資料472 馬舟の句碑「秋風や野に一筋の走り水」 
         



            馬舟の句碑「秋風や野に一筋の走り水」
        

 

 江戸時代中頃、江戸芝金杉町に居住していた野内丈助は、号を以直といい、馬舟という俳号で句作をしていました。
 当時、三鈷坂にあった三鈷山清信寺に、彼の俳友たちによって建てられた句碑があったということです。

    秋風や野に一筋の走り水


 三鈷坂にあった三鈷山清信寺というお寺が、その後どうなったかは分かりませんが、随分昔のことですから、お寺も句碑ももうなくなってしまったのでしょうか。

  

 

 
    (注) 1.上記の「馬舟の句碑「秋風や野に一筋の走り水」」は、ある資料によって記述しまし
        た。
        2. 句の作者・野内丈助(以直)は、太市衛門ともいい、寛保2年(1742)、常陸国久慈
        郡相川村に、父・以孝の四男として生まれました。江戸芝金杉町に居住し、馬舟という
        俳号で句作をしたということが分かっています。寛政5年(1793)年、52歳で亡くなり
        ました。その他の詳しいことは分かっていません。
        3. 芝金杉町は、現在の芝。昭和39年の区画整理で、それまでの芝金杉町・芝金杉海
        岸・芝新堀町・芝松本町・本芝・本芝入横町・芝田町・三田四国町など17の旧町が合
        併して「芝」となったそうです。
        4. 三鈷坂は、現在は三光坂
(さんこうざか)といい、フリー百科事典『ウィキペディア』に次
        のように出ています。
          
「三光坂(さんこうざか)は、東京都港区白金2丁目と4丁目の境界にある坂。坂下は、恵比寿
          通り(東京都道305号芝新宿王子線)との交差点になっており、ここから目黒通りまで向かう道路
          の中途までの区間が三光坂となっている。坂を上ると高級住宅地が広がる。坂下に、都営バス
          田87のバス停「三光坂下」が存在する」。「本来は、坂下専心寺にあった三葉の松にもとづき三
          鈷(さんこ)坂だったというが、別に、日月星の三光などともいう。かつては三葉坂とも呼ばれてい
          た。」

                  フリー百科事典『ウィキペディア』 → 「三光坂」

        5.  東京都港区立神応小学校のホームページに、「神応小学校歷史シリーズ」のペー
        ジがあって、そのVol.1-5に「白金の町の坂道」があり、そこの「三光坂」の解説に
        次のようにあります。
           
坂の下の専心寺の境内(けいだい)にあった三葉の松を、土地の人々が三鈷(さんこ)の松
           と呼んでいたことから三鈷坂(さんこざか)と名付けられ、古い地図や名所図会などには三鈷
           坂とでています。
            しかし、鈷(こ)と光(こう)の音が近いことから光の字を用いるようになったという説と、日・月・
           星の3つの光を指して三光としたという説と、字名(あざめい)の名光・東名光・西名光の3つの
           光からきたという説があります。
             
お断り: 東京都港区立神応小学校は、かつて東京都港区白金6丁目にありましたが、
                  小中一貫教育校として「白金の丘学園 白金の丘小学校・白金の丘中学校」が
                  開校するにあたり、三光小学校、朝日中学校とともに2015年(平成27年)3月
                  31日付で閉校したそうです。(フリー百科事典『ウィキペディア』による。)
               フリー百科事典『ウィキペディア』 → 
港区立神応小学校
        6. 上に「清信寺」とあるのは、あるいは「専心寺」のことかとも思いましたが、山号が違
         うので別の寺院なのでしょう。清信寺の山号は「三鈷山」、専心寺の山号は「松宮山」
         となっています。
          かつて「三鈷山清信寺」というお寺があったのかどうかは、調べがついていません。
        7. 『猫のあしあと』というサイトに、「専心寺」の項があって参考になります。
                『猫のあしあと』 
              → 「専心寺|港区白金にある浄土宗寺院、三光町、三葉坂由来の松

  
    


                             トップページ(目次)へ 
前の資料へ 次の資料へ