資料229 田中克己の詩「花の便り」(詩集『南の星』所収)




 

       花の便り          田中克己

 

  「ふるさとびとに告げやらむ 假の宿とは思へども……」で始まる田中克己
 (1911-1992)の詩の本文は、現在著作権保護期間中ですので、残念ながら詩
 そのものをここに掲載することができません。

  幸い、『四季・コギト・詩集ホームページ』というサイトの中に、田中克己
 の詩集『南の星』の本文を文字に起こしたものと、本文の映像が両方とも収録
 されていますので、そこで詩の本文を読む(見る)ことができます。
  そこへリンクを貼らせていただくことによって、資料の一つとさせていただ
 きます。

       
詩集『南の星』(本文を文字に起こしたものと本文の画像) 


    
上記の<詩集『南の星』(本文を文字に起こしたものと本文の画像)>をクリックすると、
     詩集『南の星』の表紙の画像が現れます。
       その表紙の画像の下に「扉」「中扉写真」の文字があり、その次に「序文」、そ
     の下方に「目次」があり、以下〔出船まで〕〔途上吟〕〔昭南島〕〔スマトラにて〕〔昭
     南帰来〕〔帰還後〕と続いています。詩「花の便り」は、〔昭南島〕の最初に本文が
     出ており、そこにある「花の便り」の「1.2」をクリックすれば、詩集の本文画像が
     見られます。
   
 ○ 『四季・コギト・詩集ホームページ』のTOPページから辿る場合:
  
『四季・コギト・詩集ホームページ』のTOPページの、上方の「明治・大正・昭和初期 詩集」を
    クリック 
      → 「明治・大正・昭和初期 詩集目録」の index で「た」をクリック 
       → 「タナカカツミ[田中克己] 『南の星(従軍詩歌集)』1944/光華書房……」
           の『南の星(従軍詩歌集)』をクリック  
         → 『南の星(従軍詩歌集)』の中の「昭南島」の最初に置かれている詩
  

 


          (注) 1. 上記の「花の便り」という詩が収められている詩集『南の星』(中扉に「従軍詩歌集」
         とある)は、創元社から昭和19年11月25日に初版が発行されました。
         この詩は、詩集の中の「昭南島」として収められている詩の最初に置かれています。     
        2. 『四季・コギト・詩集ホームページ』の制作による
『田中克己文學館』というサイトがあ
         り、そこに「詩作日記「夜光雲」」「詩人田中克己(回想と作品)」「麥書房版自筆詩集の
         こと」「年譜」「著書目録」「著作総目録」「アルバム」「田中克己散文集」等があります。
         ここに、
立原道造が田中克己に宛てた葉書もあって、立原道造の筆跡が見られます。
          
 

 

                                   トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ