資料315 野口英世に宛てた母シカの手紙
 

 

 

  

  野口英世に宛てた母シカの手紙     

おまイの しせにわ みなたまけました わたく
しもよろこんでをりまする
なかた
のかんのんさまに
さまにねん よこもりを
たしました
べん京なぼでも きりかない
いぼし ほわこまりをりますか おまい
きたならば もしわけかてきま
しよ
はるになるト みなほかいドに
いてしまいます わたしも こころ
ぼそくありまする
ドかはやく
きてくだされ
かねを もろた こトた
れにもきかせません
それをきかせるト
みなのまれて
しまいます はやくき
てくたされ
はやくきてくたされ
はやくきくたされ
はやくきて
くたされ

いしよのたのみて
ありまする
にしさむいてわ
おかみひかしさむ
いてわおかみ
しております
たさむいてわおかみおります

みなみたむいてわおかんておりま
する
ついたちにわしをたちをし
ております
ゐ少さまに  ついた
ちにわおかんてもろております
なにおわすれても これわす
れません
さしんおみるト いただいております
はやくきてくたされ いつくるトおせて
くたされ
これのへんちちまちてをり
まする
ねてもねむられません

 

  
 
   (注)  1. 上記の「野口英世に宛てた母シカの手紙」の本文は、母シカの手紙の写真によりました。
         改行は、手紙の通りにしてあります。手紙の日付は、明治45年1月23日です。 
        2. 福島県猪苗代町にある
『野口英世記念館』のホームページがあります。 
        3. フリー百科事典『ウィキペディア』に、
「野口英世」の項目があります。
         4.
『くらげ男の日々』というブログで、「野口英世にあてた、母の手紙」(前半部分)を画
         像で見ることができます。
         5. 福島県折込広告社の
『あらかると』(2004.October Vol.214)に、野口英世が特集さ
         れており、ここで、母シカの手紙の全文を、画像で見ることができます。ここには、野口英
         世の生涯についての紹介もあり、写真などもあってたいへん参考になります。
           
  お断り: 残念ながら現在は見られないようです。(2016年9月29日)
         6. 国立科学博物館で、日本の科学者技術者展第6回『Dr.NOGUCHI  世界を勇気づけた
         
科学者・野口英世』が、2008年5月20日から7月21日まで、開かれました。(ここに「展
         覧会概要」が出ていて、参考になります。)
         7. 国立国会図書館の
『近代日本人の肖像』で、「野口英世」の肖像が見られます。
         8. 『野口英世と東京歯科大学』というサイトに、野口英世の「年譜」「野口英世の生涯」「野
         口英世の『歯科医学叢談』『歯科学報』掲載論文・東京歯科医学院講義録」があります。
        9. 『ぶらり重兵衛の歴史探訪』というサイトの「会ってみたいな、この人に」(銅像巡り)の
         中に、「野口英世」のページがあり、そこで猪苗代の野口英世記念館にある銅像の写真
         のほか、生家や囲炉裏、誕生碑と忍耐の碑の写真、年譜などが見られます。
          また、上野公園にある野口英世の銅像や、横浜検疫所長浜庁舎にある野口英世博士
         のレリーフも見られます。
        10. 手紙の本文を普通の形に書き直してみます。なお、語句の注釈は、福島県立図書館の
         「図書館だより」第148号
(2004年・平成16年・8月6日号)を参照させていただきました。

           お前の出世には、皆たまげました。わたくしも喜んでをりまする。中田の観音様に、毎
          年
(まいねん)、夜籠(よこも)りをいたしました。勉強なんぼでも切りがない。烏帽子(近所の地
          
名。ここは、烏帽子という村からのお金の催促のこと)には困りをりますが、お前が来たならば、申
          し訳ができましょう。春になると、みな北海道に行つてしまひます。わたしも、心細くあり
          まする。どうか早く来てくだされ。金を貰うたこと、誰にも聞かせません。それを聞かせる
          と、みな飲まれてしまひます。早く来てくだされ。早く来てくだされ。早く来てくだされ。早
          く来てくだされ。一生の頼みでありまする。西さ向いては拝み、東さ向いては拝みしてを
          ります。北さ向いては拝みをります。南さ向いては拝んでをりまする。一日
(ついたち)には、
            
塩断ちをしてをります。栄昌様(隣家の鵜浦栄昌。天台宗の修験者)に一日(ついたち)には拝んで
          もろてをりまする。なにを忘れても、これ忘れません。写真を見ると、戴いてをりまする。
          早く来てくだされ。いつ来ると教へてくだされ。これの返事待ちてをりまする。寝ても眠ら
          れません。
      
       




            
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ