資料284 横井也有「焼蚊辞」(『鶉衣』より)
 

 

         

  

    燒 蚊 辭               横 井 也 有

 
おのが身ひとつはたゞ塵ひぢの幽なる物ながら、類を引群をなし、夕のせとに柱を立、軒端に雷の聲をなし、貴賤の肌をなやますより、世に蚊帳といふ物を以て汝を防ぎ、末々の品に至るまで、誰か一釣の紙帳をもたざるべき。積りて世の費いくばくぞや。されば虻の利觜、蜂の毒尾も、しひて人を害せむとはせず。既に仇の逼る時、是をもて防がんとするは、人の刀劒を帶するにひとし。汝が針は只人の油斷をうかゞひ、ゝとり口腹のためにむさぼらんとす。たまたま蜘の巣につゝまれ、人の手に握られて、其針を出すことあたはず。然れば巾着切のはさみには劣れり。今宵一把の杉の葉をたいて、端居をこゝちよくせんとすれど、猶も透間をうかゞふ憎さに、おとなげなきわざながら、紙燭さして汝を駈る。ひとへに汝が業火なれば、他をうらむ事あるべからず。さるにても淺ましき汝が身を觀ずれば、
  火をとりに來ぬ蚊は人に燒れけり
 

 

   (注)  1.  上記の「燒蚊辭(かをやくのじ)」(「焼蚊の辞」)は、岩波書店刊の日本古典文学大系92
         『近世俳句俳文集』(阿部喜三男・麻生磯次校注、昭和39年7月6日第1刷発行)所収
         の『鶉衣』によりました。『鶉衣』の校注者は、麻生磯次氏です。
        2. 大系本の凡例に、「『鶉衣』の木版本には十二册本と四冊本との二種あるが、本書は
         塩屋忠兵衛・塩屋弥七合梓の四冊本を底本とした。板下は十二册本と全く同様である」
         とあります。
          また、底本には句読点を全然施していないので、通行の「。」「、」の符号を用いて段落
         を調えることにした、とあります。
        3. 平仮名の「く」を縦に伸ばした形の繰り返し符号は、平仮名に直して記載しました。(「た
         またま」)
        4. 本文の読みを補っておきます。(読みは、現代仮名遣いで示しました。)
          
類を引(ひき)群(むれ)をなし  柱を立(たて)  誰(たれ)か  紙帳(しちょう)    
            世の費(ついえ)  虻(あぶ)の利觜(りし)  蜘(くも)の巣  其針(そのはり)を出(いだ)す  
             紙燭(しそく)  燒(やか)れけり
       
        5. 横井也有(よこい・やゆう)=江戸中期の俳人。名は時般
ときつら。別号に野有、知雨亭・
             半掃庵など。尾張藩の重臣。多才多能の人で軽妙洒脱な俳文に最も秀で、俳文
             集「鶉衣」によって名高い。(1702~1783)
          鶉衣(うずらごろも)=俳文集。横井也有の遺稿。刊本12冊。前編1787年(天明7)刊、
             後編88年刊、続編・拾遺1823年(文政6)刊。和漢の故事をはじめ種々の材料を
             機知と技巧をもって軽妙な筆致で描く。                                  
                                           (以上、『広辞苑』第6版による)  




             
トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ