資料157 高啓「尋胡隠君」



 

  
      
尋胡隱君     高 啓     胡隠君を尋ぬ  高 啓
      渡 水 復 渡 水            水を渡り、復た水を渡り、
      
看 花 還 看 花        花を看、還た花を看る。
     
 春 風 江 上 路         春風、江上の路、
      
不 覺 到 君 家        覚えず、君が家に到る。
 
 

 

 

 

 

 


 

 

    (注) 1. 上記の詩の本文は、ワイド版岩波文庫『中国名詩選(下)』(松枝茂夫編、
          1991年1月24日第1刷発行)によりました。
         2. 初句を、「水を渡り、復た水を渡る。」と、切って読む人もいます。
         3. 第三句は、「春風(しゅんぷう)、江上(こうじょう)の路(みち)」と読みます。
         
         4. 語注
            胡隠君……胡という名の隠者。 「胡」は姓。「隠君」は、仕官せずに俗
              世間との交際を絶っている人。=隠者・隠士。(前記の『中国名詩選
              (下)』には、「隠君は隠者の尊称」とあります。) 
            花……中国の詩なので、ここでは桃や李
(すもも)などの花を指す。
            江上……「江」は普通、揚子江を指すが、ここは一般の川を指している。
              「上」は、ほとり、の意。
         5. 高啓(こうけい)=(1336-1374)中国、元末・明初の詩人。 字(あざな)

               は季迪
(きてき)。号は青邱子(せいきゅうし)。詩風は軽快で平明。友人
               の罪に連座して刑死。作「高青邱詩集」など。 
                                        
(『大辞林』第2版による)
            
高啓(こうけい)=明初の詩人。字は季迪(きてき)。青邱子と号す。長洲
               (江蘇蘇州)の人。明代屈指の大家。友人の罪に連坐して腰斬
               の刑を受けた。その詩は江戸・明治の日本で愛誦された。著「高
               太史大全集」(1336-1374)      
(『広辞苑』第6版による)
 
 
 


             
トップページ(目次) 前の資料へ 次の資料へ