資料225 雪山童子(『三宝絵』より)

 

     

     雪 山 童 子           『三宝絵』より

 昔独ノ人有テ雪山ニ住ミキ。名付テ雪山童子ト云フ。薬ヲ食ヒ、菓ノ子ヲ取テ、心ヲ閑カニシ道ヲ行フ。帝尺是ヲ見テ思ハク、「魚ノ子多カレド、魚ト成ルハ少シ。菴羅ノ花ハ滋ケレドモ、菓子ヲ結ブハ稀ナリ。人モ又如是シ。心ヲ発ス物ハ多カレド、仏ニ成ルハ稀ラナリ。惣テ諸ノ菩提心ハ浄土ニ経レド動ゴキ安ク、苦ルシビヲ恐テ励ミ難キ事、水ノ内ノ月キ波ニ随テ動キ安ク、鎧ヒヲ着タル軍サノ戦カフニ臨ミテ恐テ逃グルガ如シ。此ノ人ノ心ヲモ行キテ心ロ見テ知ル可シ」ト念フ。
 其ノ時ニ仏世ニ不伊坐ザリシカバ、雪山童子普ク大乗経ヲ求ムルニ不能ズ。
  諸行無常、是生滅法
ト云フ音
(コ)ヱ風ノカニ聞コユ。驚キテ見レバ人モ無シ。羅刹近ク立テリ。其ノ形猛ケク恐ソロシクシテ、頭ノ髪ハ焰ホノ如ク、口歯ハ剣ノ如シ。目ヲ瞋カラカシテ普ク四方ヲ見廻ラス。此レヲ見レドモ不驚カズシテ、偏ヘニ聞キツル事ヲノミ悦ビ奇ブ事、喩ヘバ年シ経テ母ヲ別レタル小コ牛ノ、風ノカニ母ノ音ヲ聞ナラムガ如シ。
  此ノ事ハ誰レカ云ツルゾ。必ズ残ノ辞バ有ル可。
ト云テ、普ク尋ネ求ルニ人モ無ケレバ、「若シ此鬼ノ云ツルカ」ト疑ヘドモ、「マタ世ニ有ラジ」ト念フ。其ノ身ヲ見レバ罪ノ報ノ形ナリ。此ノ偈ヲ聞バ仏ノ説ヽヽヽバナリ。カカル鬼ニノ口ヨリカカル偈ヲ云ヒ不可出ト思ヘドモ、又異ト人ト無ケレバ、
  若此ノ事ハ汝ガ云ツルカ。
ト問バ、羅刹答フ、
  我ニ物ナ云ソ。物不食シテ多ノ日ヲ経ヌレバ、飢ヱ疲レテ物ノオモホエ
  ズ。既ニタハ事ニ云ヘルナラム。我ガ遷シ心ニ知レル事ニモ有ラジ。
ト答フ。
 人又云フ、
  我レ半偈ヲ聞キツルヨリ、半バナル月ヲ見ルガ如ク、半ナル玉ヲ得タル
  ガ如シ。猶汝ガ云ツルナラム。願ハ残ノ辞ヲ説キ畢テヨ。
ト云ヘバ、鬼ノ云ク、
  汝ハ自来
(モトヨ)リ悟リ有レバ、不聞トモ恨ミ不有ジ。吾レハ今飢ニ被
  迫レニタレバ、物可云キ力モ無シ。惣テ多シ。物ナ云ヒソ。
ト云フ。人猶問フ、
  物食ヒテバ説キテムカ。
ト問ヘバ、鬼、
  サラバ云ヒモシテムヲ。
ト答フ。悦テ、
  何ニ物ヲカ食フ。
ト問ヘバ、鬼答フ、
  汝更不可問ズ。聞カバ必ズ恐レヲ成シテム。聞クトモ又可求キ物ニモ
  不有ズ。
ト云フ。人迫テ問フ、
  猶其ノ物トダニ云ヘ。心見ニモ求見ム。
ト云ヘバ、鬼ノ云フ、
  吾レハ只人ノ温カナル肉ヲ啗ヒ、人ノ温カナル血ヲ呑ムト空ヲ飛テ普ク
  求メ、世ニ満テ人多カレド、各ノ守リ有レバ、心ニ任セテ難殺シ。
ト云フ。其ノ時ニ雪山童子ノ思ハク、「我レ今日フ身ヲ捨テ此ノ偈ヲ聞キ畢テム」ト思テ、
  汝ガ食ヒ物爰ニ有リ。外カニ不可求ズ。我ガ身未死ネバ、其ノ肉シ温ナ
  ラム。我身未寒ネバ、其ノ血温カナラム。早ク残ノ偈ヲ説ケ。即此ノ身
  ヲ与ヘム。
ト云フ。鬼ニ咲ヒテ云ク、
  誰カ汝ガ事ヲ実トヽハ可馮キ。聞テ逃テイナバ、誰レヲ證人トシテカ糾
  サムトスル。
ト云フ。雪山童子ノ云フ、
  此ノ身ハ後ニ遂ヒニ死ナムトス。一ツノ功徳ヲモ得マジ。今日フ法ノ為
  ニキタナク穢ガラハシキ身ヲ捨テ、後ニ仏ト成ムハ浄ク妙ナル身ヲ可得
  シ。土ノ器ヲ捨テヽ、宝ノ器ノニ替フルガ如クニセムトスル也。梵王、
  帝尺、四大天王、十方ノ諸仏菩薩ヲ皆證人ト為ム。我レ更ニ不偽ラジ。
ト云ヘバ、鬼、
  若シ云フガ如クニ実トナラバ説カム。
ト云フ。
 雪山童子大キニ悦ビテ、身ニ着タル鹿ノ皮ノ衣モヲ脱ギテ法ノ座ニ敷キテ、手ヲ叉ザヘ、地ニ跪マヅキテ、
  但シ願クハ我ガ為ニ残ノ偈ヲ説キ給ヘ。
ト云ツヽ、心ヲ致シテ深ク敬マフ。鬼ノ云フ、
  生滅々已、寂滅為楽トナム云フ。
ト。此ノ時ニ是ヲ聞悦ビ貴ブル事無限シ。後ノ世ニ不忘ジトテ、数タ度ビ云ヒ返シテ深ク其ノ心ニ染ム。「悦ブ所ハ、此ノ仏説キ給ヘルモ空シキ教ヲ悟リヌル事ヲ。歎ク所ハ、我レ一人ノミ聞キテ人ノ為ニ不伝成リヌル事ヲ」ト思ヒテ、石ノ上ヘ、壁ベノ上ヘ、道ノ辺ノ諸ノ木毎ニ此偈ヲ書キ付ク。
  願ハ後ニ来ラム人必ズ此ノ文ヲ見ヨ。
ト云ヒテ、即高キ木ニ上テ羅刹ノ前ニ落ツ。未ダ地ニ不至ヌ程ニ、羅刹俄カニ帝尺ノ形ニ成テ其身ヲ受ケ取リツ。平カナル所ニ居ヘテ、敬ヒ拝ガミテ云フ、
  我レ暫ク如来ノ偈ヲ借テ、心見ニ菩薩ノ心ヲ悩シツ。願ハ此ノ罪ヲ免シ
  テ、後ニ必ズ渡シ済ヘ。
ト云フ。天人来テ、
  善哉々々、真ニ是菩薩。
ト唱フ。半偈ノ為ニ身ヲ投シニ、十二劫ノ生死ノ罪ヲ超ニキ。昔ノ雪山童子ハ今ノ尺迦如来也。涅槃経ニ見タリ。

        

 

 

                 

 


            (注) 1. 上記の「雪山童子」(せっせんどうじ)の本文は、新日本古典文学大系31
          『三宝絵 注好選』(岩波書店、1997年9月22日第1刷発行)によりました。
          「雪山童子」は、「三宝絵 上」の第十条。
         2. 新日本古典文学大系本の脚注(馬淵和夫・小泉弘 校注)に、「羅刹の唱える
          雪山偈の前半の二句を聞き、残りの半偈を聞こうとして、わが身を羅刹に与え
          ようとした雪山童子の、施身聞偈の堅固な道心の話。法隆寺玉虫厨子台座の
          本生図の題材となっていることは著名。大般涅槃経・聖行品に依拠するが、経
          に見えない記事が多く、作者が利用したと推定される資料は未詳」とあります。
         3. 新大系本には、漢字に振り仮名が多く振ってありますが、ここでは新大系本
          が拠った底本 ある振り仮名のみを残して、他を省略しました。振り仮名は、丸
          括弧( )に入れて示しました。
           振り仮名がないと、かなり読みづらいので、読みの注を下に記しておきます。
         4. 新大系本の拠った底本は、東京国立博物館蔵、東寺観智院旧蔵本(東寺観
          智院本)の由です。
         5. 平仮名の「こ」を縦に押し潰した形の繰り返し符号は、普通の漢字に改めまし
          た。(「生滅滅已」「善哉善哉」)
         6. 「雪山(せっせん)」とは、インド北部に聳えるヒマラヤ山脈のことだそうです。
           なお、新大系本には脚注が付いていますので、詳しくはそちらを参照してくだ
          さい。    
  

         7. 新大系本の読み(ルビ)による注。

 

 

雪山童子(せっせんどうじ)  独ノ人(ひとりのひと) 菓ノ子(このみ)  魚ノ子(うおのこ) 
菴羅(あむら)  菓子(このみ)  稀ナリ(まれらなり) 心ヲ発ス物(こころをおこすもの) 
月キ波ニ随テ(つき、なみにしたがいて)  不伊坐ザリ(いまさざり)  大乗経(だいじょう
ぎょう)  風ノカニ(ほのかに)  頭ノ髪(かしらのかみ)   口歯(くちのは)  奇ブ(あや
 しぶ) 小コ牛(こうし)  母の音(ははのこえ)   辞バ(ことば)  説ヽヽヽバナリ(ときたま
えることばなり=東大寺切「仏のときたまへることばなり」による  異ト人ト(ことひと)  
願ハ(ねがわくは)  説キ畢テヨ(ときはてよ)   被迫レ(せめられ)  人迫テ(ひとせめて) 
肉ヲ啗ヒ(ししをくらい)  血ヲ呑ム(ちをのまむ)    未死ネバ(いまだしなねば) 
其ノ肉シ(そのしし)   未寒ネバ(いまだひえねば)  鬼ニ咲ヒテ(おに、わらいて) 
実トヽハ可馮キ(まこととはたのむべき)   今日フ(けふ=きょう)   法(のり)  
土ノ器(つちのうつわもの)  宝ノ器ノ(たからのうつわもの)  身ニ着タル鹿ノ皮ノ衣モ
(みにつけたるししのかわのころも)   手ヲ叉ザヘ(てをあざえ)   地ニ跪マヅキテ
(つちにひざまずきて)  数タ度ビ(あまたたび) 心ニ染ム(こころにしむ) 石ノ上ヘ
(いしのうえ)  文(ふみ) 不至ヌ(いたらぬ)  居へて(すえて) 渡シ済ヘ(わたし
すくえ)   天人来テ(てんにんきたりて)   善哉々々(ぜんざい、ぜんざい)  
生死ノ罪(しょうじのつみ)  見タリ(みえたり) 

 

         8. 三宝絵(さんぼうえ)には、(1)仏・法・僧の三宝に関する絵画。(2)仏教説話集の名。
                三宝絵詞ともいう。──の二つの意味があります。

           三宝絵(さんぼうえ)=仏教説話集。源為憲著。3巻。984年(永観2)撰し、冷泉天
                皇皇女尊子内親王に奉った。上巻は釈尊等の本生
(ほんじょう)説話、中巻は
                日本の僧俗の事歴、下巻は月次法会の来歴。元来絵を伴っていたが、現在     
                は絵は伝わらず詞
(ことば)のみ。三宝絵詞。     (『広辞苑』第6版による。)     
            三宝絵詞(さんぼうえことば)=説話集。三巻。源為憲編。984年成立。 冷泉天皇
                第二皇女尊子内親王のために撰進。説話を物語的に構成し、仏教を平易に
                解説する
絵は散逸。三宝絵。                (『大辞林』第2版による。)
         9. 新日本古典文学大系本の巻末の解説で、馬淵和夫氏は、「『三宝絵』は絵巻物の
          名称、『三宝絵詞』はその詞書だけを書き出して、読み物としたものの名称である。こ
          れを現代では「さんぼうえことば」と読んでいるが、平安時代には「さんぼうゑのことば」
          もしくは「さんぼうのゑのことば」と「の」を入れて読んだものかと思われる」と書いておら
          れます。
           書名を「三宝絵」としたことについては、「本書の底本とした東京国立博物館本(いわ
          ゆる東寺観智院本)は、上・中・下各冊の表紙外題には「三宝絵詞」と書くが、内題・尾
          題はいずれも「三宝絵」とし(ただし、下巻の内題のみ「三宝絵詞」)、名古屋市博物館
          本(いわゆる関戸本)、前田尊経閣本もすべて「三宝絵」としているので」としておられ
          ます。
           また、「「三宝」は「さむぼう」か「さむぽう」かは決定しがたい」としておられます。
          (以上、詳しくは、同書「解説」を参照してください。)       
         10. 資料210「国民学校国語教科書『初等科国語 八』(本文)の中に、「修行者と羅刹」
           という題で、この雪山童子の話が出ています。これは、国民学校6年生後期用の教科
           書です。
        11. 『msn エンカルタ百科事典ダイジェスト』に、曽我蕭白「雪山童子図」が出ていました
          が、現在は見られないようです。
(2010年2月15日) 
        
12. 『三重県教育委員会』のホームページの中の「守ろう!活かそう!文化財」のページ
          に、三重県指定有形文化財(絵画)の
「紙本著色曽我蕭白筆「雪山童子の図」があり、
          〈しほんちゃくしょくそがしょうはくひつ「せつさんどうじのず」〉と読みが記してあります。
           この「せつさんどうじ」の読みについては、当時
(記入者注:文化財指定当時)の聴き取りに
          よるものであろうということでした。
(2012年6月16日付記)
        
13. 『松阪市』のホームページの中の「文化財」のページに、曽我蕭白筆の「雪山童子図」
          が出ています。ここでも「せつさんどうじのず」と読んでいます。(「せつさんどうじのず」の
          読みは、県文化財の読みに拠ったもの、ということでした。)
  
               松阪市ホームページ → 左下の 「文化情報」  →  「指定文化財」 の「市街地区」
               →   「紙本著色曽我蕭白筆雪山童子の図 (継松寺)」
                    →  紙本著色曽我蕭白筆  雪山童子の図(せつさんどうじのず) 11-40

        
 14. 曽我蕭白筆「雪山童子図」を所蔵している継松寺に嘗て伺ったところでは、同寺では
           「雪山童子」を 「せつさんどうじ」と読み伝えていたそうです。ただし、現在の「岡寺山継
          松寺」のホームページには、「せっせんどうじ」となっています。この読みは、中村元著
          『仏教語大辞典』の読みに従ったものだそうです。
(2012年6月16日付記)  
                「岡寺山継松寺」のホームページ → 文化財紹介
                  → 
継松寺の宝物 
                  「県指定文化財(非公開)」 曽我蕭白筆  雪山童子図(せっせんどうじず)

        15. 資料226に、雪山偈(『大般涅槃経巻第十三 聖行品之下』より)があります。
 


                                      トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ