
萬都遠美余都由爾志具禮二素米努例杼伊豆連廼阿幾仁毛美
治也波須留
美豆廼宇閉爾有伎天奈賀流留毛美地與里波可那岐毛廼波和
我美那里氣李
木美治波八可幣良奴美豆耳宇加比氐毛爾之岐登非等波免豆
留倍羅奈里
和我美古曾爾久可良米登母倭我夜杼乃波波蘇廼毛美治阿波
禮等盤美余
倭我素低遠伊可爾勢予登天安伎乃阿米廼幾能布毛希婦母不
里都豆久良無
知冝利於伎氐伎美起末散受波久禮奈爲二爾保布木美治婆知
李也須藝奈牟
登伎須冝天可良受波多能美奈可留陪之阿岐波安良志乃思解
九耶波阿良努
爾遠於毛美可是耳麻加須流宇伎布禰波伊豆例廼有良仁與羅
武登春良牟
於乎宇美能奈彌尼太多與布須天遠不年余流陪奈伎彌曾和弭
之加里氣累
宇氣加多伎許乃底可之波能不多於毛乃比等迺古登乃波許己
呂志天起希
可賀美那須伊氣乃思美豆能曾古萬底毛彌由留波加李能許己
呂等遠志例
比等能己登奈都能迺志夏久那利由加婆由伎加婦美知乃多要
也之努陪伎
奈都久佐廼可李蘇免耳夜半武須弭於岐之波加那也可是爾宇
知美陀例都追
宇治迦波乃奈賀禮迺美豆乎武須弭都都太乃彌之可比毛阿良
奴余能奈可
駕勢波也美志良奈未佐和久阿萬乃加波王多之和豆良不迦斜
左藝能波之
新羅那美能多知奈婆太知禰奈登利迦波那伎奈南良年婆遠之
氣久母難之
余迺宇伎母比登能都良岐毛於母保要受和我美爾於比之都彌
波奈二素母
武可之餘里加多利毛都藝都麻米爾之底宇登萬禮奴流磐和例
比等里可波
伊登波禮天與遠閉怒流美盤阿伎可勢乃君母布起半羅不曾良
二耶安留良牟
加里底布牟奈都能乃久左乎與所耳美之以麻波和我美爾於母
比登利怒留
伎美耳和例奈耳波乃宇良二春免婆可波阿多之比登爾毛宇喜
米美天氣利
宇登末之伎夜麻可都佐倍耳多爾美豆乃於等志米良流留和禮
曾波可難伎
佐陀免奈九阿左耳由布陪爾久母等奈里阿米等那李努留余耳
己曾安里氣禮
伎乃布麻涅比等能宇閉登曾奈希幾許之以末波和我美等奈利
二氣類可難
以等也馬氐和弭之起登伎波余之能夜末倭氣天伊利希牟比登
乃美於毛保由
餘能奈可乃那美迺佐和藝爾伎美能可地多叡難婆和我美伊豆
知與良南牟
加羅須多二由布倍波毛里爾可閉流奈里和我彌與留陪起駕多
也以豆許曾
飛等可太耳於毛比登里那婆於保余杼乃宇良美氏阿末能美登
夜奈留陪伎
伊加爾世牟安須加乃嘉波迺布知
勢乃和多良努散伎耳可波
流古乃余乎
難波衣迺余之阿志和可底與留奈美爾伎之乃宇毛例喜久知也
波天奈無
和禮由惠登於毛比等良受波以可波加李比登能許己呂遠宇羅
美王弭末之
太能米氐母於保都可奈之那左散可爾乃伊等與利保曾久加可
流美那禮婆
奈可南迦耳夜春加良末之乎散理登母
太乃牟許己路迺都可
受阿里世婆
餘能南可遠志羅受可保二天須碁之奈婆奈二故登乎加波宇之
東那解可牟
予遠宇之古己呂爾志禮杼思加須賀二舜天南牟
波太於毛
比波難例受
伊登波之伎余
波志例杼母由久須衛乃志良禮奴加羅爾許己
呂比可連都
游九斜岐遠太能牟許己路耳古里須磨能有良美武
之母於毛
波散李氣利
於毛比思留非等母阿里奈武登之布等毛能伎迺之乃不與伊呂
奈可波利曾
登之古路迺那解紀毛都岐牟於母飛志留比等阿里安氣乃余爾
之阿非那婆
  右國風一百一十六首


 

 

 
   (注) 1. 上記の「佐久間象山『省諐録』附録(原文・句点なし)」の本文は、『国立国会図書館デジ         
       
タルコレクション』に収められている『象山全集 上巻』(信濃教育会編、尚文館・大正2年
       9月30日発行)によりました。
         『省諐録』は、上巻の本文の最初に載っていて、附録は、『省諐録』本文の後に出てい
       ます。
        『省諐録』本文  『国立国会図書館デジタルコレクション』
 (『象山全集 上巻』 
                                                          91~104 / 689)
        『省諐録』附録  『国立国会図書館デジタルコレクション』 (『象山全集 上巻』
                                                         104~122 / 689)

      2. 岩波書店刊の日本思想大系55『渡辺崋山 高野長英 佐久間象山 横井小楠 橋本左内』
       (1971年6月25日第1刷発行)の佐久間象山の校注者は植手通有氏で、そこに収録され

          
ている「省諐録(せいけんろく)」(安政元年稿)の頭注(238頁)に、「省諐録とは、あやまちをか
       えりみる記録という意味である。象山は吉田松陰の密航失敗事件に連坐して、安政元年
       (1854)4月より9月まで、江戸伝馬町の獄につながれていた。本書はその獄中での感懐
       を出獄後に筆録したものである。内容は多岐にわたるが、それまでの自己の思想と行動を
       ふりかえりながら、その道徳的および思想的正当性を主張することが、眼目となっている」
       とあります。
      3. 日本思想大系本の『省諐録』の底本は、「国立国会図書館蔵、明治4年版本」と、凡例に
       あります。また、「「省諐録」の「附録」
(詩賦・和歌など)は紙幅の都合で割愛した」とあります。
      4.  『省諐録』の「諐」(侃+言)は、「愆」
(音、けん。意味、あやまつ。あやまち。)の異体字と漢和
       辞典にあります。
      5. 上の本文中の「
」の漢字は、島根県立大学の“e漢字”
       利用させていただきました。
      6. 佐久間象山(さくま・しょうざん)=(ショウザンは一説に、ゾウザンとも)
            幕末の思想家・兵学者。信州松代
(まつしろ)藩士。名は啓(ひらき)。通称、修理。象山は
            号。儒学を佐藤一斎に学び、また、蘭学・砲術に通じ、海防の急務を主張。1854年
            (安政1)門人吉田松陰の密航企画に連座し、幽閉。のち許され、64年(元治1)幕命
            によって上洛、攘夷派の浪士に暗殺された。著「海防八策」「省諐録
(せいけんろく)」など。
            (1811~1864)   (『広辞苑』第6版による。)
      7.
長野市の『真田宝物館』のホームページの中に、『象山記念館』の紹介ページがあります。 
              → 
『象山記念館』の紹介ページ
        記念館では、「象山」を「ぞうざん」と読んでいるようで、したがって記念館の名前も「ぞうざん
       きねんかん」となっています。       
      8. 「象山」の読みについて
        
長野市にある「象山記念館」では、「象山」を「ぞうざん」と読んでいるようですが、日本思
       想大系『渡辺崋山 高野長英 佐久間象山 横井小楠 橋本左内』の巻末にある植手通有氏
       の解説「佐久間象山における儒学・武士精神・洋学
─横井小楠との比較において─」の「追記」
        
の中で、植手氏は「象山」は「しょうざん」と読むべきだろうとして、次のように書いておられま
       す。
         
「佐久間象山の号を「しょうざん」と読むべきか「ぞうざん」と読むべきかについて、暫く前までは私
         は本巻に収録した「象山の説」を手掛りとして─今から考えると何ら明確な根拠もなかったのである
         が─いずれに読んでもよいという考えを持っており、1970年8月に松代を訪れた際にも、その旨を
         語った。しかし、その後(正確には1971年1月)大平喜間多著『佐久間象山逸話集』(信濃毎日新
         聞社、1933年)を手にするにいたって、どうしても「しょうざん」と読まなければならない、と信ずるよ
         うになった」と書いておられます。(詳しくは同書、684~685頁を参照してください。)

         
岩波書店の『広辞苑』や三省堂の『大辞林』などは、見出しを「しょうざん」として、「ぞう
        ざんとも」としてあります。
         『日本大百科全書(ニッポニカ)』の解説では、「しょうざん」として出ていて、解説の中
         で、「一般には「しょうざん」というが、地元の長野では「ぞうざん」ということが多い」
          してあります。

      9. フリー百科事典『ウィキペディア』に、「佐久間象山」の項があります。
      10. 国立国会図書館の『近代日本人の肖像』に、「佐久間象山」があり、写真と紹介文が
       あります。
       11. 中央公論社の日本の名著30『佐久間象山 横井小楠』(昭和45年7月10日初版発行)に、
       『省諐録』の現代語訳(松浦玲氏訳)が出ています
(同書、89~110頁)。ただし、ここでも『省諐
         
録』の「附録」(詩賦・和歌など)は割愛されています。
      12. 『国立国会図書館デジタルコレクション』に、岩波文庫の『省諐録』があります。ここには「附
       録」も収められてあり、書き下し文と返り点のついた原文、平仮名に直した和歌があって、た
       いへん参考になります。

           → 岩波文庫の『省諐録』(飯島忠夫・訳註、岩波書店・昭和19年4月5日第1刷発行
      13.
『信州デジくら』というサイトで、明治4年版『省諐録』(聚遠樓、東京・萬屋兵四郎発行)と明
       治25年版の『省諐録』(東京・文光堂発行)が画像で見られます。

           → 『信州デジくら』 → 『省諐録』                        







                                トップページ(目次)   前の資料へ  次の資料へ