資料475 汶村「藪医者ノ解」(『風俗文選』所収)

 

         

  

    藪醫者解                 村

世に藪
(やぶ)醫者と號するは。本(もと)名醫の稱にして。今いふ下手(へた)の上にはあらず。いづれの御時にか。何がしかの良醫。但(たん)州養父(やぶ)といふ所に隱れて。治療をほどこし。死を起(おこ)し生に回(かへ)すものすくなからず。されば其風をしたひ。其業を習ふ輩。津々浦々にはびこり。やぶとだにいへば。病家も信をまし。藥力も飛がごとし。それより物替(かはり)(ほし)移つて。今は長助も長庵となり。勘太夫は勘益となる。當時の藪達を見るに。先(まづ)門口に底拔(そこぬけ)の駕(かご)乘物をつるし。竹格子(がうし)に賣藥の看板をかけて。文字の紺靑も。半(なかば)は兀(はげ)たり。たまさかの藥取を賴みて。藥店(やくてん)にはしらせ。物申(ものまう)は暖簾(のれん)の内に答て。女房の顔をつゝむ。町役には牢舎(ろうしや)を療じ。藥代にめでゝは。河原者にのます。牛膝(ごしつ)には牛の膝(ひざ)を尋ね。鶴虱(くわくしつ)は鶴(つる)のしらみをさがす。藥のみも次第にかれて。胃の氣よわり。元氣衰(おとろ)へて。果は何がし村の道場の明(あき)をまつ。我俳諧の道をもてこれを押(おせ)ば。師説もいまだとほからざるに。其手筋を失ひながら。宗匠めくをみるに。今はやらるゝ紗綾(さや)ちりめんの。乘物の中もおぼつかなく。緋衣木蘭色(ひえもくらんしき)のさとりの拂子(ほつす)も。心許(もと)なけれど佛法には藥毒の氣遣(きづかひ)なければ。其分なるべし。たゞ藪醫者のやぶはらに。又出(で)る竹の子も。藪とならむこそうるさけれ。

 

  
 
   (注)  1. 上記の「汶村「藪医者ノ解」(『風俗文選』所収)」は、岩波文庫『風俗文選』(伊藤松宇・
         校訂、昭和3年10月15日発行)によりました。「藪医者ノ解」は、「巻之四 解類」にあり
         ます(83頁)。
          なお、『小さな資料室』の目次の「汶村」の「汶」の漢字は、島根県立大学の“e漢字”
         利用させていただきました。(どういうわけか、目次では、IMEパッドの「汶」の漢字が
         「?」になってしまうのです。)
        2. 底本については、岩波文庫『風俗文選』の巻頭の「例言」に、「今本書を校訂するに方
         り流布本を底本とし、流布本に無きものは本朝文選本及異本本朝文選本に依り之を補
         ひ其異同を掲ぐることゝした」とあります。
           また、仮名遣いについては、「仮名遣は万葉仮名を平仮名に改めたる外、すべて原書
         の通りに校訂した」とあります。
        3. 巻頭の「作者列伝」に、「汶村
者、江州龜城之武士ナリ也。松井氏。字師薑。號ス2
            
九華亭ト1。蕉門之達士ナリ也。甞ス2書畫ヲ1。繪トス2五老井ヲ1」とあります。
        4.本文中の「津々浦々」の「々」は、文庫では、平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し
         符号が使われています。
        5. 風俗文選(ふうぞくもんぜん)=俳文集。森川許六編。10巻9冊。「本朝文選」と題して
             1706年(宝永3)刊、翌年「風俗文選」と改題。芭蕉以下蕉門俳人の俳文を集め、
             作者列伝を添える。                            
          森川許六(もりかわ・きょりく)=江戸中期の俳人。蕉門十哲の一人。彦根藩士。名は
             百仲。別号、五老井・菊阿仏など。画技にもすぐれた。編著「韻塞
(いんふたぎ)」「篇
             突
(へんつぎ)」「本朝文選」など。(1656~1715)
                                            
(以上、『広辞苑』第6版による)
        6. 次に、普通の表記に改めた本文を示しておきます。         

 

    藪醫者の解                汶 村 
 世に藪醫者
(やぶいしや)と號するは、もと名醫の稱にして、今いふ下手(へた)の上にはあらず。いづれの御時(おほんとき)にか、何がしかの良醫、但州(たんしう)養父(やぶ)といふ所に隱れて治療をほどこし、死を起(おこ)し生に回(かへ)すものすくなからず。されば其の風をしたひ、其の業を習ふ輩、津々浦々にはびこり、やぶとだにいへば、病家も信をまし、藥力も飛がごとし。それより物替(かは)り星移つて、今は長助も長庵となり、勘太夫は勘益となる。當時の藪達を見るに、先(ま)づ門口に底拔(そこぬ)けの駕(かご)乘物をつるし、竹格子(がうし)に賣藥の看板をかけて、文字の紺靑(こんじやう)も、半ばは兀(は)げたり。たまさかの藥取りを賴みて藥店(やくてん)にはしらせ、物申(ものまう)は暖簾(のれん)の内に答ヘて、女房の顔をつゝむ。町役には牢舎(ろうしや)を療じ、藥代にめでゝは、河原者にのます。牛膝(ごしつ)には牛の膝(ひざ)を尋ね、鶴虱(くわくしつ)は鶴のしらみをさがす。藥のみも次第にかれて、胃の氣よわり、元氣衰へて、果ては何がし村の道場の明(あ)きをまつ。我が俳諧の道をもてこれを押せば、師説もいまだとほからざるに、其の手筋を失ひながら、宗匠めくをみるに、今はやらるゝ紗綾(さや)ちりめんの、乘物の中もおぼつかなく、緋衣木蘭色(ひえもくらんじき)のさとりの拂子(ほつす)も心許(こころもと)なけれど、佛法には藥毒の氣遣ひなければ、其の分なるべし。たゞ藪醫者のやぶはらに又出(で)る竹の子も、藪とならむこそうるさけれ。

 

        7. 中公新書ラクレの1冊に、『ぷらり日本全国「語源遺産」の旅』(わぐりたかし著、中央
         公論新社・2013年3月10日初版発行)があって、参考になります。
                → 『ぷらり日本全国「語源遺産」の旅』

            2013年12月27日(金)のNHKのラジオ第一放送「すっぴんインタビュー」で、著者の放送作家・
           語源ハンターのわぐりたかしさんがゲスト出演されて、この本についてお話しになっていました。そ
           の中でこの「藪医者
解」にも触れられていたので、ここに資料の一つとして入れることにしたので
           した。

        8. 『語源由来辞典』に、「やぶ医者」の項がありますが、上の説は出ていません。
                『語源由来辞典』 → 
「やぶ医者」
        9. フリー百科事典『ウィキペディア』にも、「藪医者」の項がありますが、上の説について
         次のように出ています。
           松尾芭蕉の弟子だった
森川許六が編んだ『風俗文選』では、本来は但馬国の養父(やぶ、現在
            
兵庫県養父市)に住んでいた「名医」を指す言葉であったが、どんな病人でも治療し、薬の効果
            も大きかったため評判は広く伝わり、多くの医者の卵が弟子となり、次第に「自分は養父医者の
            弟子だ」などと
、騙る医者が相次いだため信用が失墜し逆の意味になった、とする説を紹介
            している。ただし、この説は学問的には支持されていない。

                
フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「藪医者」
       10. 『四次元ことばブログ』というブログに、「ながさわ」 さんという人の「『藪医者』の語源
          は地名の『養父』ではない」という記事があり、大変参考になります。
           → 『四次元ことばブログ』の
「藪医者」の語源は地名の「養父」ではない
                                               (2018年6月13日付記)




            
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ