資料326 陸游の詩「客去」



 

  客 去   陸 游

相 對 蒲 團 睡 味 長
主 人 與 客 兩 相 忘
須 臾 客 去 主 人 覺
一 半 西 窗 無 夕 陽

 

 




   客 去 る      陸 游
蒲団(ほたん)に相(あい)対して睡味(すいみ)長く
主人と客
(かく)と両(ふた)つながら相忘る
須臾
(しゅゆ)にして客(かく)去り主人覚(さ)むれば
一半
(いっぱん)の西窓(せいそう)に夕陽(せきよう)無し
 

 



    (注) 1. 上記の陸游の詩「客去」は、NHKライブラリー190『漢詩をよむ 陸游100
         選』(石川忠久著、2004(平成16)年12月15日第1刷発行)によりました。
         2.  嘉泰元(1201)年、陸游77歳の作。『
漢詩をよむ 陸游100選』の著者・
         石川忠久氏は、「禅味のある小品。とぼけた味わいは、李白[山中にて
         幽人と対酌す]詩の「我酔うて眠らんと欲す 卿
(きみ)(しばら)く去れ」に
         通うものがある」と評しておられます。
           (参考)
             山中與幽人對酌  李白   
山中にて幽人と対酌す  
            兩 人 對 酌 山 花 開     
両人対酌すれば 山花開く
            一 杯 一 杯 復 一 杯     
一杯一杯 復た一杯
            我 醉 欲 眠 卿 且 去    
我酔うて眠らんと欲す 卿(きみ)(しばら)く去れ
            明 朝 有 意 抱 琴 來      
明朝意有らば 琴を抱(いだ)いて来(きた)          
         
(語句) 幽人……世を避けて山奥に住んでいる人。 我酔欲眠卿且去……六朝の詩人
                   陶淵明は酒が大好きで、誰が訪れて来ても一緒に酒を飲んだが、彼は先に
                   酔っぱらってしまうと、客に向かって言った、「私は酔うて眠たくなった。君も
                   ひとまず帰りたまえ」。
             <「山中與幽人對酌 李白」の詩については、『中国詩人選集7』李白・上(武部利男・注、
               岩波書店・昭和32年11月20日第1刷発行)によりました。>
       
         3. 「蒲団
(ほたん)」は、蒲(がま)や麦わらで編んだ円形の敷物。座布団のような
         もの。
         4. 陸游(りく・ゆう)=南宋前期の詩人。字は務観、号は放翁。浙江山陰
              (紹興)の人。金に対する抗戦を唱え、当局者に嫌われて不遇の
              生涯を送る。詩は慷慨の気に満ちた愛国詩人の面と、農村の日                
              常を以する田園詩人の面とに特色を見る。范成大・楊万里・尤袤
              (ゆうぼう)とともに南宋四大家と称される。著「剣南詩稿」「渭南
              文集」「老学庵筆記」「入蜀記」など。(1125-1209)
                                  
 (『広辞苑』第6版による。)
          5. 陸游の詩では、次の「遊山西村(山西の村に遊ぶ)」がよく知られています。
            遊山西村       山西
(さんせい)の村に遊ぶ
          莫笑農家臘酒渾   笑ふ莫
(なか)れ農家の臘酒(ろうしゅ)(にご)れるを
          豐年留客足鷄豚   豊年
(ほうねん)(かく)を留(とど)むるに鶏豚(けいとん)足る
        
  山重水複疑無路   山重水複(さんちょうすいふく)(みち)無きかと疑へば
          柳暗花明又一村   柳暗花明
(りゅうあんかめい)(ま)た一村(いっそん)
          簫鼓追隨春社近   簫鼓
(しょうこ)追随して春社(しゅんしゃ)近く
          衣冠簡朴古風存   衣冠
(いかん)簡朴(かんぼく)にして古風存(そん)
          從今若許閑乘月   今より若
(も)し閑(かん)に月に乗(じょう)ずるを許さば
          拄杖無時夜叩門   杖
(つえ)を拄(つ)き時と無く夜(よる)門を叩(たた)かん
        

  




                   トップページ(目次)   前の資料へ  次の資料へ