資料130 欧陽修「朋党論」




 

      朋 黨 論               歐 陽 修

臣聞朋黨之説自古有之惟幸人君辨其君子小人而已大凡君子與君子以同道爲朋小人與小人以同利爲朋此自然之理也然臣謂小人無朋惟君子則有之其故何哉小人所好者禄利也所貪者財貨也當其同利之時暫相黨引以爲朋者僞也及其見利而爭先或利盡而交疎則反相賊害雖其兄弟親戚不能相保故臣謂小人無朋其暫爲朋者僞也君子則不然所守者道義所行者忠信所惜者名節以之修身則同道而相益以之事國則同心而共濟終始如一此君子之朋也故爲人君者但當退小人之僞朋用君子之眞朋則天下治矣堯之時小人共工讙兜等四人爲一朋君子八元八凱十六人爲一朋舜佐堯退四凶小人之朋而進元凱君子之朋堯之天下大治及舜自爲天子而皐夔稷契等二十二人並列於朝更相稱美更相推讓凡二十二人爲一朋而舜皆用之天下亦大治書曰紂有臣億萬惟億萬心周有臣三千惟一心紂之時億萬人各異心可謂不爲朋矣然紂以亡國周武王之臣三千人爲一大朋而周用以興後漢獻帝時盡取天下名士囚禁之目爲黨人及黄巾賊起漢室大亂後方悔悟盡解黨人而釋之然已無救矣唐之晩年漸起朋黨之論及昭宗時盡殺朝之名士咸投之黄河曰此輩清流可投濁流而唐遂亡矣夫前世之主能使人人異心不爲朋莫如紂能禁絶善人爲朋莫如漢獻帝能誅戮清流之朋莫如唐昭宗之世然皆亂亡其國更相稱美推讓而不自疑莫如舜之二十二臣舜亦不疑而皆用之然而後世不誚舜爲二十二人朋黨所欺而稱舜爲聰明之聖者以能辨君子與小人也周武之世擧其國之臣三千人共爲一朋自古爲朋之多且大莫如周然周用此以興者善人雖多而不厭也夫興亡治亂之迹爲人君者可以鑒矣

 

 

 

 

 


    (注) 1. 本文は、新釈漢文大系72『唐宋八大家文読本 三』(遠藤哲夫著、明
          治書院・平成8年4月15日初版発行)によりました。ただし、返り点・句読
          点、段落分け等は省略しました。
         2. 欧陽修の「修」は、「脩」とも書かれます。
         3. 欧陽脩(おうよう・しゅう)=北宋の政治家・学者。江西廬陵の人。字は
              永叔。号は酔翁・六一居士。諡は文忠。唐宋八大家の一人。仁宗・
              英宗・神宗に仕え、王安石の新法に反対して引退。著「欧陽文忠
              公全集」「新唐書」「新五代史」「集古録」「詩本義」など。(1007~
              1072)                     
(『広辞苑』第6版による)
                                    
          


 

                                    トップページ(目次)