資料257 菅原道真の詩「九月十日」「不出門」



 

   九 月 十 日

 

 

 

 

 
          
菅 原 道 眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

去 年 今 夜 侍 淸 涼

 

去年の今夜淸涼に侍す、

 

 

秋 思 詩 篇 獨 斷 腸

 

秋思の詩篇獨り斷腸。

 

 

恩 賜 御 衣 今 在 此

 

恩賜の御衣は今此に在り、

 

 

捧 持 毎 日 拜 餘 香

 

捧持して毎日餘香を拜す。

 

 



 

 




 

 

 

   不 出 門

 

 

 

 


            菅 原 道 眞

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一 從 謫 落 就 柴 荊

 

一たび謫落せられて柴荊に就きしより、

 

 

萬 死 兢 兢 跼 蹐 情 

 

萬死兢兢たり跼蹐の情。

 

 

都 府 樓 纔 看 瓦 色

 

都府樓は纔かに瓦の色を看、

 

 

觀 音 寺 只 聽 鐘 聲  

 

觀音寺は只鐘の聲を聽く。

 

 

中 懷 好 逐 孤 雲 去

 

中懷好し孤雲を逐うて去るに、

 

 

外 物 相 逢 滿 月 迎  

 

外物相逢うて滿月迎ふ。  

 

 

此 地 雖 身 無 檢 繋

 

此の地身檢繋無しと雖も、

 

 

何 爲 寸 歩 出 門 行  

 

何爲れぞ寸歩も門を出でて行かん。

 

 

 

 

 

 

 




(参考)

   九
日後朝同賦
   秋思應制
 

 





九日後朝(こうちょう)、同(とも)に秋思を
賦して制に應ず

 

 

  丞相度年幾樂思

 

相年を度(わた)つて幾たびか樂しび思へる、

 

 

  今宵觸物自然悲

 

今宵物に觸れて自然に悲し。

 

 

  聲寒絡緯風吹處

 

聲は寒し絡緯風の吹く處、

 

 

  葉落梧桐雨打時

 

葉は落つ梧桐(ごとう)雨打つの時。

 

 

  君富春秋臣漸老

 

君は春秋に富み臣は漸く老いたり、

 

 

  恩無涯岸報猶遲

 

恩は涯岸無く報ずること猶ほ遲し。

 

 

  不知此意何安慰

 

知らず此意何(いづ)くにか安慰せん。

 

 

  飲酒聽琴又詠詩

 

酒を飲み琴を聽き又詩を詠ず。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

          (注) 1. 上記の菅原道真の詩「九月十日」「不出門」の本文は、新釈漢文大系『日本漢詩
           上』(猪口篤志著、明治書院 昭和47年8月25日初版発行)によりました。詩の出典
           は『菅家後集』です。
                ただし、「不出門」の詩の読みのうち、「瓦色を看」「鐘聲を聽く」と読んであるのを、
           好みによって「瓦の色を看」「鐘の聲を聽く」としました。
           2. 参考に挙げた「九日後朝同賦秋思應制」の詩は、「九月十日」の詩に出てくる「秋
           思詩篇」にあたる詩です。
          3. 詩の語句の読み方をいくつか示しておきます。
              清涼(せいりょう)  秋思(しゅうし)  御衣(ぎょい)  此(ここ)に在(あ)り
              捧持(ほうじ)    餘香(よこう)
              謫落(たくらく)   柴荊(さいけい)  萬死(ばんし) 兢兢(きょうきょう)   
              跼蹐(きょくせき)  纔(わず)かに  中懷(ちゅうかい)  檢繋(けんけい)  
              雖(いえど)も    何爲(なんす)れぞ  寸歩(すんぽ)
              丞相(じょうしょう)  絡緯(らくい)  涯岸(がいがん)
          4. 菅原道真(すがわら・の・みちざね)=平安前期の貴族・学者。是善の子。宇多
                天皇に仕えて信任を受け、文章博士・蔵人頭・参議などを歴任、894年
                (寛平6)遣唐使に任ぜられたが、その廃止を建議。醍醐天皇の時、右
                大臣となったが、901年(延喜一)藤原時平の讒言により大宰権帥
(だざ
                     いのごんのそち)
に左遷され、同地で没。書をよくし、三聖の一人。「類聚国
                史」を編し、「三代実録」の撰に参与。詩文は「菅家文草」「菅家後集」に
                所収。死後、種々の怪異が現れたため御霊
(ごりょう)として北野天満宮に
                祭られ、のち学問の神として尊崇される。菅公
(かんこう)。菅丞相(かんしょう
                     じょう)
。菅家(かんけ)。(845-903)  (引用者注:丞相は「じょうしょう」とも読む。)
                
菅家後集(かんけこうしゅう)=漢詩集。菅原道真(みちざね)著。一巻。903年
                (延喜3)成立。道真が没するに臨み、紀長谷雄
(きのはせお)に贈ったもの
                で、大宰府に貶
(へん)せられた後の詩46首を収める。菅家後草。西府
                
 (せいふ)新詩。                (以上、『広辞苑』第6版による)
                   

 

 

 

 


 

                                      トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ