資料244  家康家訓(『尋常小学読本巻之七』より) 



 

       家 康 家 訓          『尋常小學讀本巻之七』より

家康は、其ひとゝとなり、心ゆるやかにして、博く人を愛し、能く兵を用ひ、
  又學問をも、好みたる人にして、天下を治むることに深く意を留め、且朝
 廷を尊び敬ひ、自ら節儉を主として、下をめぐめり。すべて、事を爲るに
 は、必ず百年の後を謀り、種々の掟をも定めたれば、子孫、皆其敎を守り
 て、太平二百六十年餘もうちつゞきたり。
今、其遺訓といへるものをこゝに記す。
 人の一生は、重荷を負ひて、遠き道をゆくが如し、いそぐ可らず。不自由
 を常と思へば、不足なし。心に、望みおこらば、困窮したる時を思ひ出す
 べし。堪忍は無事長久のもとゐ、怒は、敵と思へ。勝つことばかり知りて、
 まくることを知らざれば、害其身に至る。己を責めて、他を責むるな。及
 ばざるは、過ぎたるよりまされり。

 

 

   (注)
      1. 上記の本文は、『日本教科書大系』近代編 第五巻 国語(二)(海後宗臣・仲新
      編纂。講談社、昭和39年3月10日発行)所収の『尋常小學讀本』によりました。
     2. 『尋常小學讀本』は、文部省編輯局による編集で、『日本教科書大系』近代編
      第五巻 国語(二)の凡例に、「本書は、明治二十年出版、文部省編、同省總務局
      圖書課藏版の和装本を原本として使用した」とあります。
(同書、22頁)
       3. 本文中の「として」「思ひ出す」は、それぞれ「むねとして」「おもひいだす」と読
      むのでしょうか。
     4. 明治20年に発行された『尋常小學讀本 巻之七』は、 
『広島大学図書館所蔵教
      
科書コレクション』には、出ていないようです。
     5.
『国立国会図書館デジタルコレクション』の中に、先哲教訓  座右之銘』があり、
      その中にここに掲げた文章が徳川家康の「遺訓」として出ています。



 

                               トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ