資料227 三木露風の詩「ふるさとの」(詩集『廃園』所収)




 

     ふるさとの       
             
三 木 露 風

 

ふるさとの
小野の木立に
笛の音
(ね)
うるむ月夜や。

少女子
(をとめご)
熱きこゝろに
そをば聞き
涙ながしき。

十年(とゝせ)經ぬ、
おなじ心に
君泣くや
母となりても。

 

 

 

 

 

 

 

(1)  『四季・コギト・詩集ホームページ』というホームページの中に、『廃園』の画像が入っ
  ていますので、ここで「ふるさとの」という詩を読む(見る)ことができます。

      
詩集『廢園』の本文画像 (外箱の画像から始まります)
              
175~176 / 187 「ふるさとの」の詩のページです。)

(2)  国立国会図書館のホームページの『国立国会図書館デジタルコレクション』の中にも、
  三木露風の詩集『廢園』の本文画像が出ていますので、そこでも詩の本文を読む(見る)
  ことができます。  
          詩集『廢園』の本文画像 
        
(166-167 / 182 が「ふるさとの」の詩のページです。)

  ○ 『国立国会図書館』TOPページから辿る場合:
 
  『国立国会図書館』TOPページの「電子図書館」から、『国立国会図書館デジタルコレクション』
   をクリック →  「廃園」と入力して検索 →  「検索結果」の「13 廃園 / 三木露風著(光華書房,
   1909)目次:廃園➡」をクリック → 
詩集『廢園』の本文画像(166~167 / 182 が「ふる
   さとの」の詩のページです。)

     
上記の詩集『廢園』は、光華書房 明治42年9月5日発行のものです。
     ただし、『国立国会図書館デジタルコレクション』の画像では「五」日発行と印刷
    してあるのを、「二十」日発行と手書きで訂正してあります。

 

 

                  

 

            (注) 1. 上記の「ふるさとの」の詩の初出は、明治40年12月の『文庫』で、のちに詩集
          『廢園』(光華書房、明治42年9月5日発行─『国立国会図書館デジタルコレク
          ション』の画像では「20日」発行と手書きで訂正)に収められました。
           この詩は、詩集『廢園』の最後に、「二十歳までの抒情詩」として、28篇掲載さ
          れているうちの一篇です。
           『廢園』のこの詩のあとに、「明治四十年十月」 とありますから、この詩は露風
          満18歳の時の作だということになります。(露風は、明治22年6月23日の生まれ
          です。)
         2.  詩集『廢園』(光華書房、明治42年)では、総ルビになっていますが、ここでは
          引用者が必要と認めたもの以外は、ルビを省略してあります。
         3. 吉田精一著『鑑賞現代詩 I 明治』(筑摩書房、1966年10月20日新版第1刷発
          行)に、この詩が取り上げてあります。
         4. 三木露風(みき・ろふう)=詩人・歌人。本名、操。兵庫県生れ。1907年(明治40)
                相馬御風らと早稲田詩社を結成、「白き手の猟人」で神秘的な象徴詩を
                完成。ほかに「廃園」「幻の田園」など。(1889-1964)
                                            
 (『広辞苑』第6版による。)
         5. この詩には、斎藤佳三(1887-1955)が曲をつけています。
         6. 『YouTube』に出ている「ふるさとの」から、次の歌を紹介しておきます。
                  → 「ふるさとの」(三木露風作詩、斎藤佳三作曲)
         7.
『早稲田と文学』というサイトの「作家一覧」に、「三木露風」のぺージがあります。
          そこで、露風の肖像写真や、詩集『廃園』の表紙写真、「赤とんぼ」の自筆歌詞、
          生家の写真などが見られます。
         
        お断り:三木露風の著作権が切れましたので、詩を掲載して資料を書き改めました。
                                                (平成27年11月10日)

 

                                      トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ