資料27 立原道造の詩「のちのおもひに」         

 

 

      のちのおもひに

                       立 原 道

 

夢はいつもかへつて行つた 山の麓のさびしい村に
水引草に風が立ち

草ひばりのうたひやまない

しづまりかへつた午さがりの林道を

 

うららかに青い空には陽がてり 火山は眠つてゐた

──そして私は

見て来たものを 島々を 波を 岬を 日光月光を

だれもきいてゐないと知りながら 語りつづけた……

 

夢は そのさきには もうゆかない

なにもかも 忘れ果てようとおもひ

忘れつくしたことさへ 忘れてしまつたときには

 

夢は 真冬の追憶のうちに凍るであらう

そして それは戸をあけて 寂寥のなかに

星くづにてらされた道を過ぎ去るであらう

 

 

 

 

 

  (注)1.詩の本文は、岩波文庫版『立原道造詩集』(杉浦民平編・
     
1988年3月16日第1刷発行)によりました。

        2.漢字は、常用漢字に改めました。原文は、勿論縦
         書きです。
         3.第2節の「──」は、原文では間に途切れのない
                直線(2字分)です。

                   4.この詩は、詩集『萱草に寄す』の中の一篇で、冒
         頭の「はじめてのものに」と対応する作とされてい
         ます。
               5.「軽井沢高原文庫」に、1993年7月30日に除幕され
         たこの詩の詩碑(第1節)があるそうです。(これ
         については、「軽井沢文学サロン」をご覧下さい。)
       
.立原道造については、「立原道造記念館」のホー
               ムページが参考になります。
              7.立原道造の詩は、メールマガジン「立原道造詩集
        
電子図書館「青空文庫」で読むことができます。
               8.日本ペンクラブ「電子文藝館」では、
詩集『萱草
        
(わすれぐさ)に寄す』と『暁と夕の詩』を読むことが
         できます。
  

                 9.『つれづれの文車─趣味の文書室─』というサイトに

                  立原道造のページがあり、そこで岩波文庫からとった

                   彼の詩集を読むことができます。
 

 

 

 

         トップページ(目次)  前の資料へ 次の資料へ